シーンには、パペット、オーディオファイルおよび録画されたテイクが含まれています。シーンパネルでシーンのコンテンツを表示できます。適切に表示されるようにパネルのコンテンツをパンしてズームすることもできます。

シーンの作成

シーンを作成するには、次のいずれかを実行します。

  • シーン新規シーン(Command/Ctrl + N)を選択し、シーンの名前を入力してから、Enter キーを押すか、テキストフィールドの外部をクリックします。新しい空のシーンがプロジェクトパネルに作成されます。シーンにパペットやその他のサポートされているプロジェクトアイテムを追加できます。
  • プロジェクトパネルで 1 つ以上のパペットまたはその他のサポートされているアイテムを選択します。それらを空のシーンパネルまたはタイムラインパネルにドラッグし、「新規シーンに追加」ボタンをクリックするか、シーン新規シーンに追加(Command/Ctrl + /(スラッシュ))を選択します。選択したプロジェクトアイテムを含む新しいシーンがプロジェクトパネルに作成され、シーンパネルで開きます。1 つのアイテムのみが選択されていた場合は、その名前を使用して新しいシーンの名前が付けられます。

新しく読み込まれたパペットは、デフォルトではシーンの中央に配置されます。「トランスフォームビヘイビアー」オプションを使用して、シーン内でパペットを再配置します。

新しいシーンでは、デフォルト設定として、最後に作成されたシーンまたは最後に設定が変更されたシーンと同じフレームレート、デュレーション、幅、高さが使用されます。

シーンには録画速度パラメーターも含まれていますが、常にデフォルトで 1x に設定されています。

シーンの複製

シーンを複製するには、シーンを選択して、編集複製(Command/Ctrl + D)を選択します。

シーンの内容の編集

シーンの内容を編集するには、プロジェクトパネルでシーンのアイテムをダブルクリックします。シーンがシーンパネルで開きます。

シーンの内容を更新する

シーンパネルでシーンを手動で更新するには、パネルの下部にある「更新」ボタンをクリックします。プロジェクトパネルでシーンをダブルクリックして更新することもできます。シーンの更新はシミュレーションをリセットする場合に便利です(例えば、ダングルまたはパーティクルなどのビヘイビアー)。

シーンの操作

シーンパネルの内容のパン

シーンパネルの内容をパンするには、Alt/Option キーを押しながらシーンパネルの中をドラッグします。

シーンパネルの内容のズーム

シーンパネルの内容をズームするには:
  1. 領域にズームインまたはズームアウトするには、そこにポインターを置きます。
  2. Alt/Option キーを押しながらマウスホイールを回すか、トラックパッドの垂直スクロールのジェスチャを使います。

シーンパネルのパンまたはズームのリセット

シーンパネルのパンまたはズームをリセットするには、次のいずれかの操作をおこないます。
  • シーンパネルの右下隅にあるシーンのズームメニューから「100%」を選択します。
  • Alt/Option キーを押しながら、シーンパネルの中でダブルクリックします。

内容をパネルに合わせてズーム

内容をパネルの境界にあわせてズームするには、シーンパネルの右下隅にあるシーンのズームメニューから、「全体表示」を選択します。

シーンの背景色の変更

表示されているシーンの背景色を変更するには、シーンパネルの下端にある背景色ボタン(小さなカラーチップ)をクリックします。黒、白、明暗の透明グリッド(チェッカーボード)と切り替わります。背景色は書き出す際に無視されます。

シーンを閉じる

シーンパネルで現在開いているシーンを閉じるには、Command/Ctrl + W キーを押します。パネルのタブメニュー(タブの青いシーンの名前から開きます)から「閉じる」を選択することもできます。「すべてを閉じる」を選択して、開いているシーンをすべて閉じます。

シーンの設定の変更

  1. プロジェクトパネルでシーンを選択するか、タイムラインパネルで、何も選択されていない開いているシーンをクリックします。
  2. プロパティパネルで、次のパラメーターを調整します。
    • フレームレートは 1 秒あたりのレンダリングされるフレーム数です。
    • デュレーションは、ファイル書き出しメニューコマンドで書き出される、シーンの秒数を指定します。

              タイムラインパネルでは、デュレーションは明るい背景で表示されます。

    • 高さはシーンのピクセルサイズを定義します。Character Animator から書き出されたフレームはこのサイズを使用します。

シーンのスナップショット

シーンのスナップショットを使用して、現在の時間のポーズの変更時にキャラクターの特定のポーズを参照できます。例えば、キャラクターのショット間の手の位置を比較したり、調整したりできます。スナップショットは、オニオンスキン表示として表示されます。キャラクターのライブバージョンに対する表示を表示、非表示および調整できます。スナップショットは、サイズが同じ別のシーンに表示することもできます。

シーンスナップショットの表示
シーンスナップショットの表示

シーンのスナップショットを作成するには、シーン/スナップショット(Shift + F6)を選択します。

スナップショットが表示され、シーンパネルの左上隅に「シーンスナップショット有効」がオレンジ色で表示されます。

スナップショットの表示と非表示を切り替えるには、シーン/スナップショットを非表示またはスナップショットを表示(F6)を選択します。

ライブパペットの不透明度は、スナップショットの不透明度が上がるにつれて低下します。スナップショットの表示を変更するには、シーン/スナップショットの不透明度を増加(Command + Option + =)またはスナップショットの不透明度を減少(Command + Option + -)を選択します。

注意:

  • 別のシーンに切り替えるとスナップショットは自動的に非表示になりますが、必要に応じて再表示できます。
  • スナップショットは、書き出されたシーンや Dynamic Link 接続には表示されません。
  • メッシュを表示する場合、不透明度がスナップショットのみを表示するように設定されている場合以外は、ライブパペットにのみ表示されます。これにより、スナップショットとライブパペットのメッシュを比較できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー