この文書では、Windows で Adobe Creative Cloud Packager で作成したパッケージ(インストーラー)を使用して、(必要に応じて Adobe Customization Wizard を使用してカスタマイズを行った上で)最新版の Adobe Acrobat DC をインストールする方法について説明します。

チェーンインストールを行うには、以下の操作を上から順に行います。

注意:

チェーンインストールとは、インストーラーにアップデーターを連動させる状態でインストールする方法です。

A. Creative Cloud Packager でパッケージを作成

注意:

Customization Wizard でもシリアル番号認証を行うことが出来ますが、CCP でシリアル番号認証した状態で Customization Wizard でもシリアル番号認証を実施すると、二重認証のような状態となり、正しくライセンシングされません。その為、この組み合わせの場合は、CCP 側でシリアル番号認証を実施し、Customization Wizard 側ではシリアル番号認証は行わないようにしてください。

B. Customization Wizard でカスタマイズ

必要に応じて Customization Wizard を使用して、アップデート制御、オンラインストレージへのアクセス抑制等のカスタマイズを行います。

Customization Wizard について詳しくは、以下の文書を参照してください。

C. 最新版のアップデートファイルの確認とダウンロード

以下のサイトで Acrobat DC の最新バージョンを確認し、アップデート用ファイル(msp ファイル)をダウンロードしておきます。

注意:

ダウンロードするファイルは、Continuous トラックを選択してください。ファイル名は、「AcrobatDCUpd<バージョン>.msp」となります。

※ Acrobat DC には「Continuous トラック」、「Classic トラック」の 2 種類のトラックが存在しますが、CCP で作成できる(Creative Cloud Enterprise ユーザーが使用する)Acrobat DC は「Continuous トラック」のみとなります。Classic トラック用のアップデートを適用しようとすると、「1642」のエラーとなりますのでご注意ください。

参考)

D. setup.ini の記述を最新のアップデートファイル(mspファイル)へ変更

  1. CCP で作成したパッケージフォルダから以下のフォルダを開き、setup.ini ファイルをメモ帳などのテキストエディタで開きます。

    setup.ini ファイルの場所 :
    例) C:\Users\<ユーザー名>\Desktop\<パッケージ名>\Build\Setup\APRO15.0\Adobe Acrobat

    cq02050504_01
  2. 開いた setup.ini ファイルのパッチファイルのファイル名を、(手順 C. で確認した)最新のアップデートファイル名に変更し、ファイルを上書き保存します。

    例)
    [Product]
    PATCH=AcrobatDCUpd1500920069.msp

    [Product]
    PATCH=AcrobatDCUpd1501020056.msp

    cq02050504_02

E. 最新の Acrobat DC アップデートファイルを配置

  1. CCP で作成したパッケージフォルダから、以下のフォルダを開きます。

    例) C:\Users\<ユーザー名>\Desktop\<パッケージ名>\Build\Setup\APRO<バージョン>\Adobe Acrobat

  2. 古い msp ファイルを削除します。

    cq02050504_03
  3. 手順 C. でダウンロードしておいた最新版のアップデートファイルを、CCP で作成したパッケージフォルダの以下の場所(削除した古い msp ファイルと同じ場所)に保存します。

    例) C:\Users\<ユーザー名>\Desktop\<パッケージ名>\Build\Setup\APRO<バージョン>\Adobe Acrobat

    cq02050504_04

F. Acrobat DC のインストール(パッケージの展開)

  1. パッケージフォルダー内の setup.exe ファイルを実行し、パッケージを展開(インストール)します。

    例) C:\Users\<ユーザー名>\Desktop\<パッケージ名>\Build\setup.exe

    cq02050504_07
  2. Acrobat DC を含む Build フォルダー内のアプリケーションがインストールされます。

    この際、Acrobat DC は手順 C. でダウンロードした最新バージョンが適用されます。

  3. 必要に応じて、Exceptions フォルダー内のアプリケーションを展開します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー