仮想会議室の作成とレイアウトの配置

会議室の作成方法とテンプレートを使用した各種ポッドとコンポーネントのレイアウト方法を学習します。デフォルトのテンプレートを再利用、または新しいテンプレートを作成します。

会議の作成

Adobe Connect Central では会議を作成できます。すべての会議には静的 URL(会議室)が用意され、会議を終了した後も維持されます。この URL を使用して会議を再起動できます。会議の主催者は会議の作成中に URL をカスタマイズできます。

会議の一部に登録を組み込むには、「イベント管理」タブが必要です。 「Adobe Connect Events について」を参照してください。アカウント管理者は、別のライセンスを使用して 1500 人が参加する大規模なウェビナーを申請することができます。 Adobe Connect 管理者が要求を承認した場合は、会議室の URL を受け取ります。 この URL を使用してイベント登録システムを作成します。

会議室はいつでも使用して、25 人の参加者向けの会議をトライアルとして開始できます。会議を開始する前に、会議室のコンテンツ/レイアウトを設定します。 ただし、参加者は、会議の開始予定時刻の 15 分前に会議にログインできます。 小規模な会議は、会議室が作成されていれば、スケジュール設定なしで、いつでも実行することができます。

オーディオプロファイルの作成(オーディオコンファレンス用)

マイオーディオプロファイルウィンドウ(マイプロファイル/マイオーディオプロファイル)を使用して、オーディオプロファイルを設定し、オーディオコンファレンスで使用します。 オーディオプロファイルでは、選択したオーディオプロバイダーに関連付けられているコンファレンス設定を使用し、オーディオコンファレンスを開始します。 「オーディオプロファイルの作成と使用」を参照してください。

会議ウィザードの起動

会議ウィザードは、2 通りの方法で起動できます。自分用のマイ会議フォルダーに会議を作成するには、Adobe Connect Central ホームページに移動します。 このページで、「作成」ボタンをクリックし、メニューから「会議」を選択します。管理アクセス権を持つ別のフォルダーに会議を作成するには、会議ライブラリでそのフォルダーに移動します。 次に、「新規会議」ボタンをクリックします。

Adobe Connect Central のホームページで、新しい会議を作成します。
ホームページでの会議の作成

Adobe Connect Central の「会議」タブで、フォルダー内に新しい会議室を作成します。
「会議」タブでフォルダー内に会議を作成

会議情報の入力

会議ウィザードの最初のページで、会議の詳細情報を入力します。 入力する詳細情報として、名前、カスタム URL、概要、日付、期間、テンプレート、言語、アクセス制限、オーディオコンファレンスがあります(名前と言語のみが必須です)。 使用できる場合、オーディオコンファレンス設定を手動で入力するのではなく、ポップアップメニューからオーディオプロファイルを選択することができます。 オーディオプロファイルについて詳しくは、「オーディオプロファイルの作成と使用」を参照してください。

Adobe Connect Central では、任意の会議の「会議/情報の編集」タブで、次のラジオボタンやチェックボックスのオプションをオンにすると、会議主催者が HTML5 ビューとクラシックビューの両方を選択できるようになりました。

注意:

Adobe Connect 11.2 以降の会議で使用できるのは、標準ビューまたはクラシックビューのいずれかのみです。1 つの会議室で両方同時に表示するオプションは、利用できなくなりました。

アプリケーションインターフェイス

「アプリケーションインターフェイス」オプションから、次のラジオボタンで会議アプリケーションの挙動を管理できます。

標準ビュー(デフォルト)

ユーザーがデスクトップアプリケーションからのみ会議に参加できるようにします。デスクトップアプリケーションがインストールされていない場合、ブラウザーから参加しているユーザーは HTML クライアントを使用することになります。ユーザーが Internet Explorer 11 などの古いブラウザーや古いデスクトップアプリケーションを使用して参加している場合は、最新のブラウザー(Chrome、Firefox、Safari、Edge)を使用するか、デスクトップアプリケーションを最新バージョンにアップグレードすることが必要です。モバイルユーザーも最新のモバイルアプリを使用して参加できます。

拡張オーディオの使用:

標準ビューでこのチェックボックスをオンにすると、Opus オーディオコーデックを使用できるため、会議室のすべての参加者が拡張オーディオで参加できます。このモードで参加できるのは、最新のデスクトップアプリケーションから参加しているユーザーのみです。

警告:

拡張オーディオのオプションを選択すると、モバイルユーザーが Connect のモバイルアプリから会議に参加できなくなります。

クラシックビュー:

このモードでは、古いデスクトップアプリケーションからのみユーザーが会議室に参加できます。ブラウザーからアクセスするユーザーは、デスクトップアプリケーションをインストールして参加することが必要です。モバイルユーザーも最新のモバイルアプリを使用して参加できます。

オプトアウトを有効にすると、主催者に明示的に提示する情報を参加者が選択できるようになります。参加者が除外を選択すると、Adobe Connect では、参加度の指標と個人的なチャットメッセージ数が会議レポートからが除外されます。

注意:

アプリケーションインターフェイスのオプションは、例外として録画のワークフローに反映されません。これは会議用のフラグオプションで、録画用ではありません。録画に関する詳細については、「Adobe Connect 会議の録画と再生」を参照してください。

ブラウザーインターフェイス

「ブラウザーインターフェイス」オプションで次のチェックボックスをオンにすると、HTML のブラウザーオプションが有効になります。

標準ビュー(デフォルト)

ユーザーは、ブラウザーの HTML クライアントや最新のデスクトップアプリケーションからのみ参加できます。デスクトップアプリケーションがインストールされていない場合、ブラウザーから参加しているユーザーは HTML クライアントを使用することになります。Internet Explorer 11 などの古いブラウザーや古いデスクトップアプリケーションを使用しているユーザーは、最新のブラウザー(Chrome、Firefox、Safari、Edge)を使用するか、デスクトップアプリケーションを最新バージョンにアップグレードすることが必要です。モバイルユーザーも最新のモバイルアプリを使用して参加できます。

拡張オーディオの使用:

標準ビューでこのチェックボックスをオンにすると、Opus オーディオコーデックを使用できるため、会議室のすべての参加者が拡張オーディオで参加できます。このモードに参加できるのは、HTML クライアントの最新版ブラウザーから参加しているユーザーのみです。モバイルユーザーは最新のモバイルアプリを使用しても参加できません。

警告:

拡張オーディオのオプションを選択すると、モバイルユーザーが Connect のモバイルアプリから会議に参加できなくなります。

クラシックビュー:

このモードでは、古いデスクトップアプリケーションからのみユーザーが会議室に参加できます。ブラウザーからアクセスするユーザーは、デスクトップアプリケーションをインストールして参加することが必要です。モバイルユーザーも最新のモバイルアプリを使用して参加できます。

オプトアウトを有効にすると、主催者に明示的に提示する情報を参加者が選択できるようになります。参加者が除外を選択すると、Adobe Connect では、参加度の指標と個人的なチャットメッセージ数が会議レポートからが除外されます。

注意:

参加者が HTML クライアントを使用して会議に参加できるようにするには、「参加者向けに HTML クライアントを有効化」オプションを選択します。管理者がアカウントで HTML クライアントを強制的に有効にした場合、主催者がこのオプションを選択解除することはできません。

注意:

会議主催者は、会議の「アプリケーションインターフェイス」または「ブラウザーインターフェイス」から、表示方法を指定できます。

会議参加者の選択

「選択可能なユーザーおよびグループ」リストを使用して、参加者を追加します。 参加者を名前で検索し、グループを展開してグループ内の個人を選択します。 必要に応じて、参加者に役割を割り当てます。参加者名を選択し、現在の参加者リストの下にある「アクセス権」をクリックします。 次に、最後の手順として招待状を送信します。招待状を後で送信する場合は、ウィザードを終了します。

招待状の送信

登録ユーザーのみを対象とした会議か公開会議かに応じて、ウィザードで 2 つの個別の手順が示されます。

会議が登録ユーザーのみを対象としている場合は、「送信する」を選択し、招待するグループを選択します(「主催者のみ」など)。電子メールメッセージに表示されるテキストは編集できます。Microsoft Outlook 予定表の予定の追加もできます。

会議 URL を持っているすべてのユーザーが会議に参加できる場合は、「招待状を電子メールで送信する」をクリックして電子メールアプリケーションを起動し、電子メールメッセージの配布リストに招待するユーザーを追加します。

注意:

Adobe Connect は、電子メールクライアントに送信するコンテンツの文字数が 1000 文字を超える場合、会議への招待メールを送ることができません。 この問題は HTML タグの「mailto」に関係しています。コンテンツが 1000 文字を超えるとブラウザーが電子メールクライアントを起動できないためです。

開始する

会議主催者は、ブラウザーの表示オプションの選択または選択解除を決めることができます。それによって、会議を HTML で開催するか、ブラウザーの Flash Player で開催するかを選択できます。主催者の環境設定に基づいて、最新の CEF アプリケーションで会議に参加するか、ブラウザーで続行できるかどうかがユーザーに表示されます。 

新規ユーザーの画面表示の図
新規ユーザーの画面表示の図

会議室のテンプレートおよびレイアウト

テンプレートは、あらかじめ設計されている会議室です。テンプレートには、様々な表示パネル(ポッド)、設定、およびコンテンツから成るレイアウトが 1 つ以上含まれています。レイアウトは、特定のタスク(スライドの提示や共同作業など)に合わせて最適化できます。既存のレイアウトやコンテンツを利用することで、会議を作成するたびにカスタマイズを繰り返す手間が省けます。独自のテンプレートを作成するか、Adobe Connect に付属するデフォルトのテンプレートを使用します。

会議室がすばやく作成できるように、Adobe Connect には、デフォルトの会議、デフォルトのトレーニング、デフォルトのイベントの 3 つのビルトインテンプレートが用意されています。 Adobe Connect Central で新規会議ウィザードを使用して会議を作成する際に、新規会議用のテンプレートをこれら 3 つの中から 1 つ選択します。 次に、コンテンツを追加して会議を開始します。

テンプレートから会議室を作成すると、その会議室にはコンテンツの最新版が追加されます。 埋め込まれたコンテンツのソースファイルを編集した場合、その変更は会議室のコンテンツには影響しません。 会議室のコンテンツを更新するには、改訂したファイルを Adobe Connect Server にアップロードします。次に、会議室の既存のコンテンツをサーバー上の改訂されたコンテンツに置き換えます。

デフォルトの会議テンプレート

会議用の一般的なテンプレートです。 このテンプレートには、「共有」、「ディスカッション」、および「コラボレーション」の 3 つのレイアウトが用意されています。 共有レイアウトは、共有コンテンツ用(Microsoft PowerPoint プレゼンテーション、ビデオ、Adobe PDF など)に最適化されています。 ディスカッションレイアウトは、問題についてインタラクティブにディスカッションしたり、メモを取ったりする作業用に最適化されています。 コラボレーションレイアウトは、コンテンツに注釈を付けたり、コンテンツに手書きで図形を書き込む作業用に最適化されています。

デフォルトの会議室のレイアウト
デフォルトの会議テンプレートのレイアウト

A. 共有 B. ディスカッション C. コラボレーション 

デフォルトのトレーニングテンプレート

オンラインでの共同指導や仮想教室に使用します。 このテンプレートには、「ロビー」、「教室」、および「分析」の 3 つのレイアウトが用意されています。 ロビーレイアウトでは、自動実行されるプレゼンテーションの表示、または他の準備段階にあるコンテンツの表示が可能です。 会議が始まるまでの間は、出席者がコンテンツを閲覧できるようにロビーレイアウトを開いておきます。 教室レイアウトでは、PowerPoint スライドの提示、スクリーンの共有、またはホワイトボードの共有を行います。 分析レイアウトでは、受講生と共同作業したり、ダウンロードするファイルや閲覧するリンクを提供したり、ホワイトボードを使用して指導したりできます。 デフォルトのトレーニングテンプレートおよびデフォルトの仮想教室テンプレートは共有トレーニングのフォルダー内にあり、後者が仮想教室のデフォルトのテンプレートになります。

デフォルトのイベントテンプレート

多数の視聴者がいる会議またはセミナーに使用します。 このテンプレートには、「ロビー」、「プレゼンテーション」、および「質問と回答」の 3 つのレイアウトが用意されています。 ロビーレイアウトでは、音楽の再生、自動実行されるプレゼンテーションの表示、または他の準備段階にあるコンテンツの表示が可能です。 会議が始まるまでの間は、出席者がコンテンツを閲覧できるようにロビーレイアウトを開いておきます。 プレゼンテーションレイアウトでは、PowerPoint スライドの提供、スクリーンの共有、またはホワイトボードの表示を行います。 質問と回答レイアウトは、参加者との公開質疑応答に役立ちます。

テンプレートに保存されている情報

テンプレートに変換される会議室は、元の会議室のコピーです。 テンプレートには、レイアウト、ポッド、会議室情報およびほとんどのタイプのコンテンツが保存されています。その中には、次のものが含まれます。

  • レイアウトとその名前、順序、および開始(選択)状態
  • ポッドとその名前、サイズ、位置、およびフルスクリーン切り替えの設定
  • ポッドのコンテンツ
  • 参加者のマイクによる発言権
  • PDF ファイル内のページ番号および FLV ファイル内のシークバーの位置
  • ホワイトボードのオーバーレイのコンテンツ
  • 投票状態(準備、開始、終了)、質問、回答、および公開された結果
  • 質問と回答、チャットポッドのリンク、および状態(未回答、回答済み、すべて)
  • ノートポッド内のテキスト
  • ビデオ設定
  • 会議室の停止状態(はい、いいえ)
  • ゲストエントリの値
  • 会議が停止または終了したときにユーザーに表示するメッセージ
  • 会議室の背景、スクリーン解像度、および帯域幅
  • プレゼンター限定領域の状態
  • 招待者の連絡先詳細
  • 小会議室のすべての設定および変更。 また、テンプレートを使用して会議を作成した場合、これらの設定はそのまま引き継がれます。

特定の情報はテンプレートに保存されません。 オーディオコンファレンスやオーディオ設定ウィザードの設定、およびチャットポッドのコンテンツはテンプレートに保存されません。

新しい会議へのテンプレートの適用

  1. Adobe Connect Central のホームページで、新規作成メニューバーの「会議」をクリックします。
  2. 会議情報の入力ページで、「テンプレートを選択」の横のメニューをクリックしてテンプレートを選択します (デフォルトでは、共有テンプレート内のデフォルトの会議テンプレートが選択されます)。

会議室のテンプレートへの変換

主催者は会議室テンプレートを作成できます。 共有テンプレートフォルダーに会議室を追加するには、共有テンプレートフォルダーに対する管理アクセス権が必要です。 デフォルトでは、自分のユーザー会議フォルダー内の会議およびテンプレートに対してフルコントロールのアクセス権を持ちます。

  1. Adobe Connect Central の「会議」タブから、変換する会議室に移動します。
  2. 会議室の横にあるチェックボックスを選択します。
  3. ナビゲーションバーで、「移動」をクリックします。

    Adobe Connect Central に 2 つの列が表示されます。 会議室名が左の列に表示されます。 右列では、「移動先フォルダー」の見出しの下で、ユーザー会議/[自分のアカウント] がデフォルトで選択されます。 このフォルダーを移動先とする場合は、手順 5 に進みます。

  4. テンプレートフォルダーに移動し、共有テンプレートフォルダーなどのフォルダーを選択します。
  5. 列の下部にある「移動」をクリックします。

    会議室が、選択したテンプレートフォルダー内に置かれます。 該当するフォルダーのリストにテンプレートが追加されます。

    新規会議ウィザードで会議を作成するときに、テンプレートを選択メニューから作成したテンプレートを選択できます。 必要に応じて、この会議室をカスタマイズできます。 会議を作成した後に、新しいテンプレートを適用することはできません。 代わりに、新しいテンプレートを使用して会議を作成します。

アドビのおすすめ

レイアウトの作成方法:lynda.com のチュートリアル

lynda.com

レイアウトの管理

レイアウトメニューとレイアウトバーは主催者にのみ表示されます。 デフォルトのレイアウトは、共有、ディスカッション、およびコラボレーションです。

管理パネルは、レイアウトパネルの右側のメニューから表示します。管理パネルで、レイアウトを新規作成、複製、削除、または名前変更することができます。

レイアウトの管理方法の図
レイアウトの管理方法の図

アドビのおすすめ

Adobe Connect でのレイアウトの使用

Teaching and Learning Center at UOIT

レイアウトの作成

  1. 手動でポッドを追加する空白のレイアウトを作成する場合、または既存のレイアウトの複製を作成する場合は、次のいずれかの操作を行います。
    • 「レイアウト」 を選択します。

    • 画面の左下隅にあるプラス  をクリックします。これにより、空白のレイアウトを新規作成したり、既存のレイアウトを複製したりできます。

    新規レイアウトの作成
    新規レイアウトの作成

  2. 新規レイアウトの作成 - 新規レイアウトを作成します。レイアウト名を変更しない場合、名前はデフォルトで「新規レイアウト」になります。

  3. 既存のレイアウトを複製 - 既にある会議室のレイアウトを複製します。ドロップダウンメニューから複製するレイアウトを選択するだけです。名前を変更しない場合、名前は「レイアウト名」の「複製」になります。

レイアウトの名前の変更

  1. レイアウトの名前を変更するには、画面の右側のレイアウトメニューオプションから「管理」を選択します。

  2. レイアウトモードで、名前を変更するレイアウトを選択します。

  3. レイアウト名をダブルクリックし、新しい名前を入力します。

レイアウトの削除

  1. レイアウトを削除するには、画面の右側のレイアウトメニューオプションから「管理」を選択します。

  2. レイアウトモードで、削除するレイアウトを選択します。一度に複数のレイアウトを選択できます。

  3. 上部のレイアウトモードには、選択したレイアウトの数が表示されます。削除()をクリックし、確認します。

注意:

現在使用中のレイアウトを削除した場合、デフォルトの共有レイアウトが会議に適用されます。

レイアウトの並べ替え

  1. レイアウトモードでは、レイアウトがレイアウトメニューに表示される順序を変更できます。 

  2. レイアウトを上下にドラッグして、レイアウトを並べ替えます。

注意:

レイアウトバーでレイアウトプレビューをドラッグして、レイアウトの順序を変更します。

レイアウトの検索

  1. レイアウトを検索するには、画面の右側のレイアウトメニューオプションから「管理」を選択します。

  2. パネルの上部にある検索アイコン  をクリックし、レイアウトの名前の入力を開始します。検索語がレイアウトと一致すると、目的のレイアウトが表示されます。

  3. レイアウトを選択します。削除()をクリックし、確認します。

レイアウトのロック

注意:

レイアウトをロックすると、表示がロックされ、意図しない操作による削除や表示レイアウトの変更を防止できます。

  1. レイアウトパネルから、ロックするレイアウトを選択します。 

  2. レイアウトをロックするには、画面の右側のレイアウトメニューオプションから「ロック」を選択します。

  3. レイアウトのロックを解除するには、「ロック」オプションの選択を解除します。

注意:

「検索」および「レイアウトのロック」オプションは、Web ブラウザー(HTML)でのみ利用できます。

会議中のレイアウトの変更

レイアウトメニューとレイアウトバーは主催者にのみ表示されます。 デフォルトのレイアウトは、共有、ディスカッション、およびコラボレーションです。 カスタムレイアウトも表示されます。 レイアウトバーにはレイアウトのサムネールも表示されます。 主催者が別のレイアウトを選択すると、新しいレイアウトがすべての出席者のスクリーンに表示されます。

  1. レイアウトを変更するには、次のいずれかの操作を行います。
    • レイアウト/「レイアウト名」を選択します。

    • レイアウトバーでレイアウトをクリックします。

注意:

レイアウトバーのレイアウトが適切でない場合は、レイアウトをスクロールし、マウスポインターを最初または最後のレイアウトプレビューに合わせます。 パンオプションまたはマウスホイールを使用してもスクロールできます。

会議中のレイアウトの調整

準備モードでは、主催者とプレゼンターは、会議の開催中に会議室のレイアウトを作成したり変更したりすることができますが、参加者は主催者が変更を表示させるまで変更を表示できません。

  1. トップパネルのドロップダウンから「準備モードに切り替え」を選択します。または、画面の右下隅のレンチアイコン  をクリックします。

    準備モードがアクティブであることを警告するポップアップが表示されます。

  2. 準備モード機能は、ライブポッドを青で、ライブでないポッドを白でハイライト表示します。

    注意:

    ライブポッドに加えた変更は、即座に参加者に反映されます。

  3. レイアウトメニューまたはレイアウトバーで、調整するレイアウトを選択します。 次に、必要に応じてポッドを移動するか、非表示にするか、または表示します。

  4. レイアウトの調整が完了したら、ドロップダウンメニューから「準備モードを終了」を選択するか、レンチアイコン  をもう一度クリックします。

    これにより準備モードがオフになり、会議が現在動作しているレイアウトに戻ります。既存のポッドに変更を加えた場合、その変更は他の会議参加者にも反映されます。

  5. 新しいレイアウトを有効にするには、レイアウトメニューをクリックして、新しいレイアウトを選択します。参加者の会議室が変更されます。

会議室の背景画像の選択

デフォルトのグレーの背景を画像に置き換えることができます。

  1. 会議/環境設定を選択します。
  2. 「アップロード」をクリックし、目的の画像を指定します。 以前にファイルを Adobe Connect に追加していない場合は、「コンピューターを参照」をクリックします。

レイアウトのリセット

レイアウトをリセットして、デフォルトレイアウトに戻します。 共有、ディスカッション、およびコラボレーションレイアウトに対して行った変更は元に戻され、カスタムレイアウトは削除されます。

  1. レイアウトをリセットするには、画面の右側のレイアウトメニューオプションから「デフォルトにリセット」を選択します。

注意:

会議を録音中の場合は、レイアウトをリセットできません。

レイアウトバーオプションの指定

レイアウトバーオプションを使用すると、ドッキング位置と、自動的に隠す設定を指定できます。 レイアウトバーメニューから、次のいずれかを選択します。

左にドッキング

レイアウトバーを会議室ウィンドウの左端にドッキングする場合に有効にします。

右にドッキング

ユーザーが、レイアウトバーを会議室ウィンドウの右端にドッキングできるようにします。

自動的に隠す

レイアウトバーを自動的に隠す場合に有効にします。 レイアウトバーを表示するには をクリックします。

レイアウトパネル 上部の会議パネルからレイアウトパネルを有効または無効にします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン