注意:

Adobe Muse は、新しい機能が追加されなくなり、2020 年 3 月 26 日にサポートが中止される予定です。詳細な情報と支援については、Adobe Muse のサービス終了ページを参照してください。

注意:

  Typekit は、Adobe Fonts に名前が変わりました。これは、Creative Cloud などのサブスクリプションに含まれています。さらに詳しく

以下のトラブルシューティングテクニックを使用して、Typekit フォントを Adobe Muse で使用すると発生する問題を解決します。

Adobe Muse ライブサイトで Typekit フォントが正しく表示されない

Business Catalyst を使用してサイトをパブリッシュすると、ライブサイトで一部の Typekit フォントが正しく表示されません。 パブリッシュしたサイト内のフォントが既定のフォント(Arial など)に戻るか、フォントの形状が小さめで本来と違っています。

解決策: In-Browser Editing をオフにする

これは、Adobe Muse の既知の問題です。 この問題を解決するには、In-Browser Editing を無効にする必要があります。

  1. Adobe Muse で、「ファイル/サイトプロパティ」を選択します。 「詳細設定」タブから、「Enable In-Browser Editing」オプションを選択解除します。

    In-Browser Editing を有効にする
    Adobe Muse で In-Browser Editing を有効にする

  2. サイトを HTML として、または FTP を使用して、再パブリッシュします。

Typekit フォントが Adobe Muse からエクスポートされない

サイトで Typekit フォントを使用してサイトを HTML としてエクスポートすると、フォントがエクスポートされません。 代わりに、パブリッシュしたサイトに標準フォントが表示されます。

サイトを HTML としてエクスポートしたり、サイトを FTP ホストにアップロードすると、次のエラーが発生します。 「内部エラー: 403 禁じられた操作です。」

解決策:ドメイン名をすべて追加する

Typekit からの Web フォントは、サイトをエクスポートするときに指定するドメインのみに利用されます。 サイトを Adobe Muse から HTML にエクスポートしたり、サイトを FTP ホストにアップロードしたりするときは、ドメイン名をすべて追加する必要があります。

サイトを HTML としてエクスポートするときに、この手順に従ってドメイン名またはサイト URL を追加します。

  1. Adobe Muse を開き、「パブリッシュ/HTML としてエクスポート」を選択します。

  2. ポップアップウィンドウで、サイトの URL を入力するように求められます。 このフィールドにすべてのドメイン名をカンマ区切りリストとして追加します。

    サイトを HTML としてエクスポートするときの Typekit 問題を解決する
    サイトを HTML としてエクスポートするときの Typekit 問題を解決する

  3. 新しい HTML を Web サーバーにアップロードします。 Typekit フォントは数分以内に動作します。

サイトを FTP ホストにアップロードするとき、この手順に従ってドメイン名を追加します。

  1. Adobe Muse を開き、「パブリッシュ/FTP ホスト」を選択します。

  2. 認証情報を使用して FTP サーバーに接続します。

  3. FTP ホストにアップロードダイアログボックスで、Web サイトのすべてのドメイン名または サイト URL を入力します。

    サイトを FTP ホストにアップロードする
    サイトを FTP にアップロードするときの Typekit 問題を解決する

    注意:

    サイトに関連するリダイレクトがある場合、またはサイトを別のドメインからロードする場合に、ライブサイトに Typekit フォントが表示されません。

サイトをパブリッシュするときに Web フォントを生成できない

Adobe Muse Web サイトをパブリッシュするとき、次のエラーメッセージが表示されます。「エラー 0:接続されていません。1 つまたは複数の Web フォントを有効にするコードを生成できませんでした。」

解決策: Creative Cloud デスクトップアプリケーションからログアウトして、再度ログインする

このエラーは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの 2015 年 9 月の更新プログラムで修正されました。 ただし、Muse のログインステータス、Typekit、および Creative Cloud デスクトップアプリケーションの間に不一致がある場合は、このエラーが引き続き表示されます。

この問題を解決するには:

  1. Adobe Muse アプリケーションを閉じます。

  2. Creative Cloud デスクトップアプリケーションに移動し、環境設定からログアウトします。

    エラー 0: Typekit で未接続エラー
    Typekit フォントを有効にするコードを生成できません

  3. Creative Cloud デスクトップアプリケーションを終了します。

  4. Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動し、ログインします。

  5. Adobe Muse を再起動します。

    これで、サイトをパブリッシュしてアップロードできます。Typekit フォントはエラーなしで動作します。

Typekit ライブラリから Skolar Web フォントと Modesto フォントを使用できない

Adobe Muse サイトで Skolar Web フォントおよび Modesto フォントを参照、選択、使用できません。

解決策:新しいサイトには別のフォントを使用する

Typekit で Skolar Web フォントおよび Modesto フォントはサポート対象外になりました。 詳細については、この Typekit からの声明を参照してください。

ご使用のアカウントに Typekit へのアクセス権がない

「Web フォントの追加」をクリックすると、ご使用のアカウントに Typekit へのアクセス権がないというエラーが表示されます。

Typekit へのアクセス権がない
ご使用のアカウントに Typekit へのアクセス権がない

解決策: カスタマーサービスに問い合わせて、お客様の支払いが済んでいることを確認します。

お客様の支払いが処理中である場合、またはお客様の支払いがお済みでない場合、お客様のアカウントから Typekit にアクセスできません。 サブスクリプションアカウントは、お支払いが完了するまで停止状態になります。 この停止期間中は、Typekit を除く、Creative Cloud サービスをすべて使用できます。

この問題を是正するには、カスタマーサービスチームまでご連絡ください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー