Adobe Connect のコンテンツライブラリのコンテンツをアップロード、ダウンロード、管理、共有する方法を説明します。Adobe Connect でプレゼンテーションスライドをアップロードする際のベストプラクティスを学習します。

コンテンツライブラリでサポートされているファイル形式

Adobe Connect のコンテンツライブラリでは、次の形式のファイルのアップロードと共有がサポートされています。

  • 単一の PDF ファイル

  • 単一の PPT ファイルまたは PPTX ファイル

  • 単一の SWF ファイル

  • 単一の HTML ファイル

  • 単一の Adobe Captivate SWF ファイル

  • Adobe Captivate アプリケーションを使用してパブリッシュされた Adobe Captivate コンテンツ

  • Presenter プラグインによってパブリッシュされた Adobe Presenter コンテンツ

  • ZIP ファイルとしてパッケージ化された Presenter コンテンツ

  • 複数の SWF ファイルと追加ファイル(画像、XML ファイルなど)、および最初にロードされる index.swf という名前の 1 つのファイルを含む ZIP ファイル

  • 複数の HTM または HTML ファイルと追加ファイル(画像、SWF ファイルなど)、および index.htm または index.html という名前の 1 つのファイルを含む ZIP ファイル

  • 単一の PDF ファイルを含む ZIP ファイル

  • FLV ファイル

  • 単一の画像(JPEG、GIF、または PNG)

  • 単一のオーディオファイル(MP3)(エンコーダー:Nellymoser、Speex、AAC デコーダー:Nellymoser、Speex、AAC、G711)

  • 単一のビデオファイル(MP4 または F4V)(エンコーダー:Sorenson、H264 デコーダー:Sorenson、VP6)

  • サポート対象のモバイルデバイスで再生できる MP4 形式で保存された、会議、仮想教室、セミナーの録画。

注意:

サードパーティ作成の SCORM コンテンツをコンテンツライブラリにパブリッシュすることもできます。 SCORM 起動ファイルまたは参照には、「+」文字を含むファイル名や、数字で始まるファイル名を付けることができません。

コンテンツのアップロード

特定のコンテンツライブラリフォルダーにファイルをアップロードできるのは、このフォルダーのパブリッシュアクセス権を持つビルトイン作成者グループのメンバーに限られます。

コンテンツライブラリ内に存在するコンテンツを新しくアップロードできます。

注意:

Adobe Presenter または Adobe Captivate がインストールされている場合は、そのアプリケーション内で「パブリッシュ」オプションを使用してコンテンツをコンテンツライブラリにアップロードすることもできます。 また、会議室からコンテンツをアップロードすることもできます。

アドビのおすすめ

アドビのおすすめ
HTML5 出力を Adobe Captivate から Adobe Connect にアップロード
Viswanath S

コンテンツライブラリへのファイルのアップロード

  1. Adobe Connect Central で、次のいずれかの操作を行います。
    • 「ホーム」タブで、「新規作成」バーの「コンテンツ」を選択します。

    • 「コンテンツ」タブで、「新規コンテンツ」ボタンをクリックします。

  2. 「コンテンツファイルの選択」の下の「参照」をクリックしてファイルを表示し、「開く」をクリックします。
  3. 新しいコンテンツファイルのタイトル(必須)および概要(オプション)を「コンテンツ情報の入力」テキストボックスに入力します。
  4. (オプション) カスタム URL を入力します。カスタム URL を割り当てない場合は、システムによって自動的に割り当てられます。
  5. (オプション)「概要」に、新規コンテンツに関する情報を入力します。
  6. 「保存」をクリックします。

    ファイルがサーバーにアップロードされ、コンテンツフォルダーに表示されます。

    注意:

    サポートされないファイル形式のファイルをアップロードしようとすると、コンテンツ情報の入力ページが再表示され、「無効なファイル形式が選択されています」というメッセージが表示されます。

アドビのおすすめ

アドビのおすすめ
Adobe Connect コンテンツライブラリにコンテンツを追加
cysalesteam on YouTube

コンテンツライブラリへの新しいバージョンのファイルのアップロード

  1. 「ホーム」タブで、「コンテンツ」をクリックします。
  2. 「コンテンツリスト」で、更新するコンテンツファイルをクリックします。
  3. 「コンテンツのアップロード」をクリックします。
  4. 「参照」をクリックして、メッセージで指定された形式のファイルを表示し、ファイル名をクリックして「開く」をクリックします。
  5. 「保存」をクリックします。

    新しいコンテンツがコンテンツライブラリにアップロードされます。 プロセスが成功したことを確認するには、「コンテンツリスト」でファイルを見つけ、「更新日時」を確認します。 コンテンツ情報ページに移動して、URL をクリックし、新しいコンテンツを表示することもできます。

AICC コンテンツのアップロード

Adobe Connect でクイズの得点やデータを追跡するには、コンテンツが AICC に準拠している必要があります。 AICC コンテンツをコンテンツライブラリにアップロードするには、ファイルを ZIP アーカイブに保存し、Adobe Connect Central からアップロードします。 会議室からコンテンツをアップロードしないでください。

AICC コンテンツを作成するときは、次の点を考慮してください。

  • コンテンツパッケージには、サーバーがコンテンツを起動するときに必要な index.htm または index.html ファイルが含まれている必要があります。

  • ユーザーがコンテンツとの対話を完了するまでは、すべての通信に対して「未完了」とレポートする必要があります。

  • ユーザーがコンテンツに対して行った対話操作が終了したことを、「修了」または「合格」とレポートすることによって示す必要があります。

コンテンツライブラリからのファイルのダウンロード

アクセス権を持つユーザーは、コンテンツライブラリファイルをコンピューターにダウンロードできます。 コンテンツが複数のファイルで構成されている場合、ZIP ファイルにパッケージ化されます。

  1. 「コンテンツ」タブをクリックします。
  2. ダウンロードするコンテンツファイルに移動します。
  3. コンテンツファイル名をクリックします。
  4. ナビゲーションバーの「コンテンツのダウンロード」リンクをクリックします。
    「コンテンツのダウンロード」リンクは、アイテムの情報ページにあります。
    「コンテンツのダウンロード」リンクは、アイテムの情報ページにあります。

    注意:

    ライセンスと権限に応じて、Adobe Connect Central の一番上の行に表示されるタブがすべて表示されない場合があります。

  5. 「出力ファイルをダウンロード」で、コンテンツのファイル名をクリックします。

    管理アクセス権を持つユーザーは、プレゼンテーションをダウンロードして、インターネット上に展開したり CD で配布したりすることができます。プレゼンテーションの PPT ソースファイルや出力ファイルをダウンロードできます。プレゼンテーションを展開するには、出力ファイルをダウンロードして解凍します。

  6. ファイルをディスクに保存します。

コンテンツライブラリからのプレゼンテーションソースファイルのダウンロード

Adobe Presenter プレゼンテーション用のソースファイルがない場合は、ソースファイルをダウンロードすると便利です(PPT ファイル名の拡張子を PPC 拡張子で上書きしないことが重要です。上書きしてしまうと、ファイルが使用できなくなることがあります)。

注意:ダウンロードできるソースファイルは、アップロードされたファイルのみです。例えば、Adobe Presenter と Adobe Captivate では、ソースファイルをアップロードするかどうかを指定するオプションを選択できます。 ソースファイルをアップロードするオプションが選択されていない場合、そのソースファイルを後でダウンロードすることはできません。

 

  1. 「コンテンツ」タブをクリックします。
  2. プレゼンテーションに移動し、プレゼンテーションの名前をクリックします。
  3. ナビゲーションバーの「コンテンツのダウンロード」リンクをクリックします。
  4. 「ソースファイルをダウンロード」で、ファイルをクリックします。
  5. ファイルをディスクに保存します。
  6. (オプション)「出力ファイルをダウンロード」で、zip ファイルをクリックしてディスクに保存します。

カスタム URL の作成

コンテンツ、新しい会議、新しいコースまたはカリキュラム、新しいセミナーまたは新しいイベントを追加する場合、コンテンツのカスタム URL を作成することができます。 この URL は Adobe Connect アカウント全体で固有な、わかりやすい名前にします。

Connect ライブラリのコンテンツのカスタム URL の追加方法
カスタム URL の追加

A. 管理者が設定した URL の編集不可能な部分 B. URL のカスタマイズ可能な部分 

カスタム URL は一度に 1 つのコンテンツで使用できます。 例えば、あるコンテンツに対して /yourname というカスタム URL を割り当てた場合、この URL を別のコンテンツや会議に割り当てることはできません。また、同じアカウントを使用している他のユーザーが、この URL を別のアイテムに割り当てることもできません。 カスタム URL を使用するコンテンツを削除すると、そのカスタム URL を再利用できるようになります。

他のユーザーが現在使用しているカスタム URL を入力すると、エラーメッセージが表示されます。 必要に応じて、この URL を使用しているユーザーを管理者に確認することができます。

カスタム URL の規則

  • カスタム URL の作成後、編集することはできません。

  • カスタム URL の先頭の文字には数字(0 ~ 9)を使用できません。

  • 最初の文字の後は、英数字、アンダースコア、またはハイフンを使用できます。

  • URL の前後の 2 つのスラッシュ(/)を含む、最大 60 文字を URL 使用できます。

  • 大文字を入力した場合は、URL の大文字小文字の区別の規則に従って、自動的に小文字に変換されます。

  • 次に示す語は予約されているキーワードなので、カスタム URL で使用しないでください。

account

content

idle

report

acrobat

course

info

sco

adobe

cs

input

search

admin

cs2

livecycle

seminar

administration

curriculum

macromedia

send

api

data

meeting

service

app

default

metadata

servlet

archive

download

monitor

soap

breeze

event

open

source

builder

fcs

output

src

close

flash

photoshop

stream

com

gateway

presenter

systems

common

go

producer

training

connect

home

public

user

console

hosted

publish

xml

defaultEventTemplate

defaultMeetingTemplate

defaultTrainingTemplate

collaboration

pdf

 

 

 

コンテンツの表示

コンテンツライブラリからコンテンツを開いて表示することができます。ファイル表示用の URL がある場合、任意のブラウザーウィンドウから直接その URL を参照することもできます。

コンテンツライブラリのコンテンツの表示

  1. Adobe Connect Central ウィンドウ上部の「コンテンツ」タブをクリックします。
  2. コンテンツライブラリを参照し、任意のファイル名をクリックして、関連付けられたコンテンツ情報ページを表示します。
  3. 「表示用 URL」リンクをクリックします。

    新しいブラウザーウィンドウが開き、選択したファイルまたはプレゼンテーションが表示されます。

Web ブラウザーでのコンテンツの表示

  1. ブラウザーウィンドウを開きます。
  2. ブラウザーの URL アドレスボックスにコンテンツ表示用の URL を入力するか、電子メールで受け取ったリンクをクリックします。

コンテンツ URL の電子メールでの送信

コンテンツライブラリ内のすべてのコンテンツファイルには、ユーザーがファイルのコンテンツを表示できる固有の URL があります。この URL を Adobe Connect Central 内から電子メールで他の人に送信することができます。

Adobe Connect によって、電子メールの受信者ごとに固有の URL が作成されます。電子メール内の URL をペーストする場合に比べ、Adobe Connect Central を使用すると次の利点があります。

  • 電子メールの各受信者が、送信された Web リンクをクリックしたときに、Adobe Connect から受信通知を送信するように要求できます。受信者それぞれに固有の URL が作成されているので、コンテンツを表示した受信者を追跡できます。

  • 受信者は、Adobe Connect にログインしなくてもコンテンツを表示できます。 コンテンツライブラリ内のコンテンツファイルのアクセス権が公開表示に設定されていない場合でも可能です。

  1. Adobe Connect Central ウィンドウ上部の「コンテンツ」タブをクリックします。
  2. コンテンツファイルに移動し、ファイル名をクリックします。
  3. ナビゲーションバーの「電子メールリンク」をクリックします。
  4. 電子メールリンクページの「宛先」ボックスに、すべての受信者の電子メールアドレスを入力します。

    必要に応じて、複数の電子メールアドレスをカンマで区切り、電子メールの各受信者固有の URL を作成します。

  5. 必要に応じて、「件名」と「メッセージ本文」テキストボックスを編集します。

    注意:

    メッセージ本文の中括弧内の情報(「{tracking-url}」)は削除しないでください。 このプレースホルダーは電子メールメッセージ内のコンテンツ URL に置き換えられます。

  6. 受信者がコンテンツファイルを表示したときに電子メール通知を受信する場合は、「コンテンツが表示されたら受信通知を送信する」チェックボックスをオンにします。電子メールを受信しない場合は、チェックボックスをオフにします。
  7. 「送信」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー