この記事では、整列パネルを使用して、複数のページエレメントを整列させる方法について説明します。

注意:

Adobe Muse は、新しい機能が追加されなくなり、2020 年 3 月 26 日にサポートが中止される予定です。詳細な情報と支援については、Adobe Muse のサービス終了ページを参照してください。

Adobe Muse Web ページでのオブジェクトの配置

整列パネルは、複数のページエレメントを相互に、またはコンテンツエリア内で整列させるときに役に立ちます。 レスポンシブ Web デザインでは、Web サイトデザイン対象となるデバイスに応じて、ページエレメントの整列を選択できます。

整列パネルを表示するには、ウィンドウ整列を選択するか、「整列」タブをクリックしてパネルセットでアクティブにします。整列パネルが開くと、ウィンドウメニューの「整列」オプションの横にチェックマークが表示されます。

この例では、「共有」ボタンとその下のしずくの画像を整列させます。次の手順に従います。

  1. 選択ツールを使用して、「共有」ボタンを選択します。Shift キーを押したまま、その前に配置した茶色のバーの下のしずくの画像も選択します。

  2. 両方のオブジェクトが選択されている間に、整列パネルのオプションを確認します。

    alignpanel
    整列パネルの設定を使用して、ページに 1 つ以上のオブジェクトを配置します。

    整列パネルの上部にあるメニューを使用して、整列させるエレメントを選択します。

    選択範囲に揃える:選択したエレメント(複数)をそれ自体に揃えます。

    コンテンツエリアに揃える:選択したエレメント(複数も可)を周囲のコンテンツエリアに合わせて揃えます。

    「オブジェクトの整列」セクションには、6 つの設定があります。

    • 左端揃え
    • 水平方向中央揃え
    • 右端揃え
    • 上端揃え
    • 垂直方向中央揃え
    • 下端揃え

    「オブジェクトの配置」セクションにも、6 つの設定があります。

    • 左端を基準に分布
    • 水平方向中央を基準に分布
    • 右端を基準に分布
    • 上端を基準に分布
    • 垂直方向中央を基準に分布
    • 下端を基準に分布

    例えば、「共有」ボタンとドリップを垂直に整列させる場合、水平方向の中央で揃えます。

  3. トップメニューが「選択範囲に揃える」に設定されている場合、「水平方向中央揃え」ボタンをクリックします。エレメントの位置がどのように変更されて、水平方向の中央で整列し、ページで垂直方向に重ねられるかを確認してください。

    注意:

    オブジェクトを中央に揃えるもう 1 つの方法は、エレメントの 1 つをクリック&ドラッグすることです。別のオブジェクトと揃うと、青い線が一時的に表示されて、整列されたことを示します。

    fig_48_getting
    エレメントをドラッグするとき、オブジェクトがページ上の他のオブジェクトと揃うと青い線が表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー