Adobe Muse で作成した Web サイトを Business Catalyst にパブリッシュする方法を確認するには、この記事を参照してください。サイトを HTML として書き出す方法について説明します。

注意:

Adobe Muse は、新しい機能が追加されなくなり、2020 年 3 月 26 日にサポートが中止される予定です。詳細な情報と支援については、Adobe Muse のサービス終了ページを参照してください。

Adobe Muse でサイトをデザインしたら、Adobe Business Catalyst または GoDaddy などのサードパーティホスティングサービスでサイトをホスティングできます。

パブリッシュを開始する前に、ファイル/保存をクリックして、サイトデザインの最新の変更内容を保存します。サイト全体が単一のドキュメントに .muse ファイルフォーマットで保存されます。サイトをプレビューしてオンラインで表示する準備が整っていることを確認したら、サイトのパブリッシュを開始できます。

注意:

このセクションの手順では、Adobe Business Catalyst にファイルをアップロードする処理について説明します。代わりに、サードパーティホスティングプロバイダーでサイトをホスティングする場合は、「自分のサイトをサードパーティのホスティングサービスにアップロード」を参照してください。

異なるサーバーでサイトをホスティングする場合は、アドビがホストしているサーバーに一時的にサイトをパブリッシュすることを選択できます。パブリッシュしたらサイトを共有して、クライアントの承認プロセスを円滑に進めることができます。

パブリッシュと書き出しからのページの除外

Web サイトをパブリッシュする前に、パブリッシュする(または書き出す)準備が整っていないページがサイトにないかどうかを検討してください。

パブリッシュ(または書き出し)からページを除外する場合は、次の手順に従います。

  1. 除外するページを右クリックします。プランビューでページのサムネールを右クリックするか、デザインビューでページ自体を右クリックします。

    デフォルトでは、コンテキストメニューの「ページを書き出す」オプションの横にチェックマークがあります。

  2. 「ページを書き出す」オプションを選択して、チェックマークをオフにします。選択したページはパブリッシュされません。

    このオプションは切り替え可能です。ページをパブリッシュする準備ができたら、「ページを書き出す」オプションを右クリックして選択し、もう一度チェックマークを適用します。Web サイトのホームページは、サイトの最初のページであり、書き出す必要があります。

    「ページを書き出す」の選択を解除してパブリッシュまたは書き出しからページを削除
    「ページを書き出す」の選択を解除して、パブリッシュまたは書き出しからページを削除します。

    注意:

    ホームページを右クリックすると、「ページを書き出す」オプションが淡色表示され、オプションをオフに切り替えることはできません。

    「ページを書き出す」オプションの選択を解除した場合、サイトをパブリッシュしてもページはパブリッシュされません。また、サイトを書き出しても、ページは書き出されません。

    注意:

    サイトを既にパブリッシュした後に「ページを書き出す」オプションを変更すると、次回サイトをパブリッシュした際にトライアルサイトからページが削除されます。

アドビがホストしているサーバーへの仮サイトのパブリッシュ

サイトのパブリッシュとは、文字どおり、サイトファイルをリモートサーバーにアップロードし、インターネットアクセス権を持つ訪問者がオンラインで参照できるようにすることを意味します。トライアルサイトをパブリッシュすると、正しい URL を指定すれば一般の人からのアクセスが可能になり、参照できます。

トライアルサイトにアクセスするためのリンクをクライアントに送信する場合、新しいバージョンをパブリッシュして共有することができます。または、クライアントはログインして、作業中のレイアウトを確認することもできます。

Adobe Muse には、パブリッシングシステムが統合されており、サイトのパブリッシュをすばやく簡単に行うことができます。パブリッシュインターフェイスでアップロードしたファイルは、Business Catalyst ホストサーバーに保存されます。

Adobe Muse サイトをパブリッシュするには、次の手順を実行します。

  1. ワークスペース上部の「パブリッシュ」ボタンをクリックするか、ファイル/パブリッシュを選択します。Adobe Muse は、Adobe Muse を初めて起動した際に入力または作成したユーザー名とパスワードを使用して、アカウントへの接続を確立します。

  2. Business Catalyst にパブリッシュダイアログボックスの「サイト名」フィールドにサイト名を入力します。

    サイト名の入力
    クライアントのビジネスの名前、または、サイトのラベルにする名前を入力します。

    注意:

    入力したサイト名を使用して、トライアルサイトの一時的ドメイン名が作成されます。ライブサイトをアップグレードする場合に、サイトのアドレスとして好きなドメイン名を使用できます。

    Adobe Muse では、トライアルサイトの URL を自動的に生成します。例:site_name.businesscatalyst.com

    自動生成された名前は、「サイト名」フィールドの下にグレーで表示されます。各サイト名がシステム内で一意である必要があります。既に使用中の名前を入力した場合、Adobe Muse は名前を若干変更し、一意の名前となるようにします。

    Adobe Muse が自動生成した名前が気に入らなければ、変更できます。

  3. このメニュー項目の横にある矢印をクリックして、「オプション」セクションを展開します。「URL」フィールドに新しい、一意の名前を入力します。

    システムは、入力された新しい URL が一意であるかどうかを確認します。その名前がシステムに存在する場合は、フィールドが赤くなり、それに代わる一意の URL を提示します。

    仮サイトの一意な URL 名の入力
    仮サイトの一意な URL 名の入力

    「URL」フィールドに一意の URL を入力すると、フィールドには赤い境界線が表示されなくなります。

    サイトパブリッシュのオプション
    「URL」フィールドが青くハイライトされる場合は、一意の URL が容認されています。

    デフォルトでは、「パブリッシュ先:新規サイト」オプションが選択されています。既にトライアルサイトを作成済みの場合は、「既存のサイト」オプションを選択します。次に、パブリッシュ先メニューで既存トライアルサイトの名前を選択します。

    既存サイトの複製を作成する場合は、新しいサイトに新しいバージョンのデザインをパブリッシュすることを選択できます。つまり、既存サイトは新しいファイルで上書きされません。この方法は、クライアントに 2 つのリンクを送信したい場合に便利です。その場合、クライアントは異なるブラウザーウィンドウを使用して、2 つのバージョンのサイトを同時に表示して比較することができます。

    デフォルトで、「データセンター」オプションは「自動」に設定されています。データセンターは、リモート Business Catalyst サーバーの物理的位置に対して、地理的な位置を参照します。Adobe Muse は位置を検出して、正しい位置を自動的に選択します。通常、自動設定を変更する必要はありません。ただし、クライアントが別の国にいる場合、デフォルト設定を上書きして、次のオプションから選択することができます。

    • アメリカ合衆国
    • 欧州連合
    • オーストラリア

    例えば、自分自身はアメリカ合衆国で作業をしており、クライアントはオーストラリアに居住している場合、オーストラリアの「データセンター」オプションを選択することができます。クライアントがサイトをオンラインで表示すると、サイトはクライアントの環境に合わせて適切に表示されます。

  4. サイト名、URL、およびその他のオプションを設定したら、「OK」をクリックします。プログレスバーがしばらく表示され、ホストサーバーにアップロードされたファイルのパーセンテージを示します。

    ライブトライアルサイトは、新規ブラウザーウィンドウに読み込まれます。リンクをクリックして、ブラウザーのサイズを変更したときにデザインがどう表示されるかをテストすることができます。

  5. Adobe Muse に戻ります。トライアルサイトがホスティングされていることを示す確認メッセージが表示されます。

    確認ウィンドウでサイトを管理するには、「管理」ボタンをクリックします。作業を続けるには、「OK」をクリックして、ウィンドウを閉じます。

    「管理」ボタンのクリック
    パブリッシュの確認メッセージを閉じるには「OK」をクリックし、サイトを管理するには「管理」をクリックします。

    ブラウザー内編集ユーザーの追加、またはサイトのパブリッシュ後のドメイン名の割り当てを実行することもできます。

Business Catalyst を使用して、選択したドメイン名を使用してサイトをライブにパブリッシュすることもできます。さらに、データなどによるサイトの管理、ユーザーの管理、サイトメトリックの監視を行うことができます。詳細については、「Adobe Business Catalyst ヘルプ」を参照してください。

注意:

サイトを開設する前に、サードパーティのドメイン名レジストラに問い合わせて、使用するドメイン名を登録してください。詳細については、「ドメイン名レジストラ」を参照してください。

実際にパブリッシュ処理を開始する前に、下に概要を示すワークフローをレビューして必要な手順を理解してください。

  • パブリッシュしたサイトをライブにし、支払情報を提供(または、ホストクレジットを使用)
  • サイトを管理できる新規ユーザーの追加
  • サイトのドメイン名の追加とライブ Muse サイトへの関連付け
  • ドメイン名を登録したサイトへのログインと DNS 設定の更新

アドビがホストしているサーバーに Adobe Muse サイトをパブリッシュ

Adobe Muse で無償のトライアルサイトを初めてパブリッシュする場合、無料の Business Catalyst アカウントに登録することもできます。これは、まだアカウントを持っていない場合です。

サイトをパブリッシュしたら、Business Catalyst でサイトのダッシュボードにアクセスすることができます。

Muse サイトのダッシュボード
ダッシュボードは、サイト管理機能を持つオンラインインターフェイスです。

ダッシュボードを使用して、ホスト費用の支払いを開始して、サイトをアップグレードすることができます。購読者として取得したホストクレジットを使用してサイトをアップグレードするには、「サイトのステータス」セクションで「サイトをライブにする」ボタンをクリックします。

サイトをライブにする
「サイトをライブにする」ボタンをクリックすると、ホストクレジットを使用します。

注意:

Creative Cloud メンバーシップを 2015 年 5 月 1 日以前にご購入いただいている場合は、5 つの無料ライブ webBasics サイトへのアクセスを含む Business Catalyst でのホスティングクレジットが付属しています。ここで、ホスティングクレジットを使用するか、クレジットカードを使って Business Catalyst サブスクリプションを購入する方法を確認するかを選択できます。

ホスティングクレジットを使用する場合は、サイトをライブにするダイアログボックスで、「サイトをライブにする」をクリックします。

サイトをライブにする
「サイトをライブにする」をクリックすると、サイトが自動的にアップグレードされ、ホストクレジットが 1 つ使用されます。

まだ Business Catalyst サブスクリプションを購入していない場合は、クレジットカード情報を入力して、サイトのホスティング料金を支払うことができます。

クレジットカードで支払いを行うには、ダッシュボードで「パートナーポータル」リンクをクリックします。次に、「クライアント」タブでサイト名を選択します。「アップグレード」をクリックします。表示されるアップグレードウィンドウで、支払情報を入力することができます。

Business Catalyst ダッシュボード
ホストクレジットを使用しない場合に、クレジットカード情報を入力することもできます。

ダッシュボードが表示され、サイトのステータスが「ライブ」に更新されます。

ダッシュボードから、リンクをクリックしてユーザーをサイトに追加することができます。

Adobe Muse サイトへのユーザーの追加
サイトへのユーザーの追加

管理ユーザーとして追加できるユーザーには 2 種類あります。

  • その他の Web デザイナー:Adobe Muse サイトのデザインをチームとして行っている場合、管理ユーザーとして同僚を追加することができます。これらのユーザーは、サイトファイルを更新し、サイトを管理することができます。
  • クライアント:クライアントがダッシュボードにログインし、レポートを表示し、サイトの稼働状況を確認できるようにします。

注意:

クライアントは、サイトのダッシュボードにアクセスするために Adobe Muse をインストールする必要はありません。クライアントはインターネットに接続している任意の Web ブラウザーを使用し、ユーザーが設定したユーザー名を使用してサイトにアクセスできます。ユーザーがリモートで作業している場合、ブラウザーとインターネット接続を備えた任意のコンピューターを使用して、ダッシュボードにログインすることもできます。

ドメインの「追加」をクリックすると、登録済みのドメイン名をアップグレードしたサイトと関連付けることができます。

ドメインの追加は完成したサイトを開設するための最終ステップの 1 つで、一般の人もサイトにアクセスすることができるようになります。

既存のドメインオプション
Associate Existing Domain ウィンドウで、サイト用に登録したドメイン名を入力します。

サイトの管理またはサイトをサードパーティのホスティングプロバイダーにアップロードする方法について詳しくは、「自分のサイトをサードパーティのホスティングサービスにアップロード」を参照してください。

Adobe Muse ファイルの書き出し

ユーザーは Adobe Muse でサイトのデザインを行いながら、いつでもすべてのファイルを書き出すことができます。Adobe Muse は、HTML、CSS、およびスクリプティングのファイルを生成し、スライス画像ファイルとアセットを使用して完全なサイトを作成します。画像のスライスにより、特に大きい画像を小さいセクションにカットすることができます。

書き出しは、わずか数分しかかからない簡単な処理です。Adobe Muse からサイトのファイルを書き出す 3 つの主な理由があります。

  • ファイルは、サイトのバックアップとしてローカルドライブ上に保存され、これらのファイルにローカルにアクセスできます。
  • FTP クライアントを使用して、サイトのホストに使用する任意のサービスプロバイダーに Web サイトをアップロードできます。
  • サイト用に作成した一部の画像ファイルを、ソーシャルメディアサイト、電子メールニュースレターおよびブログなど、他のプロジェクトで流用できます。

Adobe Muse は、サイトのパブリッシュや書き出しに伴い、画像ファイルを自動的にスライスし、最適化します。書き出しすることにより、オンラインで提供されるモバイルアプリケーションを含む、すべてのプロジェクトで使用可能なサイトアセットのフォルダーが生成されます。

Adobe Muse でサイトを開きながら書き出しを行う方法の詳細については、以下を参照してください。

  1. ファイル/HTML 形式で書き出しをクリックします。HTML 形式で書き出しダイアログボックスが表示されます。

  2. コンピューター上のファイルを保存する場所を選択し、「OK」をクリックします。

    HTML 形式で書き出しダイアログボックス
    HTML 形式で書き出しダイアログボックスにサイトのドメイン名を入力し、「OK」をクリックします。

    サイトの Web アセットを、ニュースレター、ソーシャルメディア、モバイルアプリケーションなどで流用する場合は、サイト全体をローカルハードドライブに書き出すことをお勧めします。

    Adobe Muse は最適化した画像ファイルを別のフォルダーに書き出します。書き出したファイルを、独自に選んだホスティングアカウントに手動でアップロードすることもできます。外部のホスティングプロバイダーにファイルをアップロードする方法について詳しくは、「サードパーティ FTP クライアントを使用した、ホストされる Muse サイトへのアセットのアップロード」を参照してください。

Adobe Muse サイトのパブリッシュまたは書き出し中のトラブルシューティングエラー

Adobe Muse でパブリッシュ処理中にエラーが発生した場合は、次のリンクを参照してください。

上記のエラーの他に、アクセスに関する問題が発生した場合は、Business Catalyst の資格情報が正しいことを確認してください。

その他の問題の解決方法については、アドビサポートまでお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー