この文書は、Illustrator CS の基本的な使用方法に関するヒント集です。

描画やペイントの方法、文字入力、オブジェクトの編集など、Illustrator CS の基本操作を 8 つのカテゴリに分けてご紹介します。

ファイルの作成と保存方法

[基本操作] ファイルを新規作成するには

Illustrator CS でサイズや用紙方向などを設定し、新規書類を作成する方法について解説します。

[基本操作] 保存するには

作成した新規書類を保存する方法について解説します。

[基本操作] アートボードのサイズを変更するには

作成した後でも、「書類設定」ダイアログボックスでアートボードのサイズを変更することができます。

描いてみよう

[基本操作] 直線を描く

ペンツールを使って直線を描画する方法について解説します。

[基本操作] 曲線を描く

ペンツールを使って曲線を描画する方法について解説します。

[基本操作] クローズパスを描く

クローズパスを描画する方法について解説します。
クローズパスは、始点と終点が同じ位置の三角形や円形などの閉じられた図形です。

[基本操作] オープンパスを描く

オープンパスを描画する方法について解説します。
オープンパスは、始点と終点が異なる直線や S 字などの図形のことです。

[基本操作] アンカーポイントの操作方法

曲線や直線の始まりと終わりには、アンカーポイントが付いています。
アンカーポイントは、ワイヤーを固定するピンのような役割をしており、移動したり削除したりすることで図形を変形させることができます。

[基本操作] フリーハンドでハート描く (鉛筆ツール)

鉛筆ツールやブラシツールを使用するとフリーハンドで描画することができます。鉛筆ツールを使ってハートを描いてみましょう。

[基本操作] フリーハンドで描いた線を滑らかにするには (スムーズツール)

スムーズツールを使うとフリーハンドで描かれた線を、滑らかにすることができます。

[基本操作] フリーハンドで墨絵風イラストを描こう (アートブラシ)

アートブラシを使うと簡単に趣のある墨絵風のイラストを描くことができます。アートブラシを使ってりんごを描いてみましょう。

ペイントしよう

[基本操作] ペイントするには

描画した図形やイラストを [カラー] パレットを使って、ペイントしてみましょう。

[基本操作] パターンでペイントするには

「スウォッチ」パレットにある「パターンスウォッチ」を使用してペイントしてみましょう。

[基本操作] デスクトップなどで使われている色でペイントするには (スポイトツール)

「スポイトツール」を使用すれば、Illustrator の作業範囲外、たとえばデスクトップにあるアイコンの色などでペイントすることができます。

[基本操作] グラデーションでペイントするには -- グラデーションの角度を設定

グラデーションでペイントする際に、グラデーションの種類や、角度を設定してペイントすることができます。

[基本操作] 作ったカラーやグラデーションをスウォッチパレットに登録しよう

作成したカラーやグラデーションは、「スウォッチ」パレットに登録することができます。お気に入りのカラーやグラデーションを登録して使いやすくしましょう。

編集しよう

[基本操作] 図形を反転させるには (リフレクトツール)

「リフレクトツール」を使用すると、図形を原点や軸を中心にして反転させることができます。

[基本操作] 図形を回転させるには (回転ツール)

「回転ツール」を使用すると、図形を原点を中心にしてマウスでドラッグして回転させることができます。

[基本操作] 図形を傾けるには (シアーツール)

「シアーツール」を使用すると、図形を原点を中心にしてマウスでドラッグして傾斜させることができます。

[基本操作] 図形を自由に変形するには

ツールボックスのツールを使用するだけでなく、「効果」メニューの中にも図形を変形させるための「パスの変形」という機能が用意されています。

[基本操作] 重なり合った図形の前後を入れ替えるには

後から描画した図形をイラストのいちばん背面に移動させたりと、重なり合う図形の前後を入れ替えることができます。

[基本操作] 図形に透明度を設定するには

図形に透明度を設定し、半透明にすることができます。

[基本操作] リキッドツールを使って図形を歪ませるには

リキッドツールは 7 種類用意されており、どれも個性的なものばかりです。それぞれ、どのようなツールなのかを紹介します。

[基本操作] 2 つの図形でグラデーションを表現しよう (ブレンド)

「ブレンド」コマンドを使うと、2つの異なる形の図形をブレンドし、グラデーション効果を出すことができます。

[基本操作] レイヤーパレットについて

レイヤーの意味や、レイヤーの追加、削除、移動、表示/非表示など「レイヤー」パレットの一般的な操作方法について説明します。

[基本操作] 図形を等間隔でコピーするには

「移動」コマンドを使用すると、角度や距離を指定して図形を等間隔でコピーすることができます。

文字の入力と編集

[基本操作] 文字を入力する

文字を入力してみましょう。ワープロソフトと同様に色やサイズ、スタイルなどの設定をすることが可能です。

[基本操作] 範囲を決めて文字を入力する

文字を入力する範囲 (テキストエリア) を決めて文字を入力することができます。エリア内テキストを使用するための機能として、複数のオブジェクト間でのテキストのリンク、アートワークの輪郭に沿ったテキストの回り込みなどのさまざまな機能が用意されています。

[基本操作] 図形の中に文字を入力する

「エリア内文字ツール」を使って、描画した図形の中に文字を入力することができます。

[基本操作] 図形 (パス) に沿って文字を入力する

「パス上文字ツール」を使って、描画した図形のパスに沿って文字を入力することができます。

[基本操作] 文字の色やサイズを変更する

「文字設定」パレットと、「カラー」パレットを使用して、文字の色やサイズを変更することができます。

[基本操作] 文字に影を付ける (ドロップシャドウ)

「ドロップシャドウ」コマンドを使用すると文字や画像などのオブジェクトに影を付けることができます。

[基本操作] 文字に効果を設定するには

「効果」メニューにはさまざまな効果が用意されています。
この文書では、ワープスタイルを適用し、文字を変形させる方法を紹介します。

[基本操作] テキストファイルの文字を流し込むには

「配置」コマンドを使用して、テキスト (.txt) ファイルで作成した内容をテキストエリアに流し込むことができます。

[基本操作] 文字を回り込ませるには

任意のオブジェクト (イラストや図形、写真など) に文字を回り込ませることができます。「回り込みを反転」を選択した場合は、回り込み対象オブジェクトの内側にテキストが回り込みます。

花を描こう

[基本操作] 花を描こう 1 -- 茎を描く

「長方形ツール」とワープ機能を使って、茎を描いてみましょう。

[基本操作] 花を描こう 2 -- 葉っぱを描く

「楕円形ツール」とアンカーポイント (方向点) の操作で描画した葉っぱをグラデーションで塗ってみましょう。

[基本操作] 花を描こう 3 -- 花びらを描く

「楕円形ツール」とアンカーポイント (方向点) の操作で描画した花びらをグラデーションで塗ってみましょう。

[基本操作] 花を描こう 4 -- 花びらを配置する

「回転ツール」と、「変形の繰り返し」コマンドを使って、花びらを等間隔にコピーし、花びらを完成させましょう。

[基本操作] 花を描こう 5 -- 花を完成させる

「楕円形ツール」で花の中心を描画し、グラデーションで塗って花を完成させましょう。

印刷/書き出し

[基本操作] 印刷するには

作成した書類 (イラスト) を印刷してみましょう。一般的な印刷方法について解説します。

[基本操作] PDF 形式に書き出すには

Illustrator で作成したアートワークを、Acrobat (Adobe Reader) で参照することができる PDF 形式で書き出すことができます。

※Adobe Reader は無料でダウンロードが行えます。

[基本操作] Microsoft Office 形式に書き出すには

「Microsoft Office 用に保存」コマンドを使用すると、Microsoft Office アプリケーションで使用できる PNG ファイルとして書類 (イラスト) を書き出すことができます。

チャレンジ!

[基本操作] テンプレートを使ってみよう (テンプレートの種類と開き方)

Illustrator には 231 種類もの豊富な履歴書や年賀状、名刺などの便利なテンプレートが用意されています。テンプレートの種類と開き方について説明します。

[基本操作] グラデーションを使ってオブジェクトに立体感を出そう (メッシュツール)

メッシュツールを使用して、オブジェクトをメッシュオブジェクトに変換し、複雑なグラデーションを設定することができます。

[基本操作] いろいろな模様を作ってみよう (パスの変形)

「パスの変形」コマンドを使用すると、円形や四角形などの単純な図形から複雑な模様を作ることができます。

[基本操作] 旗の上に文字を入れよう (エンベロープ)

「最前面のオブジェクトで変形」コマンドを使用すると、風に揺らめく旗の上に同じように揺らめいている文字を追加したり、T シャツのしわにあわせて文字を追加することができます。

[基本操作] 線を破線に変更するには

「線種」パレットでは、オブジェクトの線の太さを変更するだけでなく、破線にすることができます。線分や間隔などを設定することができます。

[基本操作] 文字や図形を使って図形を切り抜くには (クリッピングマスク)

クリッピングマスク機能を使用すれば、文字や図形などを使って後ろに配置した図形や、写真などを切り抜くことができます。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー