Creative_Cloud_mnemonic_RGB_128px

Prelude CC へのアップデートをご利用いただけます。

詳しくは、新機能の概要を参照してください。


Adobe_Prelude_CC_mnemonic_RGB_64px_no_shadow

Adobe® Prelude® CC には、楽しい機能と強化された機能が含まれています。詳しくは、これらの機能の簡単なご紹介とリソースへのリンクを参照してください。


Prelude CC | 2013 年 10 月

静止画像のインジェスト

Prelude CC の強化機能

静止画像を Prelude にインジェストできるようになりました。次の形式がサポートされています。

  • Adobe Illustrator(.ai
  • Adobe Photoshop(.psd
  • ビットマップ(.bmp
  • CompuServe GIF(.gif
  • JPEG
  • PNG
  • TIFF
  • アイコンファイル

静的メタデータだけが Prelude の静止画像に関連付けられます。ラフカットに含めるために、150 フレームのデフォルトのデュレーションが静止画像に割り当てられます。このデフォルトのデュレーションは環境設定(環境設定/一般)で調整できます。Prelude の静止画像には、マーカーは関連付けられていません。

Prelude にインジェストされた静止画像
Prelude にインジェストされた静止画像

関連付けられていないメタデータワークフローの改善

Prelude CC の強化機能

関連付けられていないメタデータパネルを使用して、Adobe Prelude Live Logger で作成したログファイル(XMP)をログ中に作成したメディアに適用できます。

コンピューター上に保存された、または Creative Cloud からダウンロードした複数の XMP ファイルから 1 つ以上のクリップにメタデータを適用できるようになりました。関連付けられていないメタデータダイアログの左側のパネルにある XMP ファイルを選択すると、そのファイル内のマーカーが右側のパネルに表示されます。目的のマーカーを選択して、選択した 1 つ以上のクリップに適用します。

注意:

プロジェクトパネルで現在、選択しているクリップにマーカーを適用する前に、「次の場所にマーカーを適用」オプションが「マーカーの開始時間」に設定されていることを確認してください。「現在のプレイヤー位置」オプションは、タイムラインパネルまたはモニターパネルで開かれているクリップだけに適用できます。

マーカーの書き出し

Prelude CC の新機能

選択したアセットからマーカーを CSV テキストファイルまたは書式の整った HTML ページとして書き出せるようになりました(ファイル/書き出し/マーカー)。

マーカーの書き出し
マーカーの書き出し

インジェスト後のクリップの自動最適化

Prelude CC の強化機能

Prelude では、クリップのインジェスト中にオーディオを自動的に最適化する環境設定を設定できるようになりました(環境設定/オーディオ/インジェストで自動的にオーディオを最適化)。

Prelude CS6 では、タイムラインパネルまたはモニターパネルでクリップが開かれるまで、最適化や PEK ファイルの生成が実行されませんでした。Prelude CC では、すべてのアセットがインジェスト中に作成されます。この機能拡張により、必要に応じてすべてのオーディオを使用できます。再生中のオーディオをプロジェクトパネルのサムネール表示から使用できるようになりました。

その他の強化機能

  • Prelude では、メタデータを GoPro メディアに記録して適用できるようになりました。
  • MD5 の確認を使用して、インジェストしたファイルが元のファイルと同じかどうかを確認できるようになりました。
MD5 の確認
インジェストしたファイルの MD5 の確認

  • 1 つ以上のサブクリップをサポートされる形式で書き出せるようになりました(ファイル/書き出し/メディア)。
  • Prelude では、マーカーが追加されたり、変更されたりするたびにプロジェクトが自動保存されるようになりました。

Prelude CC | 2013 年 6 月

Adobe Story スクリプトをガイドとして使用してスピーチからテキストへの解析を実行する

Prelude CC の新機能

Adobe Premiere Pro で使用できるワークフローと同様に、Adobe Prelude を使用してクリップを解析し、スピーチを検索可能なメタデータに変換できます。Adobe Story からのスクリプトは、スピーチ解析エンジンをガイドするために使用でき、精度が向上します。

Prelude に新しい Adobe Story パネルが追加され、Adobe Story アカウントで使用可能なスクリプトが一覧表示されるようになりました。Prelude のプロジェクトパネルにあるクリップ上にシーンをドラッグアンドドロップするだけで、スクリプトをビデオクリップに関連付けることができます。その後、クリップを選択して分析できます。

インジェスト中にファイル名を変更する

Prelude CC の新機能

インジェストダイアログでは、独自の命名規則を作成し、プリセットとして保存できます。また、プリセットを読み込み機能を使用してプリセットを共有することもできます。

ファイル名を変更する方法は、インジェストされるメディアの種類に応じて異なります。単純なビデオアセット(QuickTime、AVI など)では、アセット全体が単一ファイルとして表示されます。Prelude では、ディスク上のアセットファイル名が命名規則に従って変更されます。

複雑なフォルダー構造(XDCAM、P2、AVCHD)からメディアをインジェストしている場合、Prelude ではプロジェクトパネルで使用されるエイリアス名が変更されます。さらに、新しい名前が XMP メタデータに上書きされます(ダブリンコア XMP スキーマのタイトルフィールド)。このフィールドは Premiere Pro でプロジェクトのエイリアス名を表示する際に使用されるため、クロス積(外積)ワークフロー全体でメディアの外観とビヘイビアーが一貫しています。

増大するファイルのサポート

Prelude CC の新機能

収録中に収録中ファイルをインジェストしたり、記録したりできます。環境設定ダイアログのメディアセクションで、収録中ファイルの更新間隔をカスタマイズできます。

注意:

この機能には追加のハードウェアとソフトウェアが必要です。

マーカーのプリロール時間を指定する

Prelude CC の新機能

再生中にマーカーを追加する場合、実行時にマーカーの追加をミスすることがあります。例えば、再生中に 00:20:41:02 にマーカーを追加する場合、キーを押している間の遅延により、マーカーが目的の時間より後に追加される可能性があります。

プリロール設定では、ムービーが再生モードのときにマーカーを追加する際の遅延を考慮できます。環境設定ダイアログマーカーセクションで、マーカーのプリロール時間を指定できます。

開いているクリップが再生されていない間に追加されたマーカーには プリロール時間を使用せず、現在の時間インジケーターの場所で開始されます。

マーカーのデュレーションを再生する

Prelude CC の強化機能

マーカーのデュレーションのムービーを再生できます。モニターパネルのインからアウトへ再生ボタンをクリックすると、選択したマーカーのムービーが再生されます。または、Ctrl + Shift + Space キー(Windows)、Option + K キー(Mac OS)を押します。

デュレーションのマーカー
デュレーションのマーカー

インジェストパネルへの変更点

Prelude CC の強化機能

  • 選択されたクリップがより明るく、境界線付きで表示されます。
  • ファイルの種類メニューに、サポートされるファイル形式だけが表示されます。このリストには、このリリースのオーディオファイルのサポートが反映されています。
  • ラベル「連結」「クリップの組み合わせ」に変更されました。
  • 確認メニューで、オプションのラベルが「ファイルサイズの比較」および「ビット単位での比較」に変更されました。
  • パネルヘッダーの「」ボタンでは、パネルを開くことなく、パネル内のすべての機能を無効にすることができます。
  • クリップをプロジェクトパネルで指定されたビンにインジェストするには、「インジェスト」をクリックする前に、ビンを選択します。ムービークリップが指定されたビンにインジェストされます。
  • 2 つの新しいパネル、ファイルメタデータファイル名変更が追加されました。これらのパネルでは、インジェスト中およびインジェスト後にファイルメタデータを追加し、現在のファイル名を変更できます。
インジェストパネル
インジェストパネル

ラフカットとそのアセットの再リンク

Prelude CC の新機能

アセットを別の場所に移動すると、ラフカットとのリンクが解除されます。移動されたアセットとラフカットを再リンクできるようになりました。

ラフカットとそのアセットを再リンクするには、開いたラフカット内のクリップを右クリックし、再リンクを選択します。現在の場所からアセットを選択します。選択されたアセットと、その場所にあるラフカットに関連付けられた他のアセットが再リンクされます。

ラフカットを直接 Adobe Media Encoder に書き出す

Prelude CC の新機能

プロジェクトパネル内のラフカットを選択して、ファイル書き出しラフカットを選択し、Adobe Media Encoder に直接ラフカットを書き出します。プリセット、出力、および Adobe Media Encoder でのエンコーディング先を選択します。

この機能を使用するには、コンピューターに Premiere Pro がインストールされている必要があります。

環境設定ダイアログの変更点

  • スタートアップスクリーンが無効になっている場合、Prelude の起動時に、最後に開かれていたプロジェクトが開かれます。環境設定ダイアログの一般セクションからスタートアップスクリーンを再度有効にすることができます。起動時メニューで、「「ようこそ」画面を表示」を選択します。
  • Creative Cloud セクションでは、Creative Cloud から XMP ファイルがダウンロードされる場所を指定できます。
  • マーカーセクションで、マーカーのデフォルトのカラー設定とデュレーションを変更できます。例えば、デフォルトの時間が 5 秒のコメントマーカーが必要な場合、デュレーションに 5 秒と指定します。
  • H キーを押しているときにスキップバックのデュレーションを変更するには、環境設定ダイアログの再生セクションでスキップバックの量を指定します。

ユーザーインターフェイスの変更点

スタートアップスクリーン

起動時のスタートアップスクリーンを無効にするには、「起動時にスタートアップスクリーンを表示」オプションを無効にします。

「ようこそ」画面を表示を無効にしている場合、Prelude の起動時に最後に開かれていたプロジェクトが開かれます。スタートアップスクリーンを再び有効にするには、環境設定ダイアログを開き、起動時メニューの「起動時にスタートアップスクリーンを表示」を選択します。

プロジェクトパネルでのムービークリップのサムネール表示

  • リスト表示に加えて、ムービークリップのサムネール表示が追加されました。
  • ムービークリップからコンテンツをスクラブするには、サムネールの上にカーソルを置くか、またはクリップを選択し、JKL キーを使用して再生を制御します。
  • マスタークリップおよびサブクリップのさまざまなバッジ。
  • 「一階層上のレベル」ボタンを使用すると、ビンの移動時に一階層上のレベルに移動できます。
プロジェクトパネル
プロジェクトパネル

A. 一階層上のレベル B. ムービークリップのバッジ C. サブクリップのバッジ D. リスト表示 E. サムネール表示 F. ズームオプション G. 添付された Adobe Story シーン H. スクロールバー 

ラフカットカットと開いているクリップの切り替え

ラフカットと開いているクリップの切り替えのためのユーザーインターフェイスが、Adobe の他のビデオアプリケーションと一緒に標準化されました。

CC:ラフカットと開いているクリップを切り替えるには、モニターパネルまたはタイムラインパネルのメニューでこのオプションを使用します。 

CS6:タイムラインパネルまたはモニターパネルでラフカットまたは開いているクリップの名前をクリックします。

新しいファイル形式のサポート

Prelude CC の新機能

  • Red R3D ファイルのログサポート。
  • XDCAM HD カメラの Sony XMPilot 計画メタデータ。
    • インジェスト中に、XMPilot 計画メタデータが静的メタデータに変換されます。また、Essence マーカーがコメントマーカーに変換されます。
  • AIFF、MP3 および WAV ファイル
  • DNxHD アセットの読み込みとログ

XMP メタデータファイルのアップロードおよびダウンロード

Prelude CC の新機能

アセットのメタデータを XMP ファイルとして Creative Cloud にアップロードできます。後で XMP ファイルを別のコンピューターまたはデバイスで実行している Prelude にダウンロードし、そのメタデータをアセットに適用できます。メタデータは、関連付けられていないメタデータパネルにダウンロードされます。

詳しくは、Creative Cloud を使用して、アセットのメタデータをアップロードおよびダウンロードするを参照してください。

オーディオのワークフロー

Prelude CC の強化機能

  • 次のいずれかの操作を行って、オーディオチャネルをミュートできます。
    • ムービークリップを右クリックし、「オーディオチャンネルをミュート」を選択します。
    • トラックのヘッダーにあるミュートボタンをクリックします
  • オーディオ波形の新しい外観は、Premiere Pro の波形の現在の外観と一致します。Premiere Pro 場合と同様に、タイムラインパネルフライアウトメニューの「修正されたオーディオ波形」を切り替えて、オーディオ波形の古いスタイルの外観に切り替えることができます。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー