Adobe Character Animator の最新リリースの新機能について説明します。

主な新機能

2019 年 4 月 リリース(バージョン 2.1)

パペットリグのエクスペリエンスの向上

パペットリグが改良されたことで、アニメートの処理が今までよりも速くなり、確立されたワークフロー内でのビヘイビアーの適用、多数のレイヤーのパペットリグでの検索およびパペットのタグ設定をより簡単かつ迅速におこなえます。

リップシンクによる新しいあごの動きとくるみ割り人形のあごの改良

キャラクターのあごをリップシンクされた編集可能な口形素と連動させて自動的に動かし、インパクトを高められるようになりました。また、シーンのオーディオからくるみ割り人形のあごモーションを計算することもできます。

 


リップシンクの改良

Sensei がより高品質な自動リップシンクを生成することを学習したので、ノイズの多いオーディオによる影響が低減します。

Characterizer の改良

ユーザー入力の高速化、3 つの新しいスタイルおよび見栄えが良くなった作品など、Characterizer が改良されました。


新しいサンプルパペット

アプリ内の新しい 2 つのサンプルパペットで、Character Animator の利用を開始できるようになりました。このパペットは、そのまま使用することも、独自のデザインの土台として使用することもできます。



Adobe Character Animator の以前のリリース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー