Creative Cloud アカウントを使用した共同作業に関するよくある質問にお答えします。

共同作業は、Creative Cloud の「作品」セクションの新しい拡張機能です。これを使用すると、Creative Cloud アカウントの一連のアセットを他の Creative Cloud ユーザーと共有し、そのアセットで共有ユーザーと協力して作業することができます。

共同作業について詳しくは、他のユーザーとの共同作業を参照してください。

よくある質問

「リンクを送信」は個々のアセット、フォルダー、モバイル作品、ライブラリ、ライブラリの要素を他のユーザーと共有するために使用します。「共同作業」は、アセットのフォルダーまたはライブラリを共有して特定の共同作業者に利用を許可するときに使用します。

他のユーザーに対してアセットの「リンクを送信」をおこなう場合、相手ユーザーが実行できる操作は、共有アセットの表示と、必要に応じてアセットのダウンロードとコメントの追加に制限されます。「共同作業」を使用すると、共同作業者は共有アセットで実行できることをすべて実行できます。共同作業者は共同作業内でアセットを変更することもできます。共同作業者は、名前を変更、アセットの移動、追加、および削除を共同作業で他のタスクの中で実施できます。

Creative Cloud アカウントにログインし、共同作業するフォルダーまたはライブラリに進みます。右下隅のメニューを選択し、「共同作業」を選択します。

フォルダー共有に含めるユーザーの電子メールアドレスを入力し、「招待」ボタンをクリックします。複数の共同作業者を招待するには、電子メールアドレスのリストをコンマまたはセミコロン区切りの形式で入力します。 共同作業者をさらに追加し、閉じるボタン(X)をクリックしてダイアログを閉じます。

共同作業者を追加するには、上記で提示した手順を実行します。共同作業者を削除するには、「共同作業者」ダイアログで、共同作業者名の隣にある X マークをクリックします。

共同作業者を新しく追加すると、その共同作業者に対し、共有アセットにアクセスするように招待が届きます(共有ワークフローによっては、共同作業を行う前に、共同作業者が招待を明示的に承認する必要があります)。共有アセットから削除された共同作業者は、対象のアセットにアクセスできなくなります。

共同作業にアセットを追加すると、指定されたすべての共同作業者は、その共同作業に含まれるアセットすべてにアクセスできるようになります。

共同作業からアセットを削除すると、そのアセットはユーザーの削除済みフォルダーに移動し、共同作業者はアクセスできなくなります。

共同作業にアセットを追加すると、指定されたすべての共同作業者は、その共同作業に含まれるアセットすべてにアクセスできるようになります。

共同作業からアセットを削除すると、そのアセットは所有者の削除済みフォルダーに移動し、共同作業者はアクセスできなくなります。そのアセットを復元できるのは所有者のみです。 

ローカルのアセットは、削除されて削除済みフォルダーに移動します。

共有アセットは、アセット所有者のストレージ容量を消費します。共有アセットは、共同作業者のストレージ容量は消費しません。

共同作業者が共同作業の最上位フォルダーの名前を変更した場合、ローカルでのみ変更され、他の共同作業者のフォルダーの名前には影響しません。 ただし、共同作業内のサブフォルダーの名前が変更された場合、すべての共同作業者に変更が反映されます。 

所有者が共同編集の最上位フォルダーの名前を変更した場合は、他の共同作業者が存在していても、共同作業者のフォルダーの名前には影響しません。ただし、これ以降、新たに共同作業者が追加されると、その共同作業者に対して新しい名前のフォルダーが表示されます。

はい。共同作業権限として、所有者、編集可能な共同作業者、閲覧のみの共同作業者の 3 つのレベルがあります。共同作業のフォルダーまたはライブラリを削除できるのは、所有者のみです。編集可能な共同作業者は、フォルダーまたはライブラリのコンテンツを編集、名前変更、移動、削除することができます。閲覧のみの共同作業者は、フォルダーやライブラリのコンテンツの表示と使用、コメントのみが可能です。

編集権限のある共同作業者は、共同作業に招待されていなかった他のユーザーを招待できます。閲覧のみの権限では、これをおこなうことはできません。

編集権限を持つ共同作業者のみが共同作業から他の共同作業者を削除できます(所有者を除く)。 閲覧のみの権限では、これをおこなうことはできません。

実質的にどのような種類のファイルも含めることができます。Creative Cloud アカウントにアップロードできるファイルはすべて共同作業に追加できます。

はい、すべての共同作業者は無償または有償の Creative Cloud メンバーでなければなりません。

Adobe ID に既にマップされている電子メールアドレスに招待が送信された場合、その Adobe ID のみが招待を承認できます。

ただし、招待がまだ Adobe ID にマップされていない電子メールアドレスに送信された場合は、招待を承認するときにユーザーがサインインするアカウントが使用されます。新しいアカウントを使用することも、既存の Adobe ID を使用することもできます。

作品で、共同作業用アセットが入ったフォルダーを選択し、共有アイコン()を選択して「フォルダーに招待」を選択します。 共同作業者のリストが表示されます。いつでも共同作業者を追加または削除できます。

すべての共同作業者を削除し、「共同作業者」ダイアログを閉じると共同作業が終了します。共同作業を終了してアセットへのアクセスを維持できるのは所有者のみです。共同作業者は、削除されると(または自身を削除すると)アセットにアクセスできなくなります。

ライブラリまたはフォルダーに共同作業者を追加する際に、編集権限を付与するか、閲覧のみとするかを選択できます。

編集権限を持つ共同作業者は、フォルダーまたはライブラリのコンテンツを編集、名前変更、移動、削除することができます。

閲覧のみの共同作業者は、ライブラリおよびフォルダーのコンテンツの表示と、コメントの追加のみができます。

はい。Creative Cloud アカウントまたは Adobe ID(無償アカウントも可)が必要です。Creative Cloud アカウントにログインし、招待された各共同作業への招待を受け入れる必要があります。

はい。

いいえ。共同作業は Creative Cloud の強化機能であり、追加料金なしですべてのユーサーが利用できます。

他の人と共有できるアセットの数に制限はありません。 アセットには、最大 1,000 名の共同作業者を招待することができます。ユーザーは最大 100 件の共同作業を受け持つことができます。

無償の Adobe ID では、1 回のリクエストで最大 15 人の共同作業者を招待できますが、一度に開くことができる保留中のリクエストは 10 件までです。