Lightroom Classic の既知の問題

Lightroom Classic の最新リリースの既知の問題点と制限事項についてご確認ください。

macOS との互換性

テザー撮影使用時に Lightroom Classic 10.4 がクラッシュする

問題

回避策

[macOS のみ]テザー撮影中にカメラを検出すると、Lightroom Classic 10.4 がクラッシュする。

 

この問題を解決するには:

  1. ファイルプラグインマネージャーに移動します。
  2. Nikon テザープラグインを有効にします。
  3. Lightroom Classic を再起動します。
Nikon プラグインを有効にする

MP3 ファイルを読み込んでスライドショーを作成しているときにエラーが発生する

問題

回避策

[macOS のみ] M1 マシンで MP3 ファイルを読み込んでスライドショーを作成しようとすると、次のエラーが発生します:音楽ファイルが正しい形式ではありません

 

アドビはこの問題を認識し、問題の解決に向けて鋭意取り組んでいます。

コレクションに画像を追加する際にエラーが発生する

問題

回避策

Lightroom Classic 10.0 でコレクションに画像を追加すると、「?:0: attempt to compare two nil values」というエラーが発生します。

 

対象コレクションの並べ替え順を カスタム以外に変更します。

コレクションパネルにコレクションが 1 つしか表示されない

問題

回避策

Lightroom Classic の終了時にコレクションパネルを折りたたむと、Lightroom Classic を再起動した後、コレクションパネルにコレクションが 1 つしか表示されません。

 

コレクションパネルで「+」をクリックし、別の並べ替え順序を選択します。

カタログを開くときに予期しないエラーが発生する

問題

回避策

Lightroom Classic 10.0 の起動時に、「カタログを開くときに予期しないエラーが発生しました。予期しないエラーが発生したため、カタログを開くことができませんでした」というメッセージが表示されます。

 

以前のバージョンの Lightroom Classic をインストールします。

以前のバージョンの Lightroom Classic アプリケーションのインストール」を参照してください。

メール送信用に書き出すことができない

問題

回避策

Lightroom Classic でメール送信用に書き出すと、何も起こらないか、「Internal error has occurred :?:0: attempt index field "font" (a nil value)」というエラーが発生します。

 

1. ローカルに書き出し、そのファイルを電子メールに手動で添付します。

  1. 書き出し/電子メール用(ハードディスク)を選択します。
  2. 画像を書き出す場所を選択します
  3. よく使うメールクライアントを開き、書き出した画像を電子メールに手動で添付します。

2. 以前のバージョンの Lightroom Classic をインストールします。

以前のバージョンの Lightroom Classic アプリケーションのインストール」を参照してください。

Canon EOS R5 Raw ファイルが明るすぎる

問題

回避策

Canon EOS R5 CR3 ファイルは明るすぎます。

 

この問題を解決するには、次の操作を実行します。

  1. R5 画像が明るく見える場合は、露光量の値を少し上げて調整します。
    R5 画像のグループがある場合は、そのグループを選択して、クイック現像パネルで露光量の左矢印を 2 回クリックします。
  2. Lightroom Classic で、編集環境設定パフォーマンスを選択するか(Windows の場合)、Lightroom Classic環境設定パフォーマンスを選択します(macOS の場合)。「Camera Raw キャッシュ設定」で「キャッシュを削除」をクリックします。

その他の問題

問題

回避策

(macOS のみ)カスタムディスプレイプロファイルが使用されている場合、公開サービス表示の UI が遅くなります。

アドビはこの問題を認識し、問題の解決に向けて鋭意取り組んでいます。

.GPR ファイルを DNG に変換しようとすると、次のメッセージが表示されます。

Camera Raw 以外のファイルは DNG に変換されませんでした。

.GPR ファイルと DNG は実質上同じため、DNG には変換できません。

空白の部分補正(スライダーが 0 から移動していない部分)を含むプリセットを作成し、部分補正が存在する画像でこのプリセットを使用すると、調整ボックスの選択に関係なく、画像の部分補正が上書きされます。

履歴パネルで前に戻り、空白の部分補正を削除し、プリセットを更新します。

(エンタープライズ版アカウントのみ) Lightroom Classic の最新バージョンへのアップデート時に、エンドユーザーに、ログインしてアプリケーションの使用を促すメッセージが表示されます。エンタープライズ版エンドユーザーは、アプリケーションが体験版モードで実行されていることを確認できるとともに、エンタープライズ版のシリアル番号を使用してアプリケーションをデプロイした場合は、体験版を開始か、サブスクリプション版の購入を促すメッセージが表示されます。

この問題は、Lightroom Classic CC (v7.x 以前)の以前のインストールで、管理者がエンタープライズ版のシリアル番号を使用してライセンス認証とデプロイをおこなった場合に発生すると考えられます。解決策と軽減策の手順については、「Lightroom Classic でアップデート時にログインを求められる」を参照してください。

(Mac のみ)中国における Creative Cloud グループ版ユーザーの場合、Lightroom Classic を起動するたびにエラーメッセージが表示されます。このエラーは、アプリケーションをメッセージに指定されている言語でコンピューターにインストールした場合であっても表示されます。

このエラーを解決するには、ご使用のオペレーティングシステムの設定を変更して、簡体字中国語をプライマリ OS 言語として設定してから Lightroom Classic を起動します。 

関連する参考情報については、中国におけるグループ版ユーザーの場合の CC アプリケーションの起動時エラーを参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン