注意:

Adobe Muse は、新しい機能が追加されなくなり、2020 年 3 月 26 日にサポートが中止される予定です。詳細な情報と支援については、Adobe Muse のサービス終了ページを参照してください。

Adobe Muse では、箇条書きリストや段落番号リストとしてテキストフレーム内で段落の順序を編成できます。通常、リストはチームのプレイヤーやタスクの手順などの関連するアイテムの集合です。リストに別のリストを含めることができます。このようなリストは、入れ子のリストまたはマルチレベルのリストと呼ばれます。

箇条書きパネルを使用して、階層的な箇条書きや段落番号リストを作成できます。また、フォントで使用できるすべての文字セットから、箇条書き文字を選択することもできます。箇条書きスタイルを使用すると、後で使用するためにリストフォーマットを保存できます。

箇条書きリストでは、各段落は「•」などの中点で始まります。段落番号リストでは、各段落は番号や文字およびピリオドや括弧などの分離記号を含む表現で始まります。例:1)。リストの段落を追加、削除すると、段落番号リストの番号は自動的に更新されます。

箇条書きリストおよび段落番号リストの作成

  1. テキストツールを使用してテキストフレームを作成し、テキストを入力します。リストアイテムとして編成するテキストでは、個別の段落として入力します。

    Adobe Muse の箇条書きは、InDesign の箇条書きに似ています。
    テキストツールを使用してテキストフレームを作成し、テキストを入力します。

  2. ウィンドウ箇条書きを選択して、箇条書きパネルを開きます。

    Adobe Muse のカスタムの箇条書き文字は、InDesign の箇条書き記号に似ています。
    箇条書きパネルを開きます。

  3. テキストフレーム内のテキストをすべて選択します。箇条書きパネルで、箇条書きリストを作成するには ボタンをクリックし、段落番号リストを作成するには ボタンをクリックします。

    箇条書き記号を使用して箇条書きリストを作成します。
    箇条書きリストと段落番号リスト

リストのフォーマット

  1. 箇条書きリストまたは段落番号リストを作成します。詳しくは、「箇条書きリストおよび段落番号リストの作成」を参照してください。

  2. 箇条書きパネルで、次のオプションを選択してリストをフォーマットします。

    箇条書き文字

    箇条書きリストの先頭に付ける特殊文字。箇条書きリストを作成する場合は、箇条書き文字が自動的にデフォルトで選択されます。ただし、 ドロップダウンを使用して、別の箇条書き文字を選択することができます。カスタムの箇条書き文字を適用するには、新規文字ボタンをクリックして、新規の箇条書き文字ダイアログを開きます。ここで、選択したフォントで使用できるすべての文字セットから箇条書き文字を選択できます。箇条書き文字の変更について詳しくは、「箇条書き文字の変更」および「カスタムの箇条書き文字の適用」を参照してください。

    番号付けスキーム

    段落番号リストを作成する場合、デフォルトの番号付けスキームは、リストレベルに基づいて選択されます。ただし、 ドロップダウンを使用して、番号付けスキームを変更することができます。番号付けスキームの変更について詳しくは、「段落番号リストオプションの変更」を参照してください。

    フォント

    デフォルトでは、標準の箇条書き文字と数字は、隣接するテキスト(自動)と同じフォントを使用してレンダリングされます。ただし、デフォルトを上書きして、別の Web フォントや Web セーフフォントを選択することもできます。このオプションは、カスタムの箇条書き文字では使用できません。

    カラー

    デフォルトでは隣接するテキストと同じカラーです。ただし、カラースウォッチパネルを使用して、別のカラーを適用することができます。

    サイズ

    デフォルトでは隣接するテキスト(自動)と同じサイズです。ただし、ドロップダウンを使用するか値を入力して、サイズを変えることができます。

    インデント

    テキストフレームまたは親のリストに対する箇条書き/番号の右端揃えの位置。箇条書きの右端揃えのインデントを調整できます。レベル 1 のリストでは、インデントがテキストフレームの端に相対的に測定され、内部のリストでは、インデントが親のリストに相対的に測定されます。0px ~ 200px の範囲になります。デフォルト値は 28px です。

    テキストと箇条書き右端の間隔

    箇条書き文字/番号の右端と隣接するテキストとの間隔を指定します。箇条書き文字/番号の右端と隣接するテキストとの間隔は変更できます。0px ~ 200px の範囲になります。デフォルト値は 6px です。

    垂直方向移動

    箇条書きまたは番号を、デフォルトの位置に相対的に上下に、各方向 100px まで移動します。

箇条書き文字の変更

  1. 箇条書きリストを作成します。詳しくは、「箇条書きリストおよび段落番号リストの作成」を参照してください。

  2. ドロップダウンを選択して、箇条書き文字を変更します。

  3. リストから文字を選択し、クリックして変更します。

カスタムの箇条書き文字の適用

  1. 箇条書きリストを作成します。詳しくは、「箇条書きリストおよび段落番号リストの作成」を参照してください。

  2. ドロップダウンを選択して、箇条書き文字を変更します。

  3. 「新規文字」ボタンをクリックして、新規の箇条書き文字ダイアログを開きます。

    Adobe Muse の箇条書きと段落番号を使用すると、箇条書きリストと段落番号リストを作成できます。
  4. 選択したフォントで使用できる文字を選択することも、別のフォントを選択することもできます。次のいずれかの操作を行います。

    • フォントドロップダウンを開き、別のフォントを選択します。既存の Web フォントまたは Web セーフフォントを選択することも、Web フォントを追加することもできます。これにより、新規の箇条書き文字ダイアログに新しい文字セットが表示されます。
    Web フォント、Web セーフフォント、自己ホスト型フォントを使用して、箇条書き文字を使用できます。
    • カテゴリドロップダウンを開き、記号の別のカテゴリを選択します。
    フォントを変更して、カスタムの箇条書き文字を適用します。
  5. 適用する文字を選択し、「OK」をクリックします。

箇条書きスタイルの作成と再利用

箇条書きスタイルは、再利用可能なフォーマットと位置の属性のセットです。箇条書きスタイルを使用すると、Web ページ全体でデザインの一貫性を保つことができ、リストを簡単にフォーマットできるので生産性を高めます。

箇条書きスタイルの作成

  1. Web ページでスタイルを設定したオブジェクトを選択します。
  2. ウィンドウ箇条書きスタイルを選択して、箇条書きスタイルパネルを開きます。
  3. ボタンをクリックして箇条書きスタイルを作成します。箇条書きパネルで右クリック(Mac では Command キーを押しながらクリック)して、コンテキストメニューで新規箇条書きスタイルを選択します。
  4. 新しく作成した箇条書きスタイルをダブルクリックして、箇条書きスタイルオプションダイアログを表示します。
  5. スタイル名フィールドにわかりやすい名前を入力します。スタイル設定フィールドで、箇条書きスタイル設定が正しいことを確認します。
Adobe Muse の箇条書きスタイルは、InDesign の箇条書きスタイルに似ています。

箇条書きスタイルの適用

作成した箇条書きスタイルを再利用するには、次の操作を行います。

  1. テキストフレーム内で箇条書きリストを選択します。
  2. リストにスタイルを適用するには、箇条書きスタイルパネルを開き(ウィンドウ/箇条書きスタイル)、箇条書きスタイルパネルからスタイルを選択します。

箇条書きスタイルの変更

  • 箇条書きスタイルの上書き:スタイルの上書きは、箇条書きスタイルの適用後にフォーマットまたは位置の属性を変更すると発生します。スタイルの上書きは、スタイル名の横に「+」記号で示されます。
  • スタイルの上書きのクリア:スタイルの上書きは、オーバーライドを消去ボタン()を使用するか、コンテキストメニューで「オーバーライドを消去」を選択するとクリアできます。
  • 箇条書きスタイルの再定義:適用されている箇条書きスタイルに上書きをマージして、再定義できます。スタイルの再定義()ボタンをクリックするか、コンテキストメニューで「スタイルの再定義」を選択します。

箇条書きスタイルのリンク解除

箇条書きスタイルからリストの関連付けを解除してリンク解除するには、スタイルをリンク解除ボタン()をクリックします。スタイルをリンク解除しても、スタイルの上書きを含むスタイルのすべてのフォーマットと位置の属性は保持されます。

すべてのスタイリングの消去

「すべてのスタイリングを消去」オプションを使用すると、箇条書きリストに適用されているすべてのスタイリング属性を削除し、デフォルトのスタイリングにリセットできます。

すべてのスタイリングを削除にするには、次の操作を行います。

  1. スタイリングを消去するテキストフレームまたは箇条書きリストを選択します。
  2. 右クリックして、コンテキストメニューから「すべてのスタイリングを消去」を選択します。

Web サイト全体のスタイルの追跡

サイト全体のスタイルの使用状況を追跡して管理できます。新しい「使用中のスタイルへ移動」オプションを使用すると、Web サイトの箇条書きスタイルが使用されているすべてのページのリストを表示できます。

  1. ウィンドウ箇条書きスタイル」パネルを選択します。
  2. スタイルを右クリックして、「使用中のスタイルへ移動」を選択します。

段落番号リストオプションの変更

  1. 段落番号リストを作成します。詳しくは、「箇条書きリストおよび段落番号リストの作成」を参照してください。

  2. 変更するスキームが含まれる段落番号リストを選択し、ドロップダウンを選択します。

  3. ドロップダウンリストから、段落番号スキームを選択します。

    Adobe Muse で段落番号リストと番号リストを作成します。

マルチレベルリストの作成

  1. 箇条書きリストまたは段落番号リストを作成します。詳しくは、「箇条書きリストおよび段落番号リストの作成」を参照してください。

  2. 既存のリストから一部または目的のリストアイテムだけを選択します。

  3. リストのインデントを増やすボタン()をクリックして、サブリストを作成します。

    注意:

    リストアイテムをサブリストから親のリストに移動するには、リストのインデントを減らすボタン()をクリックします。

リストタイプの変換

  • 箇条書きリストを段落番号リストに変更するには、ボタンをクリックします。
  • 段落番号リストを箇条書きリストに変更するには、リストを選択して、ボタンをクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー