Adobe XD の「オンラインで共有」機能の使用時に発生するエラーの解決策について説明します。

共有」から「レビュー用に共有」または「開発用に共有」を使用しようとしたときにエラーが発生した場合は、次の方法でトラブルシューティングを行ってください。

一般的なトラブルシューティング

status.adobe.com を調べ、Adobe Publish Online 機能に問題があるかどうかを確認します。緑色のステータスは、サービスが正常に稼働していることを表します。

エラーコード別のトラブルシューティング

エラーコード

トラブルシューティングのヒント

44:xx XD でコンテンツを Adobe Creative Cloud にアップロードできなかったことを示します。これは、アドビのサービスに関する問題、またはローカルマシンのネットワークに関する問題の結果である可能性があります。次の手順で根本的な原因を特定し、問題を解決してください。
  • XD は、コンテンツを Creative Cloud に公開するために、さまざまなアドビドメインにアクセスする必要があります。このドメインのいずれかがブロックされると、エラーコード 44 が返されます。企業のネットワークまたはマネージドネットワークの場合は、Adobe Creative Cloud ネットワークエンドポイントを参照して、IT 管理者が特定のドメインをホワイトリストに登録する方法を確認してください。
  • 新しいファイルと 1 つのアートボードを作成し、リンクします。問題なくリンクできた場合には、次の操作を行います。
    • アートボードの数を減らして、リンクの作成を試す。
    • 別のネットワークから共有する。
    • 可能であれば、直接接続する。問題が解決しない場合には、Adobe XD サポートコミュニティに問題を報告してください。
  • 1 つ以上のアートボードに、コンテンツに関する大きな制限がある場合、公開に関する問題が発生することがあります。サイズの大きいアートボードのアセットを書き出すときに、出力のビットマップサイズが制限(書き出し可能な最大サイズは 64,000,000)を超えている場合、デスクトップブラウザまたはモバイルブラウザが停止します。例えば、アートボードのサイズ(幅 x 高さ)が 8,000 x 8,000 = 64,000,000 を超える場合、このエラーが発生する可能性があります。この問題を回避するには、アートボードの幅と高さの組み合わせが上限内に収まるようにします。
55:xx
  • assets.adobe.com で共有しているプロトタイプを削除した後、元の XD ファイルで更新ボタンをクリックすると、エラーが発生します。この問題を回避するには、デザインを再度共有するときに「新しいリンク」をクリックします。
  • Adobe XD でリンクの更新時に問題が発生し、55:47:x エラーが返されます。この問題を解決するには、IT サポートに依頼して、Windows のプロキシ例外に xd.adobe.com を追加してください。
4005 Adobe ID(メールアドレス)の確認を行っていないと、4005 エラーが発生します。Adobe ID の作成で使用メールアドレスで、アドビから確認用メールが届いているかどうか確認します。見つからない場合は、「Adobe からメールが届かない場合」を参照してください。

エンタープライズ版のお客様向けのシナリオ

エンタープライズ版のお客様の場合は、以下のシナリオおよび解決策に従って問題の解決をお試しください。

Creative Cloud へログインをしていないエンタープライズ版のお客様

アドビソフトウェアのシリアライズされたデプロイメントモデルを使用している場合は、自社の IT 管理者に連絡してユーザー指定ライセンスのデプロイメントを依頼してください。このオプションを使用すると、組織内の個々のお客様は、その企業組織に関連付けられた Creative Cloud ログインを入手できるため、Share Online などのストレージおよびサービスを利用できます。

ストレージまたはサービスへのアクセス許可がない Creative Cloud エンタープライズ版のお客様

エンタープライズアカウントにおいては、IT 管理者はその組織内で利用できる Creative Cloud サービスを任意に無効にすることが出来ます。Adobe XD の「オンラインで共有」機能を使用する場合は、IT 管理者に連絡してアクセス権を入手してください。

組織との契約においてアドビアプリケーションが利用出来る場合でも、ストレージやサービスへのアクセスが許可されていない場合には共有機能が利用できません。共有機能を有効にするには、IT 管理者に問い合わせください。

プランの利用資格で XD 公開サービスが有効になっていない場合も、共有は無効になります。Admin Console で XD 公開サービスを有効にする方法については、「製品プロファイルのサービスの有効化/無効化」を参照してください。

マネージドサービスを使用するエンタープライズ版のお客様

マネージドサービスソリューションで Creative Cloud エンタープライズ版を使用されている場合は、オンライン共有はサポートされません。代わりに、プレビューウィンドウを使用してビデオを作成し、デザインを共有します。プロトタイプのビデオの記録については、インタラクションのプレビューおよび記録を参照してください。

エラー - 共有サービスに対するアクセス権限がありません

以下のエラーメッセージが表示される場合は、所属する組織に Creative Cloud サービスへのアクセス権がありません。お住まいのロケールではサービスを使用できないか(例えば、サービスは中国では使用不可)、IT 管理者がサービスの無効化を選択しています。

エラーが発生する

プロキシサーバーを使用したパブリッシュに関する問題

ご使用のマシンにプロキシサーバーをセットアップしてプロトタイプまたはデザインスペックのパブリッシュを試行時にエラーが発生する場合は、次の手順を実行して問題を解決します。

  1. ご使用のマシンにプロキシサーバー設定の設定を正確に行っていることを確認します。プロキシサーバーの設定を確認するには、Creative Cloud アプリケーションランチャーと Adobe XD を再起動し、プロキシの設定後にプロキシログインプロンプトを表示させます。
  2. プロキシのユーザー名とパスワードの画面プロンプトが表示されない場合は、以下のようにします。
  • ブラウザでプロキシサーバーのログイン情報が要求されたら、ユーザー名とパスワードを入力して、「OK」をクリックします。XD を再起動して、サーバー認証情報の適用後に公開します。
  • Creative Cloud アプリケーションランチャーからログインするのではなく、Adobe XD のログインダイアログからプロキシにログインします。

上記の手順で問題が解決しない場合は、Adobe XD をアンインストールしてからマシンを再起動し、Adobe XD を再インストールします。これで、プロトタイプを共有できるようになります。

問題がまだ解決しない場合は、Uservoice に問題を報告してください。

Kivuto ユーザー向けのシナリオ

Kivuto ユーザーである場合は、XD スタータープランのみを使用する資格が与えられます。つまり、

  • オンラインサービスにはアクセスできません。
  • ストレージクォータは無効になっています。
  • 最大 2 つまでのエディターで 1 つのクラウドドキュメントを共有できます。
  • 共有できるプロトタイプまたはデザインスペックリンクは 1 つだけです。

これは、Kivuto の以前のバージョンとは異なり、想定内のビヘイビアーです。

弊社へ問い合わせる

別のエラーコードが発生する場合、または上記のセクションのトラブルシューティングヒントで問題が解決しない場合は、以下の情報を用意して、UserVoice に問題を報告してください。

  • マシンの OS バージョン。
  • 使用している XD のバージョン。
  • 操作を行っている地域。
  • エラーテキストとコード(表示されている場合。スクリーンショットを撮って投稿できます)。
  • 共有リンクの作成後にエラーが発生したかどうか
  • 更新できない XD ドキュメントとリンク(存在する場合)