Adobe Muse で文字スタイルと段落スタイル、リンクスタイル、グラフィックスタイルをコピー&ペーストする方法について説明します。

注意:

Adobe Muse は、新しい機能が追加されなくなり、2020 年 3 月 26 日にサポートが中止される予定です。詳細な情報と支援については、Adobe Muse のサービス終了ページを参照してください。

Web デザイナーがサイトに求める最も重要な要件の 1 つに、一貫したデザインとスタイルがあります。一貫性を保つには、スタイルを再利用する方法と、コントロールバーを使用して手動で形式を調整する方法があります。手動での設定は、作業の繰り返し数が限られた小さなサイトでのみ機能します。しかし、スタイルパネルを使用した、手動による形式の設定またはスタイルのコピーには時間と労力が必要です。また、手動で要素の形式の設定を行うと、エラーが起こりやすくなります。

Adobe Muse では、これらの問題に対処するため、要素間でスタイルをすばやくコピー&ペーストできるようになっています。文字スタイル、段落スタイル、箇条書きスタイルおよびリンクスタイルをコピー&ペーストできます。スタイルを要素間でコピーするには、右クリックしてスタイルをソース要素からコピーします。スタイルのペースト先となるターゲット要素を選択し、右クリックして「属性をペースト」を選択します。

Adobe Muse での属性のコピー&ペースト
Adobe Muse での属性のコピー&ペースト

さらに、属性を選択して要素間でコピー&ペーストすることもできます。

Adobe Muse でこれらのコピー&ペーストワークフローを実行する方法の詳細については、以下を参照してください。

すべての属性のコピー&ペースト

要素間ですべての属性をコピー&ペーストするには、次の手順を実行します。

  1. Adobe Muse で、スタイルをコピーするページを開きます。次のスタイルのみコピー&ペーストできます。

    • 文字スタイル
    • 段落スタイル
    • 箇条書きスタイル
    • リンクスタイル
  2. スタイルのコピー元となるソース要素を選択します。

  3. 右クリックし、「属性をコピー」を選択します。

    ソース要素からの属性のコピー
    ソース要素からの属性のコピー
  4. 選択したスタイルのコピー先となるターゲット要素を選択します。

  5. ターゲット要素を右クリックし、「属性をペースト」をクリックします。

    ターゲット要素への属性のペースト
    ターゲット要素への属性のペースト

    ソース要素のすべてのスタイル属性が、ターゲット要素に適用されます。

選択した属性のコピー&ペースト

Adobe Muse で、選択した属性のみを要素間でコピーする場合は、この手順に従います。例えば、テキストフレーム間で、効果や塗りの属性を選択せずに、テキストカラーのみをコピーできます。また、あるグラフィックから別のグラフィックに不透明度をコピーすることもできます。

選択した属性のコピー&ペーストを行うには、以下の手順に従います。

  1. Adobe Muse で、スタイルをコピーするページを開きます。次のスタイルのみコピー&ペーストできます。

    • 文字スタイル
    • 段落スタイル
    • 箇条書きスタイル
    • リンクスタイル
  2. スタイルのコピー元となるソース要素を選択します。

  3. 右クリックし、「属性をコピー」を選択します。

    ソース要素からの属性のコピー
    ソース要素からの属性のコピー
  4. 選択したスタイルのコピー先となるターゲット要素を選択します。

  5. ターゲット要素を右クリックし、「属性を選択してペースト」をクリックします。

  6. 属性を選択してペーストパネルで、コピー&ペーストする属性のみを選択します。デフォルトでは、このパネルですべての属性が選択されます。コピーしない属性を選択解除します。

    パネルにステートハイパーリンクステートトランジション、および不透明度の属性があります。ステート属性を選択すると、現在のステートのスタイル属性がソース要素からターゲットにコピーされます。不透明度を選択すると、不透明度または透明度がソース要素からターゲットにコピーされます。この不透明度は背景塗りの不透明度とは異なることに注意してください。

    これらの属性とは別に、塗りテキストスタイル効果、およびスクロール効果の各サブ属性を選択できます。塗り、線、および効果の属性は、ソース要素からターゲットにグラフィックスタイルをコピーするときに利用できます。

    Adobe Muse での選択した属性のターゲット要素へのペースト
    ターゲット要素への選択した属性のペースト

    注意:

    ソースからターゲットに、すべてのステートのスタイル属性が必要な場合は、「ステート」チェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにしないと、現在のステートの属性のみがペーストされます。

    選択したオプションは保持され、次に属性のコピー&ペーストワークフローを実行する際に反映されます。

  7. OK」をクリックします。

    選択した属性のみがターゲット要素にペーストされます。

    選択した属性をターゲット要素に適用
    選択した属性をターゲット要素に適用

    リンクスタイルのコピーでは、スタイル属性のみがコピーされます。URL やソースリンクのテキストはコピーされません。

    注意:

    コピー&ペーストのワークフローは、サードパーティのウィジェットや iframe などの外部要素に使用できない場合があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー