パペットメッシュ、アタッチメント、ハンドルは、適切にキャラクターのリグを操作し、期待どおりに動作することを保証するために重要です。このドキュメントでは、これらのプロパティに関する情報を提供し、それらをパペットに適用します。

パペットのメッシュのアウトライン

パペットパネルでレイヤーを選択すると、メッシュのアウトラインが黄色で表示されます。黄色のアウトラインは、レイヤーによって識別されるメッシュを表しています。レイヤーリストには、垂直の黄色のラインが表示されます。さらに、メッシュのシェイプおよびメッシュの拡張設定もあります。アウトラインは、メッシュが必要としているシェイプになっているどうか、レイヤーが重なっていないことが原因で予期しないシェイプになっていないかどうかを確認するのに役立ちます。

パペットのメッシュのアウトライン
パペットのメッシュのアウトライン

メッシュのアウトラインと自動接続されたハンドルを非表示または表示するには、パペットパネルの左下隅にある「メッシュのアウトラインを表示」ボタンと「自動ハンドル」ボタン()を切り替えます。

ハンドルフィクサー

ハンドルフィクサーは、曲げ可能なパペットでの動きを制限するために使用されるビヘイビアーです。このビヘイビアーは、曲げ可能なパペットのパーツを 1 か所に固定できます。ハンドルフィクサー、設定方法、スティックツールについては詳しくはこちらからアクセスしてください。

独立グループの自動接続

独立したパーツが含まれたパペットのリグは、それらの独立グループがその親に自動的に接続されることで効率化されます(例:キャラクターの胴体などのパーツに重なる腕や脚などのパーツ)。アートワークを新しく読み込んだ際に、グループの原点を望ましい接続場所に配置します。手動で固定したり、余計な固定ハンドルを使用したりする必要はありません。さらに、パペットパネルには便利なビジュアライゼーションがあり、これらの独立グループが親グループのメッシュにどのように接続されているかが示されます。

独立したグループをパペットの親グループのメッシュに自動的に接続するには、次の手順に従います。

  1. パペットパネルで、独立グループを選択します。

  2. レイヤーセクションの下のプロパティパネルで、接続先自動に設定します。

    アートワークファイルに特定の接続先設定のない、新しく読み込んだアートワークは自動にデフォルト設定されます。さらに、デフォルトの接続スタイル設定は溶接に設定されます。ただしこれは、パペットに唯一の最上位独立グループ(例えばアートワークファイル内の「+Character」など)がある場合を除きます。その場合には最上位グループは自由に設定されます。
    ヒント:接続先ドロップダウンリストにカーソルを合わせると、パペットに使用可能なすべての接続ポイントが一時的に表示されます。

  3. 親グループのメッシュに重なるようにグループの位置を調整し、グループを親に接続する場所にグループの原点ハンドルを移動させます。

    グループの自動接続
    グループの自動接続
  4. ここで、グループの原点ハンドルを、親にグループを接続する位置に移動させます。

  5. グループは親グループに自動的に接続されます。

    注意:

    Beta6 以前のプロジェクトと .puppet ファイルは変換されません。ダングルハンドルが含まれた独立グループがあり、そのグループが自由接続スタイルで接続されている場合、そのグループはパペットが初めてシーンに登場するときに失敗します。必要に応じてヒンジまたは溶接に切り替えてください。

レイヤーのクリッピングマスクの解除

レイヤーからクリッピングマスクを解除するには、次の手順に従います。

  1. ベースレイヤーの上にあるすべての連続クリッピングマスクレイヤー( アイコンが付いているレイヤー)を選択します。

  2. パペット/クリッピングマスクを解除(Command + Option + G(Mac)または Ctrl + Alt + G(Windows))を選択します。

注意:

Photoshop アートワークで作成して Character Animator に読み込んだクリッピングマスクは、パペットパネルでクリッピングマスクに変換されます。Illustrator アートワーク()を使用して作成したものは、パペットパネルでクリッピングマスクに変換されません。ただし、パペットパネルで Illustrator をソースとするレイヤーからクリッピングマスクを作成することはできます。

レイヤーの接続スタイルオプション

パペットパネルでレイヤーを選択し、「独立してワープ」オプションをオンにすると、新しい接続スタイルコントロールとともに、接続先コントロールが有効になります。次の接続スタイルを使用できます。

  • 溶接:レイヤーを原点から移動、回転またはスケールできません。
  • ヒンジ:レイヤーを回転できますが、原点からの移動またはスケールはできません。
  • 自由:レイヤーを原点から自由に移動、回転およびスケールできます。

レイヤーハンドル

ハンドルは、ビヘイビアーのコントロールによってパペットを操作するものです。ハンドルはパペットパネルのツールを使用して作成できます。

パペットのハンドルの表示

すべてのレイヤーを選択解除する(またはパペットパネルの左側上部にある見出しを選択する)かグループレイヤーを選択します。開いているグループまたは選択したグループのハンドルのうち、同じワープ可能なメッシュに属しているハンドルは黄色の円として表示されます。

パペットパネルで作成されたハンドルには、中央に点が付いた丸が表示されます。これらのハンドルは、削除、移動、名前の変更が可能です。アートワークファイルで指定されたハンドルには、中央に点のない丸が表示され、移動や名前の変更ができません。輪郭が実線の場合は、削除できます。輪郭が破線の場合は原点のハンドルを示し、削除できません。

ハンドルタグ

パペットパネルのパペットの右側にハンドルタグが、プロパティパネルにテキストベースのタグが表示されます。ハンドルタグは、大きなテキストでハンドルの右側に表示されます。ハンドルの下の中央に表示される小さなテキストはハンドル名です。タグと同じ名前が付いているアートワークガイドは、デフォルトではパペットパネルに名前が表示されません。

レイヤーおよびハンドルにビジュアルタグを追加することで、レイヤーおよびハンドルを見分けたり操作したりするのが簡単になります。用途に応じてタグを分類し、テキストまたは画像のボタンとして表示できます。ビジュアルタグの使用について詳しくは、パペットのレイヤーおよびハンドルのビジュアルタグを参照してください。

ハンドル作成ツール

パペットパネルでハンドルを作成するには、次のいずれかのツールを使用します。

  • ハンドルツール:必要な場所でクリックします。特定のビヘイビアーで使用するかグループへの接続ポイントとして使用するハンドルのタグを変更できます。
  • スティックツール:レイヤーをクリックしてスティックの片方の端を指定し、希望するスティックのもう一方の端までドラッグします。「スティック」というタグのスティックハンドルが作成されます。例えば、腕や脚を曲げるために使用します。スティックは交差させないでください。
  • ピンツール:レイヤーの上でクリックしてワープを制限します。「固定」というタグのハンドルが作成されます。
  • ドラッガーツール:ワープ可能なレイヤーの上でクリックして、ドラッガービヘイビアーを使ってコントロールします。「ドラッグ可能」というタグのハンドルが作成されます
  • ダングルツール:ワープ可能なレイヤーの上でクリックして、ダングルビヘイビアーを使ってコントロールします。「ダングル」というタグのハンドルが作成されます。

ピンツール、ドラッガーツール、ダングルツールおよびスティックツールは、ハンドルツールの機能を細分化したものですが、これらによって作成されたハンドルは、それぞれの目的を示すようにタグが変更されます。

ハンドルを選択または選択解除するには、選択ツールに切り替えて、次のいずれかの操作をおこないます。
  1. ハンドルをクリックして、選択します。

  2. Shift キーを押しながらハンドルをクリックして、選択を拡大します。

  3. 選択ボックス(範囲選択)をハンドルの周囲にドラッグします。Shift キーを押しながら、ドラッグして選択を拡大します。

  4. ハンドル以外の場所をクリックして、すべての選択を解除します。

ハンドルを再配置するには、ハンドルを選択し必要なロケーションにドラッグします。

注意:

アートワークファイルから読み込んだ読み取り専用のロケーション、および中に黄色い点が表示されていない丸は移動できません。

パペットの原点のハンドルを再配置するには、パペットにちなんだ名前が付けられたハンドル(デフォルトで破線の円で表示される)を選択し、目的のロケーションにドラッグします。Photoshop や Illustrator アートワークファイルの原点のロケーションを更新する必要はありません。グループに溶接またはヒンジ接続スタイルを使用する場合、目的のアンカーまたはピボットのロケーションにグループの原点を配置することができます。

注意:原点ハンドルのロケーションをリセットしてパペットの境界の中央またはアートワークファイル内の特定のロケーションに配置する場合は、ハンドルを選択し、Delete キーを押します。

ハンドルの名前を変更するには、ハンドルを選択し、Enter キー(数字キーパッドでなくメインのキーボードで)を押し、新しい名前を入力して、Enter キーを押すか、またはテキストフィールド以外をクリックして、変更を適用します。編集をキャンセルするには Esc キーを押します。

パペットの特定のレイヤーのハンドルをカットおよびコピーし、パペット全体を基準として別のレイヤーのまったく同じ場所にペーストすることができます。コーヒーカップのグループの同じ場所に揃える必要がある手のグループのマグネットタグ付きハンドルなど、2 つのハンドルの場所を同じにする場合や、ハンドルをパペット階層の別のレベルに移動する必要がある場合に役立ちます。

ハンドルをカット、コピーおよびペーストするには、次の手順に従います。

  1. レイヤー上でハンドルを選択します(複数可)。

  2. 編集/カットまたはコピーを選択します。

  3. ペースト先のパペットのレイヤーを選択します(複数可)。

  4. 編集/ペーストを選択します。

原点ハンドルにタグを適用できます。例えば、マウスやタッチスクリーンの場合は指でパペットをドラッグできるようにするには、原点ハンドルを選択し、「ドラッグ可能」ハンドルタグを割り当てます。 

レイヤーやハンドルのタグを編集するには、次のようにします。

  1. パペットパネルでレイヤーまたはハンドルを選択します。
  2. プロパティパネルの「タグ」セクションで、選択したレイヤーまたはハンドルに関連付ける機能を選択/選択解除します。

注意

  • 選択したタグが機能するには、そのパペット階層またはそれより上位レベルの階層にこれらのタグを使用する対応するビヘイビアーが適用されている必要があります。例えば、親パペットに「呼吸」が適用されていない限り、ハンドルに「胸」タグを選択しても機能しません。
  • アートワークファイル内の階層およびレイヤー名を変更すると該当するレイヤーに関連付けられているタグがリセットされます。ただし、レイヤーのコンテンツを変更しても、パペットパネルで変更したタグに影響はありません。

レイヤーを選択すると、レイヤータグとハンドルタグを適用できます。ハンドルタグは、選択したグループまたはレイヤーの親パペットの原点ハンドルに適用されます。ハンドルを選択すると、ハンドルタグだけを適用することができます。

テキストとしてタグを表示すると、適用済みのレイヤータグは青色、ハンドルタグは黄色になります。タグを画像として表示する場合、適用済みのタグは青で表示されます。

注意:

スティックハンドルは、他のハンドルのように、ドラッグ可能なハンドルを付与することによって変更できます。

ハンドルを削除するには、ハンドルを選択して、Delete キーまたは Backspace キーを押すか、編集削除を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー