Animate CC での OBJECT タグ構文の使用方法

はじめに

SWF ファイルをブラウザーで正しく表示するには、HTML ファイルが必要です。ブラウザーは HTML ファイルを読み込むと、次に、HTML コードで指定された SWF ファイルを読み込みます。HTML ページには、実際の Adobe Animate SWF ファイルの場所を指定する OBJECT タグが含まれています。

この HTML OBJECT タグの指示によって、ブラウザーは Adobe Flash Player を読み込み、それを使用して SWF ファイルを再生します。

Animate でパブリッシュコマンドを使用すると、パブリッシュされた SWF ファイルを Web ブラウザーで再生するために必要なタグを含む HTML ファイルが自動的に作成されます。「パブリッシュ」ダイアログボックス(「ファイル/パブリッシュ」)では、数種類のパブリッシュ用テンプレートを選択できます。パブリッシュ設定(CS5)パブリッシュ設定(CS5.5)の詳細については、Animate ヘルプを参照してください。

OBJECT タグの手動追加

Animate で作成した HTML ファイルには、SWF ファイルの表示に必要なコードしか含まれていません、テキストやグラフィックなど、他のエレメントを含む SWF ファイルを HTML ページに追加するには、下記のコードを HTML ドキュメントに貼り付けてください。このコードは、HTML ファイルの BODY タグ内のどこかに貼り付けます。

OBJECT タグを手動で追加するには、以下の手順を実行します。

  1. 以下の HTML コードをコピーして、ご使用の HTML に貼り付けます。Web ページにおいて SWF ファイルを表示したい場所に、この HTML ファイルのコードを配置します。
    <object classid="clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-444553540000" width="550" height="400" id="movie_name" align="middle">
        <param name="movie" value="movie_name.swf"/>
        <!--[if !IE]>-->
        <object type="application/x-shockwave-flash" data="movie_name.swf" width="550" height="400">
            <param name="movie" value="movie_name.swf"/>
        <!--<![endif]-->
            <a href="http://www.adobe.com/go/getflash">
                <img src="http://www.adobe.com/images/shared/download_buttons/get_flash_player.gif" alt="Get Adobe Flash player"/>
            </a>
        <!--[if !IE]>-->
        </object>
        <!--<![endif]-->
    </object>
  2. ご使用の SWF ファイル用に OBJECT タグの属性を編集します。
    • HEIGHT パラメーターと WIDTH パラメーターをステージの高さと幅に合うせて変更します。SWF ファイルの自動的な拡大/縮小でブラウザーウィンドウの特定の割合を消費するには、高さと幅のパーセント値を入力します。
    • 「movie_name.swf」が上記の OBJECT タグ内に表示される場合には、そのすべてのインスタンスを SWF ファイルの実際のパスまたは URL に変更します。  

SWF ファイルのパスは、HTML ファイルの場所への相対パスでも、SWF ファイルの完全修飾された絶対パスでも構いません。例えば、

  • SWF ファイルが HTML ファイルと同じフォルダにある場合、SWF ファイルのファイル名のみが必要です。
  • SWF ファイルがサブフォルダにある場合、パスは "subfolder_name/movie_name.swf" (引用符を除く)のようになります。
  • SWF ファイルが HTML ファイルを含むフォルダー内にない場合、HTML ファイルのフォルダーから 1 レベル上がるごとに "../" を使用します。(ただし、構文に引用符は含めません)。したがって、"../../../separate_folder/movie_name.swf" は、HTML ファイルを含むフォルダから 3 レベル上がってから、"separate_folder" まで下りて、SWF が見つかることを意味します。
  • 完全修飾パスは、完全な URL (http://www.myDomain.com/flash_content/movie_name.swf)と同じものです。

また、Animate でパブリッシュコマンドを使用して、OBJECT タグを含む基本 HTML ファイルを作成することも可能です。その場合は、OBJECT タグ内の HTML コードを ご使用の HTML ファイルにコピーアンドペーストします。その SWF ファイルの名前jは、すでに HTML コードで正しく指定されています。

上記のコードは、HTML ファイルへの SWF ファイルの挿入に必要な最小限度のコードです。Flash Player による SWF ファイルの再生の詳細を制御するため、これらのタグに指定できる追加属性があります。「OBJECT and EMBED tag attributes (OBJECT タグと EMBED タグの属性)」を参照してください。.

対象視聴者に使用させたいすべての Web ブラウザーで、HTML ページをテストします。 

注:Dreamweaver はアドビの HTML オーサリングツールであり、これによって SWF ファイルを HTML ドキュメントに簡単に埋め込むことができます。Dreamweaver を使用すると、SWF ファイルを含むページのデザインを完全に制御できます。詳細については、「Dreamweaver 製品」のページを参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン