Windows で Adobe Muse ユーザーインターフェイスが大きく表示される

Windows マシンで Adobe Muse CC 2014 で使用しているときに拡大設定を 125% にすると、ユーザーインターフェイスが大きすぎます。

Adobe Muse CC 2014におけるこの拡大設定に関する問題は、Windowsの拡大設定を125%に設定した場合に発生します。Adobe MuseはWindowsの拡大設定と環境変数に応じて、そのユーザーインターフェイスの大きさを100%、150%、200%に変換します。環境設定が設定されておらず、Windowsの拡大設定が125%に設定されている場合、Adobe Museのインターフェイスは125%の解像度で表示されます。

Windowsの現在の拡大設定を維持したい場合、Adobe Museにユーザーインターフェイスを100%の解像度で表示させることを強制するように環境変数を設定します。

カスタムの環境変数値を追加する

Windowsの拡大設定はWindowsのスクリーン表示全体に影響を及ぼします。環境変数値を追加することで、Windowsのディスプレイ全体に影響を与えず、Adobe Museの設定のみを制御することができます。

  1. デスクトップで「コンピューター」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  2. 「システム」ウィンドウで左ペインの「システムの詳細設定」をクリックします。
  3. 「システムのプロパティ」ウィンドウで「詳細設定」を選択して「環境変数」をクリックします。
  4. 「システム環境変数」セクションの「新規」をクリックします。変更を現在ログインしているユーザーに限定したい場合は、「ユーザー環境変数」セクションで設定します。
  5. 「新しいシステム変数」ダイアログボックスで変数名フィールドにMUSE_UI_SCALE_FACTORを入力します。
  6. 「変数値」フィールドに「1」を入力します。
  7. 「OK」をクリックします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン