自動タグ付け

このプレリリースドロップでは、カタログに含まれる画像のタグが、画像のコンポジションに基づいて自動生成されます。

メモ:

  • 今回のリリースについては、この新機能の精度に関するフィードバックをお寄せください。こちらでは、インターフェースの向上と使い勝手に関する問題の修正を続けています。
  • 現状では英語のタグのみ生成されます。

自動タグ付けは画像に対してのみ機能します。読み込まれた画像はすぐにタグ付けされます。生成された自動タグは以下に表示されます。

  • 詳細ビュー
  • 単一画像ビュー
  • 画像キーワードパネル
DetailsView
詳細ビューと単一画像ビュー

SingleImageView
自動タグパネル

自動タグの検索

検索ボックスへの入力を始めるとすぐに、入力済みの文字列が含まれているすべての自動タグを挙げた候補リストが表示されます。

SearchTags
自動タグの検索

自動タグの精度を評価できるよう、右パネルに自動タグパネルが表示されます。タグを使用して手早くフィルターをかけて、精度に関するフィードバックをお寄せください。

Autotag-assessing
自動タグパネル

自動タグの削除

生成されたタグが画像と関連がない場合に備えて、適用済みの自動タグを削除するオプションが用意されています。手順は下図のとおりです。

RemoveAutotag
コンテキストメニューを使用して自動タグを削除する場合

RemoveAutotag_right-click
自動タグパネルを使用して自動タグを削除する場合

自動タグの環境設定

自動タグ付けを実行するかどうかは、環境設定パネルを使用して選択できます(Ctrl+K または Cmd+K/環境設定/「メディア解析」タブ/「メディアをタグの検索用に自動解析」チェックボックス)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー