Character Animator の既知の問題

この文書では、Character Animator の既知の問題の一覧について説明します。

Character Animator 22.3 の既知の問題の一覧(2022年4月)

問題:Character Animator 22.3 で、アルファまたは PNG シーケンスを使用してビデオをレンダリングすると、出力には色が合成されますが、直線カラーを持つようにラベル付けされます。 これにより、透明な領域やエッジが暗くなります。
回避策:After Effects または Premiere Pro にフッテージを読み込み、読み込まれたアルファを合成して再解釈するか、または問題が既に修正されている Character Animator(ベータ版)22.4 を使用してください。

Character Animator 22.1.1 の既知の問題の一覧(2021年12月)

問題:「ランダム化」をクリックすると、「再生」セクションの「トリガーをリプレー」(ワットスタイルの「E」トリガーなど)が機能しなくなります。
回避策:「更新」をクリックするか、別のスタイルに切り替えてから、前のスタイルに戻します。

問題:「ランダム化」を複数回選択し、「カスタマイズ」の選択が変更された場合、「カスタマイズ」セクションの選択がプレビューしたパペットと一致しない場合があります。ただし、生成されたパペットは、プレビューと一致します。

問題:「カスタマイズ」セクションでカラー以外の選択項目を変更すると、「再生」セクション内の選択内容がリセットされます。

Character Animator 4.4 の既知の問題の一覧(2021年7月)

問題:Apple シリコン版の Character Animator を使用している場合、Svg Tiny 1.1 プロファイルを使用して保存された SVG ファイルが読み込み時にカラーバー(フッテージがない)または空白で表示されます。

回避策:別の SVG プロファイルを使用して SVG ファイルを保存するか、「Rosetta を使用して開く」オプションを使用して、Character Animator を起動します。

Character Animator 3.4 の既知の問題の一覧(2020年10月)

問題:Character Animator のシーンを Dynamic Link で Premiere Pro 14.6 プロジェクトに読み込み、プログラムパネルで開くと、シーンが赤味がかった色合いで表示されます。Premiere Pro から書き出されたシーケンスにも、この赤い色合いが残ります。この問題は、Character Animator を開いていなくても発生します。

回避策:ソフトウェアレンダラーに切り替えます(プロジェクト設定でレンダラーを「Mercury Playback Engine – ソフトウェア処理」に設定します)。または、最新の Premiere Pro(14.7 以降)を使用します。Premiere Pro(ベータ版)を使用している場合は、Character Animator(ベータ版)もインストールしてください。

Character Animator シーンからムービーのみを書き出す場合は、そのムービーを直接 Adobe Media Encoder に書き出すか、Character Animator プロジェクト(.chproj)ファイルからシーンを読み込みます。

問題:macOS Big Sur(11.0)で、AJA T-TAP ビデオデバイスを使用すると(「ライブ出力」環境設定で設定)、Character Animator のシーンが表示されません。

回避策:macOS Big Sur との互換性に関する詳細については、AJA Video Systems にお問い合わせください。

Character Animator 3.1 の既知の問題の一覧(2020年1月)

問題:Adobe Media Encoder 14.0.1 または After Effects 17.0.2 を起動してから、Adobe Media Encoder、After Effects または Premiere Pro に読み込む Character Animator プロジェクト(.chproj)ファイルのシーンを選択すると、dvascripting.dll でエントリポイントが見つからないというエラーメッセージが数回表示されます。

回避策:このメッセージは無視して構いません。「OK」をクリックして、エラーメッセージを消してください。このエラーメッセージが表示されないようにするには、Character Animator を先に起動します。

Character Animator 3.0 の既知の問題の一覧(2019 年 11 月)

問題:1 つのワークスペースでシーンを表示し、環境設定ダイアログボックスを開く前にシーンパネルを使わずにワークスペースを切り換え、環境設定ダイアログボックスで「OK」をクリックするとクラッシュします。プロジェクトデータがないか、アプリケーションの環境設定に行った変更が失われます。

回避策:環境設定ダイアログボックスを開く前に、シーンパネルを含むワークスペースに移動します。あるいは、Character Animator バージョン 3.1 にアップグレードします。

問題:Illustrator ファイルを開くとエラーが発生します。Illustrator 2020(バージョン 24.0)を Illustrator 2020 形式で保存した場合(Illustrator のオプションダイアログボックスでバージョンを Illustrator 2020 に設定されている場合)、(64)" エラーメッセージが表示されます。

回避策:Illustrator で、ファイル/別名で保存を選択してファイル名を指定し、「保存」をクリックします。Illustrator のオプションダイアログボックスで、バージョンを「Illustrator CC(レガシー)」に設定します。あるいは、Character Animator バージョン 3.1 にアップグレードします。

Illustrator のオプションダイアログボックス

アドビのロゴ

アカウントにログイン