オンライン会議室、会議中に使用するコントロール、役割とアクセス権、関連するライブラリなど、Adobe Connect の概要について説明します。

会議について

Adobe Connect 会議は、複数ユーザーで行うライブのオンライン会議です。会議室は、会議を実施するために使用するオンラインアプリケーションです。 各種表示パネル(ポッド)とコンポーネントが含まれています。事前に作成された会議室レイアウトがいくつか用意されています。ニーズに合ったカスタムレイアウトを使用することもできます。会議室では、会議の出席者によるコンピューター画面やファイルの共有、チャット、オーディオおよびビデオのブロードキャスト、インタラクティブなオンラインアクティビティへの参加が可能です。

注意:

HTML クライアントを使用して会議に出席している場合は、自身のスクリーンのみを他のユーザーと共有できます。現在、ドキュメントやホワイトボードを共有することはできません。

一度会議室を作成すると、削除するまで存在します。 会議室の場所は、会議が作成されるときにシステムによって割り当てられる URL です。 この URL をクリックすると、仮想会議室に入室できます。 会議室は同じ週例会議のために再利用できます。予定されている会議と会議の間、主催者は会議室を開いておくことも、閉じておくこともできます。会議室が開いている場合、出席者はいつでも会議室に入室してコンテンツを表示することができます。

会議に参加するには、Flash 対応のブラウザーか、Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーションが必要になります。会議で実行できる操作は、割り当てられる役割とアクセス権によって異なります。Adobe Connect のセッションにはスマートフォンまたはタブレットからアクセスすることもできます。ここから Adobe Connect アプリケーションとアップデートをダウンロードします。

アドビのおすすめ

アドビのおすすめ
Adobe Connect Meeting の概要
Adobe Systems Inc.

会議室の内部

会議室の内容はポッド(各種メディアを含むパネル)に表示されます。 各ポッドにはそれぞれ、会議の参加者、会議ノート、会議中のチャット、共有ファイルおよび共有動画のリストが含まれます。小グループで共同作業を行う場合、主催者は出席者をメイン会議室から小会議室(小規模の会議)に送ることができます。

2 番目の表示領域であるプレゼンター限定領域は、主催者とプレゼンターのみに表示され、出席者に対しては表示されません。 主催者とプレゼンターはこのプレゼンター限定領域を使用して、出席者に提供するコンテンツを準備したり、機密情報を参照したりできます。

注意:

プレゼンター限定領域を表示するには、会議/プレゼンター限定領域を有効にするを選択します。

メニューバーには、いくつかのメニューが含まれています。主催者には、会議メニュー、レイアウトメニュー、ポッドメニュー、オーディオメニュー、およびヘルプメニューが表示されます。プレゼンターおよび参加者には、会議メニューとヘルプメニューのみが表示されます。 ここにはメッセージおよび警告も表示されます。 メニューバーにある赤い円は、主催者が会議を録画していることを示します。 セキュアソケットの錠マークは、会議がセキュリティ保護されたソケットを通じて接続されていることを示します(ホストサーバーの識別情報が確認されます)。

注意:

Adobe Connect 管理者は、ガバナンス基準を遵守するために、ポッド、共有、その他の設定を変更することができます。 これらの設定は、会議室のレイアウトおよび会議室で実施できる内容に影響します。 詳しくは、「承諾と制御の設定の使用」を参照してください。

参加者の会議中のオプション。
参加者の会議中のオプション。

(HTML クライアント)参加者の会議中のオプション。
(HTML クライアント)参加者の会議中のオプション。
主催者と参加者の会議中のオプション。
主催者と参加者の会議中のオプション。

会議室の接続ステータス

メニューバーの右端にある色付きのバーは、会議室の接続ステータスを示します。 接続ステータスは、会議の接続の情報も示します。

RTMP または RTMPS を使用した接続は、緑色のバーにロックアイコンを示すことで識別できます。 待ち時間の詳細の後に続く「T」は、接続が HTTP 経由でトンネリングされていることが示されます。 待ち時間の値が高いと、受信するストリーム(カメラ、画面共有など)にわずかな遅延が発生します。

会議室の接続ステータスのサンプル。
会議室の接続ステータスのサンプル。

会議の役割とアクセス権

Adobe Connect Meeting で実行できる操作(共有やブロードキャストなど)は役割によって決まります。 会議室の出席者の役割には、主催者、プレゼンター、および参加者の 3 つがあります。 出席者ポッド内のアイコンで、役割およびモバイルデバイスから接続しているかどうかを特定できます。

会議の作成者は、デフォルトで主催者として指定されます。 主催者は、各出席者の役割を指定することができ、他の出席者を会議の主催者として選択することもできます。 各役割のアクセス権は次のとおりです。

主催者

主催者は、会議の設定、ゲストの招待、ライブラリへのコンテンツの追加、コンテンツの共有、会議室のレイアウトの追加または変更を行うことができます。 主催者は、参加者を会議室の主催者やプレゼンターの役割に昇格させることも、参加者を昇格させずに拡張アクセス権をその参加者に与えることもできます。 主催者はオーディオコンファレンスを開始、停止、参加および退室することができます。 また、会議室へのオーディオのブロードキャストを開始および停止することもできます。 主催者は、会議の中で小人数グループの小会議室を作成して管理できます。 また、主催者は、プレゼンターまたは参加者が実行可能なすべての作業を実行できます。

プレゼンター

プレゼンターは、既にライブラリから会議室にロードされたコンテンツを共有できます。 コンテンツは各自のコンピューターから共有することができます。 共有コンテンツには、Adobe Presenter のプレゼンテーション(PPT または PPTX ファイル)、Flash アプリケーションのファイル(SWF ファイル)、画像(JPEG ファイル)、Adobe PDF ファイル、MP3 ファイルおよび FLV ファイルが含まれます。プレゼンターは、すべての出席者とのスクリーンの共有、チャット、およびライブのオーディオとビデオのブロードキャストを行うことができます。 プレゼンターはコンピューター上のオーディオブロードキャストのミュートをオンにすることができます。

参加者(登録済み)

登録済み参加者は、プレゼンターによって共有されたコンテンツの閲覧、プレゼンターのオーディオとビデオのブロードキャストの視聴、およびテキストチャットを行うことができます。 参加者はコンピューター上のオーディオブロードキャストのミュートをオンにすることができます。

参加者(ゲスト)

ゲスト参加者は、プレゼンターによって共有されたコンテンツの閲覧、プレゼンターのオーディオとビデオのブロードキャストの視聴、およびテキストチャットを行うことができます。 参加者はコンピューター上のオーディオブロードキャストのミュートをオンにすることができます。

会議ライブラリについて

Adobe Connect Central の「会議」タブには、会議にアクセスするためのパネルとして、共有会議、ユーザー会議、マイ会議の 3 つが用意されています。 各パネルには、会議のコンテンツや録画を含むフォルダーとファイルがあります。 ユーザーは、Adobe Connect Central へのログイン時に表示されるマイ会議ペインでコンテンツを作成し、管理できます。 Adobe Connect Central 管理者が各ユーザーに設定した会議ライブラリへのアクセス権によって、他のペインのコンテンツにアクセスできるかを決定できます。

会議ライブラリに置いたコンテンツは、会議でのみ使用できます。 Adobe Connect Central で開始したその他の活動(イベント、セミナー、トレーニングなど)でコンテンツを使用できるようにする場合は、そのコンテンツをコンテンツライブラリにアップロードします。 または、コンテンツを会議ライブラリからコンテンツライブラリに移動します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー