ビジュアルキーボードショートカットエディター

ビジュアルキーボードショートカットエディターを使用して、キーと割り当てられたショートカットを表示したり、新しいショートカットを割り当てたり、既存のショートカットを削除したりできます。また、この機能を使用すると、簡単に操作でき、ワークフローの効率を最大化できます。

キーボードレイアウトでキーを選択すると、そのキーとその他すべての修飾キーの組み合わせに割り当てられたすべてのコマンドが表示されます。

  • Prelude はキーボードハードウェアを検出し、検出結果に従って適切なキーボードレイアウトを表示します。
  • Prelude が検出したキーボードがサポートされていない場合は、デフォルトの表示としてアメリカ英語のキーボードが表示されます。デフォルトで、「Adobe Prelude 初期設定」プリセットが表示されます。
  • ショートカットを変更すると、プリセットのドロップダウンメニューが「カスタム」に変更されます。必要な変更をおこなった後に、「別名で保存オプションを使用して、カスタマイズしたショートカット設定をプリセットとして保存します。

ビジュアルキーボードショートカットの使用とカスタマイズ

  • ビジュアルキーボードショートカットを表示するには、編集/キーボードショートカット(Windows)またはPrelude/キーボードショートカット(macOS)を選択します。

キーボードショートカットウィンドウが表示され、キーボードのレイアウトが表示されます。アプリケーションレベルで有効なショートカットは紫色でマークされるのに対して、パネルレベルで有効なショートカットは緑色で表示されます。両方のレベルで適用できるキーボードショートカットの場合、パネルが開いているかどうかに応じて色が変わります。パネルが選択されている場合、緑色で表示され、そうでない場合は紫色で表示されます。

ビジュアルキーボード
ビジュアルキーボード

ドラッグ&ドロップを使用したショートカットの割り当て

コマンドリストからキーボードレイアウトのキーにコマンドをドラッグすることで、ショートカットを割り当てることができます。また、修飾キーを組み合わせて使用するショートカットを割り当てることもできます。現在選択しているキーへの割り当ては、キーの修飾子リストに表示されます。コマンドリストおよび修飾子リストは、キーボードの下に表示されます。

  • コマンドに修飾キー付きのショートカットを割り当てるには、ドラッグ&ドロップ中に修飾キーを押したままにします。
  • 最後に割り当てたショートカットコマンドを削除するには、キーを選択して、「取り消し」をクリックします。
  • 割り当てたすべてのショートカットを削除するには、「クリア」をクリックします。

競合の解決

既存のショートカットが別のコマンドと競合している場合、

  • エディターの下に警告が表示されます。
  • 右下隅の「取り消し」ボタンおよび「クリア」ボタンが有効になります。
  • 競合しているコマンドは青色でハイライト表示され、このキーをクリックするとコマンドリストのコマンドが自動的に選択されます。

このように、競合するコマンドの割り当てを簡単に変更できるようになりました。

アプリケーションのショートカット

新規プロジェクト Ctrl + Alt + N(Win)Opt + Cmd + N(macOS)
プロジェクトを開く Ctrl + Shift + O(Win)、Shift + Cmd + O(macOS)
プロジェクトを閉じる Ctrl + Shift + W(Win)、Shift + Cmd + W(macOS)
閉じる Ctrl + W(Win)、Cmd + W(macOS)
別名で保存 Ctrl + Shift + S(Win)、CMD + Shift + S(macOS)
インジェスト Ctrl + I(Win)、Cmd + I(macOS)
プロジェクトの書き出し Ctrl + P(Win)、Cmd + P(macOS)
ラフカットを作成 Ctrl + N(Win)、Cmd + N(macOS)
終了  Ctrl + Q(Win)、Cmd + Q(macOS)
取り消し Ctrl + Z(Win)、Cmd + Z(macOS)
やり直し Ctrl + Shift + Z(Win)、Shift + Cmd + Z(macOS)
カット Ctrl + X(Win)、Cmd + X(macOS)
コピー Ctrl + C(Win)、Cmd + C(macOS)
ペースト Ctrl + V(Win)、Cmd + V(macOS)
消去 Delete(Win)、Forward Delete(macOS)
すべてを選択 Ctrl + A(Win)、Cmd + A(macOS)
すべて選択解除 Ctrl + Shift + A(Win)、Shift + Cmd + A(macOS)
マーカーのインポイントを設定 I(再生中に Heads Up Display が有効な場合、Alt + I キーまたは Opt + I キーを使用)
マーカーのアウトポイントを設定 O(再生中に Heads Up Display が有効な場合、Alt + O キーまたは Opt + O キーを使用)
前のマーカーを選択 Ctrl + 左向き矢印(Win)、Command + 左向き矢印(macOS)
次のマーカーを選択 Ctrl + 右向き矢印(Win)、Command + 右向き矢印(macOS)
前のクリップを選択 Ctrl + Up(Win)、Cmd + Up(macOS)
次のクリップを選択 Ctrl + Down(Win)、Cmd + Down(macOS)
選択したマーカーを追加 Shift + =(Win)、Cmd + =(macOS)
サブクリップマーカーを追加 1(メインキーボード)
コメントマーカーを追加 2(メインキーボード)
マーカーインスペクター Shift + 5(Win)、Cmd + 5(macOS)
マーカーリスト Shift + 6(Win)、Cmd + 6(macOS)
マーカーの種類 Shift + +4(Win)、Cmd + +4(macOS)
メタデータ Shift + 7(Win)、Cmd + 7(macOS)
モニター Shift + 2(Win)、Cmd + 2(macOS)
プロジェクト Shift + 1(Win)、Cmd + 1(macOS)
タイムライン Shift + 3(Win)、Cmd + 3(macOS)
Adobe Prelude のヘルプ F1
選択したクリップの終了位置へ移動 Shift + End
選択したクリップの開始位置へ移動 Shift + Home
時間表示の末尾に移動 End(Win)、End または Function + 右向き矢印(macOS)
時間表示の先頭に移動 Home(Win)、Home または Function + 左向き矢印(macOS)
フレームを最大化または戻す '(チルダの下のアクセント)
インからアウトへ再生 Ctrl + Shift + Space(Win)、Opt + K(macOS)
再生/停止 カラースペース
検索ボックスを選択 Shift + F
次のパネルを選択 Ctrl + Shift + .(ピリオド)
前のパネルを選択 Ctrl + Shift + ,(カンマ)
左へシャトル J
右へシャトル L
左へシャトル(スロー) Shift + J
右へシャトル(スロー) Shift + L
シャトル停止 K
前のフレーム 左向き矢印
複数フレーム前へ戻る Shift + 左向き矢印
次のフレーム 右向き矢印
複数フレーム先へ進む Shift + 右向き矢印
ワークスペース 1 Alt + Shift + 1 (Win)、Opt + Shift + 1(macOS)
ワークスペース 2 Alt + Shift + 2 (Win)、Opt + Shift + 2(macOS)
ワークスペース 3 Alt + Shift + 3 (Win)、Opt + Shift + 3(macOS)
ワークスペース 4 Alt + Shift + 4 (Win)、Opt + Shift + 4(macOS)
ワークスペース 5 Alt + Shift + 5 (Win)、Opt + Shift + 5(macOS)
ワークスペース 6 Alt + Shift + 6 (Win)、Opt + Shift + 6(macOS)
ワークスペース 7 Alt + Shift + 7 (Win)、Opt + Shift + 7(macOS)
ワークスペース 8 Alt + Shift + 8 (Win)、Opt + Shift + 8(macOS)
ワークスペース 9 Alt + Shift + 9 (Win)、Opt + Shift + 9(macOS)
ズームイン =
ズームアウト -(ハイフン)
クリップにズーム \

パネルのショートカット

プロジェクト  
新規ビン
(Prelude)
Ctrl + B(Windows)、Cmd + B(macOS)
ヒストリーパネルメニュー
 
前のアクション
左向き矢印
次のフレーム
右向き矢印
インジェストダイアログ
 
すべてチェック Shift + V
すべてのチェックを解除 Ctrl + Shift + V
選択したアイテムをチェック
V
インポイントとアウトポイントを消去
C
ディレクトリリストを選択
Ctrl + 左向き矢印(Win)、Command + 左向き矢印(macOS)
メディアリストを選択
Ctrl + 右向き矢印(Win)、Command + 右向き矢印(macOS)
インポイントを設定
I
アウトポイントを設定
O
タイムラインパネルメニュー
 
リップル削除 Alt + Backspace(Win)、Opt + Delete(macOS)
次の画面を表示
下向き矢印
表示前へスクリーン
上向き矢印

Prelude の新しいショートカット

選択したクリップのインポイントを CTI にトリミング   Q
選択したクリップのアウトポイントを CTI にトリミング
W
前の編集ポイントでクリップを挿入する
,(コンマ)
次の編集ポイントでクリップを挿入する  . (ピリオド)
再生ヘッドでクリップを選択する D
クリップを左に移動 [(左のかぎ括弧)
クリップを右に移動
](右のかぎ括弧)

キーボードショートカットのカスタマイズ

初めてキーボードショートカットパネルを開いたとき、設定メニューには「Adobe Prelude 初期設定」というオプション 1 つのみがあります。

キーボードショートカットを編集して新しい設定を保存できます。新しいセットは、保存すると設定メニューに表示されます。

  1. 編集キーボードショートカット(Windows)、または Preludeキーボードショートカット(Mac OS)を選択してキーボードショートカットパネルを開きます。
  2. キーボードショートカットパネルで、キーボードショートカットを作成または更新するオプションを選択します。
  3. キーボードショートカットに使用するキーを押します。
  4. 「名前を付けて保存」をクリックして、更新したキーボードショートカット設定を保存します。
  5. 新しい設定の名前を入力し、「保存」をクリックします。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー