Lightroom Classic | よくある質問

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    2. 写真を書き出して透かしを追加する
    3. 写真を読み込む
    4. 補正ブラシ:基礎編
    5. トーンカーブによる調整
    6. ビデオ入りの高度なスライドショー
    7. ホワイトバランスのコントロール
    8. コンタクトシートの作成
    9. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. 部分補正の適用
    8. HDR 写真の結合
    9. 現像モジュールのオプション
    10. 写真のレタッチ
    11. 赤目およびペットアイの修正効果
    12. 円形フィルターツールの使用
    13. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

基礎知識

Adobe Photoshop Lightroom Classic には、初心者からプロフェッショナルまで、あらゆるレベルのユーザーがデスクトップで写真を仕上げるのに欠かせない各種ツールが用意されています。強力なワンクリックツールや高度なコントロールを備えた Lightroom Classic で、写真を魅力的に仕上げることができます。すべての写真をデスクトップで整理し、さまざまな方法で共有することも簡単です。

Creative Cloud フォトプラン - 新しいプランの一部として、Lightroom Classic を入手してください。

詳細については、新機能ページを参照してください。

最新バージョンの Lightroom Classic では、コンピューター、モバイルデバイス、Web のいずれからでも写真を整理、編集、共有できます。行った変更が自動的にすべてのデバイスで同期されるため、異なるバージョンや複数のコピーが存在したり、オリジナルが分からなくなったりすることがありません。Lightroom Classic のバージョン比較表をご覧ください。

Lightroom Classic は、フォトグラファーのために設計・開発された、「写真」に特化した画像編集ソフトです。日々のデジタルフォトの整理、編集、共有に力を発揮するアプリケーションです。写真の管理から編集、共有にいたるまでの一連の作業を、1 つの環境でスピーディに、直感的な操作でおこなうことが可能です。現在市販されているほとんどのカメラの RAW ファイルに対応し、きめ細かな現像処理でどんな写真も最高の見栄えに仕上げることができます。一方、Photoshop は、写真に限らず幅広い分野で使われている画像編集用の標準ソフトです。画像を自在に変形させたり、複数のレイヤーを使用してクリエイティブな合成画像を作成したり、写真から不要な被写体を違和感なく消去するといった、より高度な編集作業が可能です。Creative Cloud フォトプランの一部として、Lightroom Classic と Photoshop を入手してください。

はい、Mac や PC 用の Lightroom Classic があるほか、iPhone、iPad、Android スマートフォンなどのモバイルデバイス用の Lightroom があります。モバイルデバイス版の Lightroom の詳細をご覧ください。デスクトップやモバイルデバイス上で、いつでも写真の編集および整理ができます。適用した調整は、すべてのデバイスで更新されます。Lightroom Web ギャラリーで写真を共有したり、フィードバックをもらうことができます。また Adobe Spark Video や Adobe Spark Page で Lightroom の写真にストーリーを付けることもできます。Creative Cloud フォト プランの一部として、Lightroom Classic を入手してください。

技術仕様

詳しくは、必要システム構成を参照してください。

はい。Lightroom Classic デスクトップの機能は同じで、使用するプラットフォームにかかわらずクラス最高の結果が得られます。Lightroom Classic デスクトップ、Lightroom mobile、Lightroom Web ギャラリーを使用すれば、どこにいても写真を整理、編集、共有できます。行った変更が自動的にすべてのデバイスで同期されるため、異なるバージョンや複数のコピーが存在したり、オリジナルが分からなくなったりすることがありません。Creative Cloud フォトプラン - 新しいプランの一部として、Lightroom Classic を入手してください。

Lightroom Classic は、PNG、DNG、TIFF、JPEG のほか、現在販売されているほとんどのカメラの RAW ファイル形式をサポートしています。つまり、デジタルカメラで使用されている主な形式に対応しています。さらに、Photoshop との連携強化のため、PSD ファイル形式もサポートしています。カメラのメーカーと機種別の RAW 形式サポートの全一覧は、Camera Raw のページをご覧ください。

Lightroom Classic は非破壊的な編集環境であり、元の写真は一切変更されません。写真に対して行った変更は一連の作業手順としてメタデータに保存され ます。画面上での確認、Web ギャラリーの作成、プリントの出力など、どの作業をおこなう場合でも、Lightroom Classic は未編集のオリジナル写真ファイルに、これらの手順を適用しているに過ぎません。これにより、画像に適用するどのような変更もいつでも 100 %元に戻せるので、柔軟にコントロールすることができます。

Creative Cloud フォトプランは、写真愛好家からプロフェッショナルまで、すべての写真に興味のある方に向けたツールセットです。このプランでは、デスクトップやモバイルデバイスで、いつでもどこでも画像を整理、編集、共有するためのツールがすべてそろっています。Creative Cloud フォトプランに含まれている Lightroom Classic と旧バージョンの Lightroom Classic との比較をご覧ください。Creative Cloud フォトプランには、Lightroom Classic に加え、Photoshop が含まれています。また、Photoshop Mix、Adobe Spark Video、Adobe Spark Page など、Lightroom と画像を同期するモバイルアプリも利用できます。

Lightroom Classic デスクトップでは、メンバーシップが終了した後も、これまでと同じように起動してファイルを利用できます。ただし、現像モジュールとマップモジュールは利用できません。また、メンバーシップを終了した後は、モバイルデバイス版 Lightroom との同期は機能しません。 

無料体験版

Creative Cloud の無料メンバーシップをお持ちであれば、Lightroom Classic や、Creative Cloud に含まれる他のアプリケーションの体験版をダウンロードできます。 

ご購入について

Lightroom Lightroom は、Creative Cloud フォトプランの一部として入手するか、または Creative Cloud プランページの購入オプションの詳細で確認してください。

Lightroom Classic について

ステップバイステップのチュートリアルや、多くのアドビ製品についての知識が得られるコミュニティ、包括的な製品サポートが利用できます。セットアップの方法、およびデジタル写真の管理方法などを参照してください。その他のコンテンツは、Lightroom Classic ラーニングとサポートページLightroom Classic 製品ページLightroom Classic YouTube チャンネルにあります。

Lightroom のマニュアルについては、Web 版と PDF 版が Lightroom Classic ユーザーガイドページに用意されています。

サポートが必要な場合は、アドビサポートへのお問い合わせページにアクセスしてください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン