Adobe Muse でアセットを追加および管理する方法について学習します。

注意:

Adobe Muse は、新しい機能が追加されなくなり、2020 年 3 月 26 日にサポートが中止される予定です。詳細な情報と支援については、Adobe Muse のサービス終了ページを参照してください。

Adobe Muse でサイトを構築すると、追加するファイルはアセットパネルにリストされます。このパネルには、役に立つ各種機能があり、その機能を使用して、デザインを作成しながらグラフィックの更新、最適化、入れ替えをすばやく行うことができます。

アセットパネルにアクセスするには、ウィンドウ/アセットを選択します。または、「アセット」タブをクリックして、パネルセット内でアセットパネルをアクティブにします。

アセットパネル

アセットパネルで任意のアセット(または選択したアセットのセット)を右クリックすると、メニューオプションを適用することができます。クリックしたファイルの種類に応じて、表示されるメニュー項目は多少異なります。オプションは次のとおりです。

  • リンクを埋め込む:配置した元のファイルへの参照リンクを削除します。このオプションを設定すると、アセットパネルでのファイル管理機能の多くが使用できなくなりますが、.muse ファイルを自己完結型にし、Adobe Muse ファイルを他のデザイナーと共有する場合に警告が表示されることを回避できます。
  • リンクを再設定:配置して以降にアセットの移動や名前の変更を行った場合、アセットファイルのリンクを再設定することができます。表示されるウィンドウで、ファイルを参照して再度選択します。このアクションにより、アセットパネルからは警告アイコンも削除されます。
  • アセットに移動/使用中のアセットへ移動:Adobe Muse の作業中に、アップロードされたアセットまたは背景画像を使用した場所を追跡するのが困難になる場合があります。新しい「使用中のアセットへ移動」オプションを使用して、Web サイト全体で背景画像の用途を追跡して、アセットをアップロードできるようになりました。
  • オリジナルを編集:(コンピューターに保存されている)オリジナル画像を開き、マスターファイルに変更を加えることができます。ファイルの種類とお使いのコンピューターのファイルの関連付けに応じて、アセットに変更を加えることができるよう、ファイルは外部エディターで開けます。
  • タイトルを追加:画像プロパティダイアログボックスが開き、選択したアセットのタイトルと代替テキストの両方を入力するためのフィールドが表示されます。どちらも、パブリッシュするときにサイトのコードに入る短いテキストの説明文です。タイトルには、アセットに関する追加情報を入力します。タイトルは、内容がわかり、覚えやすく、簡潔なものにします。ブラウザーによっては、マウスを画像の上に置くと、タイトルテキストがツールヒントとして表示されます。
  • 代替テキストを追加:画像プロパティダイアログボックスが開き、選択したアセットのタイトルと代替テキストの両方を入力するためのフィールドが表示されます。どちらも、パブリッシュするときにサイトのコードに入る短いテキストの説明文です。代替テキストは、ブラウザーで画像が無効になったユーザーや、スクリーンリーダーその他の補助ブラウジング装置を使用して Web サーフィンを行う視覚障がいのある訪問者向けの、代替情報ソースです。検索エンジンの多くが、サイトの索引付けに代替テキストを使用しています。代替テキストを追加すると、検索結果におけるサイトのランキング向上に役立ちます。
  • Finder で表示:コンピューターの Mac Finder や Windows Explorer ファイル構造内で、元のファイルの位置を表示します。
  • フルパスをコピー:ハードドライブ上の、元のアセットファイルの位置を、次の形式で、クリップボードにコピーします。 file:///Users/User_Name/Folder_Name/Subfolder_Name/image.jpg

アセットパネルを使用したファイルの管理

アセットパネルの横または下端をドラッグして拡張し、リストがもっとよく見えるようにします。

アセットリストを並べ替えるには、上のヘッダーバーをクリックします。アセット名、エラーアイコン、ページ名を基準として、リストを昇順または降順に並べ替えることができます。各ヘッダーは、対応する列内のアイテムを並べ替える切り替えボタンのように機能します。

同じ画像ファイルのインスタンスを複数配置すると、元のアセットの下にインスタンスが表示されます。元のアセット名の左側の矢印をクリックして、アセットセットを展開したり折りたたんだりします。これは、アセットリストを短くして、アセットパネル内でアイテムを検索しやすくする場合に、役に立ちます。

アセットパネル
画像名の左側の矢印をクリックし、インスタンスセットを展開したり折りたたんだりします。

注意:

画像を配置してから複製を作り、複製に変更(回転や切り抜きなど)を施すと、サイトの書き出しやパブリッシュの際に、回転した画像や切り抜いた画像は別のファイル名で書き出されます。画像を配置して、切り抜きせずに複製したりサイズ変更したりすると、小さい方の画像はすべて大きい方の画像を参照し、インスタンスのサイズはコードで調整されます。

最も一般的なワークフローでは、配置されたアセットは .muse ファイルにリンクされ、選択した元のファイルへの参照を保持します。例えば、ファイル/配置を選択し、デスクトップを参照して画像を選択し、それをページ上に配置すると、画像がページデザインに追加され、画像名がアセットパネルに追加され、参照リンクが元のファイルがデスクトップ上のどこにあるかを示すよう設定されます。

そのため、Photoshop、Illustrator や Fireworks などの画像編集プログラムを使用して、Web 用に最適化された画像ファイルを、サイトの .muse ファイルも含まれているデスクトップのフォルダーに書き出すことが最適です。こうすると、サイトのすべてのエレメントが 1 つのローカルフォルダーに整理されます(このフォルダーにより、他のデザイナーと作業する場合や、プロジェクト全体を他の人に渡す場合に、プロジェクトを移行可能にすることもできます)。

ファイルを配置すると、Adobe Muse がファイルの位置とステータスを追跡するにあたり、参照リンクが役に立ちます。アセットパネルは、次の場合に警告を出します。

不明な画像:リンクされたファイルの元のアセットが、配置して以降に移動されたか、削除されています。元の画像の名前を変更したり移動したりした後で Adobe Muse プロジェクトファイルを開いた場合は、表示された警告ボックスの「OK」をクリックしてから、アセットパネルを使用してアセットを再リンクします。

不明なアセットの警告ボックス
「OK」をクリックすると、不明なアセットの警告ボックスが閉じます。

日付の古いアセット:リンクされたファイルの元のアセットは、配置して以降に Adobe Muse 以外の環境で編集されています。元の画像の変更後に Muse プロジェクトファイルを開く場合、表示されるダイアログボックスで「OK」をクリックして、修正済みのリンクされたアセットを自動的に更新することもできます。

アセットの警告ボックスの更新
「OK」をクリックすると、Muse 以外で修正されたリンクされたアセットが更新されます。

100% 以上に拡大されたアセット:リンクされたファイルが配置され、表示できる以上にデータが拡大されると、ピクセル化した画像の画質が低下します。この状況の解決方法の詳細については、「Web 表示用の画像の最適化」という以下のセクションを参照してください。

不要に大きなプロジェクトファイル:リンクされた画像ファイルの方が大きく、配置されてからページデザインで大幅に縮小されると、.muse ファイルには画像の表示に必要なデータより多くのデータが含まれることになります(その結果、.muse ファイルのサイズは不必要に大きくなります)。プロジェクトファイルのサイズに応じて、書き出しのときのパフォーマンスが低下し、書き出しやパブリッシュでエラーが発生する可能性があります。

この状況の解決方法の詳細については、以下に示す、100% 以上に拡大されたアセットの警告アイコンの使用に関するセクションを参照してください。

Adobe Muse プロジェクトでのアセットのコピー&ペースト

コンテンツを Adobe Muse に取り込むには、コンテンツをコピーしてページ上に直接ペーストする方法もあります。これは、潜在的なクライアント向けのワイヤフレームサイトをそっくりモデル化する場合に、非常にすばやく行えるワークフロー戦略です。その理由は、ブラウザーウィンドウ、電子メールメッセージ、画像編集プログラムから、既存のサイトのアセットを直接コピーできるからです。

一般に、コンテンツをペーストするのは、最終的なサイトデザインを作成するときには最適な方法ではないと言われています。なぜなら、多くのアセットパネル機能(このあと説明する「アセットに移動」、「オリジナルを編集」、「Finder で表示」、「大きいサイズを読み込む」などのオプション)を無効にするからです。ペーストしたファイルは、お使いのコンピューター上のマスターファイルへの参照リンクを保持しないということでもあります。これらのペーストされたアセットファイルは、リンクされたというより「埋め込まれた」ものです。

必要に応じて、「埋め込みリンク」オプションを選択することにより、配置されたアセットを埋め込みアセットに変換することができます。すべてのアセットを Adobe Muse サイト用に埋め込むと都合が良いという場合もあります。例えば、他のデザイナーと一緒にあるサイトに取り組むような場合や、元の画像が変更されて、期限切れエラーになることを回避する場合です。ソースファイルへの参照リンクが削除されるので、こうした警告は表示されなくなります。ただし、アセットパネルによって提供される有益な機能の多くが利用できなくなる点に注意してください。

単一フォルダーへのアセットの抽出

Adobe Muse サイト用のすべてのアセットを、ローカルコンピューターであるか、外部ハードディスクであるかにかかわらず、単一フォルダーにコピーできます。単一フォルダーへのアセットの保存は、すべてのアセットのバックアップの作成時、またはあるコンピューターから別のコンピューターへのプロジェクトの移動時に非常に役立ちます。

すべてのアセットを収集するには:

  1. アセットパネルから、すべてのアセットを収集アイコンをクリックします。

    すべてのアセットを収集アイコン
    単一の場所へのすべてのアセットの収集

  2. コンピューターまたはハードディスクの 1 つのフォルダーにアセットを保存します。

    アセットは指定場所に保存されます。Adobe Muse は、コレクションの概要と、抽出したアセットの総数を表示します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー