オブジェクトの変形

自由変形ツール、または修正/変形メニューのオプションを使用して、グラフィックオブジェクトや、グループ、テキストブロック、インスタンスを変形できます。選択したエレメントを、その種類に応じて変形、回転、傾斜、伸縮、歪曲することができます。変形操作の実行中に、対象のエレメントを変更または追加できます。

オブジェクト、グループ、テキストボックス、またはインスタンスを変形するときに、変形するアイテムのプロパティインスペクターには、アイテムのサイズまたは位置に対する変更内容がすべて表示されます。

エレメントをドラッグして変形する場合は、境界ボックスが表示されます。境界ボックスは長方形で、最初は各辺がステージの端と平行に揃えられています。このことは「歪曲」コマンドやエンベロープを使用して変更されている場合には該当しません。変形ハンドルは、各頂点と、各辺の中央にあります。境界ボックスをドラッグすると、ボックス内に変形のプレビューが表示されます。

変形点の移動、再整列、変更、および確認

選択したエレメントを変形しているときには、エレメントの中央に変形点が表示されます。変形点は、最初はオブジェクトの中心点に揃えられています。変形点は、移動することも、デフォルトの位置に戻すこともできます。また、デフォルトの原点を移動することもできます。

グラフィックオブジェクト、グループ、およびテキストブロックを伸縮、傾斜、または回転するときには、ドラッグする点の反対側の点が、デフォルトの原点になります。インスタンスの場合は、変形点がデフォルトの原点になります。変形操作の実行時には、デフォルトの原点を移動できます。

  1. 自由変形ツール を選択するか、修正/変形のコマンドの 1 つを選択します。

    変形を開始後は、変形点の位置を、情報パネルやプロパティインスペクターで確認できます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 変形点を移動するには、選択したグラフィックオブジェクト内からドラッグします。

    • 変形点をエレメントの基準に揃えるには、変形点をダブルクリックします。

    • 伸縮または傾斜の変形の原点を切り替えるには、変形中に、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、選択したオブジェクトコントロールポイントをドラッグします。

    • 情報パネルで、基準点と変形点の表示を切り替えることができます。ボタンには、基準点の座標が表示されていることを示す が表示されています。このボタンをクリックすると、変形点の座標が表示されていることを示す に変わります。

    座標グリッド:変形モードの基準点/変形点ボタンと、選択変形ポイントの x 座標、y 座標が表示されている「情報」パネル

自由変形ツールを使用する

移動、回転、伸縮、傾斜、歪曲などの変形操作は、個々に実行することも、複数の操作を組み合わせて実行することもできます。

注意:自由変形ツールでは、シンボル、ビットマップ、Video オブジェクト、サウンド、グラデーション、テキストを変形できません。複数のエレメントを選択した場合に、これらのいずれかが含まれていると、シェイプオブジェクトのみが歪曲されます。テキストブロックを変形させるには、まずテキストをシェイプオブジェクトに変換します。

  1. ステージ上のグラフィックオブジェクト、グループ、インスタンスまたはテキストブロックを選択します。
  2. 自由変形ツール をクリックします。

    選択したエレメント上、およびエレメントの周辺にポインターを移動すると、ポインターが変わり、使用可能な変形機能が示されます。

  3. 選択したエレメントを変形するにはハンドルをドラッグします。以下のように操作します。
    • 選択したエレメントを移動するには、ポインターを境界ボックス内のオブジェクト上に置いて、オブジェクトを移動先までドラッグします。変形点はドラッグしないでください。

    • 回転または伸縮の中心を設定するには、変形点を新しい中心点となる位置までドラッグします。

    • 選択したエレメントを回転するには、ポインターを角にあるハンドルのすぐ外側に置いてドラッグします。選択したエレメントは、変形点を中心に回転します。Shift キーを押しながらドラッグすると、45 度ずつ回転します。

    • 反対の角を中心に回転するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。

    • 選択したエレメントを 2 次元方向に伸縮させるには、角にあるハンドルを対角線方向にドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、縦横比を保ったままサイズが変更されます。

    • 水平または垂直方向にのみ伸縮するには、角にあるハンドルまたは辺の中央にあるハンドルを水平または垂直にドラッグします。

    • 選択したエレメントを傾斜させるには、ポインターを変形ハンドル間のアウトライン上に置いてドラッグします。

    • シェイプを歪曲するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、角にあるハンドルまたは辺の中央にあるハンドルをドラッグします。

    • オブジェクトを taper にするには、Shift + Ctrl キー(Windows)または Shift + Command キー(Mac OS)を押しながら角にあるハンドルをクリックしてドラッグします。この操作によって、選択した頂点と隣接する頂点が元の位置から同じ距離だけ移動します。

  4. 変形を終了するには、選択したエレメントの外側をクリックします。

オブジェクトの歪曲

選択したオブジェクトに歪曲変形を適用して、境界ボックスの角または辺の中央にあるハンドルをドラッグすると、頂点や辺が移動し、隣接する辺が再整列されます。Shift キーを押しながら頂点をドラッグすると、先細に対する歪曲が抑制されます。つまり、その頂点と隣接する頂点が反対方向に同じ距離だけ移動します。隣接する頂点とは、ドラッグする方向と同じ軸上にある頂点のことです。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら辺の中央の点をクリックしてドラッグすると、辺全体を自由に動かすことができます。

グラフィックオブジェクトは「歪曲」コマンドを使用して歪曲できます。オブジェクトは、自由変形中でも歪曲できます。

注意:「歪曲」コマンドでは、シンボル、シェイププリミティブ、ビットマップ、Video オブジェクト、サウンド、グラデーション、オブジェクトグループ、テキストを編集できません。複数のエレメントを選択した場合に、これらのいずれかが含まれていると、シェイプオブジェクトのみが歪曲されます。テキストを編集するには、まずテキストをシェイプオブジェクトに変換します。

  1. ステージ上のグラフィックオブジェクト選択します。複数のグラフィックオブジェクトを選択することもできます。
  2. 修正/変形/歪曲を選択します。
  3. ポインターをいずれかの変形ハンドル上に置いて、ドラッグします。
  4. 変形を終了するには、選択したオブジェクトの外側をクリックします。

エンベロープを使用したシェイプの編集

エンベロープを使用すると、オブジェクトを歪曲できます。エンベロープとは、オブジェクトを囲む境界ボックスのことです。エンベロープのシェイプを変更すると、エンベロープ内のオブジェクトのシェイプも変化します。エンベロープのシェイプは、エンベロープの点やコントロールハンドルを調整して変更します。

注意:

エンベロープでは、シンボル、ビットマップ、Video オブジェクト、サウンド、グラデーション、オブジェクトグループ、テキストを編集できません。複数のエレメントを選択した場合に、これらのいずれかが含まれていると、シェイプオブジェクトのみが歪曲されます。テキストを編集するには、まずテキストをシェイプオブジェクトに変換します。

  1. ステージでシェイプを選択します。
  2. 修正/変形/エンベロープを選択します。
  3. 点やコントロールハンドルをドラッグして、エンベロープを編集します。

オブジェクトの伸縮

オブジェクトの伸縮とは、オブジェクトを水平方向、垂直方向、またはその両方向に拡大または縮小することです。

  1. ステージ上のグラフィックオブジェクト選択します。複数のグラフィックオブジェクトを選択することもできます。
  2. 修正/変形/伸縮を選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • オブジェクトを水平と垂直の両方向に伸縮するには、角にあるいずれかのハンドルをドラッグします。縦横の比率は、伸縮しても維持されます。伸縮の縦横比が変わるようにするには、Shift キーを押しながらドラッグします。

    • オブジェクトを水平方向または垂直方向に伸縮するには、中央のハンドルをドラッグします。

  4. 変形を終了するには、選択したオブジェクトの外側をクリックします。

    注意:

    多数のエレメントのサイズを拡大すると、境界ボックスの辺の近くにあるエレメントはステージの外に移動することがあります。この場合、ステージの外側にあるエレメントを表示するには、表示/ペーストボードを選択します。

オブジェクトの回転と傾斜

オブジェクトの回転とは、変形点を中心にオブジェクトを回転させることです。変形点は基準点に揃えられています。デフォルトの基準点はオブジェクトの中央ですが、ドラッグして移動することができます。

次の方法により、オブジェクトを回転できます。

  • 自由変形ツール  を使用してドラッグします。同じ操作でオブジェクトの傾斜および伸縮を実行できます。

  • 変形パネルで角度を指定します(同じ操作でオブジェクトを伸縮できます)。

ドラッグによるオブジェクトの回転と傾斜

  1. ステージ上のオブジェクトを選択します。複数のオブジェクトを選択することもできます。
  2. 修正/変形/回転と傾斜を選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • 角にあるハンドルをドラッグして、オブジェクトを回転させます。

    • 中央のハンドルをドラッグして、オブジェクトを傾斜させます。

  4. 変形を終了するには、選択したオブジェクトの外側をクリックします。

オブジェクトの 90 度回転

  1. オブジェクトを選択します。複数のオブジェクトを選択することもできます。
  2. オブジェクトを時計回りに回転させるには、修正/変形/時計回りに 90 度回転を選択し、反時計回りに回転させるには、修正/変形/反時計回りに 90 度回転を選択します。

オブジェクトの傾斜

オブジェクトの傾斜とは、一方または両方の軸に沿ってオブジェクトを傾けることです。オブジェクトを傾斜させるには、オブジェクトをドラッグするか、変形パネルで値を入力します。

  1. オブジェクトを選択します。複数のオブジェクトを選択することもできます。
  2. ウィンドウ/変形を選択します。
  3. 「傾斜」をクリックします。
  4. 水平方向と垂直方向の角度を入力します。

オブジェクトの反転

ステージでの相対位置を保ったまま、オブジェクトを垂直軸または水平軸を中心として反転させることができます。

  1. 対象のオブジェクトを選択します。
  2. 修正/変形/縦反転、または修正/変形/横反転を選択します。

変形したオブジェクトの復元

自由変形ツールまたは変形パネルを使用してインスタンス、グループ、テキストを伸縮、回転または傾斜させると、オブジェクトの元のサイズおよび回転の値がオブジェクトと共に保存されます。これにより、加えた変形を取り消して、元の状態に戻すことができます。

編集/元に戻すを選択すると、最新の変形のみを元に戻すことができます。また、パネルの「変形の解除」ボタンをクリックしてからオブジェクトを選択解除すると、すべての変形を取り消すこともできます。オブジェクトを選択解除すると、元の値が失われ、変形を解除することができなくなります。

変形したオブジェクトの元の状態への復元

  1. 変形オブジェクトが選択されていることを確認してください。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 変形パネルで「変形の解除」ボタン をクリックします。

    • 修正/変形/変形の解除を選択します。

オブジェクトの組み合わせ

既存のオブジェクトを組み合わせるかまたは変更して、新しいシェイプを作成するには、修正メニューの「オブジェクトを結合」のコマンド(修正/オブジェクトを結合)を使用します。場合によっては、選択したオブジェクトの重ね順によって操作が変わることがあります。

各コマンドが、次のようにグラフィックオブジェクトの特定のタイプに適用されます。結合シェイプは、ツールを結合描画モードに設定して描画したシェイプです。描画オブジェクトは、ツールをオブジェクト描画モードに設定して描画したシェイプです。

「オブジェクトを結合」のコマンドは次のとおりです。

結合

複数の結合シェイプまたは描画オブジェクトを結合します。その結果、統一される前に描画されていたシェイプのすべての部分で構成される単一のオブジェクト描画モードのシェイプが生成されます。シェイプの重なっている見えない部分は削除されます。

注意:グループコマンドを使用する場合と異なり(修正/グループ)、「結合」コマンドを使用して結合したシェイプを分割することはできません。

交差

複数の描画オブジェクトの交差からオブジェクトを作成します。生成されるオブジェクト描画のシェイプは、結合されたシェイプのすべての重なる部分で構成されます。重なっていないすべての部分は削除されます。生成されるシェイプは、スタックの最上位のシェイプの塗りと線を使用します。

型抜き

選択した描画オブジェクトの前に配置された別の描画オブジェクトと重なる部分の定義に従って、選択したオブジェクトの一部を削除します。最上位のオブジェクトの下に隠れた描画オブジェクトのすべての部分が削除され、最上位のオブジェクトも完全に削除されます。生成される個々のオブジェクトは個別のオブジェクトになり、単一のオブジェクトに結合されません。オブジェクトを結合する「結合」コマンドや「交差」コマンドとは異なります。

切り抜き

1 つの描画オブジェクトのアウトラインを使用して別の描画オブジェクトを切り抜きます。前面または最前面のオブジェクトにより、切り抜かれた領域のシェイプが定義されます。 最上位のオブジェクトの下に隠れている部分は残り、下のシェイプのその他の部分はすべて削除されます。最上位のオブジェクトも完全に削除されます。生成される個々のオブジェクトは個別のオブジェクトになり、単一のオブジェクトに結合されません。オブジェクトを結合する「結合」コマンドや「交差」コマンドとは異なります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー