拡張機能とは小規模なソフトウェアであり、これを Adobe アプリケーションに追加することで、そのアプリケーションの機能を拡張できます。拡張機能を追加できるのは、Dreamweaver、Flash Professional、Photoshop、InDesign、InCopy、Illustrator、Adobe Premiere Pro、Prelude および Captivate です。CS6 以降では、Bridge および Fireworks はサポートされていません。

Extension Manager CC 7.0.x および 7.1.x は、Dreamweaver CC、Flash Professional CC、Photoshop CC、InDesign CC、InCopy CC、Illustrator CC、Adobe Premiere Pro CC、Prelude CC および Captivate CC と併用できます。

Extension Manager CC 7.2 以降は、Dreamweaver CC および 2014、Flash CC および 2014、Photoshop CC および 2014、InDesign CC および 2014、InCopy CC および 2014、Illustrator CC および 2014、Adobe Premiere Pro CC および 2014、Prelude CC および 2014、Captivate CC と併用できます。

注意:

MXP 拡張機能は Extension Manager CC ではサポートされなくなりました。Adobe アプリケーション用の MXP 拡張機能をインストールするには、まず ZXP 拡張機能に変換する必要があります。Extension Manager CS6 を使用すると、MXP 拡張機能を ZXP 拡張機能に変換ができます。Extension Manager CS6 は、http://www.adobe.com/exchange/em_download/ からダウンロードできます。

Extension Manager について

Exension Manager を使用すると、各種アドビアプリケーションの拡張機能のインストールや削除、インストールされている拡張機能の情報検索を簡単に行うことができます。また、ここから Adobe Exchange サイトに簡単にアクセスできます。このサイトでは、他の拡張機能の検索、拡張機能に関する情報の参照、使用した拡張機能の評価などを行うことができます。

Extension Manager CC をまだインストールしていない場合は、対象のアプリケーションでヘルプ/拡張機能の管理をクリックすると、Extension Manager が自動的にダウンロードされてインストールされます。

注意:

Extension Manager では、Extension Manager アプリケーションでインストールされた拡張機能、またはコマンドラインから Extension Manager の各コマンドでインストールされた拡張機能のみが表示されます。サードパーティ製のインストーラーを使用してインストールした拡張機能、またはローカルで設定ファイルを変更した拡張機能は、Extension Manager には表示されません。

Adobe Exchange の Web サイト(www.adobe.com/go/exchange_jp)には、豊富な拡張機能が用意されています。使用したい拡張機能が見つかったら、その拡張機能が無償の場合は Creative Cloud デスクトップクライアントを使用してダウンロードし、アプリケーションにインストールできます。

拡張機能のダウンロード

Adobe Exchange では、特定の拡張機能に関する詳細な情報の取得、使用した拡張機能の評価、さらに多くの拡張機能の検索を行うことができます。

  1. Extension Manager でファイル/他の拡張機能を入手を選択するか、Web ブラウザーで www.adobe.com/go/exchange_jp と入力して、Adobe Exchange にアクセスします。

  2. 「ダウンロード」をクリックして、Adobe Exchange Panel をダウンロードします。

  3. 「さらに詳しく」をクリックすると、Adobe Exchange Panel で他の拡張機能を検索してインストールする方法について、詳細を確認できます。

拡張機能のインストール

拡張機能をインストールするときには、Extension Manager のバージョンが、機能を追加する製品のバージョンと同一であることを必ず確認します。例えば、Dreamweaver CC の拡張機能をインストールする場合は、Extension Manager CC を使用します。以前のバージョンの製品の拡張機能を管理するには、該当する製品バージョンと共にインストールされた Extension Manager を使用します。

  1. Microsoft Windows® エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)で、拡張機能ファイルをダブルクリックします。
  2. 画面の指示に従います。
  3. 署名されていない拡張機能に対して警告が表示された場合は、適切なボタンをクリックします。署名されていない拡張機能の中には、インストール前に警告が表示されないものもあります。

拡張機能が問題なくインストールされると、Extension Manager のワークスペースの下部に拡張機能の説明が表示されます。

以下の点にご注意ください。

  • 一部の拡張機能では、アプリケーションを閉じて再起動した場合にのみ変更が有効になります。

  • 拡張機能によって menus.xml などの設定ファイルが変更される場合、拡張機能をインストールする前に、Extension Manager により設定ファイルのバックアップ(menus.xbk)が作成されます。拡張機能によって設定ファイルが壊れた場合は、バックアップファイルで復旧できます。

注意:

設定ファイルは手動で変更しないことを推奨します。誤った変更を行うと、製品の重要な部分に支障が生じ、他の拡張機能のインストールが妨げられることがあります。 設定ファイルは、Extension Manager でのみ変更してください。

署名されている拡張機能について

デジタル署名は拡張機能の公開元を示します。デジタル署名には、署名者に固有で、容易に検証できる情報が暗号化されて保持されています。デジタル署名により、署名で示された公開元から拡張機能が提供されていることを保証できます。

デジタル署名の検証には、デジタル証明書が使用されます。デジタル証明書は、電子的に公開元の資格情報を確立します。証明機関から発行されたデジタル証明書では、公開元および特定の拡張機能が関連付けられていることが証明されます。この関連付けは、運転免許証の写真とその人物および個人情報が関連付けられているのと同じようなものです。アドビによって署名されている拡張機能には、VeriSign が発行した証明書が使用されています。アドビ以外の開発元が作成した拡張機能では、拡張機能の署名に他の信頼される証明書が使用されている可能性があります。

拡張機能の署名方法について詳しくは、www.adobe.com/go/learn_em_signextension_jp を参照してください。

関連項目

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー