問題の説明

アドビアプリには、署名付きアプリケーションプロファイルが必要です。署名付きアプリケーションプロファイルを取得する際に、署名検証に必要な証明書がキーチェーン(macOS)および証明書ストア(Windows)にインストールされます。

アドビライセンス認証は、ライセンス認証と資格について X.509 標準準拠の DER 証明書を使用します。アドビアプリは、ソフトウェアライセンス認証の目的にのみ証明書を使用します。これらは、証明書信頼チェーンの一部であり、そのルートは自己署名です。自己署名証明書は、証明対象である同じエンティティによって署名された ID 証明書です。

証明書をインストールする際に、証明書信頼チェーン内の証明書の一部のみがインストールされます。ルート証明書がインストールされていないため、証明書信頼チェーンの証明書がキーチェーンおよび証明書ストアに以下のメッセージと共に表示されます。

  • Windows:この証明書を認証するための十分な情報が Windows にない
  • macOS:証明書が信頼できない

証明書はアドビアプリケーションがライセンス認証の目的でのみ使用されるものであるため、このメッセージは懸念材料にはなりません。証明書は、署名付きアプリケーションプロファイルを取得する定期的な反復プロセス時にキーチェーンまたは証明書ストアに再インストールされるため、証明書を削除しても悪影響はありません。

解決策

自己署名ルート証明書は、別個(オプション)のインストール可能なプロファイルとしてアドビから入手できます。該当するユーザーはこのプロファイルをインストールできます。その際、自己署名ルート証明書をシステム全体にインストールし、それを信頼済みとマークする権限を求めるプロンプトが表示されます。自己署名ルート証明書がインストールされて、信頼済みとマークされると、証明書のインストール時にエラーメッセージは表示されなくなります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー