Adobe Shockwave のサポート終了に関するよくある質問(FAQ)

2019 年 4 月 9 日を以って Adobe Shockwave の提供を終了いたします。同時に、Windows 版 Shockwave Player のダウンロードも終了します。

Adobe Shockwave のエンタープライズライセンスを契約されている法人のお客様には、現在の契約期間が終了するまで、引き続きサポートを提供いたします。

Adobe Shockwave は、インタラクティブなアプリケーションやビデオゲームで使用されるブラウザーベースのマルチメディアプラットフォームです。Shockwave コンテンツのオーサリングツールである Adobe Director は 2017 年 2 月 1 日に、macOS 版 Shockwave Player は 2017 年 3 月 1 日にすでに提供を終了しており、今回の Windows 版 Shockwave Player ですべて終了することになります。

アドビでは Creative Cloud を通じて様々なコンテンツ製作ツールを提供しています。インタラクティブコンテンツのオーサリングツールとしては、HTML5 Canvas、WebGL、Flash/Adobe AIR など、複数のプラットフォームに対応した Adobe Animate を提供しています。

詳しくは、以下の FAQ をご覧ください。 

アドビが Shockwave Player の提供を終了するのはなぜですか?

テクノロジの進化とモバイルデバイスの普及により、インタラクティブコンテンツは HTML5 Canvas や Web GL などのプラットフォームに移行しています。このため、Shockwave が利用される機会が減少しています。

提供終了はいつですか?

2019 年 4 月 9 日から Windows 版 Shockwave Player のダウンロードができなくなります。アドビでは、2019 年 4 月 9 日から Shockwave の ETLA および EULA 契約を受け入れません。

Shockwave のテクニカルサポートはいつまで利用できますか?

個人のお客様向けのサポートは 2019 年 4 月 9 日に終了します。EULA 配布ライセンスのお客様には、1 年間の契約期間が終了するまでサポートを提供いたします。大規模法人のお客様には、2022 年の契約期間終了までサポートを提供します。

アドビが事前通知を行ったのはなぜですか?

お客様が事前に準備を進められるように、今回の通知を行っています。Shockwave コンテンツのオーサリングツールである Adobe Director は 2017 年 2 月 1 日に、macOS 版 Shockwave Player は 2017 年 3 月 1 日にすでに提供を終了しており、今回の Windows 版 Shockwave Player ですべて終了することになります。

この機能に代わる他の Adobe 製品はありますか?

Adobe Director と Shockwave は、Web ベースのアニメーションやゲームコンテンツの作成と再生を行う強力なソリューションでした。アドビでは、Creative Cloud を通じて最新の Web コンテンツ、プロトタイプ、デザインに対応した豊富なツールセットを提供しています。たとえば、次のようなツールを利用できます。

  • Adobe Animate。HTML5 Canvas、WebGL、Flash/Adobe AIR など、Web ベースのプラットフォーム向けのマルチメディア コンテンツのオーサリングを行います。
  • Adobe XD 。モバイルユーザーと Web ユーザーの体験を設計し、プロトタイプを作成するツールです。
  • Adobe Dreamweaver。ブラウザーとモバイルデバイスに対応したレスポンシブサイトの設計、コーディング、パブリッシングを行います。

Adobe PhotoshopAdobe Illustrator など、他の Creative Cloud アプリケーションもアニメーションやワークフローの設計に幅広く使用されています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー