Lightroom CC(デスクトップ、モバイル、および Apple TV)の 2017 年 10 月以降のリリース
lr_cc_android_marketicon512

Lightroom CC の 2017 年 10 月以降のリリースは、デジタル画像処理エクスペリエンスを強化する様々な新機能と拡張機能を提供しています。これらの機能の簡単な説明と、詳細情報を提供するリソースのリンクが記載されています。


注意:

まったく新しい Photoshop Lightroom CC のヘルプを表示しています。

お使いのバージョンではない場合Photoshop Lightroom Classic CC のヘルプを表示してください。(以前の Lightroom CC および Lightroom 6)

Lightroom CC v1.5 | 2018 年 8 月

このリリースの Lightroom CC デスクトップでは、オフライン使用のためのアルバムのローカル保存、写真が入っているアルバムの確認、Windows での HEIC 画像ファイルのサポート、新しいカメラとレンズのサポートなどの新機能と改善、およびバグの修正が盛り込まれています。

オフライン使用のためにアルバムをローカルに保存

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

このリリースから、アルバムの写真をコンピューターにローカル保存できるようになりました。アルバムをローカルに保存すると、インターネットがない場所への旅行中に写真の編集作業がしたい場合など、コンピューターがオフラインのときでも、そのアルバムの写真を編集できます。編集された写真は、次回インターネットに接続したときにクラウドに自動的に同期されます。ローカルに保存されているすべてのアルバムには、オフラインで使用可能かどうかを示すバッジ  が名前の横に表示されます。

アルバムをローカルに保存
オフラインのときでもそのアルバムの写真を編集できるように、アルバムをローカルに保存します。

参考になる関連情報については、アルバムをローカルに保存を参照してください。

写真が入っているアルバムの確認

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

情報パネル/「アルバム」セクションで、現在選択している写真が入っているすべてのアルバムを見つけることができるようになりました。

写真が入っているアルバムの確認
選択した写真が入っているアルバムを見つけます。

参考になる関連情報については、写真が入っているアルバムの表示を参照してください。

Windows での HEIC 画像ファイルのサポート

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

このリリースから、Lightroom CC では、Windows で Apple の HEIC 画像ファイル形式をサポートするようになりました。

新しいカメラとレンズのサポート

Lightroom CC デスクトップの本リリースで強化された機能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

変更点

Lightroom CC デスクトップ v1.5(2018 年 8 月のリリース)の変更点

  • オフライン使用のために写真を個別に保存するオプションが削除されました。写真をアルバムレベルでローカルに保存できるようになりました。アルバムをローカルに保存を参照してください。
  • 正方形グリッド(G)表示で、サムネールの左下隅で写真のファイル拡張子が表示されるようになりました。
正方形グリッド表示で表示されたファイル拡張子
ファイル拡張子が、正方形グリッド表示の写真サムネールの左下隅に表示されるようになりました。

お客様から報告された問題の修正

Lightroom CC デスクトップ v1.5(2018 年 8 月のリリース)で修正された問題

Lightroom CC mobile(iOS v3.4 および Android v3.6)の更新 | 2018 年 8 月

整理用ユーザーインターフェイスの改善点

Lightroom CC mobile(iOS)の本リリースで強化された機能

Lightroom CC for iOS の本リリースでは、2 つの新しいスマートフォルダー(「Lr Camera写真」と「最近追加した写真」)、lighttroom.adobe.com で共有されるすべてのアルバムを確認して制御するための新しい「共有アルバム」タブ、新しいマルチ選択モード(マルチ選択に移行するには長押しする)など、整理に役立つ改善点が多数追加されています。

ユーザーインターフェイスの強化
ユーザーインターフェイスの強化

詳しくは、次のリンクを参照してください。

フィルターメニューの更新

Lightroom CC mobile(iOS)の本リリースで強化された機能

フィルターメニューが更新され、メディアのタイプ、カメラ、場所、キーワード、写真が編集されているかどうかに応じて、写真をフィルター処理できるようになりました。

フィルターメニューの更新
フィルターメニューの更新

詳しくは、「写真のフィルター処理」を参照してください。

深度マップのサポート

Lightroom CC mobile(iOS)の本リリースでの新機能

Lightroom CC for iOS の本リリースでは、「深度マップサポート」という新しいテクノロジープレビュー機能が追加されています。この新しいテクノロジープレビューでは、Lightroom のアプリケーション内カメラに新しいモードが追加されました。このモードを使用すれば、深度マップだけでなく、Lr カメラで撮影された深度マップを活用する新しい選択ツールや、その他の撮影ツールを使用して HEIC 写真を撮影できます。深度マップに新しい深度選択ツールを適用すると、ブラシで変更できる選択範囲にすばやく変更できます。また、写真を変更するための他の選択ツールとともに、同じ編集ツールを使用することもできます。

奥行きマスク
深度の選択範囲ツールを使って選択範囲編集を適用

レンズプロファイル制御

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースでの新機能

本リリースでは、編集パネルの「レンズ」オプションが改善されています。これで、色収差(CA)を削減できるようになり、Adobe が作成した 1,200 枚を超えるレンズプロファイルから手動で選択できるようになりました。

レンズプロファイル制御
レンズ - 色収差とレンズプロファイルの補正を除去

参考になる関連情報については、「カメラレンズの補正」を参照してください。

HEIC ファイル形式のサポート

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースでの新機能

HEIC イメージファイル(別名:HEIF)は、Lightroom CC mobile(Android)3.6 の本リリースで提供されています。HEIC の元画像ファイルをインポート、編集、書き出しができるようになりました。

参考になる関連情報については、「HEIC 画像ファイルのサポート」を参照してください。

同期の一時停止と再開

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースでの新機能

クラウドステータスのタブで同期を一時停止して再開できるようになりました。これで、写真を編集してクラウドに同期するタイミングを決定できます。

一時停止と再開のオプションにアクセスするには、クラウドアイコンをタップします。

クラウドへの写真の同期を一時停止および再開します。
クラウドへの写真の同期を一時停止および再開します。

ベストショット(テクノロジープレビュー)

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースでの新機能

ベストショットでは、Adobe Sensei smarts だけでなく、写真に加えた変更や編集を組み合わせて、最高の可能性を秘めた写真をアルバム内ですばやく、簡単に選択することができます。

ベストショット機能は、サイドバーメニューの「テクノロジープレビュー」で有効にできます。

参考になる関連情報については、ベストショットの検索を参照してください。

テクノロジープレビュー - ベストショット
テクノロジープレビュー - ベストショット
ベストショット - テクノロジープレビュー
ベストショット - アルバム内でベストショットを選択します。

透かしのガイド付きチュートリアル

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースでの新機能

Lightroom CC mobile(Android)の透かし機能を使用して、新しいガイド付きチュートリアルを導入します。写真に透かしを適用する方法を学習するには、ガイド付き、ステップバイステップのアプリケーション内チュートリアルを使用します。ガイド付きチュートリアルは、アプリケーション内の設定/ヘルプ&サポート/ガイド付きチュートリアルセクションに掲載されています。

参考になる関連情報については、「ヘルプ&サポート」を参照してください。

透かしのガイド付きチュートリアル
透かしのガイド付きチュートリアル

プロファイル管理の強化

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースで強化された機能

プロファイルメニューに表示される多様なプロファイルグループの表示/非表示を切り替えて、頻繁に使用するプロファイルをスキャンできるようになりました。

参考になる関連情報については、「プロファイルを管理」を参照してください。

プリセットの作成の改善点

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースで強化された機能

選択した写真に適用された編集設定のみを選択して、編集パネル内の「自動設定」タイルオプション、および選択パネル内の「変更済み」オプションを使用して、プリセットとして保存できるようになりました。

参考になる関連情報については、「プリセットの作成」を参照してください。

プリセットを移動する機能

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースで強化された機能

ユーザープリセットを既存のプリセットグループまたは新規プリセットグループに移動し、ユーザーが作成したプリセットをグループ内で整理して、簡単にアクセスできるようになりました。

参考になる関連情報については、「プリセットの更新、移動、または削除」を参照してください。

その他の拡張機能

Lightroom CC mobile(iOS)の本リリースで強化された機能

  • Lightroom のアプリケーション内カメラを使用して撮影された HDR 写真および長時間露光の写真について、視覚的な画質を損なうことなく、サイズを大幅に小さくできるようになりました。HDR と長時間露光の写真は、これまでよりも最高で 2/3 小さくなるので、スペースとアップロード時間を節約できます。

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースで強化された機能

  • カスタムオーダーで並べ替え:グリッドの写真を手動で並べ替えるオプションが追加されました。「並べ替えおよびセグメント化のオプション」を参照してください。
  • 書き出す写真の上限:書き出す 写真の最大数を指定します。以前は 15 枚に設定されていましたが、この制限は解除されました。参考になる関連情報については、「元画像の書き出し」を参照してください。
  • 自動設定:Lightroom CC mobile の編集パネルの個別のオプションとして、「自動設定」にアクセスできるようになりました。これまで、自動設定は「ライト」オプションにありました。Adobe Sensei を使用して、写真の光やカラーの特徴をもとに、インテリジェントに補正が適用されます。参考になる関連情報については、「自動設定を適用」を参照してください。

新しいカメラとレンズのサポート

このリリースの Lightroom CC mobile(iOS および Android)で強化された機能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

Lightroom CC v1.4 | 2018 年 6 月

Lightroom CC デスクトップの本リリースには、新機能や機能強化、新しいカメラやレンズのサポート、問題の修正が盛り込まれています。

プリセットとプロファイルの同期

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

このリリースより、プリセットとプロファイル(サードパーティ、カスタムユーザープリセットとプロファイルを含む)は、Lightroom CC のデスクトップとモバイルで自動的に同期されるようになりました。

ただし、Lightroom CC で追加したカスタムユーザープリセットとプロファイルは、Classic CC デスクトップと同期しません。

プリセットとプロファイルの管理

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

プリセットパネル/プロファイルブラウザに表示される各プリセット/プロファイルグループの表示/非表示を切り替えて、頻繁に使用するプロファイルとプリセットをスキャンできます。

プロファイルを管理

プロファイルブラウザに表示されているプロファイルグループの表示/非表示を切り替えるには、プロファイルパネルの右上隅にある 3 点アイコンをクリックし、ポップアップメニューからプロファイルの管理を選択します。

プロファイルの管理
プロファイルを管理

プリセットを管理

プリセットパネルに表示されているプロファイルグループの表示/非表示を切り替えるには、プリセットパネルの右上隅にある 3 点アイコンをクリックし、ポップアップメニューからプリセットの管理を選択します。

プリセットを管理
プリセットを管理

ヘルプの詳細については、次のリンクを参照してください。

編集をコピーして複数の写真にペーストする

Lightroom CC デスクトップの本リリースで強化された機能

写真から編集をコピーして、複数の写真に貼り付けることができました。

また、新しい「コピーする編集設定を選択」オプションを選択して、写真からコピーする編集設定を選択することもできます。このオプションにアクセスするには、写真を選択し、メニューバーから写真/コピーする編集設定を選択を選択します。または、Control + Shift + C(Windows)キーまたは Shift + Command + C(Mac)キーを押します。

コピーする編集設定を選択
コピーする編集設定を選択

ヘルプについて詳しくは、コピー&ペースト編集を参照してください。

macOS High Sierra での HEIC 画像ファイルのサポート

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

このリリース以降、Lightroom CC では、macOS High Sierra v 10.13 以降で Apple の HEIC 画像ファイル形式をサポートしています。

写真の編集を最後に開いた状態にリセットする

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

写真メニューの「開いた状態にリセット」オプションを使用して、Lightroom CC を最後に開いたときの状態に写真の編集を復元できるようになりました。写真の編集をリセットするには 、詳細表示にする必要があります。

  1. 詳細表示で写真を開きます。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    1. メニューバーでファイル/開いた状態にリセットを選択します。
    2. Shift + Command + R キーを押します。

参考になる関連情報については、写真の編集のリセットを参照してください。

Web ギャラリーの共有設定を指定する

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

Lightroom CC アルバムを Web ギャラリーとして共有しているときに、次の環境設定を制御できるようになりました。

新しい共有環境設定
新しい共有環境設定

ダウンロードを許可:この環境設定を選択すると、共有アルバムの写真を他のユーザーがダウンロードできるようになります。

メタデータを表示:この環境設定を選択すると、共有アルバムの写真のメタデータを他のユーザーが表示できるようになります。

位置情報を表示:この環境設定を選択すると、共有アルバムの写真の位置情報を他のユーザーが表示できるようになります。位置情報を非表示にするには、選択を解除します。

既に公開されているアルバムの共有環境設定を変更するには、アルバムを右クリック(Windows)/Control キーを押しながらクリック(macOS)し、コンテキストメニューから共有設定を選択します。


参考になる関連情報については、アルバムを Web ギャラリーとして共有するを参照してください。

ファイル名で写真を並べ替え

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

Lightroom CC のこのリリースでは、ファイル名でグリッドの写真を並べ替える新しいオプションが追加されました。

ファイル名でグリッド写真を並べ替え
ファイル名でグリッド写真を並べ替え

参考になる関連情報については、写真の検索、フィルター、並べ替え参照してください。

ダウンロードリンクを電話にメールで送ることで、Lightroom CC mobile を入手できます。

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

Lightroom CC mobile のダウンロードリンクを電話に送信する
Lightroom CC mobile のダウンロードリンクを電話に送信する

Lightroom CC のデスクトップから、携帯電話の番号にリンクをメールで送信して、Google Play/app Store から Lightroom CC mobile をダウンロードできるようになりました。

  1. メニューバーから ヘルプ/モバイルで Lightroom CC を取得を選択します。
  2. ポップアップ画面が表示されたら、電話番号を入力し、リンクを送信を押します。

Lightroom CC mobile のヘルプについては、を参照してください。

新しいカメラとレンズのサポート

Lightroom CC デスクトップの本リリースで強化された機能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

お客様から報告された問題の修正

Lightroom CC デスクトップ v1.4(2018 年 6 月のリリース)で修正された問題

Lightroom CC mobile(iOS v3.3 および Android v3.5)の更新 | 2018 年 6 月

プリセットとプロファイルの同期

Lightroom CC mobile(iOS および Android)の本リリースの新機能

このリリースより、プリセットとプロファイル(サードパーティ、カスタムユーザープリセットとプロファイルを含む)は、Lightroom CC のデスクトップとモバイルで自動的に同期されるようになりました。

ただし、Lightroom CC で追加したカスタムユーザープリセットとプロファイルは、Classic CC デスクトップと同期しません。

プリセットの作成と管理

Lightroom CC mobile(iOS および Android)の本リリースの新機能

Lightroom CC mobile でカスタムのプリセットを作成し、お気に入りの編集を簡単に保存して後ですばやく適用できるようになりました。プリセットメニューに表示される各プリセットグループの表示/非表示を切り替えて、頻繁に使用するプリセットをスキャンできます。

修復ブラシ

Lightroom CC mobile(iOS および Android)の本リリースの新機能

修復ブラシツールを使用して、不要なスポット、電線、人物、被写体、またはその他の不要なものを写真から削除します。

修復ブラシツールにアクセスします。
(Android デバイスの画面)修復ブラシツールにアクセスします。
修復ツールの使用
(iOS デバイスの画面)修復ツールを使用して写真からの不要なオブジェクト(例では人物)を削除します。

A. 修復 B. コピースタンプ C. サイズ D. ぼかし E. 不透明度 F. 削除 G. ターゲット領域 H. ソース領域 I. 画面コントロールを非表示にして写真の編集を表示 

参考になる関連情報については、次のリンクを参照してください。

色収差を除去

Lightroom CC mobile(iOS)の本リリースの新機能

Lightroom CC for mobile(iOS)では、新しい「色収差」オプションをオンにして、画像のブルー - イエローおよびレッド - グリーンフリンジを自動的に修正します。このオプションにアクセスするには:

  • (iPhone)ルーペ表示の編集パネルで、画面下部のレンズアイコンをタップします。
  • (iPad)ルーペ表示の編集パネルで、レンズアコーディオンをタップします。

参考になる関連情報については、 カメラレンズの自動補正を参照してください。

長時間露光シーンの撮影(テクノロジープレビュー)

このリリースの Lightroom CC mobile(iOS)のテクノロジープレビュー新機能

Lightroom CC mobile(iOS)では、アプリケーション内カメラを使用して、三脚を使わず長時間露光撮影シーンを撮影することができます。このモードでは、カメラが複数の画像を撮影してブレンドし、長時間露光のエフェクトを作り出します。 

注意:

長時間露光量のテクノロジープレビュー機能は、iPhone 7、7+、8、8+ および X モデルのみに導入されています。この機能は、アプリケーション設定メニューのテクノロジープレビューで有効にすることができます。

(iPhone X)長時間露光モードの撮影インターフェイスオプション。
(iPhone X)長時間露光モードの撮影インターフェイスオプション。

拡張された HDR キャプチャのサポート(テクノロジープレビュー)

このリリースの Lightroom CC mobile(Android)のテクノロジープレビュー新機能

互換性のある Android デバイスで、HDR 撮影モードを有効にできます(正式なテストと検証は行われていません)。以下に示す仕様を満たす Android モバイルデバイスでは、アプリケーションの設定メニューから有効にできるテクノロジープレビューとして HDR モードを使用できます。

  • 3 GB 以上の RAM
  • Android OS バージョン 6.0(Marshmallow)以降
  • アプリケーションのバージョンは「Arm8」
  • DNG 撮影がサポートされています

参考になる関連情報については、新しい HDR モードでの高コントラストのシーンの撮影(Android)を参照してください。

ガイド付きチュートリアル

Lightroom CC mobile(iOS および Android)の本リリースの新機能

ステップバイステップの対話型チュートリアルで、Lightroom CC mobile を使用する方法について理解します。

Lightroom CC(iOS および Android)のアプリケーション設定メニューで、ヘルプ&サポート/ガイド付きチュートリアルをタップします。

注意:

Lightroom CC(iOS)では、ガイド付きチュートリアル機能はテクノロジープレビューとして導入されています。アプリケーション設定で、ヘルプ&サポートメニューからチュートリアルにアクセスするには、最初にテクノロジープレビューガイド付きチュートリアルをオンに切り替える必要があります。

最新情報

Lightroom CC mobile(iOS および Android)の本リリースの新機能

アプリケーションの設定メニューで新機能ダイアログを使用すると、アプリケーションで行われた修正と機能強化の時系列のリストを表示できます。

HEIC 画像のオリジナルファイルのサポート

Lightroom CC mobile(iOS)の本リリースの新機能

Lightroom CC iOS ではこのリリースより、Apple の HEIC 画像ファイル がオリジナルのファイル形式でバックアップされます。

レーティングによる写真の並べ替え

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースの新機能

Lightroom CC mobile(Android)では、レーティングでグリッドの写真を並べ替えられるようになりました。

詳細については、並べ替えとセグメント化のオプションを参照してください。

レガシープリセットを有効にする

Lightroom CC mobile(iOS)の本リリースの新機能

Lightroom CC mobile(Android)では、「プリセットを管理」オプションを使用して、デフォルトでは非表示のレガシー Lightroom プリセットグループを有効にできます。

参考になる関連情報については、プリセットを管理(iOS)を参照してください。

新しいカメラとレンズのサポート

このリリースの Lightroom CC mobile(iOS および Android)で強化された機能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

Lightroom CC v1.3 | 2018 年 4 月

このリリースの Lightroom CC デスクトップでは、新機能、新しいカメラやレンズのサポート、問題の修正が盛り込まれています。

新しい Adobe Raw および Adobe Creative プロファイル

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

プロファイルを使用すると、写真の色や色調をコントロールできます。新しいプロファイルパネルで提供されるプロファイルは、画像の編集を行うための出発点または基盤としての役割を果たすことを目的としています。

RAW 画像で適用されている Adobe Color プロファイル
RAW 画像で適用されている Adobe Color プロファイル

RAW 写真の場合は、いずれかの Adobe Raw プロファイルを選択して、編集するための正確な基盤を設定するか、使用可能ないずれかのカメラマッチングプロファイルを選択して、カメラの画面に表示されたときの写真の外観と一致させることができます。RAW 写真と RAW 以外の写真の両方で、アート白黒モダンビンテージにグループ分けされている Creative プロファイルのいずれかを選択することで、写真に独自のスタイルや効果を作成できます。

写真でプロファイルを適用しても、他の編集コントロールスライダーの値が変更されたり、上書きされたりするわけではありません。このため、好きなように写真を編集してから、編集した画像の上でプロファイルを適用することもできます。

  1. 写真グリッド()表示または正方形グリッド()表示の場合は、編集する写真を選択します。次に、下部のツールバーで()アイコンをクリックして、詳細表示に切り替えます。

    既に詳細()表示の場合は、現在のセレクションの下部に表示されているフィルムストリップから編集する写真を選択します。

  2. 編集パネルを開くには、右上隅の()アイコンをクリックします。

    上部の新しいプロファイルパネルを探し、「参照」をクリックします。

    新しいプロファイルパネルでのプロファイルの参照
    新しいプロファイルパネルでのプロファイルの参照
  3. 任意のプロファイルグループを展開して、そのプロファイルを表示します。

    RAW 写真のプロファイルグループ
    RAW 写真のプロファイルグループ
    Adobe Raw プロファイル
    Adobe Raw プロファイル

  4. ポインターを任意のプロファイルに移動して、写真上でプレビューします。

    任意のプロファイルをクリックして、写真に適用します。

Network Attached Storage(NAS)ディスクドライブのサポート

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

Lightroom CC で NAS ディスクドライブをサポートすることにより、割り当てられているネットワークドライブ上のすべての元画像のコピーを保存できるようになりました。実行するには、次の手順に従います。

  1. まず、お使いのコンピューターで NAS ドライブを割り当てます。ネットワークドライブの製造元のマニュアルを参照してください。 
  2. お使いのコンピューターでネットワークドライブを割り当てた後、Lightroom CC で環境設定ダイアログを開きます。編集/環境設定(Windows)、または Lightroom CC/環境設定(macOS)を選択します。
  3. ローカルストレージの環境設定で、元画像の保存場所の環境設定の横にある「参照」をクリックし、ネットワークドライブのパスを選択します。
  4. Lightroom CC を再起動します。

詳細情報およびヘルプリソースについては、Network Attached Storage(NAS)ドライブへの元画像の保存を参照してください。

同期ステータスでフィルター

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

このリリースの Lightroom CC では、同期ステータスという新しいフィルターが追加されました 。

同期ステータスでフィルター
同期ステータスフィルター

このフィルターにアクセスするには:

  1. 画面上部の検索バーの横にあるフィルター()アイコンをクリックします。
  2. 同期ステータスフィルターをクリックして、ドロップダウンリストから任意のフィルターオプションを選択して、その同期ステータスに基づいて写真をフィルターします。
    1. 同期中:編集または変更されたものが現在クラウドに同期中である写真を表示します。
    2. クラウドに同期 / バックアップ済み:元画像がクラウドに同期/バックアップ済みである写真を表示します。
    3. 元画像をローカルに保存:元画像がお使いのマシンに保存されている写真を表示します。
    4. Lightroom Classic から同期:元画像がクラウドで使用できない、またはクラウドにバックアップされていないがスマートプレビューを使用できる写真を表示します。

関連する有用な情報については、写真のレーティングとフラグの設定を参照してください。

新しいカメラとレンズのサポート

Lightroom CC デスクトップの本リリースで強化された機能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

お客様から報告された問題の修正

Lightroom CC デスクトップ v1.3(2018 年 4 月のリリース)で修正された問題

多数のアルバムとの初期同期で、画像を表示または読み込む前に停止することがある

 すべてのアルバムを一度に展開または折りたたむ機能

Lightroom CC が「JPG で保存」するときに強すぎるフィルターを適用する


Lightroom CC mobile(iOS v3.2 および Android v3.4)の更新 | 2018 年 4 月

写真の遠近法の補正と調整

このリリースの Lightroom CC mobile(iOS)の新プレミアム機能

写真の撮影時に、被写体との距離が近かったり、特定のタイプのレンズの場合、射影歪みが発生し、直線が曲がったり、傾いたり、ゆがんだりすることがあります。例えば、高層ビルを撮影する場合、ビルが後方に傾いているように見える場合があります。Upright モードとジオメトリパネルのジオメトリスライダーツールを使用すれば、写真の遠近法を簡単に補正および調整できます。

Upright モードには、4 つの遠近法の自動補正オプション(自動、水平方向、垂直方向フル)と、手動のガイド付きオプションがあります。調整は、ジオメトリスライダーを使用して行うこともできます。

ジオメトリ
Lightroom CC mobile iOS の Upright モード
ガイド付き Upright
ガイド付き Upright

ヘルプの詳細については、写真の遠近法の補正を参照してください。

新しい Adobe Raw および Adobe Creative プロファイル

Lightroom CC mobile(iOS および Android)の本リリースの新機能

このリリースの Lightroom CC mobile(iOS および Android)では、新しい Adobe Raw と Adobe Creative が導入されました。プロファイルを使用すると、写真の色や色調をコントロールできるようになりました。プロファイルは、画像の編集を行うための出発点または基盤としての役割を果たすことを目的としています。

RAW 写真の場合は、新しいいずれかの Adobe Raw プロファイルを選択して、編集のための正確な基盤を設定できます。カメラで作成された写真の外観と一致させるために、使用可能なカメラマッチングプロファイルのいずれかを使用できます。RAW 写真と RAW 以外の写真の両方で、新しい Creative プロファイルを使用して独自のスタイルを追加するとともに、新しい適用量スライダーで効果を調整できます。

写真でプロファイルを適用しても、他の編集コントロールスライダーの値が変更されたり、上書きされたりするわけではありません。このため、好きなように写真を編集してから、編集した画像の上でプロファイルを適用することもできます。

詳細については、次のリンクを参照してください。

写真へのフィルム粒子効果の追加

Lightroom CC mobile(iOS および Android)の本リリースの新機能

このリリースの Lightroom CC mobile(iOS および Android)では、効果パネルに新しい粒子スライダーコントロールが追加されました。  写真の編集時に、このスライダーを使用して写真フィルムの粒子効果を追加します。粒子のサイズと粗さをコントロールすることもできます。

詳細については、次のリンクを参照してください。

シャープの適用とノイズの軽減

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースの新機能

Lightroom CC mobile(Android)では、詳細パネルに新しいシャープネスコントロール、輝度ノイズおよび偽色の軽減コントロールが導入されました。

詳しくは、 ノイズ軽減とシャープネスを調整を参照してください。

Lightroom CC の Web 共有をコントロールする機能を強化

このリリースの Lightroom CC mobile(iOS および Android)で強化された機能

このリリースの Lightroom CC mobile(iOS および Android)では、アルバムを Web ギャラリーとして共有している間に次の共有オプションを指定できるようになりました。 

  • 作成者:共有アルバムの写真のメタデータに表示する作成者名を指定します。このオプションは、Android デバイスでのみ使用できます。
  • メタデータを表示:オンにすると、共有アルバムの写真のメタデータを他のユーザーが表示できるようになります。メタデータを非表示にするには、オフにします。
  • 位置情報を表示:オンにすると、共有アルバムの写真の位置情報を他のユーザーが表示できるようになります。位置情報を非表示にするには、オフにします。
  • ダウンロードを許可:オンにすると、共有アルバムの写真を他のユーザーがダウンロードできるようになります。ダウンロードを許可しない場合は、オフにします。

詳細については、次のリンクを参照してください。

左利き用編集モード(iPad のみ)

このリリースの Lightroom CC mobile(iPad のみ)の新機能

新しい環境設定の左利き用編集が導入されました。これにより、iPad の画面の左端に編集コントロールとパネルを表示できます。

Lightroom CC iPad 版でこの設定にアクセスするには、設定/一般/左利き用編集の順に選択します。

新しいカメラとレンズのサポート

このリリースの Lightroom CC mobile(iOS および Android)で強化された機能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

Lightroom CC v1.2 | 2018 年 2 月

Lightroom CC デスクトップの本リリースには、読み込まれた画像のメタデータに著作権を追加したり、新しいカメラやレンズをサポートしたり、問題を修正したりするための新しい読み込み環境設定が導入されています。

読み込み画像に著作権メタデータを追加

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

Lightroom CC の本リリースでは、環境設定に新しいオプション(読み込み画像に著作権情報を追加)追加されました。このオプションにアクセスするには、編集(Win)またはLightroom CC(macOS)/環境設定/一般を選択します。

Lightroom CC の「一般」環境設定
Lightroom CC の「一般」環境設定

このオプションを有効にすると、Lightroom CC は、後で読み込む画像のメタデータに、指定した著作権テキストを追加します。デフォルトでは、著作権テキストフィールドには著作権マークに続いてアカウント名が表示されます。画像に既に著作権メタデータがある場合、Lightroom CC は読み込み時にそのメタデータを上書きしません。また、Lightroom CC に既に存在する画像は影響を受けません。

ヘルプの詳細については、次のリンクを参照してください。

新しいカメラとレンズのサポート

Lightroom CC デスクトップの本リリースで強化された機能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

変更点

環境設定ダイアログ(編集(Win)/ Lightroom CC(macOS)/環境設定)では、以下のオプションが「一般」環境設定から新しい「インターフェイス」環境設定に移動されました。

  • 言語
  • テキストのサイズ
  • パネルトラック
  • 警告ダイアログとヒントをすべて初期化

お客様から報告された問題の修正

Lightroom CC デスクトップ v1.2(2018 年 2 月のリリース)で修正された問題

周辺光量補正のハイライトスライダーコントロールが機能しない。(Windows のみ

タスクバーにピン止めされている Lightroom CC アイコンに画像をドラッグして開こうするときのエラーメッセージ。Windows のみ

グリッド内で複数の画像が選択されている場合、「元画像をローカルに保持する」が応答しないことがある。

写真やビデオを読み込むときに、グリッド内の MTS ビデオプレビューがぼやけたり空白になったりする。

ビデオの情報パネルで、カメラのメーカー/機種のメタデータが欠落している。


Lightroom CC mobile(Android v3.3 および iOS v3.1.1)の更新 | 2018 年 2 月

写真の遠近法の補正と調整

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースの新プレミアム機能

写真の撮影時に、被写体との距離が近かったり、特定のタイプのレンズの場合、射影歪みが発生し、直線が曲がったり、傾いたり、ゆがんだりすることがあります。例えば、高層ビルを撮影する場合、ビルが後方に傾いているように見える場合があります。Upright モードとジオメトリパネルのジオメトリスライダーツールを使用すれば、写真の遠近法を簡単に補正および調整できます。

Upright モードには、4 つの遠近法の自動補正オプション(自動、水平方向、垂直方向フル)と、ガイド付きオプションがあります。調整は、ジオメトリスライダーを使用して行うこともできます。

Lightroom CC mobile Android の Upright モード
Lightroom CC mobile Android の Upright モード
ガイド付き Upright を使用して写真に設定した 2 本の垂直方向ガイドと 2 本の水平方向ガイド
ガイド付き Upright を使用して写真に設定した 2 本の垂直方向ガイドと 2 本の水平方向ガイド

ヘルプの詳細については、写真の遠近法の補正を参照してください。

書き出し時に透かしを追加

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースの新機能

写真の共有時およびモバイルデバイスへの写真の保存時に、カスタマイズ可能なテキスト透かしを追加できるようになりました。

透かしをカスタマイズ
透かしをカスタマイズ

ヘルプの詳細については、写真の共有または保存中にテキスト透かしを追加を参照してください。

「ファイル」オプションを使用した写真の読み込み

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースの新機能

Lightroom CC mobile の新しい「ファイル」オプションを使用すれば、Android のファイルマネージャーにアクセスして、以下のようなさまざまなソースから写真を読み込むことができます。

  • Google フォト、Google ドライブ、Dropbox などのデバイスにインストールおよびサポートされている、その他の写真アプリおよびクラウドベースアプリ。
  • USB OTG ケーブルを使用して PTP モードでモバイルに接続されている DSLR カメラ。
  • USB を使用してモバイルおよび電源に接続されているその他のデバイス。
  • デバイスのフォルダー

ファイル」オプションを使用して読み込むには、次の操作を実行します。

  1. アルバム表示のすべての写真アルバム、または写真を追加したいその他のアルバムで、3 つのドット()アイコンをタップします。次に、ポップアップメニューで「写真を追加」を選択します。
    作成した任意のアルバム内の写真を表示して、画面の右下隅にある「写真を追加」アイコンをタップします。
  2. 画面下部に表示される「写真を追加」コンテキストメニューで、「ファイル」を選択します。
アルバム表示から「ファイル」オプションにアクセス
アルバム表示から「ファイル」オプションにアクセス
Android のファイルマネージャーでソースを選択
Android のファイルマネージャーでソースを選択

ヘルプの詳細については、「ファイル」オプションを使用した写真の読み込みを参照してください。

サードパーティの写真アプリから Lightroom に追加

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースの新機能

Google フォト、Google ドライブ、Dropbox などの共有機能が搭載されているその他のサードパーティの写真アプリから、Lightroom CC mobile に写真を追加できるようになりました。

それには、その他の写真アプリで写真を選択して共有し、「Lightroom に追加」オプションを選択します。写真は、Lightroom CC mobile のすべての写真アルバムに追加されます。

「Lightroom に追加」オプションで Google フォトから共有
「Lightroom に追加」オプションで Google フォトから共有

注意:

最近読み込んだ写真を表示するには、すべての写真アルバムにアクセスします。すべての写真表示内で、画面右上隅にある 3 つのドット()アイコンをタップして、「読み込み日順に並べ替え」を選択します。最近読み込んだ写真が上部に表示されます。

詳細については、サードパーティの写真アプリから Lightroom に追加を参照してください。

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースの新機能

注意:

Google アシスタントを使用して Lightroom CC 内の写真を検索には、アクティブなインターネット接続が必要です。この機能は現在、英語でのみサポートされています。 

Google アシスタントの検索バーに入力するか、マイクをタップして次のように話します。

Lightroom で <検索キーワード> を検索

例えば、Lightroom で山を検索と入力または話すことで、Lightroom CC 内で山が写っているすべての写真をすばやく検索できます。

Google アシスタントを使用した Lightroom の写真の検索
Google アシスタントを使用して Lightroom の写真を検索
Lightroom CC mobile に表示された検索結果
Lightroom CC mobile に表示された検索結果

すべての写真表示内で読み込み日付で並べ替え

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースで強化された機能

すべての写真表示内で、画面の右上隅にある 3 つのドット()アイコンをタップし、「読み込み日順に並べ替え」を選択して、最近読み込んだ写真を表示できるようになりました。

最近読み込んだ写真は上部に表示されます。

新しいカメラとレンズのサポート

Lightroom CC mobile(Android および iOS)の本リリースで強化された機能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

Lightroom CC for Apple TV v1.2 | 2017 年 12 月

フォルダー、検索、フィルタリング、および並べ替えのサポート

Lightroom CC for Apple TV の本リリースの新機能

ヘルプの詳細については、次のリンクを参照してください。

Lightroom CC v1.1 | 2017 年 12 月

Lightroom CC デスクトップの本リリースには、新機能や機能強化、新しいカメラやレンズのサポート、問題の修正が盛り込まれています。

「自動」機能が強化され、最適な編集を写真に自動で適用

Lightroom CC デスクトップの本リリースで強化された機能

auto-enhanced

編集は「自動」で始めましょう。Adobe Sensei を使用して、写真の光やカラーの特徴をもとに、インテリジェントに補正が適用されます。アドビの自動機能では、先進の機械学習を活かして、露光量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベル、彩度、自然な彩度の各スライダーコントロールの指定に即した最適な編集が写真に自動で適用されます。また、自動機能には、トリミングが適用された後でも写真の調整を最適化する機能が追加されました。

背後にあるニューラルネットは、プロが撮影した大量の写真や手作業で編集された写真を用いて学習がなされており、熟練の写真家さながらに画像を評価し、修正します。

この「自動」オプションは、ディテール表示のライトパネルにあります。


詳しくは、写真の編集を参照してください。

アドビの機械学習技術について詳しくは、機械学習の FAQ を参照してください。

トーンカーブを使用して、写真の階調範囲とコントラストをより詳細に調整できます。

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

ライトパネルの「トーンカーブ」では、写真の階調範囲とコントラストをより詳細に調整できます。トーンカーブのグラフを表示するには、ディテール表示()に切り替え、ライトパネルで()アイコンをクリックします。

トーンカーブ
パラメトリックカーブの編集
ポイントカーブ
レッドチャンネルのコントロールポイントを示す、ポイントカーブの典型的なスクリーンショット。

詳しくは、トーンカーブを使用した階調の微調整を参照してください。

写真への明暗別色補正効果の適用

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

効果パネルの明暗別色補正のコントロールを使用すると、写真に含まれるシャドウハイライトに別の色を適用し明暗別色補正効果を演出できます。例えば、モノクロ写真をカラー化したり、カラー写真にクロスプロセスなどの特殊効果を適用したりできます。

明暗別色補正のコントロールを表示するには、ディテール表示()に切り替え、効果パネルで()アイコンをクリックします。

明暗別色補正
モノクロ画像に施された明暗別色補正の効果。

詳しくは、明暗別色補正を参照してください。

撮影日時の編集

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

個々の写真または写真のグループの日時を調整できるようになりました。この機能は、撮影後に写真の撮影日時を変更する必要が生じた場合に便利です。

例えば、タイムゾーンが変わる場所へ旅行し、写真を撮り始める前にカメラの日時を変更しなかった場合に、撮影日時の変更が必要になることが考えられます。また、スキャンした写真を Lightroom CC に追加し、撮影日時として画像のスキャン日ではなく撮影日を反映させたいケースも考えられます。

日時を編集
日付範囲をシフトダイアログ | 写真のグループの撮影日時を調整します。

注意:

既知の問題を参照:日時を編集ダイアログが読み込まない.

詳しくは、写真の撮影日時の変更を参照してください。

写真の全画面表示

Lightroom CC デスクトップの本リリースの新機能

ディテール表示()では、F キーを押すか、メニューバーで表示/ディテール - フルスクリーンを選択すると、フルスクリーンモードに入れます。写真をフルスクリーンモードで表示している間、アルバムの写真を次々と表示したり、レーティングやフラグを設定したりできます。

詳しくは、写真の全画面表示を参照してください。

新しいカメラとレンズのサポート

Lightroom CC デスクトップの本リリースで強化された機能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

お客様から報告された問題の修正

Lightroom CC デスクトップ v1.1(2017 年 12 月のリリース)で修正された問題

大量の画像にキーワードを適用した際のパフォーマンスが向上
ローカルストレージ環境設定の機能強化。詳しくはこちら
調整を適用する際の、フィルムストリップのサムネール画像の表示更新が高速に
Lightroom Classic CC カタログを Lightroom CC に移行する際の速度が向上
大量(5000+)の写真/ビデオを読み込む際に Lightroom CC がハングする問題を修正

次の問題が修正されました:Lightroom CC で名前が同じ 2 枚の写真を読み込めない。読み込みダイアログに、画像が読み込み済みと表示される
移行ログが更新され、Lightroom Classic CC カタログを Lightroom CC に移行するのに必要なローカルストレージ容量が正確に示されるようになりました。
次の問題が修正されました:環境設定ダイアログを開くと Lightroom CC がクラッシュする(macOS v10.13 High Sierra のみ)
次の問題が修正されました:Lightroom CC の移行が失敗し、エラーメッセージは参考にならない。詳細はここここを参照。


Lightroom CC mobile(iOS v3.1 および Android v3.2)の更新 | 2017 年 12 月

iOS(iPhone および iPad)

新しい自動設定

書き出し時に透かしを追加

新しいカメラとレンズのサポート

HDR 撮影時の品質向上

オランダ語およびスウェーデン語をサポート

各種バグの修正とパフォーマンスを向上


新しい自動設定

Lightroom CC mobile(iOS および Android)の本リリースの新機能

(Android)自動設定
(Android)自動設定
(iOS)自動設定
(iOS)自動設定

編集は「自動」で始めましょう。Adobe Sensei を使用して、写真の光やカラーの特徴をもとに、インテリジェントに補正が適用されます。アドビの自動機能では、先進の機械学習を活かして、露光量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベル、彩度、自然な彩度の各スライダーコントロールの指定に即した最適な編集が写真に自動で適用されます。また、自動機能には、トリミングが適用された後でも写真の調整を最適化する機能が追加されました。

背後にあるニューラルネットは、プロが撮影した大量の写真や手作業で編集された写真を用いて学習がなされており、熟練の写真家さながらに画像を評価し、修正します。

詳細については、次のリンクを参照してください。

書き出し時に透かしを追加

Lightroom CC mobile(iOS)の本リリースの新機能

透かしをカスタマイズ
(iOS)透かしをカスタマイズ

写真の共有時およびカメラロールへの写真の保存時に、カスタマイズ可能なテキスト透かしを追加できるようになりました。

ヘルプの詳細については、写真の共有または保存中にテキスト透かしを追加を参照してください。

新しいカメラとレンズのサポート

Lightroom CC mobile(iOS)の本リリースで強化された機能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

アプリのショートカット

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースの新機能

(Android)アプリのショートカット
(Android)アプリのショートカット

Android バージョン 7.1.1 以降を実行するデバイスで、アプリのショートカット機能が追加されました。ただし、Android デバイスでのこの機能のサポートは、モバイルデバイスの製造元で有効化または設定されます。

デバイスのホーム画面で、Lightroom CC アプリアイコンを長押しして、次のショートカットにアクセスします。

  • 自分撮り.デバイスの前面カメラを使用するアプリ内のカメラモジュールを起動します。
  • Lightroom Cameraデバイスの背面カメラを使用するアプリ内のカメラモジュールを起動します。
  • 写真を追加デバイスのフォトギャラリーから画像を選択および追加できる読み込みインターフェイスを起動します。

アプリのショートカットにアクセスするには、少なくとも 1 回 Lightroom CC アプリを起動する必要があります。

ヘルプの詳細については、アプリのショートカットを参照してください。

ストレージ管理のコントロールを強化

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースの新機能

デバイス情報とストレージ設定にあるストレージの管理オプションを使用すると、ローカルに保存オプションをオンにしたすべてのアルバムの一覧を表示したり、ローカルに保存されたコピーを削除してデバイスの空き容量を確保したりできます(元画像は引き続きクラウドにバックアップされます)。

ローカルに保存されたアルバムのオフラインコンテンツをクリアすると、Lightroom CC mobile では、そのアルバムでオフライン使用のために保存されたキャッシュファイルが削除されます。ローカルに保存された別のアルバムでもオフライン使用としてマークされたアルバム内の画像は削除されません。画像はアルバム内に残り、削除されません。 

詳細については、アプリの環境設定とオプションを参照してください。

Lightroom CC v1.0.1 | 2017 年 11 月

まったく新しい Lightroom CC デスクトップが 2017 年 10 月にアドビからリリースされました。詳細については、このブログの投稿を参照してください。

Lightroom CC v1.0.1 にはバグの修正およびパフォーマンスの強化が導入されています。

お客様から報告された問題の修正

Lightroom CC デスクトップ v1.0.1(2017 年 11 月のリリース)で修正された問題

 環境設定ダイアログを開くと Lightroom CC がクラッシュする(macOS v10.13 High Sierraのみ)

Lightroom CC mobile(iOS v3.0 および Android v3.1)の更新 | 2017 年 10 月

その他の拡張機能

iOS 11 用に最適化
iOS v11 ファイルへの読み込みと書き出し
HEIF(High Efficiency Image File)ファイルのサポート
その他のアプリケーションから Lightroom CC へのドラッグアンドドロップ(iPad のみ
状況に応じたアプリケーション同期の一時停止と再開。さらに詳しく
バグの修正と速度の向上の詳細

 

その他の拡張機能

新しい Google Pixelbook に合わせて最適化
Samsung Note 8
および One Plus 5 での HDR キャプチャのサポート。さらに詳しく

元画像を書き出し。さらに詳しく

新しいプリセット。さらに詳しく
バグの修正と速度の向上の詳細


新しいブラシ選択ツールによる選択範囲を編集の適用

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースの新機能

選択範囲を編集コントロールで、新しいブラシ選択ツールを使用すると、ブラシで画像の特定の部分を選択し、露光量、明瞭度、明るさなどの調整を適用できます。

ブラシ選択ツールを使って選択範囲を編集の適用
ブラシ選択ツールを使って選択範囲を編集の適用

A. ブラシ B. 消しゴム C. サイズ D. ぼかし E. 流量 

ブラシ選択ツールの詳細については、選択範囲を編集の適用(Android)を参照してください。

Lightroom CC mobile(iOS および Android)の本リリースの新機能

インテリジェントオンライン検索を使用した写真の検索

上部にある検索バーを使用して、アルバムまたはすべての写真表示内で写真を検索できます。Lightroom CC mobile では、メタデータとキーワードで写真を検索できることに加え、写真の被写体に基づいて写真を検索および表示することもできます。

例えば、「山」が写っているすべての写真をすばやく検索できます。


フォルダーへのアルバムの整理

Lightroom CC mobile(iOS および Android)の本リリースの新機能

写真アルバムをフォルダ階層で整理できるようになりました。ネスト化したレベルで写真とアルバムの整理が向上します。

アルバム表示
(Android)アルバム表示
フォルダに整理されたアルバム
(iOS)フォルダに整理されたアルバム

写真へのキーワードの割り当て

Lightroom CC mobile(iOS および Android)の本リリースの新機能

iOS

ルーペ表示の新しいキーワードパネルで写真にキーワードを割り当てられます。また、写真に割り当てられているキーワードをコピーして別の写真にペーストできます。

Android

ルーペ表示の情報パネル下部にあるキーワードセクションを使用して、写真にキーワードを割り当てます。

注意:

  • キーワードはすべてのデバイスの Lightroom CC と同期します。
  • キーワードは Lightroom Classic CC デスクトップアプリと同期しません。 

(Android)情報パネルでのキーワードの割り当て。
(Android)情報パネルでのキーワードの割り当て。
(iOS)新しいキーワードパネルでのキーワードの割り当て。
(iOS)新しいキーワードパネルでのキーワードの割り当て。

詳細については、次のリンクを参照してください。

Samsung Note 8 および One Plus 5 モバイルデバイスでの HDR のサポート

Lightroom CC mobile(Android)の本リリースで強化された機能

Lightroom CC mobile(Android)のこのリリースでは、Samsung Note 8 および One Plus 5 モデルで HDR モードのサポートが追加されています。

最新アップデートでは、HDR モードは、Samsung S8、Samsung S8+、Samsung S7、Samsung S7 Edge、Samsung Note 8、Google Pixel、Google Pixel XL、One Plus 5 モバイルデバイスで使用できます。

HDR 撮影モードの詳細については、新しい HDR モードでの高コントラストのシーンの撮影(Android)を参照してください。

同期の一時停止と再開

Lightroom CC mobile(iOS)の本リリースで強化された機能

Lightroom CC mobile(iOS)では、状況に応じてアプリケーション同期の停止と再開を行うことができます。

  • 同期を一時停止するには、右上のクラウド()アイコンをタップし、コンテキストメニューから同期を一時停止をタップします。クラウドアイコンが変化し、同期が一時停止されたことを示します。
  • 同期を再開するには、クラウドアイコンを再度タップし、コンテキストメニューから同期を再開を選択します。
同期を一時停止
同期を一時停止
同期を再開
同期を再開

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー