映画と同じように、Adobe Animate CC ドキュメントでは時間の長さをフレームに分割しています。タイムラインでは、これらのフレームを操作してドキュメントのコンテンツを整理および制御します。タイムラインにフレームを挿入する際には、フレーム内のオブジェクトが完成したコンテンツで表示される順序どおりに挿入してください。

キーフレームは、タイムラインで新しいシンボルインスタンスが表示されるフレームです。また、ActionScript® コードを含むフレームとして使用して、ドキュメントの要素を制御することもできます。空白のキーフレームを、後で追加するシンボル、またはフレームを明示的に空白にしておくシンボルのプレースホルダーとしてタイムラインに追加することもできます。

プロパティキーフレームは、アニメーションのオブジェクトプロパティに関する変更を定義するフレームです。Animate では、プロパティキーフレーム間のプロパティ値をトゥイーンする、つまり自動的に埋めることにより、流れるようなアニメーションを作成することができます。プロパティキーフレームを使用すると、個々のフレームを描画しなくてもアニメーションを作成できるため、アニメーションの作成が容易になります。トゥイーンアニメーションを含む一連のフレームをモーショントゥイーンと言います。

トゥイーンフレームは、モーショントゥイーンを構成するフレームです。

静止フレームは、モーショントゥイーンに含まれないフレームです。

キーフレームやプロパティキーフレームをタイムラインに配置して、ドキュメントおよびそのアニメーションのイベント順序を制御することができます。

タイムラインへのフレームの挿入

  • 新しいフレームを挿入するには、挿入/タイムライン/フレーム(F5 キー)を選択します。

  • 新しいキーフレームを作成するには、挿入/タイムライン/キーフレーム(F6 キー)を選択するか、キーフレームを配置するフレームを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、コンテキストメニューから「キーフレームの挿入」を選択します。

  • 新しい空白キーフレームを作成するには、挿入/タイムライン/空白キーフレームを選択するか、キーフレームを配置するフレームを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、コンテキストメニューから「空白キーフレームの挿入」を選択します。

タイムラインでのフレームの選択

Animate には、タイムラインでフレームを選択する方法が 2 通りあります。フレームベースの選択(デフォルト)では、タイムラインでフレームを 1 つずつ選択します。スパンベースの選択では、シーケンス内のフレームをクリックすると、キーフレームからキーフレームへ、フレームシーケンス全体が選択されます。スパンベースの選択は、Animate の環境設定で指定できます。

  • フレームを 1 つ選択するには、そのフレームをクリックします。「スパンベースのフレーム選択」を有効にしている場合は、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらフレームをクリックします。

  • 連続する複数のフレームをまとめて選択するには、選択対象のフレーム全体をドラッグして囲むか、Shift キーを押しながら追加のフレームをクリックします。

  • 連続していない複数のフレームを選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら別のフレームをクリックします。

  • タイムライン内のフレームをすべて選択するには、編集/タイムライン/すべてのフレームを選択を選択します。

  • 静止フレームのスパン全体を選択するには、2 つのキーフレームの間にあるフレームをダブルクリックします。「スパンベースのフレーム選択」を有効にしている場合は、シーケンス内の任意のフレームをクリックします。

  • 環境設定で「スパンベースのフレーム選択」を有効にしている場合は、フレームのスパン全体(モーショントゥイーンまたはインバースキネマティック)を選択するにはスパンを 1 回クリックします。「スパンベースのフレーム選択」を無効にしている場合は、スパンをダブルクリックします。複数のスパンを選択するには、Shift キーを押しながらそれぞれのスパンをクリックします。

タイムライン内のフレームに対するラベル付け

タイムライン内のフレームにラベルを付けることで、コンテンツを分類しやすくなります。また、フレームにラベルを付けることで、ActionScript 内のフレームをラベルで参照できるようになります。この場合、タイムラインを再配置してラベルを別のフレーム番号に移動しても、ActionScript は当初のフレームラベルを参照し続けるので、ActionScript を更新する必要はありません。

フレームラベルはキーフレームにしか適用できません。ベストプラクティスとしては、タイムラインに別のレイヤーを作成し、そのレイヤーにフレームラベルを含めることをお勧めします。

フレームラベルを追加するには:

  1. タイムライン内でラベルを付けるフレームを選択します。
  2. フレームが選択された状態で、プロパティインスペクターの「ラベル」セクション内にラベル名を入力します。Enter キーまたは Return キーを押します。

スパンベースのフレーム選択の有効化

スパンベースのフレーム選択を使用すると、2 つのキーフレーム間の範囲のフレームを 1 回のクリックで選択できます。

  1. 編集/環境設定を選択します。
  2. 「一般」カテゴリを選択します。
  3. タイムラインで、「スパンベースのフレーム選択」を選択します。
  4. 「OK」をクリックします。

(Animate CC のみ)キーフレームへの配分

「キーフレームに配分」オプションを使用すると、ステージ上の複数のオブジェクト(シンボルやビットマップ)を各キーフレームに配分できます。

  1. ステージ上にある任意のレイヤーの複数のオブジェクトを選択します。
  2. ステージ上の任意の場所を右クリックし、「キーフレームに配分」を選択します。

フレームまたはフレームシーケンスのコピー & ペースト

  • 次のいずれかの操作を行います。
    • フレームまたはシーケンスを選択し、編集/タイムライン/フレームのコピーを選択します。置換するフレームまたはフレームシーケンスを選択して、編集/タイムライン/フレームのペーストを選択します。

      • キーフレームを、コピーする位置まで Alt キーを(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。

フレームまたはフレームシーケンスの削除

  • フレームまたはシーケンスを選択し、編集/タイムライン/フレームの削除を選択するか、フレームまたはシーケンスを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリックし、コンテキストメニューから「フレームの削除」を選択します。

    削除したフレームの周囲のフレームは変更されません。

キーフレームまたはフレームシーケンスの移動

  • キーフレームまたはフレームシーケンスを選択し、目的の位置までドラッグします。

静止フレームシーケンスの長さの変更

  • Control キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらスパンの開始または終了フレームを左か右にドラッグします。

フレーム単位のアニメーションシーケンスの長さを変更するには、フレームアニメーションの作成を参照してください。

キーフレームからフレームへの変換

  • キーフレームを選択し、編集/タイムライン/キーフレームを削除を選択するか、キーフレームを右クリック(Windows)または Control キー(Mac OS)キーを押しながらクリックし、コンテキストメニューから「キーフレームを削除」を選択します。

    削除されたキーフレームと次のキーフレームまでのすべてのフレームのステージコンテンツが、削除されたキーフレームの前のフレームのステージコンテンツに置換されます。

タイムラインでのフレームコンテンツのプレビューの表示

タイムラインの各キーフレーム内で、キーフレーム内のアイテムのサムネールプレビューを表示できます。

  • タイムラインパネルの右上隅にあるタイムラインパネルのオプションメニューから「プレビュー」を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー