マニュアル キャンセル

Adobe Connect 会議でのビデオ

  1. Adobe Connect ユーザーガイド
  2. 概要
    1. Adobe Connect の新機能
    2. Adobe Connect 会議室の基礎
    3. HTML クライアントの Adobe Connect 機能
    4. Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーション
    5. Adobe Connect の技術仕様と必要システム構成
    6. Adobe Connect のキーボードショートカット
  3. Adobe Connect Meeting
    1. Adobe Connect 会議室の基礎
    2. Adobe Connect 会議とセッションの開始、出席、管理
    3. Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーション
    4. Adobe Connect 会議前診断テスト
    5. Adobe Connect Central のホームページ
    6. Adobe Connect 会議でのコンテンツ共有
    7. Adobe Connect 会議の更新と管理
    8. 会議レポートおよび分析データの表示
    9. Adobe Connect 会議のノート、チャット、Q&A および投票
    10. Adobe Connect のアクセシビリティ機能
    11. Adobe Connect のキーボードショートカット
    12. 仮想会議室の作成とレイアウトの配置
    13. Adobe Connect 会議の小会議室
    14. Adobe Connect の会議出席者の管理
  4. Adobe Connect の管理とメンテナンス
    1. Adobe Connect HTML クライアントの有効化
    2. Adobe Connect でのシングルサインオンの有効化
    3. タイムアウト期間の変更
    4. Universal Voice オーディオプロバイダーの設定
    5. Adobe Connect でのユーザーとグループの作成および読み込み
    6. Adobe Connect アカウントセキュリティの拡張
    7. Adobe Connect Central での使用状況レポートの生成
    8. Adobe Connect アカウントの管理
    9. ユーザーとグループの管理
    10. ライブラリファイルおよびフォルダーのアクセス権の設定
    11. Adobe Connect Server のユーザーデータ、データベース、設定のバックアップ
    12. Adobe Connect データベースを使用したカスタムレポートの構築
    13. Adobe Connect Server のディスク容量の管理とキャッシュの消去
    14. Adobe Connect Server ログの管理と監視
    15. Adobe Connect サービスの起動と停止
  5. Adobe Connect Events
    1. Adobe Connect Events について
    2. Adobe Connect Events の管理
    3. Adobe Connect Events への出席
    4. Adobe Connect Events の作成と編集
  6. Adobe Connect のトレーニングとセミナー
    1. Adobe Connect のトレーニング向けコースとカリキュラムについて
    2. Adobe Connect によるトレーニングの実施
    3. セミナーの作成と管理
    4. Adobe Connect でのトレーニングコースの作成
    5. Adobe Connect でのトレーニングカリキュラムの作成と管理
    6. Adobe Connect の仮想教室について
    7. トレーニング機能を監視する Adobe Connect のレポート
    8. Adobe Connect トレーニングセッションおよび会議への参加
    9. Adobe Connect のクローズドキャプション
  7. Adobe Connect のオーディオおよびビデオによるコンファレンス
    1. Adobe Connect 会議でのオーディオ
    2. Adobe Connect 会議の録画と再生
    3. Adobe Connect 会議でのビデオ
  8. Adobe Connect でユーザーコンテンツの管理
    1. アップロードされたコンテンツに関するレポートと使用状況の情報の表示
    2. コンテンツライブラリのコンテンツの使用
    3. Adobe Connect ライブラリのファイルおよびフォルダーの使用

 

Adobe Connect の仮想会議でビデオポッドと Web カメラを使用してビデオフィードを開始し管理する方法を説明します。

Adobe Connect のビデオポッドを使用すると、主催者とプレゼンターは Web カメラビデオフィードを参加者と共有することにより、魅力的で有益な仮想セッションを実現できます。Adobe Connect は、さまざまな Web カメラビデオ共有オプションをサポートします。

会議を作成する場合、デフォルトでは拡張オーディオ / ビデオエクスペリエンスオプションが有効になっています。

このオプションを有効にすることで、オーディオとビデオを改善(解像度、鮮明度、スムーズさ、信頼性の向上を含む)できます。すべての出席者は最新のブラウザー、デスクトップ版のアプリケーション、または最新のモバイルアプリから参加できます。以下の点に注意してください。

  • 従来のモバイルアプリから会議に参加することはできません。
  • 会議はインタラクティブ形式ではなく、MP4 ビデオ形式で記録されます。

拡張モードおよび標準モードでサポートされる機能とサポートされない機能の詳細については、「機能マトリックス」を参照してください。

拡張権限を持つ主催者、プレゼンター、および参加者は、各自のコンピューターに接続された Web カメラのビデオを同時に共有することができます。複数の Web カメラを使用している場合、ブロードキャストする Web カメラフィードを選択することができます。 ユーザーが選択を変更するか、接続済みの Web カメラを引き抜いた場合、変更がその場で起こります。 Adobe Connect は、今後の会議のためにこの設定を記憶します。

注意:

Adobe Connect 管理者は、ガバナンス基準に準拠するようにポッド、オーディオおよびビデオの設定を変更することができます。 詳しくは、「承諾と制御の設定の使用」を参照してください。

サポートされるビデオレイアウトと縦横比

会議中のビデオフィードは、ビデオポッドでフィルムストリップレイアウト、グリッドレイアウト、または単一スピーカーレイアウトのいずれかで表示されます。強化されたビデオの権限を持つ主催者、プレゼンター、および参加者はすべてのビデオフィードの中から特定のビデオフィードを主要なビデオとして設定できます。

フルスクリーンモードでは、タイトルバーは非表示になり、ビデオフィードのみが表示されます。 フルスクリーンビデオの上端にマウスを重ね、メニューオプションにアクセスして「フルスクリーンを終了する」ボタンを選択します。

シナリオ

フィルムストリップレイアウト

グリッドレイアウト

単一スピーカーレイアウト

ビデオポッドでの表示

メインビデオがポッド領域のほとんどを占め、他のビデオは小さいサイズで表示されます。

すべてのビデオが均等な領域を占めます。

ポッド領域にメインビデオのみが表示されます。

主催者がレイアウトを切り替えた場合

主催者のビデオがメインビデオになります。

すべてのビデオが同様に表示されます。

メインビデオのみが表示されます。

主フィード

主催者、プレゼンター、およびビデオの拡張権限を持つ参加者は、ビデオフィードをメインビデオとして設定できます。

すべてのビデオが同様に表示されます。

主催者、プレゼンター、およびビデオの拡張権限を持つ参加者は、ビデオフィードをメインビデオとして設定できます。

Windows の縦横比

ユーザー定義。

ユーザー定義。

ユーザー定義。

Mac の縦横比

縦横比 4:3 のワイドスクリーン。

ピラーボックスとワイドスクリーン(16:9)。

縦横比 4:3 のワイドスクリーン。

ネットワークと CPU のパフォーマンス

グリッドモードよりも高性能。

負荷に応じて低下する可能性があります。

グリッドモードよりも高性能。

対応するビュー

標準ビューおよび拡張オーディオ / ビデオエクスペリエンスの両方が対応

標準ビューおよび拡張オーディオ / ビデオエクスペリエンスの両方が対応

拡張オーディオ / ビデオエクスペリエンスのみ対応

フィルムストリップモードでは、参加者はアクティブな発言者に集中することができます。
フィルムストリップモードでは、参加者はアクティブな発言者に集中することができます。

会議の主催者がフィルムストリップレイアウトに切り替えると、主催者のビデオがメインビデオになります。 主催者は、どのビデオでもメインビデオとしてマークできます。 ストリップでフィードが非表示の場合、終端でスクロールアイコンを使用できます。 ユーザーは両端からストリップをスクロールして、別の使用可能なフィードを表示することができます。 フィードをスクロールしても、他のユーザーの画面には影響しません。

レイアウト

Windows の縦横比

Mac の縦横比

グリッド

ユーザー定義

ピラーボックスとワイドスクリーン(16:9)

フィルムストリップ

ユーザー定義

ワイドスクリーン(4:3)

単一スピーカー

ユーザー定義

ワイドスクリーン(4:3)

注意:

Adobe Connect では通常、フィルムストリップモードを使用すると、グリッドモードと比べて帯域幅と処理能力が少なくてすみます。このモードによって、すべての出席者が快適に会議に参加できるようになります。

Web カメラのビデオの共有

  1. ビデオポッドで「Web カメラを開始」ボタンをクリックします。

    ビデオポッドにプレビュー画像が表示されるため、カメラの位置を調整できます。接続された別のカメラを使用する場合は、そのカメラをビデオポッドのオプションから選択します。

    注意:

    ビデオの共有をキャンセルするには、ビデオポッド内のプレビュー画像の外をクリックします。

  2. 自分のビデオをすべての参加者にブロードキャストするには、「共有の開始」をクリックします。

  3. ビデオを一時停止または停止するには、マウスをビデオポッドに合わせてアイコンを選択します。

    一時停止:Web カメラのビデオを一時停止します。

    共有を停止:Web カメラのビデオ共有を停止します。

    ビデオを一時停止すると、「再生」 をクリックしてブロードキャストを再開するまで、カメラからの最後のイメージブロードキャストはビデオポッドに静止画として残ります。 ビデオを停止すると、ブロードキャストイメージは完全に消えます。

    注意:

    主催者はすべての出席者のビデオを一時停止したり完全に停止することができます。

    ビデオポッド内の Web カメラのビデオと使用可能なコントロール
    ビデオポッド内の Web カメラのビデオと使用可能なコントロール

    A. スクリーンを反転またはミラーリング B. ビデオポッドをフルスクリーンにする C. ビデオポッドのすべてのオプションにアクセスするメニューアイコン 

    帯域幅の消費を最適化するには、Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーションを使用してビデオを共有します。アプリケーションを使用するよう促す通知が持続的に表示されます。Adobe Connect アプリケーションについての詳細は、「コンピューターの画面、ドキュメント、ホワイトボードの共有」を参照してください。

    デスクトップ向けアプリケーションを使用して Web カメラのビデオを共有するための会議内通知機能
    デスクトップ向けアプリケーションを使用した Web カメラのビデオ共有を提案する通知機能

参加者による Web カメラのビデオ共有の有効化

デフォルトでは、主催者およびプレゼンターのみがビデオをブロードキャストできます。ただし、ホストは次のいずれかの方法により、参加者がブロードキャストできるようにすることができます。

  • すべての参加者のビデオを有効にするには、ツールバーのビデオポッドをクリックし、「参加者に対して Web カメラを有効にする」を選択します。

  • 特定の参加者のビデオを有効にするには、出席者ポッドで 1 人以上の出席者を選択します。 次に、ポップアップメニューからビデオの共有、役割を変更/ホストにする、または役割を変更/プレゼンターにするのいずれかを選択します。

Web カメラのビデオ共有の設定

ビデオポッドの各種設定へは、ビデオポッドのメニューから直接アクセスするかビデオポッドの環境設定からアクセスします。

  • フィルムストリップモードであるビデオをメインビデオとして設定するには、そのビデオにポインターを重ね、「メインビデオとして設定する」をクリックします。

  • 会議室内のビデオポッドを最大化できます。 アイコン をクリックして、「最大化」をクリックします。

  • 特定の Web カメラを選択してビデオポッドから会議で使用することができます。 メニューアイコン をクリックし、「カメラの選択」オプションから、接続されている Web カメラのうち 1 つを選択します。

  • 主催者は、ビデオポッドのオプションメニュー  から、フィルムストリップレイアウトまたはグリッドレイアウトを選択できます。

  • ビデオポッドをフルスクリーンにすることができます。 フルスクリーンモードではタイトルバーは表示されません。 フルスクリーンビデオの上端にマウスを重ね、メニューオプションにアクセスして「フルスクリーンを終了する」ボタンを選択します。 また、Esc キーを押すとフルスクリーンモードをオフにできます。

    注意:フルスクリーンモードは最大化オプションとは異なります。前者のオプションは、すべての出席者が右上側の「フルスクリーン」タブをクリックして使用できるのに対し、後者のオプションは主催者だけが使用できます。主催者はすべての出席者に対してスクリーンを最大化できます。

  • 主催者とプレゼンターは「プレゼンタービューを強制」をクリックして、すべての出席者に対して自社の表示設定を適用できます。

    注意:小会議室ではビデオポッドの「プレゼンタービューを強制」オプションは使用できません。

  • Web カメラを開始してビデオの共有を開始する場合は、環境設定で「Web カメラのプレビューを無効にする」を選択してプレビューを無効にします。

  • 環境設定で、「アクティブな発言者にハイライトを当てる」を選択して、その時点で話している発言者のビデオに視覚的なハイライトを当てます。複数の参加者が同時に話すと、複数のビデオがハイライト表示されます。

  • 画面の縦横比としてオプションが 2 つあり、標準(4:3)とワイドスクリーン(16:9)から選択することができます。これらの変更は Web カメラを共有している参加者に対して適用されます。

Web カメラからの HD ビデオ共有

HD(720p)のライブビデオフィードを共有、使用できます。主催者は会議環境設定でビデオ品質を HD に設定できます。ブロードキャストされる HD フィードは、フィルムストリップモードとグリッドモードの両方で使用できます。パフォーマンスを向上するには、フィルムストリップモードを使用することをお勧めします。

HD ビデオ共有を有効にした場合、会議で使用できる HD ストリームは 1 つのみになります。

会議室に主催者およびプレゼンターが存在する場合は、カメラを最初にオンにした主催者またはプレゼンターが HD ビデオスロットにアクセスして HD ビデオを会議で共有できます。参加者ビューと主催者ビューでは、ビデオにポインターを置くと表示される HD ラベルを使用して、どのビデオカメラが HD であるか確認できます。また、主催者は任意のビデオにポインターを置いて HD ラベルをクリックすることにより、そのビデオを HD に変換したり、HD ビデオスロットを別の出席者(参加者を含む)に回覧したりすることができます。

カメラの発行者は会議環境設定でビデオ品質を HD に変更できます。

HD ビデオ共有の会議環境設定
HD ビデオ共有の会議環境設定

注意:

HTML クライアントではビデオ設定を利用できません。

複数のサブスクライバーが HD カメラフィードの共有を開始しているときにレイアウトを切り替えた場合、HD フィードが会議でどのように割り当てられるかについては、次の表を参照してください。

共有シナリオ

フィルムストリップレイアウト

グリッドレイアウト

HD フィードの共有を開始する場合

HD は共有しているユーザーを問わず主フィードに割り当てられます。

HD フィードは最初の HD 発行者に割り当てられます。

フィルムストリップからグリッドに切り替える場合

-

HD は単一の発行者にランダムに割り当てられます。

グリッドからフィルムストリップに切り替える場合

HD は主フィードに割り当てられます。

-

HD ビデオの発行者が共有を停止した場合

主フィードが引き続き HD ストリームになります。

解放された HD スロットが、HD カメラストリームを発行する次のユーザーに割り当てられます。HD スロットは既存の HD カメラストリームの発行者には割り当てられません。

使用可能なすべての HD スロットが割り当てられた後、ユーザーが共有を開始した場合

ユーザーは非 HD ストリームを発行します。

ユーザーは非 HD ストリームを発行します。

HD ストリームを発行しているユーザーから 非 HD ストリームを発行している別のユーザーに HD スロットを切り替える場合

主催者、プレゼンター、およびビデオの拡張権限を持つ参加者は、ビデオフィードをメインビデオとして HD に設定できます。

両方のユーザーが発行を停止し、解放された HD スロットを使用して 2 人目のユーザーが発行を開始します。

注意:

HD フィードを発行できるのは、ビデオポッドの表示領域の高さが 720 pixel 以上ある場合のみになります。ビデオポッドのサイズがこれより小さい場合、フルスクリーンにしても HD は起動しません。HD フィードの発行を開始するには、ビデオポッドの実際のサイズを 720p 以上に変更してください。

注意:

会議では、1 人の参加者のみが HD ストリームとしてビデオフィードを発行できます。参加者のハードウェアで HD ビデオを発行することはできませんが、参加者が会議で使用可能な HD スロットを割り当てられている場合、このユーザーのビデオフィードは会議で HD ストリームとして処理されます。現在、HD フィードを識別するインジケーターは表示されません。

Connect 12 では、マイクやカメラのエクスペリエンスがデフォルトで選択されています。

注意:標準ビューでは、このオプションがサポートされていません。

会議室に入室する前に背景を変更

参加者は全員、ビデオ会議の前に仮想背景を変更できます。背景をぼかす、ぼかしを追加する、または既定の背景画像に完全に置き換えることができます。ビデオにぼかし効果を適用することや、提供されている画像にビデオを置き換えることができます。

背景画像を変更する手順は、次のとおりです。

  1. ビデオを有効にするには、ビデオ切り替えボタンを選択します。ビデオが有効になったら、「ビデオ背景を編集」を選択して画像を選択するか、既存の背景にぼかしを適用します。

    仮想背景を追加

  2. 「ぼかし」を選択し、背景を少しぼかします。背景を完全にぼかすには、「ぼかしを追加」を選択します。これにより、背景が完全に見えなくなります。

    提供された画像を背景として使用することも可能です。カメラウィンドウにプレビューを表示できます。

    「完了」をクリックすると、使用したい仮想背景を選択した後に保存できます。

注意:

「完了」をクリックしてポップアップが閉じるまで、背景は公開されません。

会議中に背景を変更

参加者は、仮想背景を会議中に有効化することや、背景を変更することができます。 

  1. 上部パネルで Web カメラのアイコンをクリックして、カメラの設定を編集します。

  2. ドロップダウンから「ビデオ背景を編集」を選択します。

  3. 「ぼかし」を選択し、背景を少しぼかします。背景を完全にぼかすには、「ぼかしを追加」を選択します。これにより、背景が完全に見えなくなります。

    提供された画像を背景として使用することもできます。仮想背景をオフにするには、「なし」を選択します。カメラウィンドウにプレビューを表示できます。

  4. 「完了」を選択すると、使用したい仮想背景を選択した後に保存できます。

注意:
  • 完了を選択してポップアップが閉じるまで、背景は公開されません。
  • 仮想背景の有効化は、現時点ではベータ版の機能です。 

会議終了時まで、選択した仮想背景が表示されます。

主催者の権限

仮想背景の設定に関連して、主催者のみに付与された権限があります。会議室に入室すると、このような設定にアクセスできます。これらのオプションを表示または操作できるのは、主催者のみです。

  1. 上部パネルで、Web カメラのアイコンをクリックします。

  2. ドロップダウンから、「主催者のオプション」にアクセスできます。

    主催者のオプション

  3. 「参加者に対して Web カメラを有効化」を選択して、参加者が会議で Web カメラを共有できるようにします。

  4. 「環境設定」「プライバシー」「Web カメラのプレビューを無効化」を選択し、参加者に対して Web カメラのプライバシーオプションも変更できます。

    主催者は環境設定に応じて、ビデオの縦横比を変更できます。縦横比を「標準(4:3)」または「ワイドスクリーン(16:9)」に変更するには、該当するラジオボタンを選択します。

    参加者のビデオ品質を、低からウルトラ HD(240p~1080p)の範囲で変更します。高品質に設定すると画像が滑らかになり、解像度も向上しますが、使用する帯域幅も大きくなります。

  5. 「完了」を選択して、変更内容を適用します。

注意:

帯域幅が原因となってビデオの品質が低くなる場合は、ビデオの背景をオフにしてください。 

ブラウザーを使用して参加

ブラウザーを使用して仮想会議に参加する場合、いくつかの設定が必要になります。

  1. Web ブラウザーで会議の URL を開きます。

  2. 「ブラウザーで続行」を選択します。マイクとカメラを許可するためのポップアップが表示されたら、「許可」を選択します。

注意:
  • Web ブラウザーで会議に参加する場合、同じ手順で仮想背景を有効化できます。
  • カメラとオーディオを利用できない場合、ブラウザーでカメラと音声を有効化してからリソースにアクセスする必要があります。
  • オペレーティングシステムによって、カメラを有効化する手順は異なります。

マイク、スピーカーおよびカメラの選択エクスペリエンス

Adobe Connect 12 では、サインイン画面、アプリのホーム画面、スピーカー、マイクおよびカメラの選択に変更が加えられています。

参加者の入室

  1. 会議室の URL をクリックします。

  2. ブラウザーのリダイレクトウィンドウが表示されます。

  3. 資格情報を使用してサインインします。

  4. サインインすると、待合室にリダイレクトされます。会議に参加する前に、待合室でスピーカー、マイクおよびビデオを設定できます。

マイクのテスト

会議に出席する前に、マイクをテストして、問題がある場合はトラブルシューティングすることをお勧めします。「マイク」セクションの「テスト」をクリックし、マイクのテストウィンドウでマイクを選択します。

マイクのテストが終了したら、入室することができます。

会議室での設定

スピーカー

次の操作を実行できます。

  • スピーカーのミュート / ミュート解除

  • スピーカー機能のテスト

  • 出席者の音声のオン / オフ 

  • スピーカーのボリュームの調整

マイク

マイクの状態

次の操作を実行できます。

  • マイクの選択
  • マイクをテストし、音量を調節して、ノイズの抑制機能を適用します。 
  • マイクのミュート / ミュート解除
  • 参加者へのマイクの使用許可
  • 参加者がマイクの使用をリクエストできるようにすることで、会議の参加者全員が主催者にミュート解除を依頼して口頭でのディスカッションに参加できるようにします。
注意:
  • 主催者が参加者にマイクの使用を許可している場合、マイクの使用リクエストを参加者に許可するオプションは無効になります。
  • 主催者がマイクの使用の要求を拒否した場合、参加者はマイクの使用を 5 回要求できます。それ以降、参加者がマイクの使用を再度要求するには再参加する必要があります。
  • 発言を 1 人だけに許可することによって、主催者は音声が重複することを防げます。ある発言者がボタンをクリックすると、現在の発言者が再びボタンをクリックするまで他のユーザーのボタンが無効になります。

カメラ

カメラの状態

次の操作を実行できます。

  • カメラの選択
  • Web カメラをオンまたはオフにします。
  • ビデオの背景を編集できます。
  • 参加者の web カメラの有効化 / 無効化
  • ビデオ設定の管理

会議中にカメラを一時停止するには、カメラフィード近くの三点リーダーアイコンを選択してから「一時停止」を選択します。

ビデオポッド

ビデオテレフォニーストリームへの接続

ビデオテレフォニーポッドでは、主催者が出席者とビデオストリーム(オーディオを含む)を共有することができます。 プレゼンテーションの際に一方向の通信で十分な場合、テレフォニーストリームは双方向コンファレンスよりも適している可能性があります。

注意:

この機能は、Adobe Connect をオンプレミスで運用中のお客様のみが使用できます。Adobe Connect 管理者は、ガバナンス基準に準拠するようにポッド、オーディオおよびビデオの設定を変更することができます。 詳しくは、「承諾と制御の設定の使用」を参照してください。

  1. タイトルバーの上部のメニュー  から、「ビデオテレフォニー」を選択し、「ストリーミングを開く」をクリックします。

  2. ポップアップメニューから、適切なデバイスを選択します。Adobe Connect システム管理者によって、使用可能なデバイスのリストが作成されます。 詳しくは、「ビデオテレフォニーデバイスの設定」を参照してください。

  3. 「接続」をクリックします。

    ビデオテレフォニーポッドがすべての出席者に表示されます。 出席者がマウスをポッドに合わせると、ストリームオーディオのボリュームコントロールが表示されます。

    ボリュームコントロールを表示するには、マウスをビデオテレフォニーポッドに合わせます。

  4. 主催者は、ポッドの右上で「ストリーミングを一時停止」またはポッドメニューをクリックして、「ストリーミングを閉じる」、「ストリーミングを変更」、または「オーディオをミュート」オプションにアクセスできます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合