ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

外部 FLV または F4V ファイルのダイナミック再生

Animate のオーサリング環境にビデオを読み込む代わりに、FLVPlayback コンポーネントまたは ActionScript を使用して、外部の FLV または F4V ファイルを Flash Player 内でダイナミックに再生します。FLVPlayback コンポーネントと ActionScript を共用することもできます。

HTTP でダウンロード可能な場所に置かれた FLV または F4V ファイルや、ローカルなメディアファイルとして格納された FLV または F4V ファイルを再生できます。外部 FLV または F4V ファイルを再生するには、FLV または F4V ファイルを URL(HTTP サイトまたはローカルフォルダー)に送り、FLVPlayback コンポーネントまたは ActionScript コードを Animate ドキュメントに追加して、実行時にファイルにこのアクセスし、再生を制御します。

外部 FLV または F4V ファイルを使うと、読み込んだビデオでは使用できない次のような機能を使用できます。

  • 再生速度を低下させずに、長いビデオクリップを使用できます。 外部 FLV または F4V ファイルはキャッシュメモリを使用して再生されます。つまり、大きなファイルが小さなパーツとして格納され、動的にアクセスされるので、埋め込みのビデオファイルよりもメモリ消費が少なくなります。

  • 外部 FLV または F4V ファイルは、再生場所である Animate ドキュメントとは異なるフレームレートにすることもできます。例えば、Animate ドキュメントのフレームレートを 30 fps に設定し、ビデオのフレームレートを 21 fps に設定するなど、スムーズなビデオ再生を確実にするために、より柔軟に制御できます。

  • 外部 FLV または F4V ファイルでは、Animate ドキュメントの再生がビデオファイルのロード時に中断されることがなくなります。読み込まれたビデオファイルでは、CD-ROM ドライブへのアクセスなど、何らかの処理を実行するためにドキュメントの再生が中断することがあります。 FLV または F4V ファイルは Animate ドキュメントから独立して処理を実行することができ、再生が中断されることはありません。

  • 外部 FLV または F4V ファイルでは、ビデオコンテンツにキャプションを付加することが比較的容易です。これは、コールバック関数を使用してビデオのメタデータにアクセスできるためです。

ビデオ再生で使用されるビヘイビアー

ビデオビヘイビアーにより、ビデオ再生を制御できます。ビヘイビアーはあらかじめ記述された ActionScript です。トリガーオブジェクトにビヘイビアーを追加することで別のオブジェクトを制御できます。ビヘイビアーは、ActionScript コードを作成せずに、ドキュメントに ActionScript コードの機能、制御、および柔軟性を追加します。ビデオビヘイビアーは、ビデオクリップの再生、停止、一時停止、巻き戻し、早送り、表示、非表示を行います。

ビヘイビアーでビデオクリップを制御するには、ビヘイビアーパネルを使用して、ムービークリップなどのトリガーオブジェクトにビヘイビアーを適用します。ビヘイビアーのトリガーとなるイベント(ムービークリップを離すなど)を指定し、ターゲットオブジェクト(ビヘイビアーの影響を受けるビデオ)を選択すると共に、必要に応じて、巻き戻しするフレーム数などのビヘイビアー設定を選択します。

注意:

このトリガーオブジェクトはムービークリップである必要があります。ボタンシンボルやボタンコンポーネントには、ビデオ再生ビヘイビアーを適用できません。

Animate の次のビヘイビアーは、埋め込みビデオを制御します。

ビヘイビアー

用途

パラメーター

ビデオの再生

現在のドキュメントのビデオを再生します。

ターゲットビデオのインスタンス名

ビデオの停止

ビデオを停止します。

ターゲットビデオのインスタンス名

ビデオの一時停止

ビデオを一時停止します。

ターゲットビデオのインスタンス名

ビデオの巻き戻し

指定されたフレーム数だけ、ビデオを巻き戻します。

ターゲットビデオのインスタンス名

フレーム数

ビデオの早送り

指定されたフレーム数だけ、ビデオを早送りします。

ターゲットビデオのインスタンス名

フレーム数

ビデオの非表示

ビデオを非表示にします。

ターゲットビデオのインスタンス名

ビデオの表示

ビデオを表示します。

ターゲットビデオのインスタンス名

ビヘイビアーによるビデオ再生の制御

  1. ビヘイビアーのトリガーとなるムービークリップを選択します。
  2. ウィンドウ/ビヘイビアーを選択して、ビヘイビアーパネルを開きます。このパネルで追加(+)ボタンをクリックし、「埋め込みビデオ」サブメニューから希望するビヘイビアーを選択します。
  3. 制御するビデオを選択します。
  4. 相対パスまたは絶対パスを選択します。
  5. 必要に応じて、ビヘイビアーのパラメーター設定を選択し、「OK」をクリックします。
  6. ビヘイビアーパネルで、「イベント」の下の「On Release」(デフォルトイベント)をクリックし、マウスイベントを選択します。「On Release」イベントを使用するには、このオプションをそのままにしておきます。

FLVPlayback コンポーネント

FLVPlayback コンポーネントを使用すると、Animate アプリケーションにビデオプレーヤーを組み込むことができ、HTTP 経由でプログレッシブダウンロードされる Flash ビデオ(FLV または F4V)ファイルの再生や、Adobe Media Server(AMS)または Flash Video Streaming Service(FVSS)からのストリーミング FLV ファイルの再生ができます。

FLVPlayback コンポーネントには以下の機能があります。

  • 再生コントロールと、ユーザーインターフェイスの外観をカスタマイズする、あらかじめ作成された一連のスキンを提供する

  • 上級ユーザーが独自のカスタムスキンを作成できるようにする

  • Animate アプリケーション内のアニメーション、テキスト、およびグラフィックとビデオを同期するために使用できるキューポイントが設定されています。

  • カスタマイズのライブプレビューを行う

  • ダウンロードを簡単にするために、適切なサイズの SWF ファイルを維持する

    FLVPlayback コンポーネントは、ビデオを表示できる表示領域です。FLVPlayback コンポーネントには、ビデオの再生を開始、停止、一時停止、および制御する一連のコントロールボタンである、FLV カスタム UI コントロールが備えられています。

FLVPlayback コンポーネントの設定

  1. ステージで FLVPlayback コンポーネントを選択した状態で、プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)を開き、インスタンス名を入力します。
  2. プロパティインスペクターの「パラメーター」を選択するか、「コンポーネントインスペクター」(ウィンドウ/コンポーネント)を開きます。
  3. パラメーターの値を入力するか、デフォルト設定を使用します。

    プロパティインスペクターまたは「コンポーネントインスペクター」で FLVPlayback コンポーネントの各インスタンスに設定できるパラメーターを次に示します。

    注意:

    ほとんどのインスタンスでは、ビデオスキンの外観を変更する必要がない限り、FLVPlayback コンポーネントの設定を変更する必要はありません。ビデオの読み込みウィザードにより、ほとんどのデプロイでパラメーターが適切に設定されます。

    autoPlay

    FLV または F4V の再生方法を指定するブール値。true の場合、ロードされるとすぐにビデオが再生されます。false の場合、最初のフレームがロードされ、一時停止します。デフォルト値は true です。

    autoRewind

    ビデオを自動的に巻き戻すかどうかを指定するブール値。true の場合、再生ヘッドが最後に達するか、ユーザーが停止ボタンをクリックしたときに、FLVPlayback コンポーネントによってビデオが先頭まで自動的に巻き戻されます。false の場合、ビデオは自動的に巻き戻しされません。デフォルト値は true です。

    autoSize

    true の場合、実行時にコンポーネントのサイズを変更してソースビデオのサイズを使用するブール値。デフォルト値は false です。

    注意:ビデオのエンコードされたフレームサイズは、FLVPlayback コンポーネントのデフォルトのサイズと同じではありません。

    bufferTime

    再生を開始するまでにバッファーする秒数。デフォルト値は 0 です。

    contentPath(AS2 ファイル)

    FLV や F4V の URL またはビデオの再生方法を示す XML ファイルの URL を示すストリング。コンテンツパスダイアログボックスを開くには、このパラメーターの値のセルをダブルクリックします。デフォルト値は空のストリングです。contentPath パラメーターの値を指定しない場合は、Animate で FLVPlayback インスタンスを実行しても何も起きません。

    source(AS3 ファイル)

    FLV や F4V の URL またはビデオの再生方法を示す XML ファイルの URL を示すストリング。コンテンツパスダイアログボックスを開くには、このパラメーターの値のセルをダブルクリックします。デフォルト値は空のストリングです。contentPath パラメーターの値を指定しない場合は、Animate で FLVPlayback インスタンスを実行しても何も起きません。

    isLive

    true の場合に、ビデオは FMS からのストリーミングライブであることを示すブール値。デフォルト値は false です。

    cuePoints

    ビデオのキューポイントを示すストリング。キューポイントを使用すると、ビデオ内の特定のポイントと Animate アニメーション、グラフィックまたはテキストを同期することができます。デフォルト値は空のストリングです。

    maintainAspectRatio

    true の場合、FLVPlayback コンポーネント内のビデオプレーヤーのサイズを変更し、ソースビデオの縦横比を維持します。ソースビデオが拡大および縮小され、FLVPlayback コンポーネントはサイズ変更されません。autoSize パラメーターは、このパラメーターよりも優先されます。デフォルト値は true です。

    skin

    スキンの選択ダイアログボックスを開き、コンポーネントのスキンを選択できるようにするパラメーター。デフォルト値は None です。None を選択すると、ユーザーがビデオを再生、停止または巻き戻せるようにするか、コントロールによって可能になる他のアクションを実行できるようにするコントロールエレメントは FLVPlayback インスタンスに与えられません。autoPlay パラメーターを true に設定すると、ビデオは自動的に再生されます。詳細については、『ActionScript 3.0 コンポーネントガイド』または『ActionScript 2.0 コンポーネントリファレンスガイド』の「FLVPlayback コンポーネントのカスタマイズ」を参照してください。

    totalTime

    ソースビデオの合計秒数。デフォルト値は 0 です。Animate でプログレッシブダウンロードを使用する場合、この数値が 0 より大きい値に設定されているときは、この数値が使用されます。それ以外の場合、Animate ではメタデータからの時間が使用されます。

    注意:FMS または FVSS を使用する場合、この値は無視されます。ビデオの合計時間がサーバーから取得されます。

    volume

    ボリュームを設定するために、最大ボリュームのパーセンテージを表す 0 ~ 100 の数値。

contentPath または source パラメーターの指定

プログレッシブダウンロードまたはストリーミングビデオコンテンツで使用するために、ローカルビデオクリップを Animate に読み込んだ場合は、コンテンツを Web サーバーまたは Adobe Media Server にアップロードする前に、FLVPlayback コンポーネントの contentPath(AS2 FLA ファイル)または source(AS3 FLA ファイル)パラメーターを更新します。contentPath または source パラメーターは、サーバー上のビデオファイルの名前と場所を指定し、再生方法(例えば、HTTP を使用したプログレッシブダウンロードまたは RTMP を使用した Adobe Media Server からのストリーミング)を示します。

  1. ステージで FLVPlayback コンポーネントを選択した状態で、プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)を開き、プロパティインスペクターで「パラメーター」タブを選択するか、コンポーネントインスペクター(ウィンドウ/コンポーネントインスペクター)を開きます。
  2. パラメーターの値を入力するか、必要に応じてデフォルト設定を使用します。contentPath または source パラメーターに関して次の操作をします。a) contentPath または source パラメーターの「値」セルをダブルクリックして、コンテンツパスダイアログボックスを開きます。b) ビデオの再生方法を示す FLV ファイルや F4V ファイルまたは XML ファイル(Adobe Media Server または FVSS 用)の URL またはローカルパスを入力します。

    ビデオまたは XML ファイルの場所が不明の場合は、フォルダーアイコンをクリックして、正しい場所に移動します。ビデオファイルを参照するときに、そのファイルがターゲット SWF ファイルと同じか下の階層にある場合、その場所に対して相対的なパスが Animate によって自動的に作成されるので、Web サーバーからファイルをすぐに使用できます。それ以外の場合は、Windows または Mac OS の絶対ファイルパスとなります。

    HTTP の URL を指定する場合、ビデオファイルはプログレッシブダウンロード可能な FLV または F4V ファイルとなります。RTMP(Real-Time Messaging Protocol)の URL を指定する場合、ビデオは Adobe Media Server(AMS)からストリーミングされます。AMS または FVSS からのストリーミング再生の場合は、XML ファイルの URL を指定することもできます。

    注意:

    Animate では、コンテンツパスダイアログボックスで「OK」をクリックすると、cuePoints パラメーターの値も更新されます。これは、現在のコンテンツパスに cuePoints パラメーターが適用されないようにするために、contentPath パラメーターを変更した可能性があるためです。その結果、無効なキューポイントは失われますが、ActionScript のキューポイントは失われません。このために、キューポイントダイアログボックスではなく、ActionScript を使用して ActionScript 以外のキューポイントを無効にすることをお勧めします。

    contentPath または source パラメーターを指定すると、Animate は指定されたビデオが Flash Player と互換性があるかどうかを確認します。警告ダイアログボックスが表示された場合は、Adobe Media Encoder でビデオを再度 FLV または F4V 形式にエンコードします。

    複数の帯域幅用に複数のビデオストリームを再生する方法を示す、XML ファイルの場所も指定することができます。XML ファイルでは、SMIL(Synchronized Multimedia Integration Language)を使用してビデオファイルを記述します。XML SMIL ファイルについては、『ActionScript 2.0 コンポーネントリファレンスガイド』の「SMIL ファイルの使用」を参照してください。

メディアコンポーネント(Flash Player 6 および 7)

注意:

メディアコンポーネントは Macromedia Flash MX Professional 2004 で導入され、Flash Player 6 または 7 での使用を目的としています。Flash Player 8 用のビデオコンテンツを開発する場合は、代わりにバージョン 8 で導入された FLVPlayback コンポーネントを使用してください。FLVPlayback コンポーネントには改良された機能が備えられており、Animate 環境内でのビデオの再生で高度な制御が可能になります。

メディアコンポーネントには、MediaDisplay、MediaController、および MediaPlayback の 3 つのコンポーネントがあります。MediaDisplay コンポーネントでは、コンポーネントをステージにドラッグして、コンポーネントインスペクターで設定することで、Animate ドキュメントにメディアが追加されます。コンポーネントインスペクターパネルではパラメーターの設定だけでなく、他のアクションをトリガーするキューポイントの追加もできます。再生中、MediaDisplay コンポーネントはまったく見えず、ビデオクリップだけが表示されます。

MediaController コンポーネントを使用すると、ユーザーがストリーミングメディアを操作するためのユーザーインターフェイスコントロールが追加されます。制御パネルには、再生、一時停止、巻き戻しボタン、およびボリュームコントロールが備えられています。また、ロード済みのメディアの量と、再生済みのメディアの量を表す再生バーもあります。再生バーの再生ヘッドを前後にドラッグすることで、ビデオのさまざまな部分を素早く探すことができます。ビヘイビアーまたは ActionScript を使用すると、このコンポーネントを MediaDisplay コンポーネントに簡単にリンクでき、ストリーミングビデオの表示やユーザーコントロールの設置を行えます。

MediaPlayback コンポーネントを使用すると、Animate ドキュメントにビデオやコントローラーをきわめて簡単かつ素早く追加することができます。MediaPlayback コンポーネントは、MediaDisplay コンポーネントと MediaController コンポーネントをまとめて 1 つの統合コンポーネントにしたものです。MediaDisplay および MediaController コンポーネントインスタンスは自動的に相互にリンクされ、再生コントロールを提供します。

これら 3 つのコンポーネントに対して再生、サイズ、およびレイアウトのパラメーターを設定するには、コンポーネントインスペクターパネルまたはプロパティインスペクターの「パラメーター」タブを使用します。メディアコンポーネントはすべて MP3 オーディオコンテンツでも同様に動作します。

メディアコンポーネントについて詳しくは、『ActionScript 2.0 コンポーネントリファレンスガイド』の「メディアコンポーネント」を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン