Adobe Muse で、カスタムカラースウォッチの作成、再利用、書き出し、読み込みを行う方法について学習します。

注意:

Adobe Muse は、新しい機能が追加されなくなり、2020 年 3 月 26 日にサポートが中止される予定です。詳細な情報と支援については、Adobe Muse のサービス終了ページを参照してください。

スウォッチパネル

スウォッチパネル(ウィンドウスウォッチ)を使用すると、色、グラデーション、濃淡を作成して名前を付け、Web サイトや個々のデザインエレメントにすばやく適用できます。段落スタイルや文字スタイルと同様に、スウォッチを変更すると、そのカラーを使用するすべてのオブジェクトのカラーが更新されます。スウォッチにより、個々のオブジェクトを指定することなく簡単に配色を修正することができます。

選択したテキストまたはオブジェクトの塗りまたは線にスウォッチパネルから適用したカラーまたはグラデーションが含まれている場合は、スウォッチパネル上で、適用されているスウォッチがハイライト表示されます。スウォッチを作成すると、それは現在のドキュメントに関連付けられます。そのため、スウォッチパネルに保存されているスウォッチは、ドキュメントごとに異なります。

カラースウォッチの使用

Adobe Muse ではスウォッチを作成して保存し、Web サイトデザインのカラーテーマを簡単に維持できます。作成したスウォッチは、Web サイトの異なるページ間で再利用できます。カラースウォッチは、RGB 値を設定するか、色付きのオブジェクトを選択することで、新規作成できます。

新規カラースウォッチの作成

  1. Adobe Muse でウィンドウ/スウォッチを選択して、スウォッチパネルを表示します。

    カラースウォッチ
  2. スウォッチパネルで ボタンをクリックして、スウォッチオプションダイアログボックスを開きます。

    カラースウォッチのオプション
  3. スウォッチオプションダイアログボックスで、以下を指定します。

    • スウォッチ名:デフォルトではオフで、スウォッチに割り当てられている RGB 値になっています。別の名前を入力するには、「カラー値を名前にする」オプションをオフにし、わかりやすい名前を指定します。
    • カラー値を名前にする:デフォルトでオンです。このオプションをオンにすると、スウォッチ名が RGB 値で上書きされます。
    • カラーを選択:必要に応じて、カラーピッカー()ツールを Adobe Muse 内の任意のオブジェクトに合わせ、そのカラーを選択します。
      • 色相、彩度、明度:カラーの選び方を規定します。色相(H)、彩度(S)、明度(B)の値を指定すると、Adobe Muse でそれに沿ったカラースキームを表示できます。さらに、好みの色をクリックして選択します。
      • 赤、緑、青:Web デザインに必要な色を厳密に定義して使用することができます。0 ~ 255 の範囲で値を指定できます。
      • 16 進値(#):カラーの正確な 16 進値を入力することもできます。
  4. 「OK」をクリックして新しいスウォッチを作成します。

スウォッチライブラリを読み込む/書き出す

  1. スウォッチライブラリは、Adobe Swatch Exchange(ASE)ファイルとして読み込みおよび書き出しできます。

    Windowsスウォッチを選択します。

  2. スウォッチパネルの空の領域を右クリックします。

  3. スウォッチライブラリを読み込む...をクリックして、スウォッチライブラリを読み込みます。デバイスで ASE ファイルを参照し、ファイルをダブルクリックして「OK」をクリックし、ファイルを読み込みます。

  4.  スウォッチライブラリを書き出す...をクリックして、スウォッチライブラリを書き出します。スウォッチライブラリをローカルコンピューターまたは外部システムに保存します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー