この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

内容 (What's Covered)

A. トラブルシューティング/初級編

A-1. 必要システム構成

A-2. シリアル番号

A-3. 管理者権限でのログイン

A-4. Contribute のアップデート

A-5. Mac OS X アップデート

A-6. 環境設定ファイルの再作成

A-7. Contribute を単独で起動

A-8. ビデオカードドライバのアップデート

A-9. ログイン項目を無効にして起動

A-10. 新規ユーザアカウント

B. トラブルシューティング/中級編

B-1. Contribute の再インストール

B-2. ディスクのアクセス権を修復

B-3. サードパーティ製プラグイン

B-4. フォントのトラブルシューティング

B-5. ハードディスクの最適化

B-6. ハードディスクの破損の確認

B-7. システムのウイルススキャン

B-8. デフォルトプリンタの設定

B-9. ICC プロファイルのトラブルシューティング

C. トラブルシューティング/上級編

C-1. アクティビティモニタの使用

C-2. 起動ディスクとして指定された異なるハードディスクにインストール

C-3. 異なるハードディスクまたはコンピュータへのインストール

この文書では、Macintosh で Adobe Contribute CS4/CS5 を使用する際に発生するシステムエラーまたはフリーズの対処方法について説明します。システムエラーは、以下のようなさまざまな形で現れます。

- ダイアログボックスが空白で表示される、またはちらつく

- カーソルや画面のフリーズ

- 以下のようなエラー

  • 「"The application 'Contribute' has unexpectedly quit. The system and other applications have not been affected." (アプリケーション"Contribute"は予期しない理由で終了しました。システムおよびその他のアプリケーションには影響はありません。)」

システムエラーやフリーズは、デバイスドライバ、ソフトウェア、およびハードウェア間のコンフリクト、特定のファイルの破損など、さまざまな要因で発生する場合があります。Contribute での作業中のみシステムエラーが発生する場合もありますが、必ずしも Contribute が原因とは限りません。他のアプリケーションがメモリやプロセッサパワーを要求しているために問題が発生する場合もあります。

この文書を最大限に活用するために、記載の作業を順序どおりに行ってください。行った作業とその結果を、エラーやその他のトラブルも含めて記録します。トラブルの状況や操作過程に関する詳しい情報があれば、弊社テクニカルサポートにお問い合わせの際に、より適切なサポートを提供できます。

 

 A. トラブルシューティング/初級編

このセクションの作業は、最も一般的なシステムエラーの解決に役立ちます。これらの作業を実行する前に、すべての個人用ファイル(例えば Contribute で作成したファイル)のバックアップを作成します。また、システムエラーが発生した場合は、必ずコンピュータを再起動してメモリをリフレッシュしてください。再起動せずに作業を続行すると、問題が複雑になる可能性があります。

 A-1. 必要システム構成

コンピュータが以下の必要システムを満たしていない場合、Contribute が正しく動作しない可能性があります。

Contribute CS4

  • PowerPC G4、G5、またはインテルマルチコアプロセッサ
  • Mac OS X v.10.4.11 または 10.5.4 日本語版
  • 512 MB 以上の RAM
  • 1.4 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,024 x 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280 x 800 以上を推奨)、および 16 bit 以上のビデオカード
  • DVD-ROM ドライブ
  • Contribute の Web ブラウザには、Firefox 2 が必要
  • オンラインサービスのためにブロードバンドインターネット接続

Contribute CS5

  • インテルマルチコアプロセッサー
  • Mac OS X 10.5.7 または 10.6 日本語版
  • 512 MB 以上の RAM
  • 1.4 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,024 x 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280 x 800 以上を推奨)、および 16 bit のビデオカード
  • DVD-ROM ドライブ
  • Contribute Web ブラウザープラグインを使用するために Firefox 3 または 3.5
  • オンラインサービス※の利用にはブロードバンドインターネット接続が必要

コンピュータに搭載されている RAM(メモリ)の容量を確認するには、以下の操作を行います。

  1. [アップル] メニューから [この Mac について] を選択します。
  2. 「メモリ」欄に表示されている値を確認します。この値が、コンピュータに搭載されている RAM の容量を示しています。



 

 A-2. シリアル番号

シリアル番号の入力時やアプリケーションの起動時に「不正なシリアル番号」エラーが表示されたり、シリアル番号が認識されない場合は、以下のいずれかもしくは複数の操作を行います。

  • シリアル番号テキストボックス内に入力した内容を削除し、アプリケーション DVD-ROM のケース裏、または購入時の E メールや購入時の Web ページに記載されているシリアル番号を正しく入力します。
  • テンキーを使用してシリアル番号を入力します。
  • 数字の「0」(ゼロ)とアルファベットの「O」(オー)を誤って入力していないか確認します。
  • 弊社カスタマーサービスに問い合わせます。問い合わせ先については、以下の弊社 Web サイトを参照してご確認ください。

    URL : http://www.adobe.com/jp/aboutadobe/contact.html

 

 A-3. 管理者権限でのログイン

管理者権限のないユーザアカウントでインストールを行った場合、インストーラが必要なファイルにアクセスできない可能性があります。アクセス権の制限が問題の原因かどうかを確認するには、管理者権限のあるユーザでログインして問題を再現します。問題が再現しない場合、これまで使用していたユーザアカウントのアクセス権が十分ではありません。システム管理者に連絡して、アクセス権を取得してください。

管理者権限のあるユーザとしてログインするには、以下の操作を行います。

  1. [アップル] メニューから [<ユーザアカウント名>をログアウト] を選択します。
  2. 「すべてのアプリケーションを終了して今すぐログアウトしてもよろしいですか?」と表示されたら [ログアウト] をクリックします。



  3. ログイン画面が表示されたら、管理者権限のあるユーザを選択します。
  4. パスワードを入力し、Return キーを押します。

 

A-4. Contribute のアップデート

Contribute のアップデータを適用することによって、オペレーティングシステムやデバイスドライバとの互換性、およびアプリケーションのパフォーマンスなどの問題が改善する場合があります。アップデートを行う前に、お使いのコンピュータが最新バージョンの必要システム構成を満たしているか確認してください。また、Contribute と同時に使用している Adobe アプリケーションもアップデートすることを推奨します。

無償アップデータは、以下の弊社 Web サイトからダウンロードできます。

URL : http://www.adobe.com/jp/support/contribute/downloads.html

Contribute のアップグレード版は、アドビストアおよび正規代理店から購入することができます。詳細については、以下の弊社 Web サイトを参照してください。

販売パートナーのご紹介

URL : http://partners.adobe.com/public/main.html?force-locale=ja-jp

アドビストア

URL : http://www.adobe.com/go/gntray_store_jp

購入についての詳細は、アドビストアにお問い合わせください。

 

A-5. Mac OS X アップデート

Mac OS X のアップデートを行うことにより、パフォーマンスやアプリケーションの互換性の問題が改善される場合があります。Mac OS X をアップデートするには、以下の Apple 社 Web サイトからアップデータを入手するか、[アップル] メニューから [ソフトウェアアップデート] を選択します。

URL : http://www.apple.com/jp/downloads/macosx/

  重要 : システムアップデートをインストールする前に、Contribut および使用するその他のソフトウェアやハードウェアの必要システム要件を確認し、互換性に問題が無いか確認してください。インストールするアップデートが存在しない場合は、サードパーティ製ソフトウェア、ハードウェアの製造元へアップデートについてお問い合わせください。

 

 A-6. 環境設定ファイルの再作成

Contribute の環境設定ファイルを再作成することによって、環境設定ファイルの破損によるエラーを改善することができます。

 注意 : 環境設定ファイルを再作成すると、アプリケーションの設定が初期化されます。

Contribute の環境設定ファイルを再作成するには、以下の操作を行います。

  1. Contribute を終了します。
  2. 以下の場所に保存されている「Adobe Contribute <5 または 6> Prefs」ファイルの名前を変更します。(例 : 「Adobe Contribute 5 Prefs.old」など)

    Macintosh HD/ユーザ/<ユーザ名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Contribute <5 または 6> Prefs

     
  3. Contribute を起動します。Contribute は、起動時に新しい環境設定ファイルを作成します。

環境設定ファイルの再作成後も問題が発生する場合、環境設定ファイルの破損が問題の原因ではありません。カスタマイズした設定を復元するには、Contribute を終了して再作成された環境設定ファイルを削除し、上記手順 2. で変更したファイル名を元に戻します。

 

 A-7. Contribute を単独で起動

十分な RAM 容量を確保し、他のアプリケーションとのコンフリクトを避けるために、起動しているアプリケーションを終了してから Contribute を再起動します。

アプリケーションが終了できない場合は、以下の操作を行い強制終了します。

  1. [アップル] メニューから [強制終了] を選択します。
  2. [アプリケーションの強制終了] ダイアログボックスが表示されます。終了させるアプリケーションを 1 つ選択し [強制終了] をクリックします。



     注意 : Finder は、オペレーティングシステムの基本コンポーネントです。Finder は選択しないでください。



  3. 「"<アプリケーション>"を強制終了してもよろしいですか?」というメッセージが表示されたら、[強制終了] をクリックします。
  4. Contribute を再起動し、問題を再現します。

問題が再現しない場合 :

手順 2. で選択したアプリケーションと Contribute がコンフリクトを起こしています。

問題が再現する場合 :

手順 2. ~ 4. を繰り返し行い、1 つずつアプリケーションを終了します。起動している全てのアプリケーションを終了しても問題が改善しない場合は、引き続き以降のトラブルシューティングを行います。

 

 A-8. ビデオカードドライバのアップデート

ビデオカードの製造元の多くはソフトウェアドライバを頻繁に更新しています。ビデオカードドライバのアップデートを行っていない場合は、ビデオカードの製造元へドライバの更新について問い合わせるか、製造元の Web サイトからアップデータをダウンロードしてください。

 

 A-9. ログイン項目を無効にして起動

ユーザアカウントのログイン項目に設定されている項目や、起動時に読み込まれるアプリケーションやサービスなど必ずしも必要ではない拡張機能を無効にした状態で Contribute を起動します。コンピュータをセーフブートで起動することにより、起動時やログイン時に読み込まれる項目がすべて無効になります。セーフブートで問題が発生しない場合、起動項目のいずれかがシステムエラーまたはフリーズの原因となっていることが考えられます。

コンピュータをセーフブートで起動するには、以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [アップル] メニューから [再起動] を選択し、「コンピュータを今すぐ再起動してもよろしいですか?」表示されたら [再起動] をクリックします。
  3. 起動音と同時に Shift キーを押し続け、Apple のロゴマークが表示されたら Shift キーを離します。
  4. 起動画面に「セーフブート」と小さく表示されます。

 

 A-10. 新規ユーザアカウント

ユーザアカウントの破損が問題の原因となっているかどうかを確認するため、管理者権限のある新規ユーザアカウントを作成し、作成したアカウントで Contribute の再インストール、または起動を行います。

新規ユーザアカウントを作成するには、以下の操作を行います。

  1. [アップル] メニューから [システム環境設定] を選択します。
  2. [アカウント] をクリックします。
  3. [アカウント] ウインドウ左下にある鍵のアイコンの状態を確認します。







    鍵が開いている場合 :

    そのまま手順 4. に進みます。



    鍵が閉じている場合 :


    以下の a. ~ b. の操作を行ってから、手順 4. に進みます。
  • 「変更するにはカギをクリックします。」と表示されている左隣にある、鍵マークのアイコンをクリックします。



  • [認証] ウインドウが表示されたら、ユーザ名とパスワードを入力し [OK] をクリックします。
  1. ユーザアカウント一覧のすぐ下にある「+」をクリックします。



  2. 以下の項目を入力します。

    - 名前

    - ユーザ名

    - パスワード(必要に応じて)

    - 確認(パスワードを設定した場合は、パスワードと同じ内容を入力します)

    - パスワードのヒント(必要に応じて)
  3. 以下のいずれかの操作を行います。



    Mac OS X 10.5/10.6 の場合

    a. [アカウントを作成] をクリックします。

    b. [ユーザにこのコンピュータの管理を許可] にチェックを入れます。







    Mac OS X 10.4.11 の場合

    [ユーザにこのコンピュータの管理を許可] にチェックを入れ、[アカウントを作成] ボタンをクリックします。





     
  4. [アカウント] ウインドウを閉じます。
  5. [アップル] メニューから [<現在のユーザ名>のログアウト] を選択します。
  6. 新規ユーザアカウントでログインします。

問題が再現しない場合 :

新しく作成したユーザアカウントで問題が発生しない場合、これまで使用していたユーザアカウントに問題が発生している可能性があります。ディスクのアクセス権を修復することで問題が改善する場合があります。

問題が再現する場合 :

ユーザアカウントの破損が問題の原因ではありません。引き続き、以下のトラブルシューティングを行います。

 

 B. トラブルシューティング/中級編

上記セクションの手順を行っても問題が改善しない場合は、以下の操作を行います。

 B-1. Contribute の再インストール

デバイスドライバやウイルス対策ソフトウェアなど、一部のシステムコンポーネントがインストーラとコンフリクトを起こし、Contribute のインストールが正しく完了しなかった場合、作業中にエラーが発生することがあります。この場合は、Contribute のインストーラファイルをデスクトップにコピーし、再インストールを行います。

デスクトップから再インストールするには、以下の操作を行います。

Contribute CS4

  1. すべてのアプリケーションを終了します。 
  2. 以下の弊社技術文書を参照し、Contribute をアンインストールします。

    文書番号 234637 アンインストール手順(Macintosh 版 Creative Suite 4)
  3. アンインストール完了後、コンピュータを再起動します。
  4. デスクトップからインストールを行います。デスクトップからのインストール手順については、以下の弊社技術文書を参照してください。

    文書番号 234468 デスクトップからのインストール手順(Macintosh 版 Creative Suite 4)

Contribute CS5

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 以下の場所に保存されている Contribute CS5 のアンインストーラーを起動します。

    Macintosh HD/アプリケーション/ユーティリティ/Adobe Installers

     
  3. 画面の指示に従いアンインストールを完了します。
  4. アンインストール完了後、コンピュータを再起動します。
  5. Contribute CS5 のインストールディスクをコンピューターの DVD ドライブに挿入します。
  6. デスクトップにマウントされた Contribute CS5 のディスクアイコンをダブルクリックします。
  7. 「Adobe Contribute CS5」フォルダーをデスクトップにドラッグ&ドロップしてコピーします。
  8. コピー完了後、インストールディスクをコンピューターから取り出します。
  9. 手順 7. でデスクトップにコピーした「Adobe Contribute CS5」フォルダーをダブルクリックします。
  10. 「Install.app」ファイルをダブルクリックします。
  11. 画面の指示に従いインストールを完了します。

 注意 : 以前インストールしたアップデートがある場合、Contribute を再インストールした後にアップデートを再インストールします。

 

 B-2. ディスクのアクセス権を修復

管理者アカウントでログインしているにもかかわらず問題が発生する場合、ディスクのアクセス権が破損している可能性があります。Mac OS X 付属の「ディスクユーティリティ」を使用してアクセス権の修復を行います。

以下の操作を行います。

  1. Finder の [移動] メニューから [ユーティリティ] を選択します。
  2. 「ディスクユーティリティ」をダブルクリックします。



  3. [First Aid] タブをクリックして表示します。
  4. チェックするボリュームを選択して、[ディスクのアクセス権を検証] ボタンをクリックし、検証します。
  5. 不正なアクセス権が設定されていた場合には、[ディスクのアクセス権を修復] ボタンをクリックし、修復します。

 

 B-3. サードパーティ製プラグイン

インストールされているサードパーティ製プラグインが Contribute の動作に影響を与え、システムエラーやフリーズなどの原因となる場合があります。Contribute の「Plug-ins」フォルダからサードパーティ製プラグインを別の場所に移動して Contribute を再起動します。問題が改善される場合は、移動したサードパーティ製プラグインが原因となっています。プラグインのアップデートについてはプラグインの開発元にお問い合わせください。

 

 B-4. フォントのトラブルシューティング

Contribute が破損しているフォントにアクセスすると、システムエラーまたはフリーズ、表示に関する問題が発生する可能性があります。フォントのトラブルシューティングを行い、破損しているフォントを特定します。

以下の操作を行います。

  1. Adobe Type Manager や Extensis Suitcase などのフォント管理ユーティリティをすべて無効にします。
  2. Finder の [移動] メニューから [アプリケーション] を選択します。
  3. 「Font Book」をダブルクリックします。
  4. Font Book 左側の [コレクション] に表示されているリストから [コンピュータ] を選択します。
  5. [編集] メニューから ["コンピュータ" を使用停止] を選択します。

    ※ コンピュータのフォントを使用停止にした後も、システムフォントは停止されません。
  6. Contribute を起動して問題を再現します。

問題が再現する場合 :

フォントの破損が問題の原因ではありません。上記手順で停止したフォントをすべて使用可能にします。

問題が再現しない場合 :

停止したフォントのいずれかが破損している可能性があります。停止したフォントを 1 つずつ使用可能にして、そのつど問題が再現するか確認し、破損しているフォントを特定します。問題の原因となるフォントファイルを特定したら、オリジナルメディアから問題のフォントを再インストールします。

停止したフォントを使用可能にするには、以下の操作を行います。

  1. [コレクション] セクションで [コンピュータ] を選択し、以下のいずれかの操作を行います。

    - 1 つのフォントを使用可能にする場合

    使用可能にするフォントを選択します。

    - すべてのフォントを使用可能にする場合

    [フォント] セクションで任意のフォントを選択し、[編集] メニューから [すべてを選択] を選択します。
  2. [フォント] セクション下部の、空欄のチェックボックスが描かれている [選択したフォントを使用可能にします] ボタンをクリックします。



 

 B-5. ハードディスクの最適化

ハードディスクの断片化が著しい場合、アプリケーションのインストールや実行中にエラーが発生する可能性があります。ハードディスクのデフラグを行ってファイル断片化を解消することによりファイルが再配置され、インストーラがハードディスクの空き領域へアクセスしやすくなります。Norton SpeedDisk、MacTools Pro Optimizer、または AlSoft Disk Express などのようなユーティリティを使用してハードディスクをデフラグすることができます。ユーティリティの使用方法については各ソフトウェアのマニュアルなどを参照してください。

 

 B-6. ハードディスクの破損の確認

ハードディスクの断片化や破損が原因で、Contribute や他のアプリケーション実行時に問題が発生する場合があります。Apple ディスクユーティリティ、Symantecs 社の Norton Utilities、または Micromat Drive 10 などのディスクユーティリティを使用して、断片化したハードディスクの最適化および破損の検証と修復を行います。

 警告 : 弊社ではサードパーティ製ディスクユーティリティのサポートは行っておりません。以下の手順はサービスの一環として記載するものです。詳細については、ユーティリティの開発元にお問い合わせください。

Apple ディスクユーティリティ(OS のインストールディスクに含まれています)を使用して破損を検証するには、以下の操作を行います。

  1. コンピュータに付属のインストールディスク、または Mac OS X のインストールディスクをドライブに挿入します。
  2. インストーラを起動し、コンピュータを再起動します。
  3. [ユーティリティ] メニューから [ディスクユーティリティ] を選択します。
  4. ディスクユーティリティが起動したら、左側に表示されているボリュームのリストから検証するボリュームを選択します。
  5. [First Aid] タブをクリックします。
  6. [ディスクを検証] ボタンをクリックして検証を行います。
  7. 修復が必要と診断された場合は [ディスクの修復] ボタンをクリックし、修復を行います。

 

 B-7. システムのウイルススキャン

McAfee Virex や Symantec Norton AntiVirs などウイルス対策ソフトウェアを使用して、システムのウイルスチェックを行います。ウイルスチェックを行う前に、ウイルス定義ファイルが最新のものであるかを確認してください。ウイルスによる影響は稀ですが、インストールエラーなどの予期しないシステムエラーの原因となる可能性があります。定期的にウイルスチェックを行い、システム上のソフトウェアを保護してください。ウイルスチェックの実行方法や、定義ファイルの入手方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。

 

 B-8. デフォルトプリンタの設定

プリンタがコンピュータに接続されていない場合、デフォルトプリンタとして設定可能な仮想 PostScript プリンタを設定します。プリンタドライバのインストール方法については、プリンタに付属のマニュアルを参照してください。

仮想 PostScript プリンタを設定するには、以下の操作を行います。

Mac OS X 10.5/10.6 の場合 :

  1. [アップル] メニューから [システム環境設定] を選択します。
  2. [ハードウェア] セクションの [プリントとファクス] をクリックします。
  3. [プリントとファクス] ダイアログボックス左下の鍵のアイコンの状態を確認します。







    鍵が開いている場合 :

    そのまま手順 4. に進みます。



    鍵が閉じている場合 :


    以下の a. ~ b. の操作を行ってから、手順 4. に進みます。
  • 「変更するにはカギをクリックします。」と表示されている左隣にある、鍵マークのアイコンをクリックします。



  • 「"システム環境設定"を操作するには、パスワードを入力してください。」と表示されたら、ユーザ名とパスワードを入力し [OK] をクリックします。
  1. [プリンタ] リスト下部のプラス「+」ボタンをクリックします。
  2. 表示されるダイアログボックスで [IP] を選択します。



  3. [プロトコル] ポップアップメニューから [LPD(Line Printer Deamon)] を選択します。
  4. [アドレス] テキストボックスに「localhost」と入力します。
  5. [ドライバ] ポップアップメニューで自動的にドライバが検索され、[一般的な PostScript プリンタ] が選択されます。

    ※ 検索されない場合、または任意の PPD ファイルを使用する場合はポップアップメニューから手動で選択します。
  6. [追加] ボタンをクリックします。
  7. システム環境設定の [デフォルトのプリンタ] ポップアップメニューから手順 8. で追加したプリンタを選択します。
  8. システム環境設定を終了します。

Mac OS X 10.4.11 の場合 :

  1. Finder の [移動] メニューから [ユーティリティ] を選択します。
  2. 「プリンタ設定ユーティリティ」をダブルクリックします。
  3. [プリンタ] メニューから [プリンタを追加] を選択します。
  4. [プリンタブラウザ] ダイアログボックスが表示されたら [IP プリンタ] ボタンをクリックします。
  5. [プロトコル] ポップアップメニューから [LPD(Line Printer Deamon)] を選択します。
  6. [アドレス] テキストボックスに「localhost」と入力します。
  7. [使用するドライバ] ポップアップメニューから [一般的な PostScript プリンタ] を選択するか、使用するプリンタの PPD ファイルを選択します。
  8. [追加] ボタンをクリックします。

    ※ 「正しい場所ではありません」という警告が表示された場合はすべて無視します。
  9. [プリンタリスト] ウインドウで、手順 8. で追加したプリンタを選択して [デフォルトにする] ボタンをクリックします。
  10. プリンタ設定ユーティリティを終了します。

 

 B-9. ICC プロファイルのトラブルシューティング

Contribute が破損した ICC プロファイルにアクセスすると、システムエラーが発生する可能性があります。ICC プロファイルのトラブルシューティングを行い、問題の原因を特定します。

以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. デスクトップに新規フォルダを 3 つ作成し、それぞれ「Profiles 1」、「Profiles 2」、「Profiles 3」などわかりやすい名前を付けます。
  3. 以下のフォルダ内に保存されているすべてのファイル、フォルダまたはエイリアスを、手順 2. で作成したフォルダ内にそれぞれドラッグ&ドロップして移動します。



    - Macintosh HD/ライブラリ/ColorSync/Profiles

    - Macintosh HD/ライブラリ/Application Support/Adobe/Color/Profiles

    - Macintosh HD/システム/ライブラリ/ColorSync/Profiles
  4. Contribute を再起動し、問題を再現します。

問題が再現する場合 :

ICC プロファイルの破損が問題の原因ではありません。移動したファイルおよびフォルダを元の場所に戻します。

問題が再現しない場合 :

移動したファイルを 1 つずつ元の場所に戻し、そのつど問題が再現するか確認して問題の原因となっているプロファイルを特定します。

 

 C. トラブルシューティング/上級編

上記セクションの手順を行っても問題が改善しない場合、ハードディスクの再フォーマット、またはハードウェアと Contribute のコンフリクトを特定することによって問題を解決できる可能性があります。

 警告 : 弊社ではハードウェアのサポートは行っておりません。以下の内容はサービスの一環として提供するものです。詳細は、ハードウェアの製造元または正規販売店にお問い合わせください。ハードウェアのトラブルシューティングをユーザが行うと、コンピュータの保証が無効になることがあります。

 注意 : ハードウェアの取りはずしや付け替えを行う場合は、必ずコンピュータと周辺機器の電源を切ってください。

 C-1. アクティビティモニタの使用

Contribute に十分なシステムリソースを割り当てられるようにするため、「アクティビティモニタ」を使用してシステムリソースの 30 %以上を消費しているプロセスを終了します。

以下の操作を行います。

  1. Finder の [移動] メニューから [ユーティリティ] を選択します。
  2. 「アクティビティモニタ」をダブルクリックします。







     注意 : [アクティビティモニタ] ウインドウが表示されない場合は、[ウインドウ] メニューから [アクティビティモニタ] を選択します。
  3. [表示] メニューから [更新の頻度] - [少なく (5 秒ごと)] を選択します。
  4. CPU の 30 %以上を消費しているプロセスを選択して、[プロセスを終了] ボタンをクリックします。

 

 C-2. 起動ディスクとして指定された異なるハードディスクにインストール

異なるハードディスク(同じハードディスク内のパーティションではありません)に Contribute をインストールします。コンピュータに複数のハードディスクが搭載されている場合、システムではない方のハードディスクに Contribute をインストールします。

起動ディスクを変更するには、以下の操作を行います。

  1. [アップル] メニューから [システム環境設定] を選択します。
  2. [起動ディスク] をクリックします。
  3. 起動ディスクとして使用するハードディスクを選択して [再起動] ボタンをクリックします。
  4. 「コンピュータを再起動してもよろしいですか?」と表示されたら [再起動] ボタンをクリックします。

 

 C-3. 異なるハードディスクまたはコンピュータへのインストール

異なるコンピュータに取り付け可能な同じハードディスク、または同じコンピュータに取り付け可能な異なるハードディスクに Contribute をインストールして問題を再現します。問題が再現しない場合、以前使用していたハードディスク、またはマザーボードが原因の可能性があります。詳細については、製造元にお問い合わせください。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー