AS3 ドキュメントのパブリッシュ

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

パブリッシュの概要

コンテンツは、次の方法で再生できます。

  • Flash Player が組み込まれているインターネットブラウザーを使用する方法

  • プロジェクターと呼ばれるスタンドアローンアプリケーションとして実行する方法

  • Flash ActiveX コントロールによって、Microsoft Office やその他の ActiveX ホストを使用する方法

  • Adobe® の Director® および Authorware® の Flash Xtra を使用する方法

「パブリッシュ」コマンドを使用すると、デフォルトでは、SWF ファイル、およびブラウザーウィンドウに Flash コンテンツを挿入する HTML ドキュメントが作成されます。「パブリッシュ」コマンドは、Adobe の Macromedia Flash 4 以降の検出ファイルの作成およびコピーにも使用できます。Flash では、パブリッシュ設定を変更すると、変更内容がドキュメントに保存されます。作成したパブリッシュプロファイルは、別のドキュメントで使用したり、同じプロジェクトで作業している別のユーザーのために書き出せます。

「パブリッシュ」、「ムービープレビュー」、「ムービーのデバッグ」の各コマンドを使用すると、FLA ファイルから SWF ファイルが作成されます。現在の FLA ファイルから作成された すべての SWF ファイルについて、サイズの情報をドキュメントプロパティインスペクターで確認できます。

Flash® Player 6 以降では、Unicode テキストエンコーディングがサポートされています。Unicode をサポートしているため、Flash Player を実行するオペレーティングシステムで使用されている言語に関係なく、複数言語のテキストを表示できます。

FLA ファイルは、ブラウザーウィンドウでの表示に必要な HTML と共に、GIF、JPEG、PNG などの代替ファイル形式でパブリッシュできます。こうした代替ファイル形式を使用すると、Adobe Flash Player をインストールしていないユーザーでも、作成した SWF ファイルのアニメーションやインタラクティブ機能をブラウザーに表示することができます。FLA ファイルを代替ファイル形式でパブリッシュすると、各ファイル形式の設定が FLA ファイルと共に格納されます。

FLA ファイルは、代替ファイル形式でパブリッシュできるのと同様に、複数の形式で書き出すことができますが、各ファイル形式の設定は、FLA ファイルと一緒に格納されません。

代わりに、HTML エディターを使用してカスタム HTML ドキュメントを作成し、SWF ファイルを表示するために必要なタグを挿入します。

SWF ファイルの動作をパブリッシュする前にテストするには、「ムービープレビュー」(制御/ムービープレビュー/テスト)と「シーンプレビュー」(制御/シーンプレビュー)を使用します。

AS3 ドキュメントの HTML ラッパー

Web ブラウザーで SWF ファイルを再生し、ブラウザーの設定を指定するには HTML ドキュメントが必要です。SWF ファイルを Web ブラウザー上に表示するには、HTML ドキュメントで適切なパラメーターを指定した object タグと embed タグを使用する必要があります。

注意:

パブリッシュ設定ダイアログボックスを使用し、「HTML」オプションを選択すると、正しい object タグおよび embed タグを使用して HTML ドキュメントを生成できます。詳しくは、「HTML ドキュメントのパブリッシュ設定の指定」を参照してください。

 

Animate では、SWF ファイルをパブリッシュすると、自動的に HTML ドキュメントが作成されます。

Flash Player が存在するかどうかの確認

パブリッシュした Animate コンテンツが Web ブラウザーで表示されるようにするには、ブラウザーに Flash Player がインストールされている必要があります。

次のリソースおよび記事には、Web ページにコードを追加して、Flash Player がインストールされているかどうかを判断し、インストールされていない場合は代替コンテンツを表示するようにする方法に関する最新情報が記載されています。

Flash Player がインストールされているかどうかの確認については、Flash Player のヘルプを参照してください。

モバイルデバイス向けのパブリッシュ

Adobe® AIR® for Android® および Adobe AIR for iOS® を使用すると、ActionScript® スクリプト言語、描画ツールおよびテンプレートを使用してモバイルデバイス向けの魅力的なコンテンツを作成できます。モバイルデバイス向けのオーサリングについて詳しくは、AIR のデベロッパー向けリソースを参照してください。

注意:

開発中のモバイルデバイスに応じて、サポートされる ActionScript コマンドおよびサウンド形式については一部の制限が適用されます。詳細については、Mobile and Devices Development Center のモバイル関連記事を参照してください。

モバイルコンテンツシミュレーターでのモバイルコンテンツのテスト

モバイルコンテンツシミュレーターでは、Adobe AIR で作成したコンテンツを Android for iOS のエミュレーション環境でテストできます。モバイルコンテンツシミュレーターでは、制御/ムービープレビューを実行してシミュレーターを起動し、AIR Debug Launcher(モバイル)でファイルをテストできます。

シミュレーターウィンドウが開いたら、モバイルデバイス上で実行されているのと同じ状態のドキュメントに、入力を送信できます。以下の項目を入力できます。

  • 加速度センサー、X、Y、Z の各軸
  • 向きのしきい値の角度
  • タッチ感度など、タッチとジェスチャー
  • ジオロケーション、進行方向、速度
  • ハードウェアキー(Android デバイスに付属のもの)

安全な AS3 ドキュメントのパブリッシュ

Flash Player 8 以降には、ドキュメントのセキュリティを確保するのに役立つ次のような機能があります。

バッファーオーバーランに対する保護

この機能は自動的に有効になります。ドキュメント内の外部ファイルを意図的に悪用してユーザーのコンピューターのメモリを上書きしたり、ウイルスなどの破壊的なコードを挿入しようとする試みを防ぎます。この機能では、ユーザーシステムの指定したメモリ領域の外でドキュメントがデータを読み書きすることを防止します。

ドキュメント間のデータ共有のための正確なドメインの一致

Flash Player 7 およびそれ以降のバージョンでは、以前のバージョンよりもセキュリティモデルが強化されています。Flash Player 6 と Flash Player 7 では、セキュリティモデルに 2 つの大きな違いがあります。

ドメインの完全な一致

Flash Player 6 では、類似ドメイン(例えば www.adobe.comstore.adobe.com)からの SWF ファイルは、相互にまた別のドキュメントと自由に通信できました。Flash Player 7 では、アクセスされるデータのドメインは、データの供給元のドメインと正確に一致していないと通信できません。

HTTPS/HTTP 制限

セキュアでないプロトコル(HTTPS 以外のプロトコル)を使用してロードする SWF ファイルは、まったく同じドメインの場合でも、セキュアなプロトコル(HTTPS)を使用してロードしたコンテンツにアクセスできません。

ローカル再生およびネットワーク再生のセキュリティ

Flash Player 8 以降では、パブリッシュする SWF ファイルのローカル再生およびネットワーク再生のセキュリティを指定できるセキュリティモデルが導入されています。デフォルトで、SWF ファイルには、ローカルファイルおよびネットワークに対する読み取りアクセスが許可されます。ただし、ローカルのアクセス許可を持つ SWF ファイルは、ネットワークと通信できないので、ネットワークにファイルや情報を送信することはできません。

SWF ファイルによるネットワークリソースへのアクセスを許可し、SWF ファイルでデータの送受信を可能にすることができます。SWF ファイルにネットワークリソースへのアクセスを許可すると、ローカルアクセスが無効になり、ローカルコンピューターの情報はネットワークにアップロードされないように保護されます。

パブリッシュする SWF ファイルのローカルまたはネットワーク再生のセキュリティモデルを選択するには、パブリッシュ設定ダイアログボックスを使用します。

Flash Player

Flash Player では、Web ブラウザーや ActiveX コントロールをホストするアプリケーションで再生する場合と同じように、Flash コンテンツを再生します。Flash Player は Flash アプリケーションのインストール時に同時にインストールされます。Flash コンテンツをダブルクリックすると、Flash Player が自動的に起動し、SWF ファイルが再生されます。プレーヤーを使用すると、Web ブラウザーや ActiveX のホストアプリケーションを使用していないユーザーもコンテンツを再生できます。

Flash Player でコンテンツを制御するには、メニューコマンドと fscommand() 関数を使用します。

Flash Pro コンテンツフレームをプリントするには、Flash Player のコンテキストメニューを使用します。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 新しいファイルを開くには ファイル新規を選択、既存のファイルを開くには開くを選択します。.

    • アプリケーションの表示サイズを変更するには、表示表示倍率を選択し、必要な選択をおこないます。

    • コンテンツの再生方法を制御するには、制御再生巻き戻し、またはループを選択します。

Flash Player のアップデートまたは再インストール

Flash Player のインストール時に問題が発生した場合、Flash Player をアップデートまたは再インストールすることができます。Flash Player のダウンロードページに直接アクセスするには、Flash で、ヘルプ/最新の Flash Player を取得を選択します。

あらかじめ Flash Player をアンインストールしておく場合には、次の手順を実行します。

  1. ブラウザーを閉じます。
  2. 現在インストールされているプレイヤーのバージョンを削除します。

    手順については、サポートセンターの TechNote 14157(www.adobe.com/go/tn_14157_jp)を参照してください。

  3. インストールを開始するには、http://www.adobe.com/go/getflashplayer_jp にアクセスします。

    画面に表示される指示に従ってプレーヤーをインストールします。

    また、Players フォルダーにある次のいずれかのインストーラーを実行することもできます。ただし、通常は、Adobe Web サイト上にあるインストーラーは Players フォルダーにあるインストーラーより新しいバージョンです。

    • Windows® 対応 ActiveX コントロール(Internet Explorer または AOL)の場合は、Install Flash Player 9 AX.exe ファイルを実行します。
    • Windows 対応プラグイン(Firefox、Mozilla、Netscape、Safari、Opera)の場合は、Install Flash Player 9.exe ファイルを実行します。
    • Macintosh® 対応プラグイン(AOL、Firefox、Internet Explorer for Macintosh、Netscape、Opera、Safari)の場合は、Install Flash Player 10(Mac OS 9.x)または Install Flash Player 10 OS X(Mac OS X.x)を実行します。
    注意:

    インストールを検証するには、Web ブラウザーから http://www.adobe.com/jp/shockwave/welcome/ にアクセスします。

Flash Player 用サーバーの設定

作成した Flash コンテンツを Web 上で表示するには、SWF ファイルを認識できるように Web サーバーを設定する必要があります。

サーバーを設定すると、対応する MIME(Multipart Internet Mail Extension)タイプが設定され、拡張子が .swf のファイルが Flash ファイルとして認識されるようになります。

正しい MIME タイプを受信するブラウザーは、適切なプラグイン、コントロール、またはヘルパーアプリケーションをロードして、受信データを処理し、正しく表示することができます。MIME タイプがないか、サーバーで正しく提供されないと、ブラウザーでエラーメッセージまたはパズルピースのアイコンの付いた空白のウィンドウが表示される場合があります。

  • インターネットサービスプロバイダー(ISP)を介してサイトを管理している場合は、サーバーに MIME タイプ(application/x-shockwave-flash、拡張子 .swf)を追加するよう ISP に依頼してください。

  • 自分でサーバーを管理している場合は、Web サーバーのマニュアルを参照して、MIME タイプを追加または設定します。

  • 企業のシステム管理者は、ローカルファイルシステム内のリソースへの Flash Player によるアクセスを制限するよう、Flash を設定できます。この場合、ローカルシステム上で Flash Player の機能を制限するセキュリティ設定ファイルを作成します。

セキュリティ設定ファイルはテキストファイルで、Flash Player インストーラーと同じフォルダーに配置されます。Flash Player インストーラーはインストール時にこの設定ファイルを読み取り、そのセキュリティ指示に従います。Flash Player では、System オブジェクトを使用して設定ファイルを ActionScript に公開します。

この設定ファイルを使用すると、Flash Player によるカメラやマイクへのアクセスの無効化、Flash Player が使用できるローカルストレージの容量の制限、自動更新機能の制御、Flash Player によるユーザーのローカルハードディスクからの読み取りの禁止などを適用できます。

MIME タイプの追加

Web サーバーがファイルにアクセスしたときに、そのファイルが Flash コンテンツであることを正しく認識できなければ、ファイルを再生することはできません。MIME タイプが不明の場合や、サーバーから正しく配信されなかった場合、ブラウザーでは、エラーメッセージや、パズルピースのアイコンの付いた空白のウィンドウが表示されます。

サーバーの設定が正しくない場合は、ユーザーまたはサーバー管理者が SWF ファイルの MIME タイプをサーバーの設定ファイルに追加して、次の MIME タイプを SWF ファイル拡張子に関連付ける必要があります。

  • MIME タイプ application/x-shockwave-flash はファイル拡張子が .swf です。

  • MIME タイプ application/futuresplash はファイル拡張子が .spl です。

サーバー管理者の権限がある場合は、サーバーのソフトウェアに付属のマニュアルを参照して、MIME タイプを追加または設定します。サーバー管理の権限がない場合は、ISP(インターネットサービスプロバイダー)、Web マスター、またはサーバー管理者に連絡して、MIME タイプ情報を追加するよう依頼します。

Mac OS サーバーで運用しているサイトの場合は、Action: Binary、Type: SWFL および Creator: SWF2 の各パラメーターも設定する必要があります。

SWF コンテンツ用の検索エンジンの最適化

2008 年の中頃、アドビは Flash Player のテクノロジーが大きく進歩したことを発表しました。このときの進歩により、Google や Yahoo!などの検索エンジンが SWF ファイル内のテキストコンテンツをインデックス処理できるようになりました。SWF コンテンツを検索結果に表示されやすいものとするための最適化には、さまざまな手法が考えられます。そのような手法全般は、検索エンジン最適化(SEO)と呼ばれます。

Omniture と Flash について

Flash コンテンツは、Omniture SiteCatalyst および Omniture Test&Target と統合できます。SiteCatalyst を使用することで、マーケティング担当者は、様々な作業を簡単に実行できるようになります。例えば、Web サイト内で最も利益率の高い経路を把握したり、訪問者がサイトのどこで離脱したかを判断したり、オンラインマーケティングキャンペーンを成功に導く重要な測定基準を特定したりできます。また、Test&Target を使用すると、オンラインコンテンツと消費者との関連性を継続して改善することができます。Test&Target のインターフェイスを使用して、テストの設計と実行、訪問者セグメントの作成、コンテンツのターゲット設定などを行うことができます。

Omniture のユーザーは、Omniture 拡張パックをダウンロードしインストールすることによって、SiteCatalyst および Test&Target で Flash を使用できます。

  • Omniture 拡張パックをダウンロードして、その使用方法を参照するには、ヘルプ/Omniture を選択します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン