• Adobe Flash® で使用するために、Fireworks ベクトルオブジェクト、ビットマップ、アニメーション、マルチステートボタングラフィックスの読み込み、コピー&ペースト、書き出しが簡単に実行できます。

  • Flash の TLF テキストを Windows 上で実行されている Fireworks にコピーした場合、テキストが空のビットマップ画像としてコピーされます。TLF テキストは、ASCII テキストに変換してから Fireworks に読み込んでください。

  • 「起動と編集」機能を使うと、Flash の内部から Fireworks グラフィックを簡単に編集できます。Flash で作業するときは、Fireworks で設定する起動と編集の環境設定が必ず適用されます。

  • Flash HTML スタイルでは、ポップアップメニューコードはサポートされていません。Fireworks ボタンビヘイビアーとその他のタイプのインタラクティビティは、Flash に読み込まれません。

Flash への Fireworks グラフィックの配置

Fireworks PNG ファイルを読み込むか、コピーすると、Flash にグラフィックやアニメーションを追加する方法を細かく制御できます。Fireworks から書き出された JPEG、GIF、PNG、SWF のファイルを読み込むこともできます。

注意:

Fireworks グラフィックを Flash に読み込んだり、コピー&ペーストしたりすると、ライブフィルターやテクスチャなど一部の属性が失われます。Fireworks から Flash ドキュメントに、輪郭のグラデーションエフェクトの読み込みまたはコピー&ペーストを行うことはできません。また、Flash でサポートされているのはベタ塗り、グラデーション塗りおよび基本のストロークだけです。

Flash への Fireworks PNG ファイルの読み込み

別のグラフィック形式に書き出さなくても、Fireworks PNG ソースファイルを直接、Flash で読み込むことができます。Flash で読み込めるのは、Fireworks ベクトルオブジェクト、ビットマップ、アニメーションおよびマルチステートボタングラフィックです。

注意:

Fireworks ボタンビヘイビアーおよびその他のタイプのインタラクティビティは Flash には読み込まれません。これは、Fireworks ビヘイビアーが Fireworks ファイルの外部の JavaScript によって動作しているためです。Flash では内部の ActionScript コードが使用されます。

  1. Fireworks でドキュメントを保存します。

  2. Flash で開かれているドキュメントをアクティブにします。

  3. (オプション)Fireworks コンテンツの読み込み先となるキーステートとレイヤーをクリックします。

  4. ファイル/読み込みを選択します。

  5. PNG ファイルを選択します。

  6. Fireworks ドキュメントの読み込みダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 「レイヤーの統合された 1 つのビットマップとして読み込む」オプションを選択します。

    • 2 つのポップアップメニューから読み込みオプションを選択します。

  7. テキストの読み込み方法を選択します。

  8. 「OK」をクリックします。

    注意:

    Fireworks ドキュメントの読み込みダイアログボックスでの選択内容が保存され、初期設定として使用されます。

Fireworks のグラフィック、ベクトルオブジェクトおよびテキストの読み込みオプション

グラフィックの読み込みオプション

レイヤーの統合された 1 つのビットマップとして読み込む

編集できない 1 つの画像を読み込みます。

読み込み:すべてのページ、読み込み先:新規ステートをムービークリップとして

PNG ファイル内のすべてのページが新しい Flash レイヤーに読み込まれます。このレイヤーには PNG ファイルの名前が適用されます。キーステートが現在のステート位置にある新しいレイヤーに作成されます。PNG ファイルの最初のページはムービークリップとしてこのステートに配置され、他のすべてのページはムービークリップとしてその後のステートに配置されます。PNG ファイル内のレイヤー階層とステートは保持されます。

読み込み:すべてのページ、読み込み先:新規ステートをムービークリップとして

選択したページの内容がムービークリップとして読み込まれ、Flash ファイル内のアクティブなステートおよびレイヤーに配置されます。PNG ファイル内のレイヤー階層とステートは保持されます。

読み込み:すべてのページ、読み込み先:新規シーンをムービークリップとして

PNG ファイルからすべてのページが読み込まれ、ムービークリップとして各ページが新しいシーンにマップされます。ページ内のレイヤーとステートは保持されます。Flash ファイル内にシーンがある場合は、既存のシーンの後に新しいシーンが追加されます。

読み込み:ページ 1、読み込み先:新規レイヤー

選択したページが新しいレイヤーとして読み込まれます。ステートは別々のステートとしてタイムラインに読み込まれます。

ベクトルオブジェクトの読み込みオプション

外観の保持が必要な場合はビットマップとして読み込む

Flash でサポートされていない特殊な塗りやストローク、エフェクトが使用されていない限り、ベクトルオブジェクトの編集性はそのまま維持されます。このようなオブジェクトの外観を維持するために、Flash によりオブジェクトが編集不可能なビットマップ画像に変換されます。

すべてのパスを編集可能に保持する

ベクトルオブジェクトのすべての編集性が維持されます。Flash ではサポートされていない特殊な塗り、ストロークまたはエフェクトがオブジェクトにある場合、これらのプロパティは読み込み後に外観が変わる場合があります。

テキストの読み込みオプション

外観の保持が必要な場合はビットマップとして読み込む

Flash でサポートされていない特殊な塗りやストローク、エフェクトが使用されていない限り、テキストの編集性はそのまま維持されます。このようなテキストの外観を維持するために、Flash によりテキストが編集不可能なビットマップ画像に変換されます。

注意:

Flash の TLF テキストは、Fireworks では空白のビットマップ画像としてコピーされます。

すべてのテキストを編集可能にする

テキストすべての編集性が維持されます。Flash ではサポートされていない特殊な塗り、ストロークまたはエフェクトがテキストオブジェクトにある場合、これらのオブジェクトは読み込み後に外観が変わる場合があります。

Flash への Fireworks グラフィックのコピーまたはドラッグ

Flash 8 以前のバージョンの Flash にグラフィックをコピーするには、編集/パスアウトラインをコピーを選択します。

注意:

Flash でこれらのオブジェクトを別個のベクトルオブジェクトとして編集可能にするには、オブジェクトのグループ化を解除する必要がある場合があります(変更/グループ解除)。

  1. Fireworks で、コピーするオブジェクトを選択します。

  2. 編集/コピーを選択し、Flash ポップアップメニューから「コピー」を選択します。

  3. Flash で新規ドキュメントを作成し、編集/ペーストを選択するか、Fireworks から Flash に直接ファイルをドラッグします。

  4. Fireworks ドキュメントの読み込みダイアログボックスで次のいずれかの「読み込み先」オプションを選択します。

    現在のステートをムービークリップとして

    ペーストされる内容はムービークリップとして読み込まれ、Flash ファイル内のアクティブなステートおよびレイヤーに配置されます。PNG ファイル内のレイヤー階層とステートは保持されます。

    新規レイヤー

    ペーストされる内容は新規レイヤーとして読み込まれます。ステートは別々のステートとしてタイムラインに読み込まれます。

  5. ベクトルオブジェクトの読み込み方法を選択します。

  6. テキストの読み込み方法を選択します。

  7. 「OK」をクリックします。

    注意:

    Fireworks ドキュメントの読み込みダイアログボックスでの選択内容が保存され、初期設定として使用されます。

Flash ライブラリの構造

Fireworks オブジェクトは、Flash ライブラリの Fireworks Objects フォルダーに読み込まれます。このフォルダー内の構造は次のとおりです。

File 1 フォルダー // 名前には Fireworks ファイル名が使用されます。

  • Page 1 フォルダー //(複数のページの場合)名前にはページ名が使用されます。

    — Page 1 // 名前にはページ名が使用されます。

    — — State 1 フォルダー //(複数のステートの場合)名前にはステート名が使用されます。

    — — State 1 // 名前にはステート名が使用されます。

    — — — State 1 内の Symbol 1 // 名前はシンボル名に基づいて付けられます。

    — — — State 1 内の Symbol 2

    ...

    — Shared Layers フォルダー // Page 1 内のステートの共有レイヤー

    — — Shared Layer フォルダー // 名前には共有レイヤー名が使用されます。

    — — Shared Layer シンボル

  • Page 2 フォルダー

    — Page 2

    — Page 2 内の Symbol 1(ステートのないページ用)

    ...

  • MasterPage フォルダー

    — MasterPage

    — MasterPage 内の Symbol 1

    ...

    — Shared Layers フォルダー // ページの共有レイヤー

    — — Shared Layer フォルダー // 名前には共有レイヤー名が使用されます。

    — — Shared Layer シンボル

Flash への Fireworks シンボルの読み込みについて

Fireworks シンボルを Flash に読み込むときは、次の点に注意する必要があります。

  • シンボルで 9 スライスの拡大/縮小を使用している場合、4 つのスライスガイドが Flash に読み込まれ、維持されます。ただし、アニメーションの 9 スライスの拡大/縮小は維持されません。読み込まれたシンボルは、Flash ライブラリにシンボルとして保存されます。

  • リッチシンボルに適用されている一時的な編集内容は失われます。シンボルのマスターコピーが読み込まれます。

  • リッチグラフィックシンボルは、PNG ファイルおよび JSF ファイルとして格納されます。PNG ファイルだけが読み込まれます。シンボルが複数のパスで構成されている場合、これらのパスは 1 つのシンボルとして結合されます。

  • リッチシンボルのすべての機能を Flash で使用するには、Flash バージョンのシンボルに置き換えます。

表示とロックの保持

PNG ファイルで非表示になっているオブジェクトとレイヤーは、Flash に読み込まれても非表示のままです。ただし、リッチグラフィックシンボルの非表示部分は読み込まれません(例えば、ボタンのオーバー状態やダウン状態)。

レイヤーがロックされているか非表示になっている場合、レイヤー内のすべてのオブジェクトとサブレイヤーはこのロックまたは非表示の設定を継承し、Flash に読み込まれたときにその設定が保持されます。

Flash の新しいレイヤーに 1 ページを読み込むと、ページ全体に 1 つのレイヤーが作成され、すべてのオブジェクトが表示されます。表示・非表示とロックの属性は維持されません。

サポートされている Photoshop レイヤー効果

Photoshop ライブエフェクト - ドロップシャドウ

マッピングは次のとおりです。

  • サイズは blurX、blurY にマップされます。

  • 距離は距離にマップされます。

  • 色は色にマップされます。

  • 角度は 180 -(Photoshop エフェクトの角度)にマップされます。

Photoshop ライブエフェクト - シャドウ(内側)

マッピングは次のとおりです。

  • サイズは blurX、blurY にマップされます。

  • 距離は距離にマップされます。

  • 色は色にマップされます。

  • 角度は 180 -(Photoshop エフェクトの角度)にマップされます。

Photoshop ライブエフェクト - 光彩(外側)

マッピングは次のとおりです。

  • 透明度は強さにマップされます。

  • 色は色にマップされます。

  • サイズは blurX、blurY にマップされます。

Photoshop ライブエフェクト - 光彩(内側)

マッピングは次のとおりです。

  • 透明度は強さにマップされます。

  • 色は色にマップされます。

  • サイズは blurX、blurY にマップされます。

  • 他の Photoshop レイヤー効果が適用されているオブジェクトはラスタライズされます。

Flash で使用するための Fireworks グラフィックの別形式での書き出し

Fireworks グラフィックを JPEG、GIF、PNG、Adobe Illustrator 8(AI)ファイルとして書き出してから、Flash に読み込むことができます。

PNG は Fireworks のネイティブファイル形式ですが、Fireworks から書き出された PNG グラフィックファイルは、Fireworks で保存したソース PNG ファイルとは異なります。GIF や JPEG と同様に、書き出した PNG ファイルには画像データだけが含まれ、スライス、レイヤー、インタラクティビティ、ライブフィルターまたはその他の編集可能な内容に関する追加情報はありません。

Fireworks のグラフィックやアニメーションの SWF 形式への書き出し

Fireworks グラフィックやアニメーションは Flash SWF ファイルとして書き出すことができます。ストロークのサイズと色の書式設定を維持するには、Flash SWF 書き出しオプションダイアログボックスで「外観を保持」を選択します。

SWF 形式への書き出し時には、描画モード、レイヤー、マスク(書き出し前に適用されたもの)、スライスオブジェクト、画像マップ、ビヘイビアー、パターン塗りおよび輪郭のグラデーションの各書式設定が失われます。

  1. ファイル/別名で保存を選択します。

  2. ファイル名を入力し、書き出し先のフォルダーを選択します。

  3. 形式として「Adobe Flash SWF」を選択します。

  4. 「オプション」をクリックします。次のいずれかの「オブジェクト」オプションを選択します。

    パスを保持

    パスの編集性が維持されます。エフェクトと、テキストスタイルが失われます。

    外観を保持

    ベクトルオブジェクトは必要に応じてビットマップオブジェクトに変換され、適用されたストロークと塗りの外観が保持されます。編集性は失われます。

  5. 次のいずれかの「テキスト」オプションを選択します。

    編集可能

    テキストの編集性が維持されます。エフェクトと、テキストスタイルが失われます。

    パスに変換

    テキストはパスに変換され、Fireworks で入力したカスタムのカーニングや間隔設定も保持されます。テキストとしての編集はできなくなります。

  6. JPEG 画質ポップアップスライダーを使用して、JPEG 画像の画質を設定します。

  7. 書き出すステートと秒単位のステートレートを選択します。

  8. 「OK」をクリックし、書き出しダイアログボックスの「保存」をクリックします。

透明部分がある 8 ビット PNG ファイルの書き出し

透明部分がある 32 ビットの PNG ファイルを書き出すには、Fireworks PNG ソースファイルを直接 Flash に読み込みます。透明部分がある 8 ビットの PNG ファイルを書き出すには、次の手順に従います。

  1. Fireworks でウィンドウ/最適化を選択して最適化パネルを開きます。

  2. 「書き出すファイル形式」で「PNG 8」を選択し、透明化の設定ポップアップメニューから「透明」を選択します。

  3. ファイル/書き出しを選択します。

  4. ファイルの種類ポップアップメニューから「画像のみ」を選択します。

  5. ファイルに名前を付けて保存します。

書き出された Fireworks グラフィックおよびアニメーションの Flash への読み込み

  1. Flash で新規ドキュメントを作成します。

    注意:

    既存の Flash ファイルに Fireworks グラフィックを読み込む場合は、Flash で新規レイヤーを作成します。

  2. ファイル/読み込みを選択して、該当するグラフィックファイルまたはアニメーションファイルを選択します。

  3. 「開く」をクリックしてファイルを読み込みます。

Fireworks を使用した Flash 内のグラフィックの編集

起動と編集の統合により、以前に Flash に読み込んだグラフィックを Fireworks で変更できます。グラフィックは、Fireworks から書き出されたものでなくてもかまいません。

注意:

Fireworks のネイティブ PNG ファイルを Flash に読み込んだ場合は例外です。この PNG ファイルは統合されたビットマップ画像として読み込む必要があります。

グラフィックが Fireworks から書き出されたもので、オリジナルの PNG ファイルも保存されている場合、Flash から Fireworks の PNG ファイルを編集することができます。Flash に戻ると、PNG ファイルと Flash のグラフィックの両方が更新されます。

  1. Flash のドキュメントライブラリパネルで、グラフィックファイルを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。

  2. ポップアップメニューから「エディターを指定して編集」を選択します。

    注意:

    「エディターを指定して編集」がポップアップメニューに表示されない場合、「編集」を選択して Fireworks アプリケーションを指定します。

  3. Fireworks グラフィックのオリジナルの PNG ファイルを検索する場合は、「検索対象」ボックスで「はい」をクリックし、「開く」をクリックします。

  4. 画像を編集します。完了したら「終了」をクリックします。

    新しいグラフィックファイルが Flash に書き出され、オリジナルの PNG ファイルが保存されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー