XD でのクラウドドキュメントの使い方について説明します。

クラウドドキュメントの使用を開始する

ホーム画面
ホーム画面

Adobe XD のホーム画面からは、クラウドドキュメントにすばやくアクセスできます。「最近使用したファイル」セクションまたは「クラウドドキュメント」セクション内からクラウドドキュメントを表示できます。

command + O(MAC)と Ctrl + O(Windows)を使用して、クラウドドキュメントオーガナイザーからドキュメントにアクセスすることもできます。

共有されたアイテム」には、他のユーザーが XD からあなたと共有したクラウドドキュメントが一覧表示されます。このリストはオフラインでは利用できませんが、自身と共有されている一部のドキュメントは「最近使用したファイル」セクションから利用できます。

リンクを管理」を選択すると assets.adobe.com に移動し、すべてのプロトタイプとデザインスペックを管理することができます。そこで、ファイルクラウドドキュメントを選択し、クラウドドキュメントを表示してアクセスします。「クラウドドキュメント」タブでは以下を行えます。

  • グリッドまたはリスト形式でドキュメントを表示
  • 名前または変更日での並べ替え
  • ドキュメントの選択、削除

削除済み」には、削除対象のタグの付いたクラウドドキュメントが一覧表示されます。それらのドキュメントは、復元するか完全に削除することができます。ドキュメントを削除すると、特定のドキュメントに関連付けられているすべてのコントリビューターや編集者が削除されます。

詳しくは、 XD のクラウドドキュメントを参照してください。

クラウドドキュメントの作成、保存、名前変更

デフォルトでは、新しいドキュメントはクラウドドキュメントとして作成されます。保存するとき、クラウドドキュメントとして保持するか、コンピューター上のローカルドキュメントとして保持するかを選択します。

既存の非クラウドドキュメントを変換するには、ファイル別名で保存保存先クラウドドキュメントを選択します。

XD では、クラウドベースのドキュメント管理がサポートされるようになりました。つまり、ドキュメントを Creative Cloud に保存するときは、自動保存によって各バージョンが保存されるため、作業内容を失うことはありません。

複数のデザイナーが同じクラウドドキュメントを共有して更新できますが、クラウドドキュメントの最初に保存された内容がその後の内容より優先されます。 

ドキュメントをクラウドに保存
ドキュメントをクラウドに保存

クラウドドキュメントの名前を変更するには、保存したドキュメントを選択してファイル/名前の変更をクリックするか、ドキュメント名の横にあるキャレットをクリックします。ドキュメントの所有者である場合にのみ、ドキュメントの名前を変更したり、削除したりすることができます。

クラウドドキュメントの名前変更
クラウドドキュメントの名前変更

クラウドドキュメントにアクセス

クラウドに保存されたドキュメントの場合、デバイス間でクラウドドキュメントに簡単にアクセスできます。モバイルデバイスで開いて、XD モバイルアプリケーション内でプレビューすることもできます。

XD 内から:保存したクラウドドキュメントには、ホーム画面とクラウドドキュメントオーガナイザーからアクセスできます。クラウドドキュメントオーガナイザーからローカルドキュメントを開くには、command + Shift + O(Mac)および Ctrl + O(Windows)を使用します。

assets.adobe.com から:共有されたアイテム」セクションからあなたと共有されたドキュメントを表示できます。このセクションでは、次のことができます。

  • 作成日または名前でのドキュメントの並べ替え
  • グリッドまたはリストビューでの表示
  • 外れる」オプションを使用して、自分自身を共有者から削除
  • 共有クラウドドキュメントでメタデータ違反報告の表示

詳しくは、アセットの参照、同期、管理を参照してください。

あなたと共有されたドキュメント
あなたと共有されたドキュメント

ファイル/クラウドドキュメントを選択し、所有するドキュメントを表示します。「クラウドドキュメント」タブでは以下を行えます。

  • クラウドドキュメントのメタデータの表示。
  • 保有する XD クラウドドキュメントの削除。クラウドドキュメントを完全に削除したり、復元したりできます。
  • 保有する XD クラウドドキュメントの検索

詳しくは、アセットの参照、同期、管理を参照してください。

screen_shot_2018-12-03at41023pm

クラウドドキュメントの共有

XD アプリケーションで、共有編集に招待するを選択します。デザインスペックやプロトタイプの非公開招待状と同じように共有者を招待できます。ドキュメントを共有すると、共有者は Creative Cloud デスクトップアプリケーションと電子メール通知の両方で通知を受け取ります。

クラウドドキュメントの共有
クラウドドキュメントの共有

クラウドドキュメントの共有について詳しくは、次のビデオをご覧ください。


ドキュメントを共有ウィンドウで「削除」オプションを使用して、招待された共有者を共有クラウドドキュメントから削除することもできます。

招待された共有者の削除
招待された共有者の削除

クラウドドキュメントの編集

招待された共有者はすべて、ドキュメントを編集し、元のファイルに変更を保存できます。複数の共有者が同時にドキュメントを開いた場合、最初の共有者が加えた変更がクラウドドキュメントで更新され、2 番目の共有者には「別名で保存」を使用して別のドキュメントとして保存するオプションが表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー