Adobe Muse サイトの公開時またはエクスポート時に表示される「エラー 400:フォントが使用できない」を解決するには、この記事をお読みください。

注意:

Adobe Muse は、新しい機能が追加されなくなり、2020 年 3 月 26 日にサポートが中止される予定です。詳細な情報と支援については、Adobe Muse のサービス終了ページを参照してください。

サイトの公開時またはエクスポート時にフォントが使用できない

Adobe Muse からサイトを公開またはエクスポートするとき、次のエラーが表示されます。「つまたは複数の Web フォントを有効にするコードを生成できませんでした。 [エラー 400:フォントが使用できない]」

Muse エラー 400:フォントが使用できない

解決策:特定の Typekit フォントを置き換える

以下の Typekit フォントはこの問題を引き起こす可能性があります:

  • Proxima Nova Soft
  • Adage Script
  • Veer Annabelle
  • Baroque Text
  • Bookman
  • Buena Park
  • Corner Store
  • Hooligan
  • Peachy Keen
  • Tamarillo
  • Instant
  • Federico 
  • Franklin Gothic URW Condensed SC Book & Medium 
  • Baucher Gothic URW Alt および Alt Extended 
  • Leitura News 
  • Velino Poster
  • Acta
  • Estilo
  • Penna
  • Le Monde Sans Std Extra Demi
  • Le Monde Sans Std 2 Extra Demi
  1. 上記のフォントのいずれかを使用している場合は、対応する「JF」フォント(Adage Script JF など)に置き換えます。

  2. Typekit では、Alverata PE、Alverata Informal PEAlverata Irregular Pe、および Proxima Nova Soft フォントファミリーが Typekit ライブラリから廃止されました。これらのフォントは、Alverata ファミリーページにある、PE 以外の同等の名前のフォントに置き換えられます。

  3. Proxima Nova Soft フォントをご使用の場合は、このフォントを Proxima Soft に手動で変更する必要があります。このフォントを変更するには、以下の手順を実行します:

    1. ファイル/Web フォントの追加と削除をクリックします。
    2. Typekit から Proxima Soft を選択し、「OK」をクリックします。
    3. Adobe Muse ページから、Proxima Nova Soft を指定した先のテキストを選択します。
    4. テキストドロップダウンリストから、追加した「Proxima Soft」フォントを選択します。
    5. ファイルを保存し、HTML ファイルをエクスポート/公開します。
  4. 上記のフォントのいずれも使用していない場合、またはフォントを置き換えても問題が解決しない場合は、次の手順を実行します:

    1. Adobe Muse を終了します。
    2. Creative Cloud アプリケーションからログアウトして、再度ログインします。
    3. Adobe Muse を再起動します。

    それでも問題が続く場合は、カスタマーケアにアクセスし、「問題が解決しない場合」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー