シーンのパペットのパフォーマンスは録画中にキャプチャできます。準備された特定のビヘイビアーパラメーターの録画はそれぞれ、テイクと呼ばれます。

シーンのタイムライン(タイムラインパネルに表示されます)では、それぞれのパペットのインスタンスが、選択可能なトラックアイテムとして表されています。選択されると、プロパティパネルは、パペットのソース(マスター定義)のビヘイビアーおよびその特定のインスタンスに上書きされるビヘイビアーパラメーターの値を表示します。例えば、同じパペットを 1 つのシーンに複数回追加して、各パペットのトラックアイテムを異なる位置トランスフォームでシーン内に配置することができます。

シーンには 3 つのモードがあります。

  • 停止:シーンはこのモードで開きます。ビヘイビアー(呼吸、サイクルレイヤー、物理法則、ハンドルフィクサー、トランスフォーム、ウィグラーを除く)は、録画用に準備する場合を除き、パペットに影響しません。録画用に準備されていない場合、現在の時間インジケーター(再生ヘッド)のビヘイビアーのために録画された最新のテイクが使用されます。停止している間、テイクのオーディオを含む読み込まれたオーディオは再生されません。このモードでビヘイビアーのリハーサルをおこなうことができます(録画はおこなわれません)。
  • 再生:このモードはテイクとオーディオを再生します。現在の時間インジケーターは時間に沿って動きます。ある時間に同じパラメーターのテイクが存在する場合、ビヘイビアーパラメーター値の変更は結果に影響しません。テイクのデータが存在しない場合、パラメーターの値が使用されますが、録画されません。
  • 録画:録画している間、準備されたビヘイビアーパラメーターの値は各パラメーターのテイクとしてキャプチャされ、既存のテイクがある場合はそれらがすべて再生されます。パフォーマンスを詳細にキャプチャするために、低速で録画することもできます。再生は、常に通常の速度でおこなわれます。

これらのモードにはトランスポートコントロールがあります。これらのモードを使用すると、パフォーマンスの基本録画、再生、録画済みのテイクのレビューおよび間違いを修正するためのパフォーマンスの再録画をおこなうことができます。これにより、様々な入力や複数のレイヤーテイクのマルチトラック録画を実行できます。

開始位置に移動」ボタンは、シーンの開始時間(停止されていた場合)、または再生の開始時間(再生中の場合)に現在の時間を戻します。「前のフレームに移動」ボタンおよび「次のフレームに移動」ボタンは、フレームを 1 つ前または後に動かします(停止時)。

リグ」または「ストリーミング」ワークスペースを開いたときは、デフォルトのパネルコントロールとしてトランスポートコントロールは表示されません。トランスポートコントロールを表示するには、「リグ」または「ストリーミング」ワークスペースメニューで、再生および録画コントロールを常に表示オプションを選択します。

 

注意:

オーディオ入力/出力ハードウェアで、サンプルレートを共有する必要があります。

テイクの録画

パペットの顔を制御するためのヘッドの動作、キャラクターの手を振らせるためのドラッグおよびパフォーマンスをキャプチャするためのその他のアクションは、テイクを録画することでおこなわれます。これらのタスクは「録画」ワークスペースで実行できます。

録画までのカウントダウン

録画が開始される前に、デフォルトでは 3 秒のカウントダウンが開始されます。この時間を使用して、録画を準備するか、パペットの特定のポーズをキャプチャします。カウントダウンを有効または無効にするには、次の手順に従います。

  • タイムラインを開き、「録画前のカウントダウン」オプションを有効にします。
録画前のカウントダウン
録画前のカウントダウン

パペットのパフォーマンスの録画

  1. 必要に応じて、ビデオまたはオーディオ入力のキャリブレーションをおこないます。

    • Web カメラを使用してパペットをコントロールするには、カメラとマイクパネルの「カメラ入力」ボタンが有効化されていることを確認します(青いアイコン)。顔のトラッキング精度を向上させるには、「基本姿勢を設定」ボタンを使用して、基本姿勢を設定します。
    • パフォーマンスの間のオーディオを録音するには、カメラとマイクパネルのマイク入力ボタンが有効化されていることを確認します(デフォルト設定)。有効にすると、オーディオレベルメーターは 48dB から 0dB までのオーディオ入力レベルを監視します。メーターは 0 dB で赤に変わります。メーターに「オーディオレベルが低すぎます」と表示される場合は、オペレーティングシステムのサウンドコントロールパネルでマイクのレベルを上げてみるか、マイクに近づきます。
  2. トラックを録画用に準備するには、パペット(パネルの左にあるトラックヘッダーのトラックアイテムまたはパペット名)を選択します。

    選択された/準備されたパペットによって、録画を分離し、トラックを調整できます。デフォルトでは、パペットトラックアイテムまたはヘッダーをクリックするか、またはパペットをシーンに追加して、シーンのその他のパペットを選択解除/準備解除します。録画用に準備する複数のパペットを選択するには、Command/Ctrl キーを押しながらクリックします。準備されたパペットトラックは、トラックヘッダーが赤い背景で表示されます。

  3. プロパティパネルで、パペットに対して録画するすべてのビヘイビアーで使用できるように「録画用に準備」ボタン(ビヘイビアー名の横にある小さな丸)を有効にします。また、テイクでキャプチャする個別のビヘイビアーパラメーターで使用できるように「録画用に準備」ボタンを有効にします。

    準備されたビヘイビアーは(小さな録画ボタンのような)赤く塗られた丸が付いて表示されます。準備されたビヘイビアーでは、準備されたパラメーターも、パラメーターの名前の横に赤く塗られた丸が付いて表示されます。準備されたトラックの準備されたビヘイビアーパラメーターの値がキャプチャされます。パペットのトラックアイテムまたはヘッダーを選択(準備)し、様々なパペットを切り替えてキャプチャできます。他のパペットのビヘイビアーを準備解除する必要はありません。

    ビヘイビアーの「録画用に準備」ボタンが暗赤色の場合、いずれのパラメーターも準備されていないことを示します。準備されていないビヘイビアーは次の録画に含まれません。

  4. (オプション)ドラッガーまたはその他のビヘイビアーの詳細な動きをキャプチャするには、録画速度を通常の速度よりも遅く設定します。例えば、半分(0.5x)の速度を選択します。

    録画は低速でおこなわれますが、再生は通常の速度でおこなわれます。

    注意:

    早送りのような高い音声を希望しない限り、マイク入力は無効にします。

  5. 録画の開始時間を設定します。

    開始位置に移動」ボタンをクリックしてシーンの最初から開始して再生し、特定の時間に停止することができます。タイムラインパネルの上部にある時間スケールをクリックまたはスクラブすることもできます。

    注意:

    再生中に「パンチイン」するには、最初に一時停止せずに録画を開始(次で説明します)します。

  6. シーンパネルの「録画」ボタンをクリックして、録画を開始します。

    注意:

    シーンを再録画するときに、前のオーディオテイクを含めたくない場合は、録画中にヘッドホンを使用します。

  7. Web カメラ、マイク、キーボードおよびマウス入力を使用してパフォーマンスをおこない、準備されたビヘイビアーパラメーター値を調整します。

    注意:

    ビヘイビアーのカメラ入力とオーディオ入力のパラメーターを準備したものの、(カメラとマイクパネルの)「カメラ入力」と「マイク入力」のボタンがそれぞれ無効化されている場合、それらのパラメーターのテイクはキャプチャされません。同様に、マウス入力とキーボード入力のパラメーターを準備したものの、シーンパネルでこれをクリックしない場合、またはキーを押さない場合は、テイクはキャプチャされません。

  8. 「録音」を再度クリックするか、「停止」をクリックして、録画を停止します。

     

録画されたテイクは(現在のプロジェクトフォルダーの Ch Media サブフォルダーの)ディスクの録画フォルダーに保存されます。また、テイクは録画フォルダーのプロジェクトパネルに読み込まれ、シーンに追加されます。マイク入力を録音した場合、その WAV ファイルがオーディオトラックアイテムとして表示されます。

パペットのトラックはデフォルトでは折りたたまれています。録画されたテイクがあることを示す明るい色のテイク概要バーが、パペットのトラックアイテムのバーの下部に沿って表示されます。

注意:

カメラを選択するには、 カメラとマイクパネルのパネルメニューから選択します。使用可能なカメラソースは、名前でリストされます。

  • 互換性のあるカメラを使用できない場合は、パネルメニューに「カメラが検出されませんでした」というメッセージが表示されます。
  • ビデオの最初のフレームの受信に遅延がある場合、パネルメニューのメッセージには、「カメラを待機中」と表示されます。
  • カメラをパネルメニューから選択する必要がある場合、または使用できるカメラがない場合、パネルメニューのメッセージには、「カメラが選択されていません」と表示されます。
  • Character Animator の起動時に別のアプリケーションがカメラを使用している場合、メッセージには「選択した カメラは使用できません」と表示されます。
  • 選択したカメラがもう使用できない(例えば、プラグが抜かれた)場合、メッセージには「カメラが切断されました」と表示されます。

 

問題によってカメラ入力ボタンが無効になった場合、クリックする(有効にする)ことで、選択したカメラからの映像を再取得しようとします。

パペットを録画用に準備

各パペットトラックには、固有の「録画用に準備」ボタンがあります。このボタンは、選択中のパペットトラックで個別にコントロールできます。

パペットトラックを録画用に準備
パペットトラックを録画用に準備

パペットトラックアイテムまたはトラックヘッダーをクリックすると、準備の対象がそのパペットに切り替わります。(例えば別のパペットトラックのテイクまたは口形素バーを編集するなど)選択中のパペットトラックの外部をクリックして選択解除しても、前に準備されたパペットトラックは準備解除されません。
複数のパペットトラックを準備するには、それらのトラックの「録画用に準備」ボタンを Shift キーまたは Command/Ctrl キーを押しながらクリックします。パペットトラックが準備解除されないようにするには、パペットトラックまたはオーディオトラックのテイクまたは口形素 のみを選択します。

カメラの選択

カメラを選択するには、 カメラとマイクパネルのパネルメニューから選択します。使用可能なカメラソースは、名前でリストされます。

オプションからカメラを選択
オプションからカメラを選択

互換性のあるカメラを使用できない場合は、パネルメニューに「カメラが検出されませんでした」と表示されます。カメラ入力に問題がある場合は、パネルに次のいずれかのエラーが表示されます。

  • ビデオの最初のフレームの受信に遅延がある場合、エラーメッセージは「カメラを待機中」となります。
  • カメラをパネルメニューから選択する必要がある場合、または使用できるカメラがない場合、エラーメッセージは、「カメラが選択されていません」となります。
  • Character Animator の起動時に別のアプリケーションがカメラを使用している場合、メッセージには「選択したカメラは使用できません」と表示されます。
  • 選択したカメラがもう使用できない場合(プラグが抜かれたなど)、エラーメッセージは「カメラが切断されました」となります。

問題によってカメラ入力ボタンが無効になった場合、クリックする(有効にする)ことで、選択したカメラからの映像を再取得しようとします。

録画速度

詳細な動きをキャプチャするには、シーンのフレームレートよりも遅い速度でパフォーマンスを録画できます。

シーンの録画速度を変更するには、次の操作をおこないます。

  • シーンパネルでシーンを開き、パネル下部にある録画速度設定を変更します。

これらのシーンの設定はシーンを次回作成する際に使用されます。

タイムラインのワークエリア

シーンのタイムラインにはワークエリアがあり、シーンのフレーム範囲に対する操作を分離できます。必要に応じてワークエリアを有効にでき、必要がなければ無効にできます。

ワークエリアを有効または無効にするには、次の手順に従います。

  • 時間スケールの上部にあるワークエリアバーをクリックするか、ワークエリアバーの上にあるタイムラインメニューまたはコンテキストメニューの「ワークエリアを有効にする」コマンドを切り替えます。
  • 無効になっているワークエリアバーの任意の場所をドラッグすると、有効になります。
A)無効なワークエリア B) 有効なワークエリア
A)無効なワークエリア B) 有効なワークエリア

有効な場合、ワークエリアは、明るいグレーのバーとなり、トラックエリアのその時間の範囲がハイライト表示されます。無効の場合、ワークエリアバーはわずかに暗いグレーになります。

ワークエリアの設定

ワークエリアの開始または終了時間を変更するには、次のいずれかの操作をおこないます。

• ワークエリアバーの左端(開始)または右端(終了)をドラッグします。

• 時間の特定のフレームに再生ヘッドを配置してから、ワークエリアバーのタイムラインメニューまたはコンテキストメニューからワークエリアの開始点を再生ヘッドに設定(Alt/Option + I)またはワークエリアの終了点を再生ヘッドに設定(Alt/Option + O)を選択します。

注意:ワークエリアの終了時間の後に開始時間を設定したり、開始時間の前に終了時間を設定したりすることはできません。

選択したトラックまたはテイクバーに合致するようにワークエリアを設定するには:

ワークエリアバーの上のタイムラインメニューまたはコンテキストメニューからワークエリアを選択範囲に設定(Alt/Option + /)を選択します。ワークエリアは、選択した項目の最初と最後の時間に広がります。

時間のワークエリアを移動するには、次の手順に従います。

ワークエリアバーの中央を水平にドラッグします。ワークエリアバーの端または中央をドラッグすると、ワークエリアバーの開始点または終了点がパペットトラックバー、テイクバーおよびマーカーの端にスナップされます。同様に、パペットトラックバー、テイクバーまたはマーカーの端をドラッグすると、ワークエリアバーの開始点または終了点にスナップされます。

ワークエリアの開始点または終了点へのジャンプ

ワークエリアの開始点または終了点にジャンプするには、次の手順に従います。

  • ワークエリアバーの上を右クリックし、コンテキストメニューからワークエリアの開始点に移動またはワークエリアの終了点に移動を選択します。
  • キーボードショートカットの Alt/Option + 左向き矢印およびAlt/Option + 右向き矢印を使用します。

選択したテイクのワークエリアを使用した編集

ワークエリアが有効な場合、次の編集を実行できます。

  • ワークエリア内で選択したテイクのセグメントを削除するにはタイムライン/消去を選択してギャップを残す(そのワークエリアにレコーディングがない)か、タイムライン/リップル削除を選択して、元々ワークエリアの後ろにあった選択したテイクをワークエリアの開始点に移動することでギャップを詰めます。
A)操作前 B)消去 C)リップル削除
A)操作前 B)消去 C)リップル削除
  • 選択したテイク用にワークエリアの時間デュレーションにギャップを挿入するにはタイムライン/時間を挿入を選択します。
A)操作前 B)時間を挿入
A)操作前 B)時間を挿入

消去」、「リップル削除」および「時間を挿入」コマンドは、ワークエリアバーの上のコンテキストメニューからも使用できます。

ワークエリア内の再生のループ

ワークエリアが有効な場合、シーンの再生は、ワークエリア内で自動的にループされます。再生は、現在の時間で開始し、再生ヘッドがワークエリアの終了点に到達したらループします。再生ヘッドがワークエリアの後ろにある場合、再生はループしません。

ワークエリアを使用したテイクのレコーディング

ワークエリアが有効な場合、タイムライン/ワークエリアのテイクを録画コマンド(Cmd/Ctrl + 3)を選択すると、新しいテイクが作成されます。新しいテイクでは、準備されたビヘイビアーパラメーターのワークエリアのデュレーションが対象になります。

ワークエリアの書き出し

ワークエリアが有効な場合、シーンの書き出しコマンド(ファイル/書き出し/ビデオ (Adobe Media Encoder 経由)およびファイル/書き出し/PNG シーケンスと WAV)のみ、ワークエリア内の時間のセグメントを使用します。

注意:物理シミュレーション(ダングル、衝突、パーティクル)を使用するパペットのシーンには、ワークエリアのフレームに対して意図した結果を書き出すために、レンダリングするワークエリアの開始点より前にフレームが必要です。

ワークエリアが無効の場合、これらのコマンドは、シーンのすべてのデュレーションを書き出します。

注意:シーンを After Effects または Premiere Pro にドラッグした場合、ワークエリアは無視されます。こららの Dynamic Link ワークフローでは、シーンのデュレーションが使用されます。

シーンのワークエリアへのトリミング

ワークエリアが有効な場合、タイムライン/シーンをワークエリアにトリムまたはワークエリアバーの上のコンテキストメニューの同じコマンドを選択することで、シーンをワークエリアの時間のセグメントぴったりにトリミングできます。

再生速度

「再生速度」設定を利用すれば、シーンの再生速度を落とすことで、パフォーマンスのより微細な移動や変化を確認できます。このコントロールは、コントロール可能な録画速度で使用できます。

シーンの再生速度を変更するには、シーンパネルでシーンを開き、「再生および録画速度」コントロールから「再生速度」設定を変更します。このオプションはパネルの下部にあります。

再生速度と録画速度が異なる場合は、両方の値が示され、録画速度は赤で表示されます。両方の速度が同じ場合は、その値のみが表示されます。

シーンの他のプロパティ(ただし録画速度を除く)とは異なり、新しいシーンの再生速度は、最後に使用された再生速度ではなく、常にデフォルトの標準(1.0x)に設定されます。

パフォーマンスを再生する

テイクを録画した後、録画を再生して、作業内容を確認します。

シーンの特定の時間から開始するには

時間スケール(タイムラインパネルの上部にあります)をクリックするか、または時間スケールに沿ってドラッグします。ドラッグするとシーンのオーディオをスクラブします。

再生を開始するには

「再生」をクリックするか、スペースバーを押します。録画されたテイクが再生され、表示されたタイムコードが再生に沿って更新されます。

シーンの再生速度をコントロールするには

シーンパネルでシーンを開き、パネルの下部にある「再生および録画速度」コントロールの「再生速度」設定を変更します。

再生速度と録画速度が異なる場合は、両方の値が示され、録画速度は赤で表示されます。両方の速度が同じ場合は、その値のみが表示されます。

再生を停止するには

「停止」をクリックするか、再度スペースバーを押します。

プレイヘッドにより、デフォルトでフレームの境界にスナップが作成されます。タイムラインパネルで時間をズームする際に、明るい青で示されたフレームのデュレーションを確認できます(After Effects および Photoshop のシェーディングと同様)。

注意:

シーンパネルでは、このフレームのデュレーション内における中間の時間が表示されますが、オーディオはフレームのデュレーションを通して再生できます。録画、分割、スナップなどの、トラックとテイクの操作は、依然として赤いライン上で実行できます(左端)。

フレームの境界からプレイヘッドをスナップ解除して、配置の調整やオーディオのスクラブをおこなうには、プレイヘッドをドラッグする際に Cmd(Mac)または Ctrl(Windows)キーを押します。

同じ時間範囲の再生

デフォルトでは、再生を停止すると再生ヘッドが停止した位置に留まります。しかし、スペースキーを押すことで、再生ヘッドを直前の開始時間まで戻して、同じ時間範囲を繰り返すことができます。このオプションは、単語やフレーズの口形素のタイミングを調整する際に役に立ちます。
再生が停止したときに再生ヘッドを直前の開始時間まで戻すには、次の手順に従います。

  • タイムライン/「停止時に開始位置に戻る」オプションを選択します。

キーボードで時間のスクロール

シーンの時間をスクロールするには、次のキーボードショートカットを使用できます。

  • Page Up または Page Down:表示可能な時間範囲内で、左または右に一度に 1「ページ」スクロールします。
  • Command/Control + Page Up または Command/Control + Page Down:左または右に一度に 1 ページ未満のスクロールをします。

再生および録音中のタイムラインパネルのコンテンツのスクロール

生ヘッド を見えるようにしておくために、タイムラインパネルのコンテンツを再生中または録音中にスクロールします。

再生と録音中にスクロールできないようにするには、次の手順に従います。

  • タイムライン/「再生中にスクロール」オプションを選択解除します。

ホールドテイク

キャラクターの録画されたパフォーマンス(テイク)のポーズを現在の時間で拡大する場合、ホールドテイクを作成します。ホールドテイクは再生ヘッドで選択されたテイクの値を複製します。これにより、それらを必要なデュレーションに延長し、必要に応じて以前に録画されたテイクとブレンドすることができます。ホールドテイクを保持するには、次の手順に従います。

  1. 再生ヘッドを、保持するポーズを示すフレームに移動します。

    ヒント:パペットトラックを準備解除して、録画されているテイクの結果を確認します。

  2. 現在の時間で値を保持する 1 つ以上のテイクを選択します。

  3. タイムライン/新規ホールドテイク(Command + Shift + Option + D/Ctrl + Shift + Alt + D)を選択します。

選択された各テイクには、その上に新しい 1 秒ホールドテイクが表示されます。必要に応じて、ホールドテイクを長くしたり移動したりでき、スムーズに遷移できるようにそれらを下のテイクとブレンドすることもできます。各ホールドテイクの下端に沿って配置されているチェックマークは、値が一定であることを示し、時間単位で前と後ろに拡張できます。

注意:

リップシンクテイクまたはトリガーテイクのホールドテイクは、どちらの端からも拡張できますが、口形素またはトリガーバーの開始位置は自動的に拡張されません。ただし、必要に応じて手動でドラッグすることはできます。

録画されたパペットのテイクの表示/非表示

パペットの録画の表示と非表示を切り替えるには、タイムラインパネルのトラックヘッダーで、パペット名の横にある三角の表示アイコンをクリックします。録画された各ビヘイビアーパラメーターが、個別の投影バーとして表示され、そこに含まれるテイクの概要を確認できます。パペットのトラックアイテムの下に投影バーが一切表示されない場合、少なくとも 1 つのビヘイビアーパラメーターを録画用に準備したこと、および録画前にトラックが選択/準備されていたことを確認します。

この投影バーにある三角の表示アイコンをクリックして、投影バーからすべてのテイクのパラメーターを変更したり、特定のテイクに調整を加えたりすることができます。

注意:

1 つのパラメーターについて、複数のテイクが録画されている場合は、任意の時間の一番上にあるテイクバーが使用され、以下のテイクバーにある情報は無視されます(また、色なしでグレー表示されます)。パラメーターのテイク間のトランジションポイントは、パラメーターの投影バーの垂直線によって示されます。

シーンの最初から開始するには

「開始位置に移動」ボタンをクリックするか、Home キーを押します。

リプレー:再利用およびトリガー可能なレコーディング

リプレーを使用すると、ライブまたは再レコーディング用に、パペットのレコーディングしたテイクをトリガーできます。より簡単で効率的に録画およびリプレーするために使用します。リプレーについて詳しくは、リプレー:再利用およびトリガー可能なレコーディングを参照してください。

テイクグループでのビヘイビアーの録画

テイクグループを使用すると、特定のハンドルに対する複数のパフォーマンスをまとめることができます。しかも、ドラッグする他のハンドルのパフォーマンスには影響しません。ドラッガービヘイビアーは、独立したテイクグループとして動かした各ドラッグ可能ハンドルを録画します。ドラッガーテイクをハンドル別にグループ化すれば、複数のドラッグされたハンドルをキャプチャするために複数のドラッガービヘイビアーを使用する必要はありません。タイムラインパネルには、ハンドル名によってグループ化された各ドラッガーテイクが「ハンドル(ハンドル名)」として表示されます。

1 フレームまたは 2 フレームのテイクをキャプチャするステップ録画

キャラクターの現在のポーズをキャプチャできます。特に、録画用に準備されているビヘイビアーパラメーターを 1 フレームまたは 2 フレームのテイクとしてキャプチャし、「1 コマ打ち」または「2 コマ打ち」で再生できます。例えば、ドラッガービヘイビアーの移動後パラメーターを「固定」に設定している場合は、キャラクターの腕のポーズを決めて 1 フレームのテイクを録画した後、ポーズを変更して別の 1 フレームのテイクを録画できます。他の録画されているテイクと同様、後でデュレーションを延長して、例えばポーズをより長い時間保つことができます。

準備されているパラメーターの 1 フレームまたは 2 フレームのテイクを録画するには、タイムライン/1 フレームのテイクを録画(Command/Ctrl + 1)または 2 フレームのテイクを録画(Command/Ctrl + 2)を選択します。

テイクの先頭および末尾でパフォーマンスをブレンドして、既存のテイク間またはデフォルトの外観をスムーズにトランジションできます。また、ブレンドのデュレーションをカスタマイズしたり、テイクを迅速に設定して、デフォルトのデュレーションとブレンドしたりすることもできます。詳しくは、パフォーマンスのブレンドを参照してください。

時間の調整とシーンの内容の並べ替え

パペットのタイミングと順序を変更したり、テイクやオーディオを並べ替えて作業内容を微調整したりできます。パペットとオーディオはトラックアイテム(長いバー)として表示され、録画されたテイクは、パペットのトラックアイテムの下に短いバーとして表示されます。またズームインやズームアウトを使用して、トラックバーに容易にアクセスしたり、シーンの時間的な概要を把握したりすることもできます。

タイムラインパネルで時間のフレームのデュレーションにズームインすると、フレームの水平方向の中央が点線で表示されるようになり、トラックアイテムまたはテイクがサンプリングされている正確な時間を示します。

タイムラインのズームスライダーをドラッグするか、タイムラインパネルの右下隅の「タイムラインをズームイン」、「タイムラインをズームアウト」、「タイムラインを全画面表示」ボタンをクリックします。これらのボタンには、キーボードショートカット(–、= および \)があります。

ズームインして時間をスクロール

タイムラインパネルのスクロール可能領域の下の水平スクロールバーを使用するか、トラックパッドを水平にスワイプします。

パペットとオーディオトラックのスタックをスクロール

垂直スクロールバーを使用するか、トラックパッドを垂直にスワイプします。

トラックアイテムの選択または選択解除

  • (パペットの)トラックの名前をクリックするか、トラックアイテムのバーをクリックして、それを選択します。
    パペットのトラックアイテムを選択して、シーンのパペットのインスタンスのビヘイビアーパラメーターの値を変更し、パペットのソース(マスター)定義の値を上書きします。
    パペットのトラックを選択すると、パペットが自動的に録画用に準備されます。
  • パペットの選択を切り替えるには、Shift キーまたは Command/Ctrl キーを押しながらパペットのトラックアイテム、またはトラックの名前(パネルの左にあるトラックヘッダー)をクリックします。選択を切り替えることによって複数のパペットを同時に選択できます。
  • すべてのコンテンツを選択解除するには、トラックアイテムバーの外部をクリックします。

階層の選択

選択したトラックアイテムはタイムラインパネルで青色一色で表示されます。パペットのテイクバーまたは投影バーの選択時(直接選択する場合やテイクの録画後に選択される場合)には、バーが青色一色になり、パペットのトラックに青色の輪郭が表示されます。これは、パペットの階層内で何かが選択されていることを示します。この階層の選択により、テイクの調整直後にパペットのビヘイビアーパラメーターをプロパティパネルに表示し、変更することができます。

テイクの選択または選択解除

  • テイクをクリックするとそのテイクおよび同じ録画パスでキャプチャされた他のテイクを選択できます。これらのテイクはデフォルトでリンクされており、同時にドラッグやトリムができます。
  • Shift キーまたは Command/Ctrl キーを押しながらテイクをクリックすると、リンクされたテイクの選択のオンとオフを切り替えられます。
複数のパラメーターが同時に録画される場合、これらのテイクはリンクされます。デフォルトでは、1 つのテイクを選択しても、これにリンクされたテイクが選択されたり、影響を受けたりすることはありませんが、タイムラインメニューの「リンクされた選択」コマンドをクリックすると、リンクされたすべてのテイクを同時に管理できます。
テイクを選択すると、(パペットのトラックアイテムの下部に沿った)概要バーの対応する部分が青でハイライト表示されます。これはトラックアイテムが折りたたまれて、テイクバーが表示されていないときに便利です。

トラックアイテムおよびテイクの分割

パペット、オーディオトラックアイテムまたはテイクをプレイヘッド(現在の時間)で分割して短縮します。この操作では基本的に、選択したアイテムまたはテイクを複製し、元のバーと新しいバーをトリミングします。

トラックアイテムまたはテイクを分割するには:

  1. アイテムを選択して、プレイヘッドを分割する時間に合わせます。
  2. 編集スプリット(Shift + Command/Ctrl + D)を選択します。

トラックアイテムおよびテイクの複製

後で使用するためにトラックアイテムまたはテイクのコピーを作成します。

トラックアイテムまたはテイクを複製するには:

  1. アイテムまたはテイクを選択します。
  2. 編集複製(Command/Ctrl + D)を選択します。

トラックアイテムまたはテイクのタイミングの調整

  • 時間単位で移行するには、バーの中央部分を水平方向にドラッグします。
  • 開始時間または終了時間をトリムするには、バーの左端または右端をドラッグします。

テイクバーをどちらかの端から拡張すると、テイクの録画された値が、テイクのオリジナルのインポイントの前、オリジナルのアウトポイントの後に保持されます。

注意:

テイクを分割する場合、分割ポイントを拡張するとトリムされた部分が表示されます。

細かい調整のため端へのスナップを上書き

Command/Ctrl キーを押しながらトラックアイテムまたはテイクバーをドラッグします。

トラックの並べ替え

トラックの順番を変更する場合(例えば、パペットのレンダリング順序を変更する場合)は、トラックを選択して、タイムライン/アレンジ/上に移動または下に移動を選択するか、Cmd + 上/下矢印キーまたは Ctrl +上/下矢印キーを押します。

トラックアイテムの削除

トラックアイテムを選択して、次に編集削除 を選択するか、または Delete または Backspace キーを押します。オーディオトラックアイテムを削除してもそのトラックは削除されません。

テイクの移動

タイムライン/上に移動または下に移動コマンドを使用して、同じパラメーターの選択したテイクを移動します。このコマンドは、選択したトラックに使用することもできます。

テイクの削除

テイクバーを選択して、Delete キーを押すか、編集削除を選択します。

  • パペットのテイクを削除するには、すべてのテイクを選択し、Delete キーを押します。
  • パペットのトラックを削除するには、テイクの削除後、パペットのトラックが選択されているときに Delete キーを押します。

パペットとプロジェクト間のテイクの再利用

すべての種類のテイクは、パペットとプロジェクト間でカット、コピーおよびペーストが可能です。テイクを再利用するには、次の手順に従います。

  1. 再利用するテイクを選択します。

    • それらをパペットから削除するには、編集/カット(Command/Ctrl + X)を選択します。
    • 元のテイクを保持して複製するには、編集/コピー(Command/Ctrl + C)を選択します。
  2. タイムラインで、現在のプロジェクトまたは別のプロジェクトの別のパペットトラックアイテムを選択します。再生ヘッドの位置をテイクを開始する場所に変更し、編集/ペースト(Command/Ctrl + V)を選択します。

選択したテイクが再生ヘッドの位置に関連してペーストされます。コピーされたテイクと関連付けられているビヘイビアーは、これらのビヘイビアーがないターゲットパペットに適用されます。パペットに複数のビヘイビアー(テイクに対し)がある場合、それぞれにテイクのコピーが取得されます。複数のテイクをコピーすることもできます。これらは、選択された順序でペーストされます。

Character Animator の口形素 を別のキャラクターで使用するために After Effects に書き出すことについて詳しくは、リップシンク:After Effects 用のテイクの書き出しを参照してください。

注意:

  • デフォルトで非表示になっているが、コピーの間は非表示になっていないビヘイビアーをペーストすると(サイクルレイヤー)、新しいインスタンスが非表示としてペーストされます。
  • ペーストされたビヘイビアーは、コピーされたテイクがパペット構造でビヘイビアーに対して低くても、常にパペットの最上レベルに追加されます。
  • ペーストされたビヘイビアーはカスタムビヘイビアー名を保持しません。
  • 同じビヘイビアーの複数のインスタンスに対してコピーされたテイク(パペット構造の異なる場所の顔の 2 つのインスタンス)は、ビヘイビアーの単一インスタンスにペーストされます。

パフォーマンスをまとめてブレンドする

テイクの先頭または末尾でパフォーマンスをブレンドして、パペットのデフォルトの外観と録画したパフォーマンスの間をスムーズに遷移できます。ブレンドのデュレーションをカスタマイズしたり、デフォルトのデュレーションを迅速に設定したりすることもできます。

ビヘイビアーのパラメーターのテイクをブレンドする

1. ブレンド可能なテイクを含むパペットおよび投影バーを展開します。 

以下のテイクをブレンドできます。

  • ダングルの風の強さやトランスフォームのスケールなどの数値パラメーター
  • トランスフォームの回転などの角度パラメーター
  • 顔のカメラ入力パラメーター
  • ドラッガーのマウスおよびタッチ入力パラメーター

2. 次のいずれかの操作をおこないます。

  • カスタムのブレンドデュレーションを使用するには、テイクバーの上のいずれかの隅にある小さな正方形を内側にドラッグします。いずれかの側の正方形の上にカーソルが移動すると、カーソルが矢印付きの指に変わります。バーの端からのドラッグ距離を大きくすると、録画したパフォーマンスとデフォルトの外観との間で時間をかけて遷移がおこなわれます。
  • デフォルトのブレンドデュレーション(0.5 秒)を使用するには、投影バーまたはテイクバーを選択して、タイムライン/ブレンドテイクサブメニューを選択します。テイクの開始(ブレンドイン)、終了(ブレンドアウト)または両方の端(ブレンドインおよびブレンドアウト)のみをブレンドできます。小さな正方形をドラッグして、さらにデュレーションをカスタマイズできます。
  • 利用可能なデフォルトのブレンドデュレーションを切り替えるには、タイムライン/ブレンドテイク/次のブレンド(Command/Ctrl + B)または前のブレンド(Shift + Command/Ctrl + B)を選択します。

テイクをトリムする場合、テイクバーのデュレーションがブレンドデュレーションよりも短くならない限り、開始(左側)および終了(右側)のブレンドデュレーションは変更されません。

注意:

タイムライン/ブレンドテイクコマンドは、開始および終了のブレンド用にデフォルトのデュレーションを設定しますが、特定のタイプのカーブにイーズを設定しません。デフォルトは、イーズインおよびイーズアウトです。

ブレンドイージングカーブを設定するには:

1. 開始のブレンドを右クリックしてブレンドインカーブを選択するか、終了のブレンドを右クリックしてブレンドアウトカーブを選択するか、テイクバーの中央を右クリックしてブレンドを選択します。

2. サブメニューからイージングのタイプ(イージングなし(リニアカーブ)、イーズイン(ブレンドにイーズイン)、イーズアウト(ブレンドからイーズアウト)またはイーズインおよびイーズアウト(ブレンドの両端をイーズ))を選択します。

テイクのブレンドの削除

次のいずれかの操作をします。

  • タイムライン/ブレンドテイク/ブレンドを削除を選択します。
  • 小さな正方形をテイクバーの端に向かってドラッグします。

マーカー

マーカーを使用して、シーンのタイムラインで特定の変化(キャラクターが左を向いているときなど)に印を付けることができます。停止マーカーは、再生を停止する位置を指定します。マーカーの種類(通常の情報目的のマーカーまたは停止マーカー)は、いつでも切り替えることができます。

マーカーを作成するには、再生ヘッドを 目的の時間に移動し、次のいずれかを実行します。

  • 通常のマーカーを作成する場合は、タイムライン/マーカーを追加(Mac の場合は Ctrl + 8、Windows の場合は数字キーパッドで *)を選択します。
  • 停止マーカーを作成する場合は、タイムライン/停止マーカーを追加(Mac の場合は Ctrl + Shift + 8、Windows では Shift + 数字キーパッドの *)を選択します。停止マーカーのアイコンには、小さな正方形が表示されます。

:通常のマーカーを停止マーカーに切り替えることも、その逆も可能です。切り替えるには、マーカーを右クリックして、「マーカー」オプションで「再生を停止」を有効または無効にします。

  • マーカーの名前を変更するには、マーカーをダブルクリックするか Enter キーを押し、新しい名前を入力します。
  • 別の時間にマーカーを移動するには、マーカーを左右にドラッグします。マーカーをタイムラインの他のアイテムにスナップすることも、その逆も可能です。
  • マーカーを削除するには、マーカーを選択(複数選択するには Shift キーを押しながらクリック)し、編集/削除を選択します。

マーカーの操作

マーカーの操作
マーカーの使用方法の詳細

オーディオ波形とオーディオトラックのサイズ変更

オーディオトラックには、オーディオファイルの波形が表示され、オーディオに合わせたパペット、テイク、口形素のタイミングを調整できます。オーディオトラックは、デフォルトでは他のトラックの 2 倍の高さで表示され、必要であればトラックヘッダーの下端を垂直方向にドラッグしてサイズを変更できます。

オーディオトラックのサイズ変更
オーディオトラックのサイズ変更

パラメーターのテイクの表示の折りたたみ

デフォルトでは、パラメーターに対して複数の録画をおこなうと、タイムラインパネルの別個の行にテイクバーが作成されます。ただし、これらを単一のレーンに折りたたむと、垂直スクロールを減らしたままでも個々の録画にアクセスすることができます。

パラメーターのテイクの折りたたみまたは展開をおこなうには、展開可能矢印をクリックします。展開可能矢印は、パラメーターに複数のテイクがある場合にのみ表示されます。 

テイクの折りたたみ表示
テイクの折りたたみ表示

単一のレーンに折りたたまれている状態で別の部分をクリックすると、個々のテイクバーを選択できます。選択すると、テイクに関する情報がバーに表示され、ブレンドカーブが表示され、ブレンドハンドルが調整可能になります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー