Fireworks ファイルの作業

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

Fireworks PNG ファイルの読み込みについて

Adobe® Fireworks PNG ファイルを、統合されたビットマップイメージまたは編集可能なオブジェクトとして Animate に読み込むことができます。PNG ファイルを統合されたイメージとして読み込むと、ベクターアートワークを含むファイル全体がラスタライズされるか、ビットマップイメージに変換されます。PNG ファイルを編集可能なオブジェクトとして読み込むと、ファイル内のベクターアートワークはベクター形式のまま保持されます。また、PNG ファイルを編集可能なオブジェクトとして読み込む場合は、そのファイル内のビットマップ、テキスト、フィルター(Fireworks ではエフェクトと呼ばれます)およびガイドが保持されるように選択します。

Fireworks PNG ファイルからのフィルターとブレンドの読み込みについて

Fireworks® PNG ファイルを読み込む場合は、Fireworks 内のオブジェクトに適用されたフィルターおよびブレンドモードの多くを維持し、Animate を使用して、それらのフィルターやブレンドモードをさらに修正することができます。

Animate では、テキストおよびムービークリップとして読み込まれたオブジェクトの修正可能なフィルターとブレンドだけがサポートされます。サポートされていないエフェクトまたはブレンドモードについては、Animate での読み込み時にラスタライズまたは無視されます。Animate でサポートされていないフィルターまたはブレンドを含む Fireworks PNG ファイルを読み込むには、読み込み処理でそのファイルをラスタライズします。この操作を行うと、ファイルを編集できなくなります。

Animate でサポートされる Fireworks のエフェクト

次に示す Fireworks エフェクトは、修正可能フィルターとして Animate に読み込まれます。

Fireworks のエフェクト

Animate フィルター

ドロップシャドウ

ドロップシャドウ

ソリッドシャドウ

ドロップシャドウ

シャドウ(内側)

ドロップシャドウ(「シャドウ(内側)」を自動的に選択)

ぼかし

ぼかし(blurX = blurY = 1)

ぼかし(強)

ぼかし(blurX = blurY = 1)

ぼかし(ガウス)

ぼかし

カラー調整(明るさ)

カラーの調整

カラー調整(コントラスト)

カラーの調整

Animate でサポートされる Fireworks のブレンドモード

次に示す Fireworks のブレンドモードは、修正可能ブレンドとして Animate に読み込まれます。

Fireworks のブレンドモード

Animate のブレンドモード

標準

標準

比較(暗)

比較(暗)

乗算

乗算

比較(明)

比較(明)

スクリーン

スクリーン

オーバーレイ

オーバーレイ

ハードライト

ハードライト

加算

追加

差の絶対値

差の絶対値

反転

反転

アルファ

アルファ

消去

消去

Animate は、Fireworks から読み込まれるその他のブレンドモードをすべて無視します。Animate でサポートされていないブレンドモードには、「平均」、「消し込み」、「除外」、「ソフトライト」、「減算」、「ファジーライト」、「覆い焼き(カラー)」および「焼き込み(カラー)」があります。

Fireworks から Animate へのテキストの読み込み

Fireworks から Flash Professional 8 以降にテキストを読み込むと、そのテキストは現在のドキュメントのデフォルトのアンチエイリアス設定を使って読み込まれます。

PNG ファイルを統合されたイメージとして読み込む場合は、Animate から Fireworks を起動して、ベクターデータを含むオリジナルの PNG ファイルを編集できます。

複数の PNG ファイルをバッチ処理で読み込むときには、一度だけ読み込みのオプションを選択します。Animate では、バッチ処理をするすべてのファイルに対して同じ設定が適用されます。

注意:

Animate でビットマップイメージを編集するには、ビットマップイメージをベクターアートワークに変換するか、ビットマップイメージを分解します。

  1. ファイル/読み込み/ステージに読み込みまたはライブラリに読み込みを選択します。
  2. ファイルの種類ポップアップメニュー(Windows)または表示ポップアップメニュー(Mac OS)から「PNG イメージ」を選択します。
  3. Fireworks PNG イメージを選択します。
  4. 「開く」をクリックします。
  5. 「場所」で、次のいずれかのオプションを選択します。

    すべてのページを新規シーンに読み込む

    ムービークリップシンボル内のすべてのフレームとレイヤーを保持したまま、ムービークリップ内のシーンとして、PNG ファイルのページをすべて読み込みます。Fireworks PNG ファイルの名前を使用して新しいレイヤーが作成されます。PNG ドキュメントの最初のフレーム(ページ)は、最後のキーフレームから始まり他のすべてのフレーム(ページ)が続くキーフレーム上に配置されます。

    現在のレイヤーにページを読み込む

    PNG ファイルの選択したページ(ページ名ポップアップメニューに表示されます)を、ムービークリップとして、単一の新しいレイヤーに置かれている現在の Animate ドキュメントに読み込みます。選択したページの内容は、すべての元のレイヤーとフレーム構造を保持したままムービークリップとして読み込まれます。ページのムービークリップ内にフレームがある場合は、各フレーム自体がムービークリップです。

    ページ名

    現在のシーンに読み込む Fireworks のページを指定します。

  6. 「ファイル構造」で、次のいずれかのオプションを選択します。

    レイヤーをムービークリップとして読み込む

    ムービークリップシンボル内のすべてのフレームとレイヤーを保持したまま PNG ファイルをムービークリップとして読み込みます。

    新規レイヤーとして読み込む

    PNG ファイルを現在の Animate ドキュメントの 1 つの新規レイヤーとして重ね順の最上部に読み込みます。Fireworks のレイヤーは、1 つのレイヤーに統合されます。Fireworks のフレームは、新規レイヤーに含められます。

  7. 「オブジェクト」で、次のいずれかのオプションを選択します。

    見た目重視でラスタライズする

    Fireworks の塗り、線およびエフェクトを Animate で保持します。

    すべてのパスを編集可能にする

    すべてのオブジェクトを編集可能なベクターパスとして保持します。Fireworks の一部の塗り、線、およびエフェクトは、読み込み時に失われます。

  8. 「テキスト」で、次のいずれかのオプションを選択します。

    見た目重視でラスタライズする

    Fireworks の塗り、線およびエフェクトを、Animate に読み込むテキストで保持します。

    すべてのパスを編集可能にする

    すべてのテキストを編集可能な状態に保ちます。Fireworks の一部の塗り、線、およびエフェクトは、読み込み時に失われます。

  9. PNG ファイルを 1 つのビットマップイメージに統合するには、「統合されたビットマップイメージ」を選択します。このオプションを選択すると、他のオプションはすべてグレー表示されます。
  10. 「OK」をクリックします。
アドビのロゴ

アカウントにログイン