この記事では、モーショントゥイーンアニメーションの作成方法について説明します。

モーショントゥイーンは、Animate でアニメーションの動きを作成するために使用します。モーショントゥイーンアニメーションは、最初のフレームと最後のフレームの間のオブジェクトプロパティに異なる値を指定することで作成されます。使用できるオブジェクトプロパティには、位置、サイズ、カラー、エフェクト、フィルター、回転などがあります。

モーショントゥイーンを作成するには、トゥイーン内の任意のフレームを選択し、そのフレームのモーションシンボルを移動します。クラシックトゥイーンやシェイプトゥイーンとは異なり、最初のフレームと次のキーフレームの間にあるフレームをアニメーション化するモーションパスが Animate によって自動的に作成されます。

モーショントゥイーンでは、各フレームでアセットを使用する必要がないので、ファイルサイズを最小限に抑え、ドキュメント内のアセット数を減らすことができます。

モーショントゥイーンのワークフロー

  1. モーショントゥイーンアニメーションを開始する前に、Animate CC の基本的な概念 を理解する必要があります。
  2. 様々なモーショントゥイーンのコンポーネント およびそのトゥイーン処理可能なプロパティについて学習します。
  3. モーショントゥイーンを作成して、Animate CC 内でアニメーションを作成します。
  4. タイムラインにトゥイーンを追加して、タイムライン上でオブジェクトをトゥイーンします。
  5. トゥイーンアニメーションのモーションパスを編集して、トゥイーンオブジェクトの位置を変更します。
  6. トゥイーン全体にわたって一定のモーションスピードを保つために、モーショントゥイーンのプロパティキーフレームを使用します。
  7. モーションエディターまたはプロパティインスペクターを使用してトゥイーンスパンを編集し、レイヤーやフレーム内のオブジェクトを調整します。
  8. モーションプリセットを保存して、後で利用できるようにします。

リアルで自然な印象のモーショントゥイーンにするには、カスタムイージングを使用します。

参考資料

ダウンロード

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー