ビヘイビアー:体(自動アニメーション)

自動点滅:まぶたの瞬きまたはライトの点滅のシミュレート

このビヘイビアーはレイヤーを自動的にトリガー(例えば、まぶたを瞬きさせたり、ライトを点滅させたり)します。点滅(瞬き)は同間隔またはある程度ランダムに起こります。このビヘイビアーを使用して、キャラクターをランダムに点滅(瞬き)させることができますが、Web カメラまたはキーボードでも点滅をコントロールしたい場合は、顔およびトリガービヘイビアーでも処理できます。

設定

  1. 自動点滅ビヘイビアーを、パペットまたはそのグループ内に追加します。(このビヘイビアーは、デフォルトでは新規パペットに適用されていません。)
  2. 左点滅または右点滅のレイヤータグを自動的に点滅するようにレイヤーに割り当てます。

コントロール

(*=このビヘイビアーが適用されているパペットまたはグループがプロジェクトまたはパペットパネルで選択されている場合にのみ表示されます。)

  • 1 分当たりの点滅数は、レイヤーの表示頻度をコントロールします。
  • 点滅期間は、レイヤーが消えるまでの表示時間をミリ秒(1 秒の 1/1,000)でコントロールします。
  • ランダム度は、瞬きの頻度の定期性をコントロールします。0%では瞬きの間隔が規則的になり、パーセントが高くなるほど間隔が不定期になります。
  • *瞬きレイヤーは、左目の瞬きまたは右目の瞬きレイヤータグが適用されているレイヤーの数とリストです。

呼吸:呼吸のシミュレート

このビヘイビアーは、呼吸をしているようにキャラクターの胸部を膨らませたり収縮させたりします。例えば、開始ワークスペースにあるウェンディゴのパペットをアニメーション化して、呼吸や頭が動く動作を出すようにすることができます。

このビヘイビアーにより、呼吸タグが付いたハンドルが検索されます。アートワークのファイルは、ガイドのために「呼吸」または以前のように「胸」の名前を使用できます。この場合、ファイルは呼吸タグを使用して読み込まれます。

設定

収縮/伸張するパペットのパーツを指定するには、呼吸タグを特定のハンドルまたはその原点に影響するグループに割り当てます。読み込んだアートワークに「呼吸」という言葉を含む名前のレイヤーがある場合、レイヤーの原点は自動的に呼吸タグを取得します。

注意:

このビヘイビアーはデフォルトではパペットに適用されません。この効果をパペットで確認するには、まずビヘイビアーを追加します。

コントロール

呼吸/分

呼吸(スケールの最小値から最大値まで伸縮する)の頻度をコントロールします。

最大スケールと最小スケール

呼吸ハンドルのスケールの範囲をコントロールします。呼吸のハンドルの付近にハンドルがない場合、この範囲を減少させる必要がある場合があります(例えば、95%から 110%まで)。

オフセットと方向

呼吸ハンドルのスケールの距離と角度をコントロールします。これらのパラメーターを使用して、キャラクターの肩をすくめることもできます。

ウィグラー:ベクトルアートワークをウィグル

このビヘイビアーは、Illustrator のアートワークに適用されると、アートワークのパスを自動的にウィグルし、パペットに少し活気を与えます。これは Photoshop のアートワークには影響しません。また「ベクトルとしてレンダリング」オプションが無効化されたスキンを使用する Illustrator のアートワークにも影響しません。

注意:

このビヘイビアーはデフォルトではパペットに適用されません。この効果をパペットで確認するには、まずビヘイビアーを追加します。しかし、多くのパスを持つ非常に複雑な Illustrator ドキュメントでは、ウィグラーが適用されると、パフォーマンスは遅くなります。

コントロール

  • 「小刻みな揺れ」は、揺れを誇張する度合いをコントロールします。
アドビのロゴ

アカウントにログイン