編集した写真を JPG、DNG、TIF、または元画像として書き出す方法を説明します。写真やアルバムを対象のユーザーと共有し、共有アルバムに投稿するように招待します。また、WHCC、Blurb、Adobe Portfolio に写真を共有することもできます。

注意:

モバイルデバイスで Lightroom を使用していますか?Lightroom mobile(iOS)での写真の保存、共有、および書き出しLightroom mobile(Android)での写真の保存、共有、および書き出しを参照してください。

グループアルバムの共有

Lightroom 2.3(2019 年 5 月リリース)で導入された機能

グループアルバムを作成して他のユーザーを招待し、投稿ができるようにする

アルバムを共有して他のユーザーを招待し、閲覧および投稿可能にすることができるようになりました。また、(アルバムの一部ではない)写真を選択し、招待によって共有し、他のユーザーにアルバムへの投稿を要求することもできます。これにより、必要な写真すべてに 1 か所で簡単にアクセスできます。

他のユーザーをアルバムに共有したり招待したりするには、次の手順に従います。

  1. アルバムパネルから既存のアルバムを選択するか、アルバムを作成します。グリッド表示で複数の写真を選択することもできます。選択をしたら、次のいずれかを実行します。

    • アルバムまたは一連の写真を Ctrl キーを押しながらクリック(macOS)/右クリック(Win)して、コンテキストメニューから共有および招待を選択します。
    • グリッドヘッダーの右上隅にある共有および招待アイコンをクリックします。
    • グリッドヘッダーの右上隅にあるをクリックし、共有および招待を選択します。
  2. アルバムが非公開になっている場合、共有および招待ダイアログボックスで共有を使用をクリックします。

  3. リンクの使用フィールドは、初期設定で招待のみに設定されています。これにより非公開リンクが作成され、招待したメンバーのみがアルバムを閲覧したりアルバムへの投稿をしたりできます。

    または、リンクの使用設定を誰でも可能に変更して、公開リンクを作成します。このリンクを使用すると誰でもアルバムを閲覧できます。

  4. をクリックしてリンクをコピーし、他のユーザーと共有します。リンクの使用設定が誰でも可能の場合、Facebook または Twitter のアイコンをクリックして、これらのソーシャルメディアサイトでアルバムを共有することもできます。

    他のユーザーを招待してアルバムの表示やアルバムへの投稿ができるようにするには、招待セクションにそのユーザーの電子メールアドレスを入力し、招待をクリックします。招待されたユーザーには、アルバムにアクセスするためのメールが送られます。

  5. 招待セクションでは、招待を送信した電子メールアドレスのリストを表示できます。各電子メールアドレスの横にあるドロップダウンリストをクリックして、そのユーザーのアルバムアクセス設定をおこないます。

    • 表示可能 招待されたユーザーは、共有アルバムを閲覧したり、写真にコメントを追加したり、お気に入りとしてマークしたりできます。
    • 投稿可能 招待されたユーザーは、共有アルバムに写真を追加したり、写真にコメントを追加したり、お気に入りとしてマークしたりできます。
    • 削除 招待されたユーザーを共有アルバムリストから削除します。
    共有および招待のアクセス設定を変更する

    招待セクションでは、ユーザーからのアクセス申請を表示できます。各リクエストの名前の横にあるをクリックしてアクセスを許可するか、をクリックしてそのユーザーのアルバムへのアクセスを拒否します。

  6. 共有および招待ダイアログボックスで、表示タブをクリックして次の設定を表示および編集します。

    • タイトル アルバムの名前が表示されます。名前を非表示にするには、選択を解除します。初期設定では、既存のアルバム名が表示されます。グリッドで一連の写真を選択した場合は、リンクを生成した日時がタイトルとして表示されます。
    • 作成者 リンクを作成したユーザーの名前が表示されます。名前を非表示にするには、選択を解除します。
    • テーマ共有に表示したい写真の配置を選択します。写真グリッド1 アップ、およびから選択できます。
    • 表示方法 暗いまたは明るいを選択して、写真の配置のカラーテーマを設定します。
  7. 設定タブでは、次の設定を編集できます。

    • 一般
      • ダウンロードを許可:この設定を選択すると、共有した写真を他のユーザーがダウンロードできるようになります。
      • メタデータを表示:この設定を選択すると、共有した写真のメタデータを他のユーザーが表示できるようになります。
      • 場所データを表示:この設定を選択すると、共有した写真の撮影場所データを他のユーザーが表示できるようになります。位置情報を非表示にするには、選択を解除します。
      • コメントといいね! を許可この設定は初期設定で選択されており、共有写真にコメントやいいね! を残すことを閲覧者に許可します。選択を解除すると、閲覧者がコメントやいいね! を残すことができなくなります。
    • リンク
      • アクセス権リクエストを許可:この設定は初期設定で選択されており、他のユーザーに共有写真を表示するアクセス権リクエストを許可します。

    注意:

    グループアルバムの共有設定を変更するには、左パネルのアイコンをクリックします。Web に共有済みパネルで写真フォルダーを展開して、共有アルバムのリストを表示します。その後、次のいずれかを実行できます。

    • 目的のアルバムを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac)して、コンテキストメニューから共有および招待を選択します。
    • グリッドヘッダーの右上隅にある共有および招待アイコンをクリックします。
    • グリッドヘッダーの右上隅にあるをクリックし、共有および招待を選択します。

  8. 完了」をクリックします。これで、グループアルバムが作成されました。

招待されたユーザーとしてグループアルバムを表示または投稿する

注意:

Lightroom デスクトップバージョン 3.1 以降では、Lightroom Web ギャラリーだけでなく、Lightroom デスクトップを使用して、投稿者として招待された共有グループアルバムに写真を投稿できます。

以前のバージョンの Lightroom デスクトップを使用している場合は、招待メールで送信される Lightroom Web ギャラリーリンクを使用して、写真を共有グループアルバムに投稿できます。

  1. アルバムの所有者から送信された招待メールを開き、「アルバムを表示」をクリックします。

  2. Lightroom デスクトップアプリケーションを起動して、左パネルの  アイコンをクリックします。

  3. 自分と共有」をクリックすると、自分と共有されたグループアルバムのリストが表示されます。目的のアルバムをクリックして表示します。

    共有グループアルバムを表示
    共有グループアルバムを表示
  4. グループアルバムの所有者によって投稿アクセス権が付与されている場合は、写真を追加できます。投稿するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • すべての写真表示に切り替え、グリッド表示を使用して追加する写真を選択します。グリッド表示で をクリックします次に、選択した写真を共有グループアルバムにドラッグ&ドロップします。
    • 自分と共有パネルで、アルバムを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「<アルバム名> を対象アルバムに設定」を選択します。次に、マイフォトまたはアルバムから追加する写真を選択し、T キーを押します。
    • ウィンドウの左上隅にある アイコンをクリックして写真を追加します。読み込み画面で、アルバムに追加ドロップダウンリストをクリックし、自分と共有/<共有グループアルバム名> を選択します。
  5. 写真の追加ダイアログボックスで、キーワード、星やフラグのレーティング、GPS 座標を含めるかどうかを選択できます。「写真を追加」ボタンをクリックします。

    写真の追加ダイアログボックス
    写真の追加ダイアログボックス

注意:

  • または、招待メールのリンクを使用して、共有グループアルバムの表示および共有グループアルバムへの投稿ができます。電子メールの本文で「アルバムを表示」ボタンをクリックすると、Lightroom Web ギャラリーで共有アルバムを表示できます。投稿するアクセス権を持っている場合(共有グループアルバムの所有者によって許可されている)は、「写真を追加」ボタンをクリックして投稿します。
  • 共有グループアルバムに投稿した写真は、追加してから 48 時間以内であれば削除できます。
  • Lightroom デスクトップバージョン 3.2 以降では、他のユーザーが共有アルバムに投稿した写真を書き出すことができます。これをおこなうには、アルバムの所有者からダウンロードアクセス権が付与されていることを確認してください。

追加のサービスを共有

Lightroom では、選択した写真やアルバムを共有し、クリエイティブな作品をオンラインプロジェクトとして、Adobe PortfolioBlurbWHCC などのサービスに公開することができます。オンラインサービスに公開するには、まず接続を追加します。

接続を追加

接続を追加するには、次の手順を実行します。

  1. 左側のペインから、共有  アイコンをクリックします。

  2. 共有パネルの接続で、接続を追加オプションを選択します。

    接続を追加
  3. オンラインサービスのリストから、接続先のサービスを選択し、「接続を追加」をクリックします。

    すべての接続

接続に写真またはアルバムを共有

Lightroom で接続を追加した後、写真やアルバムを共有して公開することができます。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 選択した写真を共有するには、グリッド表示またはフィルムストリップから 1 枚以上の写真を選択します。
    • アルバムを共有するには、左のペインでマイフォト  をクリックし、アルバムからアルバムを選択します。
  2. 選択した写真またはアルバム名を右クリック(Win)/Control キーを押しながらクリック(Mac)し、配信先/<接続名>を選択します。

    共有先
  3. 選択した写真を共有する場合は、プロジェクトの名前を入力して「続行」をクリックします。

    この手順は、アルバムを共有している場合は適用されません。

プロジェクトを表示

プロジェクトを表示するには、次の手順を実行します。

  1. 左ペインから「共有」をクリックして共有パネルを表示します。

  2. サービスに共有されている画像およびアルバムのリストを表示するには、接続を選択します。

    プロジェクトを表示

写真を公開されている共有写真のセットまたはアルバムに追加するには、次の手順を実行します。

  1. グリッド表示またはフィルムストリップで写真を選択します。

  2. 選択した写真またはアルバム名を右クリック(Win)/Control キーを押しながらクリック(Mac)し、配信先<接続名>を選択します。

  3. 表示されるダイアログボックスで、「追加」ドロップダウンから、選択した新しい写真を追加するプロジェクトを選択します。

    既存のアルバムに共有

注意:

写真を削除するには、目的の公開されている一連の写真またはアルバムのグリッドビューを開き、削除する写真を右クリック(Win)/Control キーを押しながらクリック(Mac)します。コンテキストメニューから写真を削除を選択します。これにより、選択した写真は削除されますが、公開されている一連の共有写真またはアルバムから削除されたわけではないため、引き続きすべての写真で検索できます。

接続を削除

接続を削除するには、次の手順を実行します。

  1. 共有パネルで、接続の名前を右クリック(Win)/Control キーを押しながらクリック(Mac)します。

  2. 接続を削除」を選択します。

    接続を削除

    注意:

    接続は削除されますが、すべての公開済みコンテンツは手動で削除するまでオンラインサービスに保持されます。

選択した形式で写真を書き出し

写真の書き出し先には、コンピューター上のフォルダー、接続されたドライブ、ネットワークドライブを選択できます。写真を書き出しすると、写真の編集やメタデータの変更を含む新しい画像ファイルが作成されます。

Lightroom Desktop バージョン 3.0 以降では、編集した写真を JPEG、TIF、または元画像 + 設定として書き出すことができます。Lightroom デスクトップバージョン 3.2 以降では、写真を DNG 形式で書き出すこともできます。また、「JPG 画質」、「シャープ出力」、「ファイルの名前」、「カラースペース」などの書き出しオプションを選択することもできます。

写真を書き出すには、次の手順を実行します。

  1. 写真を選択します。写真グリッド)表示または正方形グリッド)表示の場合は、書き出す写真を選択します。
    既に詳細 )表示の場合は、書き出す写真をフィルムストリップから選択します。
    複数の写真を選択するには、Shift キーまたは Cmd/Ctrl キーを押しながらクリックします。

  2. 右上隅にある共有アイコン をクリックします。

  3. 共有ダイアログボックスには、写真を JPG(小)、JPG(大)、または元画像 + 設定としてすばやく書き出すためのプリセットオプションがあります。使用する写真を選択します。次に、写真を書き出す場所を選択するようにメッセージが表示されます。

    その他の書き出しオプションにアクセスする場合は、「書き出し」をクリックします。

    共有ダイアログボックスの「書き出し」をクリックして、その他の書き出しオプションを表示します。
    共有ダイアログボックスの「書き出し」をクリックして、その他の書き出しオプションを表示します。

    次のいずれかの方法でも、その他の書き出しオプションを表示することができます。

    • Cmd+Shift+E(macOS)/Ctrl+Shift+E(Windows)を押します。
    • 選択した写真(複数可)を右クリックし、コンテキストメニューから「書き出し」を選択します。
    • メニューバーでファイル/書き出しを選択します。
  4. 書き出し画面では、次の項目を確認できます。

    ファイル形式

    JPGTIFDNG元画像 + 設定(写真をフルサイズの元画像としてとして書き出す)から選択できます。

    寸法

    以下のオプションから選択できます。

    • :保存される JPEG 写真の長さを 2048 ピクセルに制限します。幅を適切な比率で拡大・縮小し、元の縦横比が維持されます。
    • フルサイズ:選択した写真を JPEG 形式で利用可能な最高画質で書き出します。
    • カスタム:写真の長辺に所定のピクセル値を適用し、写真の元の縦横比をもとに短辺の長さを計算します。長辺の長さは 65,000 ピクセル以内であることが必要です。

    画質:

    10% ~ 100%のオプションを選択します。

    その他のオプション」をクリックして、次の内容にアクセスします。

    • すべてのメタデータを含む写真を書き出すか、著作権のみで書き出すオプション
    • ファイルの名前 書き出した写真に元の名前、カスタム名、または「日付-ファイル名」形式で名前を付けることができます。
    • シャープ出力 写真を表示する媒体とシャープ処理の量に基づいてシャープ処理の設定をおこないます。
    • カラースペース 目的の出力に基づいてカラースペースを選択します。詳細については、アプリケーション内のツールチップを参照してください。
    Lightroom での書き出し
    Lightroom デスクトップの書き出し画面

    プリセットオプションを使用して書き出し設定パネルを更新するには、画面の右上隅にある「プリセット」ドロップダウンをクリックします。

  5. 写真を書き出し」をクリックします。書き出すことを選択した写真の数が、右上隅の「書き出し」ボタンに表示されます。次に、Lightroom で場所を選択するようにメッセージが表示されます。写真を書き出すフォルダーまたは場所を選択してください。これで完了です。

アルバムをローカルに保存

Lightroom CC 1.5(2018 年 8 月リリース)で導入された機能

アルバムの写真をコンピューターにローカル保存できます。アルバムをローカルに保存すると、コンピューターがインターネットに接続されていないときも、アルバム内の写真を編集できます。例えば、インターネットがない場所に旅行中に、写真の編集作業がしたい場合があります。編集された写真は、次回インターネットに接続したときにクラウドに自動的に同期されます。

  1. ウィンドウの左上隅にあるマイフォトアイコンをクリックするか、P キーを押します。

  2. アルバムで、アルバムを右クリック(Windows)/Control キーを押しながらクリック(macOS)し、コンテキストメニューからアルバムをローカルに保存を選択します。

  3. アルバムサムネールに、アルバムがローカルに保存されたことを示すバッジ()が表示されます。

Facebook で写真を共有

警告:

Lightroom から Facebook への写真のアップロードはできなくなりました。詳しくは、このテクニカル情報を参照してください。