部分補正の適用を写真に適用します。部分補正、カラーと階調の調整およびカメラレンズの補正を使用して、写真を強化します。プリセットとプロファイルを操作します。

ルーペ表示のパネル

ルーペ表示で写真を開くと、次のパネルで作業することを選択できます。

編集

ホワイトバランス、色温度、露光量などの各種スライダーコントロールを使用することで、ワンタッチで写真を手動編集できます。写真を切り抜き、写真の特定の部分に対して部分補正を適用します。

詳しくは、編集パネルを参照してください。

情報

写真のタイトル、説明、著作権を変更します。写真の評価とフラグを設定します。写真に関連付けられたメタデータを表示します。写真が入っている人物クラスターと、その写真に関連付けられているキーワードを表示します。詳しくは、情報パネルを参照してください。

評価とレビュー

アルバムを順番に切り替えて、写真の評価とフラグをすばやく設定します。詳しくは、評価とレビューパネルを参照してください。

部分補正の適用

編集パネルの部分補正コントロールで、写真の特定の領域を補正することができます。例えば、ポートレートで顔を明るくして際立たせたい場合があります。部分的な補正をするには、ブラシ選択ツール、円形の選択範囲ツール、および線形の選択範囲ツールを使って、調整を適用できます。

  • ブラシ選択ツールを使用すると、ブラシで画像の特定の部分を選択し、露光量、明瞭度、明るさなどの調整を写真の選択した領域に適用できます。
  • 円形の選択範囲ツールを使用すると、露光量、明瞭度、明るさなどの調整を、写真の特定の領域に選択的に適用できます。その領域の形状および寸法を調整することができます。
  • 線形の選択範囲ツールを使用すると、写真の特定の領域に、上記の調整を段階的に適用できます。適用領域は自由に広げたり狭めたりできます。

選択範囲編集は非破壊的編集で、写真に永続的に適用されるものではありません。

  1. ルーペ表示の編集パネルで、画面下部の部分補正アイコンをタップします。

  2. 左上隅に表示される「+」プラスアイコンをタップし、部分補正ツール(ブラシ選択円形グラデーション、または線形グラデーション)のいずれかを選択します。

    Lightroom CC mobile Android の部分補正ツール
    部分補正ツール

    A. ブラシ選択 B. 円形グラデーション C. 線形グラデーション 
  3. ブラシ選択

    ブラシ選択ツールでは、写真の目的の領域にブラシをかけます。

    Lightroom CC mobile Android のブラシ選択
    ブラシ選択ツールを使って部分補正を適用

    A. ブラシ B. 消しゴム C. サイズ D. ぼかし E. 流量 
    • 写真上のマスクを移動して位置決めするには、マスクの中央にある青いピンをドラッグします。
    • 消しゴムツールを使用して、マスク領域を微調整または消去します。
    • ブラシ選択/消去ツールのサイズ、ぼかし、または流量を変更するには、左側の対応するコントロールをタッチし、画面上で上下にドラッグして値を調整します。
      • サイズブラシの先の径をピクセル単位で指定します。
      • ぼかし.ブラシがあたった範囲とその周りのピクセルとの間に、エッジをぼかした移行部分を作成します。
      • 流量.補正の適用率を制御します。

    注意:

    赤のマスキングは、部分補正が適用される領域を表します。

    線形グラデーション

    写真をタップして、線形グラデーションオーバーレイを確認します。

    線形の選択範囲ツールを使って部分補正を適用
    線形グラデーションツールを使って部分補正を適用
    • 写真を移動して位置決めするには、オーバーレイの中央にある青いピンをドラッグします。
    • 中央の白い線にタッチして回転させ、オーバーレイの傾き(角度)を調整します。
    • 効果を対象範囲の端で最も強くするには、外側の白い線のいずれかを写真の縁の方へドラッグします。写真の中央に向けてドラッグすると、効果が弱くなります。
    • 消しゴムツールを使用して、マスク領域を微調整または消去します。

    注意:

    赤のマスキングは、部分補正が適用される領域を表します。

    円形グラデーション

    写真をタップして、円形グラデーションオーバーレイを確認します。

    円形グラデーション
    円形グラデーションツールを使って部分補正を適用
    • 写真のオーバーレイを移動して位置決めするには、選択オーバーレイの中央にある青いピンをドラッグします。
    • サイズと形状を調整するには、オーバーレイの左、右、下部の白いピンをドラッグします。
    • 円形選択オーバーレイのぼかしを調整するには、上部のグレーのピンをタップし、画面を上または下にスワイプします。スワイプすると、画面上部にぼかし値(%)が表示されます。
    • 円形選択オーバーレイの外側に編集を適用する、または円形選択マスクを反転させるには、次の手順を実行します。
      1. 円形選択オーバーレイの中央にある青いピンを長押しします。
      2. 表示されるマスクオプションコンテキストメニューから、マスクを反転を選択します。
    • 消しゴムツールを使用して、マスク領域を微調整または消去します。

    注意:

    赤のマスキングは、部分補正が適用される領域を表します。

  4. 別の選択マスクの追加

    別の選択オーバーレイを追加するには、左上隅にある「+」アイコンをクリックして別の選択ツールを選択します。

    マスクオプション

    ブラシ選択円形グラデーション線形グラデーションオーバーレイの中央にある青いピンを長押しして、マスクオプションコンテキストメニューを表示します。

    • マスクを反転:このオプションは、円形グラデーションツールでのみ使用できます。円形グラデーションオーバーレイ内部または外部のマスク領域を切り替えます。
    • マスクを複製:選択マスクオーバーレイのコピーを作成して、写真の上に配置します。
    • マスクをリセット:選択マスクに適用された編集をリセットします。
    • マスクを削除:選択マスクを削除します。

     

    部分補正 - マスクオプション
    部分補正 - マスクオプション

  5. 選択マスクを配置した後、下部に表示された編集タイルのライトカラー効果詳細レンズのいずれかをタップします。ポップアップメニューのスライダーコントロールを使用して、写真の特定部分に編集を適用します。

  6. アイコンをタップして、補正前表示を表示します。

    編集を確認するには、 アイコンをタップします。

スポットと不要な被写体の削除

修復ブラシツールを操作して、不要なスポット、電線、人、被写体またはその他の同様なオブジェクトを写真から削除します。

  1. ルーペ表示の編集パネルで、画面下部の「修復」アイコンをタップします。

  2. 次のいずれかの修復ブラシツールを選択します。

    修復:ソース領域からテクスチャを借用して、写真のターゲット領域のカラーと階調に合わせます。

    クローン:写真のソース領域からターゲット領域にピクセルを再現します。

    修復ツールとクローンツールのいずれも、ソース領域からターゲット領域に借用したテクスチャを転送します。ただし、修復ツールは、ターゲット領域を囲むカラーと階調を考慮して、すべてをブレンドします。クローンは、ソース領域からターゲット領域にピクセルを正確に再現します。

    修復ツールを使用した写真からの不要なオブジェクトの削除
    修復ツールを使用した写真からの不要なオブジェクトの削除(例では人物)

    A. 修復 B. コピースタンプ C. サイズ D. ぼかし E. 不透明度 F. 削除 G. ターゲット領域 H. ソース領域 I. 画面コントロールを非表示にして写真の編集を表示 

    修復ツールまたはクローンツールを選択した状態で、削除または修正する写真内のオブジェクトにブラシをかけます。写真内のオブジェクトにブラシをかけると、2 つの白色マーキー領域が表示されます。ペイントしたオブジェクト上にある 1 つの白色マーキー領域は、ターゲット領域を示します。ターゲット領域を指す矢印の付いた別の白色マーキー領域は、ソース領域を示します。

    必要に応じて、選択した修復ツールのサイズ、ぼかし、または不透明度を変更します。

    • サイズブラシの先の径をピクセル単位で指定します。
    • ぼかし.ターゲット領域のブラシがあたった領域とその周りのピクセルとの間の、エッジをぼかした移行部分を調整します。
    • 不透明度:ターゲット領域に適用される不透明度を調整します。
    モバイルデバイスを使用している場合は、左側のコントロールをタッチして、画面上で上下にドラッグして値を調整します。タブレットデバイスを使用している場合は、コントロールスライダーを使用して、値を調整します。

  3. 写真上のソース領域またはターゲット領域を移動して位置決めするには、その領域の中央にある青いピンをドラッグします。

    全画面で写真の編集を表示するには、画面の右上隅にあるアイコン()をタップし、画面コントロールと白色マーキーのソース領域およびターゲット領域を非表示にします。

    修復オプション

    修復オプションのコンテキストメニューを表示するには、ターゲット領域またはソース領域の中央にある青色のピンを長押しします。

    • ツールを切り替えるには、コンテキストメニューから「修復」または「クローン」を選択します。
    • 削除:選択したソース領域とターゲット領域のペアを削除します。
    • 修復ブラシをリセット修復ツールを使用して行ったすべての調整をリセットして削除します。
  4. 写真を長押しして、補正前表示を表示します。

    編集を確認するには、 アイコンをタップします。

    取り消しまたは やり直しのアイコンをタップして、編集を戻したり先に進めたりします。1 度に 1 ステップ処理できます。

写真を切り抜き

  1. ルーペ表示の編集パネルで、画面下部の切り抜きアイコンをタップします。

  2. 画面下部に、使用可能な切り抜きオプションがタイルとして表示されます。左右にスワイプしてすべてのタイルを表示します。タイルをタップして対応するオプションを適用します。

    Adobe Photoshop Lightroom mobile(Android)での写真の切り抜き
    Adobe Photoshop Lightroom mobile(Android)での写真の切り抜き

  3. オプションを追加するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 「縦横比」タイルをタップして、使用できる切り抜き縦横比のいずれかを選択します。
    • 「縦横比ロック」タイルをタップして、プリセット縦横比なしで切り抜きます。
    • 自動角度補正」タイルをタップして、写真の角度を自動的に補正します。
    • 左回転」タイルをタップして、写真を反時計方向に 90 度回転します。
    • 右回転」タイルをタップして、写真を時計方向に 90 度回転します。
    • 水平方向に反転」タイルをタップして、写真を水平に反転します。
      垂直方向に反転」タイルをタップして、写真を垂直に反転します。
    • 切り抜きガイドの端と隅をドラッグして、シェイプを変更して切り抜きのサイズを変更します。
    • 切り抜きホイールをドラッグして、特定の角度で写真を切り抜きます。切り抜きホイールは、-45 ~ 45 度の範囲でドラッグできます。
    • 切り抜きガイド内をタップしてドラッグし、再配置します。
  4. 編集を確認するには、 アイコンをタップします。

写真のプロファイルの操作

プロファイルを使用すると、写真の色や色調をコントロールできます。プロファイルは、画像の編集をおこなうための出発点または基盤としての役割を果たすことを目的としています。

プロファイルの適用

注意:

Lightroom mobile(Android)3.5 および Lightroom desktop 1.4(2018 年 6 月リリース)以降では、プリセットおよびプロファイル(サードパーティ、カスタムユーザープリセットおよびプロファイルを含む)は、Lightroom デスクトップおよび Lightroom mobile で自動的に同期されます。

ただし、カスタムユーザープリセットとプロファイルは Lightroom Classic と同期されません。

写真でプロファイルを適用しても、他の編集コントロールスライダーの値が変更されたり、上書きされたりするわけではありません。このため、好きなように写真を編集してから、編集した画像の上でプロファイルを適用することもできます。

プロファイルを参照および適用するには、次の手順を実行します。

  1. ルーペ表示の編集パネルで、画面下部のプロファイルアイコンをタップします。

    次のスクリーンショットを参照してください。Adobe Raw をタップすると、プロファイルグループメニューが表示されます。

     

    プロファイルの参照および適用
    Adobe Raw をタップすると、プロファイルグループメニューが表示されます。
    プロファイルグループの選択
    RAW 写真に使用可能なプロファイルグループ。

    注意:

    写真を読み込むと、カラー写真および白黒写真にはデフォルトでそれぞれ Adobe Color プロファイルおよび Adobe Monochrome プロファイルが適用されます。

  2. メニューから任意のプロファイルグループをタップして選択して、そのグループで使用可能なプロファイルを表示します。

    お気に入り:

    お気に入りとしてマークされているプロファイルを表示します。お気に入りへのプロファイルの追加を参照してください。

    基本:

    このプロファイルグループは、非 RAW の写真に対してのみ使用でき、2 つのプロファイルオプション(カラーとモノクロ)があります。

    RAW 写真用のプロファイル

    RAW 写真を編集しているときは、次のプロファイルグループが表示されます。

    Adobe Raw:Adobe Raw プロファイルは、カラーレンダリングを大幅に向上させるので、RAW 画像を編集するための良い出発点となります。Adobe Color プロファイル。あらゆる画像に優れたカラー/階調のバランスを提供するように設計されています。Lightroom に読み込んだ RAW 写真にデフォルトで適用されます。

    カメラマッチング:RAW 写真のカメラのメーカー/機種に基づいてプロファイルを表示します。カメラのディスプレイ画面に表示されるものと一致するカラーレンダリングを RAW ファイルで求める場合は、カメラマッチングプロファイルを使用します。

    レガシー:以前のバージョンの Lightroom アプリでも提供されていたレガシープロファイルを表示します。

    RAW および非 RAW 写真用のクリエイティブプロファイル

    クリエイティブプロファイルは、RAW 写真、JPEG、TIFF など任意のファイルタイプに対して機能します。これらのプロファイルは、写真に特定のスタイルや効果を作成するように設計されています。

    アート:写真の色の変化を強くしてカラーレンダリングの輪郭をはっきりさせたい場合は、これらのプロファイルを使用します。

    白黒:白黒の作品に要求される最適な階調シフトを得るには、これらのプロファイルを使用します。

    モダン:これらのプロファイルを使用して、モダンな写真スタイルに溶け込む独自の効果を作成するには、これらのプロファイルを使用します。

    ビンテージ:ビンテージ写真の効果を再現するには、これらのプロファイルを使用します。


    注意:

    アート白黒モダンビンテージプロファイルのいずれかを適用すると、Lightroom mobile にプロファイルの強さをコントロールするための適用量スライダーが追加表示されます。

  3. プロファイルのサムネール上で左右にスワイプすると、選択したプロファイルグループの下にあるすべてのプロファイルを参照できます。

    プロファイルをタップして写真に適用します。 

  4. 写真を長押しして、補正前表示を表示します。

    編集を確認するには、 アイコンをタップします。

    取り消しまたは やり直しのアイコンをタップして、編集を戻したり先に進めたりします。1 度に 1 ステップ処理できます。

お気に入りへのプロファイルの追加

プロファイルをお気に入りプロファイルグループに追加するには、プロファイルのサムネールを長押しします。プロファイルが現在選択されている場合は、プロファイルのサムネールの右上隅に表示されている、グレーの星アイコンをタップすることもできます。

プロファイルのサムネールの右上隅にある白い星アイコンは、お気に入りのプロファイルを示しています。

プロファイルの管理

プロファイルを管理」オプションを使用すると、Adobe Raw、カメラマッチング、レガシー、アート、白黒、モダン、ビンテージ、または読み込んだその他のプロファイルなどの、プロファイルメニューに表示される様々なプリセットグループの表示/非表示を切り替えられます。

プロファイルを管理」オプションを使用して、初期設定では非表示になっている従来の Lightroom プロファイルグループを表示することもできます。

プロファイルグループの表示/非表示を切り替えるには、次の手順に従います。

注意:

プロファイルグループの表示/非表示設定は、それぞれのデバイスまたはコンピューターに対して固有となります。例えば、Lightroom mobile で一部のプロファイルグループを非表示にして、その他のモバイルデバイスまたはデスクトップの Lightroom では表示するようにしたり、またはその逆の設定も可能です。 

  1. ルーペ表示の編集パネルで、画面下部のプロファイルアイコンをタップします。

  2. プロファイルポップアップメニューの右上隅にある 3 点()アイコンをタップして 「プロファイルを管理」を選択します。

  3. プロファイルを管理画面で、プロファイルメニューに表示するプロファイルグループをオンに切り替えます。プロファイルメニューから非表示にするプロファイルグループをオフに切り替えます。

    右上隅にあるチェックマーク()アイコンをタップします。

プロファイルメニューに、「プロファイルを管理」オプションでオンにしたプロファイルグループのみが表示されるようになります。

写真のプリセットの操作

プリセットを使用すると、すべてのスライダーまたは選択したスライダーの位置を事前に決定して、それらを写真に適用できます。また、写真を好みに合わせて編集し、そのスライダーの位置の正確な組み合わせを保存して、他の写真に適用することもできます。

プリセットの適用

  1. ルーペ表示の編集パネルで、画面下部のプリセットアイコンをタップします。

  2. 使用可能なプリセットは、カラークリエイティブ白黒カーブ粒子シャープ、および周辺光量補正のようにグループ化されています。グループを選択して、対応するプリセットを表示します。

    プリセットをタップして、写真に適用します。

    注意:

    Lightroom mobile(Android)3.5 および Lightroom desktop 1.4(2018 年 6 月リリース)以降では、プリセットおよびプロファイル(サードパーティ、カスタムユーザープリセットおよびプロファイルを含む)は、Lightroom デスクトップおよび Lightroom mobile で自動的に同期されます。

    ただし、カスタムユーザープリセットとプロファイルは Lightroom Classic と同期されません。

    Lightroom CC mobile のプリセットグループ
    クリエイティブプリセットが表示されたプリセットメニュー(Android)

  3. 写真を長押しして、補正前表示を表示します。

    編集を確認するには、 アイコンをタップします。

    取り消しまたは やり直しのアイコンをタップして、編集を戻したり先に進めたりします。1 度に 1 ステップ処理できます。

ユーザープリセットの作成

注意:

Lightroom mobile(Android)3.5 および Lightroom desktop 1.4(2018 年 6 月リリース)以降では、プリセットおよびプロファイル(サードパーティ、カスタムユーザープリセットおよびプロファイルを含む)は、Lightroom デスクトップおよび Lightroom mobile で自動的に同期されます。

ただし、カスタムユーザープリセットとプロファイルは Lightroom Classic と同期されません。

  1. ユーザープリセットを作成する写真をルーペ表示で開きます。次のいずれかの操作をおこないます。

    • ルーペ表示で、画面の右上隅にある 3 点()アイコンをタップしてオプションメニューを表示します。次に、「プリセットを作成」を選択します。
    • ルーペ表示の編集パネルで、画面下部のプリセットアイコンをタップします。プリセットポップアップ画面の右上隅にある 3 点()アイコンをタップして、「プリセットを作成」を選択します。
  2. 新規プリセット画面で、以下を指定します。

    プリセット名:希望のプリセット名を入力します。

    プリセットグループ:初期設定では、カスタムプリセットはユーザープリセットグループに保存されます。「新規プリセットグループを作成」オプションを使用して、新しいグループを作成することもできます。

  3. 次に、プリセットとして保存する編集設定を選択します。

    選択ポップアップメニューをクリックして、次のいずれかのオプションを選択します。

    • すべて:すべての編集設定グループを選択します。
    • 初期設定:編集設定の初期設定のセットを選択します。ツール、レンズ、およびジオメトリ設定は、初期設定では除外されます。
    • 修正済み:選択した写真に適用した編集設定を選択します。特定の編集設定を選択または選択解除するには、編集設定グループの横にあるチェックボックスをタップします。
    • なし:すべての編集設定の選択を解除します。

    編集パネルで「自動」オプションを選択すると、「初期設定」および「修正済み」オプションの選択ポップアップメニューで「自動設定」が有効になります。

    アイコン()をタップして、編集設定グループ内を移動して、サブメニューから特定の設定を選択することもできます。例えば、ライト設定グループ内を移動して、サブメニューの露光量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白、黒、トーンカーブから任意の設定を選択または選択解除できます。

  4. 必要な編集設定を選択した後、右上隅にあるチェックマーク()アイコンをタップします。

    これで、プリセットメニューで、新規プリセットが使用できるようになりました。

ユーザープリセットの更新、移動または削除

  1. ルーペ表示の編集パネルで、画面下部のプリセットアイコンをタップします。

  2. プリセットポップアップメニューで、更新、移動または削除するユーザープリセットを見つけます。そのユーザープリセットの横にある 3 点()アイコンをタップして、次のいずれかのオプションを選択します。

    更新プリセットを更新画面で、必要に応じてユーザープリセットに含める編集設定を変更します。

    選択ポップアップメニューをクリックして、次のいずれかのオプションを選択します。

    • すべて:すべての編集設定グループを選択します。
    • 初期設定:編集設定の初期設定のセットを選択します。ツール、レンズ、およびジオメトリ設定は、初期設定では除外されます。
    • 修正済み:編集設定を手動で選択します。特定の編集設定を選択または選択解除するには、編集設定グループの横にあるチェックボックスをタップします。
    • なし:すべての編集設定の選択を解除します。
    アイコン()をタップして、編集設定グループ内を移動して、サブメニューから特定の設定を選択することもできます。例えば、ライト設定グループ内を移動して、サブメニューの露光量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白、黒、トーンカーブから任意の設定を選択または選択解除できます。

    必要な編集設定を変更した後、右上隅にあるチェックマーク()アイコンをタップします。

    名前変更:プリセット名の変更画面で、必要に応じてプリセット名を変更します。

    プリセット名を変更した後、右上隅にあるチェックマーク()アイコンをタップします。

    移動:このオプションを選択して、対応するチェックボックスをタップすることで、ユーザープリセットを既存のプリセットグループまたは新しいプリセットグループに移動します。目的のプリセットグループを選択したら、画面の下部にある「移動」をタップします。

    新しいプリセットグループを作成する方法の詳細については、「プリセットの作成」を参照してください。

    削除このオプションを選択すると、同期されているすべてのデバイスからユーザープリセットが完全に削除されます。

プリセットの管理

プリセットを管理」オプションを使用すると、プリセットメニューのカラー、クリエイティブ、白黒、カーブ、粒子、シャープ、周辺光量補正、およびユーザープリセットに表示されるさまざまなプリセットグループの表示/非表示を切り替えられます。

プリセットを管理」オプションを使用して、初期設定では非表示になっている従来の Lightroom プリセットグループを表示することもできます。

プリセットグループの表示/非表示を切り替えるには、次の手順に従います。

注意:

プリセットグループの表示/非表示設定は、それぞれのデバイスまたはコンピューターに対して固有となります。例えば、Lightroom mobile で一部のプリセットグループを非表示にして、その他のモバイルデバイスまたはデスクトップの Lightroom では表示するようにしたり、またはその逆の設定も可能です。 

  1. ルーペ表示の編集パネルで、画面下部のプリセットアイコンをタップします。

  2. プリセットポップアップ画面の右上隅にある 3 点()アイコンをタップして、「プリセットを管理」を選択します。

  3. プリセットを管理画面で、プリセットメニューに表示するプリセットグループをオンに切り替えます。プリセットメニューから非表示にするプリセットグループをオフに切り替えます。

    右上隅にあるチェックマーク()アイコンをタップします。

プリセットメニューに、「プリセットを管理」オプションで切り替えたプリセットグループのみが表示されるようになりました。

プリセットの複製処理

同じプリセットグループで同じ名前の重複プリセットを作成しようとすると、プリセット名を複製ダイアログボックスが開き、次のオプションが表示されます。

  • 置き換え - このオプションを選択すると、グループで同じ名前がある場合、最新のプリセットのみが保持されます。
  • 複製 - このオプションを選択すると、グループで同じ名前がある場合、2 つのプリセットが同じ名前で保持されます。
  • 名前変更 - このオプションを選択すると、初期設定で名前に数値の拡張子を追加するか、名前を変更することができます。

一部互換性のあるプリセットを非表示

プリセットパネルでは、特定のプリセットが斜体で表示されます。これは、一部互換性のあるプリセットを示しています。つまり、これらのプリセットに関連付けられているプロファイルは、別のカメラ用です。これらの一部互換性のあるプリセットは、プリセットパネルで非表示にすることができます。次の手順を実行します。

  1. ルーペ表示で写真を開き、編集パネルでプリセット)をタップします。

  2. プリセットパネルにある 3 点()アイコンをタップして、オプションメニューを表示します。

  3. 一部互換性のあるプリセットを表示」をタップして、プリセットパネルにある一部互換性のあるプリセットを非表示にします。

    初期設定では「一部互換性のあるプリセットを表示」はオン
    3 点アイコンをタップして、オプションにアクセスします。初期設定では、「一部互換性のあるプリセットを表示」はオンになっています。

宛先後ですべてのプリセットをもう一度表示するには、「一部互換性のあるプリセットを表示」をタップします。

写真の階調範囲の調整

自動設定を適用

ルーペ表示の編集パネルで、自動アイコンLightroom mobile により、露光量コントラストハイライトシャドウ彩度自然な彩度の各スライダーコントロールの指定に即した最適な編集が、写真に自動で適用されます。

Lightroom mobile の自動設定機能では Adobe Sensei を使用して、写真の光やカラーの特徴を基に、調整がインテリジェントに適用されます。

  • また、自動設定機能には、トリミングが適用された後でも写真の調整を最適化する機能があります。
  • アプリ内蔵カメラを使用して HDR 画像を撮影する場合、Lightroom mobile では処理された写真に自動設定を自動的に適用します。 

写真の階調を調整

ライトメニューの階調コントロールを使用して、画像の全体的な色調を調整できます。作業する場合は、ヒストグラムの両端に注目してください。

ルーペ表示の編集パネルで、画面の下部にあるライトアイコンをタップして、階調コントロールを表示します。露光量コントラストハイライトシャドウ彩度自然な彩度の各スライダーコントロールを調整して、目的の編集を写真に適用します。

ライトメニューの階調コントロールを使用した階調の調節
ライトメニューの階調コントロールを使用した階調の調節

トーンカーブを使用した写真の階調の調整

ライトメニューのトーンカーブグラフは、写真の階調に対する変更を表しています。

ルーペ表示の編集パネルで、ライトアコーディオンをタップしてから、カーブをタップします。

注意:

ルーペ表示で写真のヒストグラムを表示するには、右上隅の()アイコンをタップし、表示されるメニューからヒストグラムを表示オプションを有効にします。これで、階調コントロールの調整時、ヒストグラムを確認できます。

横軸は元のトーン値(入力値)を示します。左端がブラックを表し、右に行くほど明るい値になります。縦軸は補正後の階調値(出力値)を表し、原点がブラックで、上に行くほど明るい値になります。このトーンカーブを使用して、写真に対して行った階調補正をさらに微調整できます。

Adobe Photoshop Lightroom CC mobile(Android)でトーンカーブを使用
(左)写真の全体的なトーンカーブグラフ。(右)レッドチャンネルのポイントカーブ

トーンカーブ上の個々のポイントに、赤、緑、または青の各チャンネルを個別に調整することも、3 つのチャンネルを同時に調整することもできます。

  • ポイントを追加するには、タップします。ポイントを削除するには、ポイントをダブルタップします。
  • ポイントを編集するには、ポイントをドラッグします。 

関連情報については、トーンカーブを使用した階調の微調整を参照してください。

画像のカラーの微調整

ルーペ表示の編集パネルのカラーメニューでは、以下の処理を実行するコントロールが提供されます。

  • プリセットオプションを選択するか、写真のニュートラル領域 を指定して、ホワイトバランスを設定します。
  • 色温度コントロールと色かぶり補正コントロールを使用して、ホワイトバランスを微調整します。
  • 自然な彩度コントロールまたは彩度コントロールを調節して、画面全体の色の彩度(色の鮮やかさや純度)を変更できます。
  • 写真を B&W(グレー)色調に変換します。
  • 色相彩度輝度(HSL)スライダーを使って写真の個々の色域指定を調整し、画像の色を微調整します。
    • ターゲット調整ツールを使って、写真の特定の色を調整します。画像をタップしてドラッグし、指先で色域指定を変更できます。

写真への効果の適用

  1. ルーペ表示の編集パネルで、画面下部の効果アイコンをタップして、コントロールを表示します。

  2. 効果スライダーを調整します。

    テクスチャ

    写真のテクスチャ加工されたディテールをスムーズにしたり、強調したりします。ディテールをスムージングするにはスライダーを左に動かし、強調するにはスライダーを右に動かします。テクスチャスライダーを調整しても、色や諧調は変更されません。

    明瞭度

    部分的なコントラストを増やして画像の奥行きを強調します。効果を最大限にするには、画像のエッジ付近にハロが現れるまで設定を上げてから、設定を少し下げます。

    この設定を使用するときは、100% 以上の倍率までズームインすることをお勧めします。ズームインするには、写真をダブルタップするか、外側に広げるジェスチャーを使用します。

    かすみの除去

    写真のかすみの量を調整します。かすみを除去するには右にドラッグし、かすみを追加するには左にドラッグします。

    周辺光量補正

    芸術的な効果を写真に与えるために、周辺光量を暗くしたり明るくしたりします。負の値にすると、写真の四隅が暗くなります。正の値にすると、四隅が明るくなります。

    関連情報については、周辺光量補正、粒子、かすみ除去の効果を参照してください。

    粒子の適用量

    写真にリアルなフィルム粒子効果を追加します。粒子を追加するには、スライダーを右にドラッグします。粒子を追加するときは、サイズスライダーと粗さスライダーを使用して、粒子のサイズと粗さをコントロールすることもできます。

  3. をタップすると、明暗別色補正コントロールが表示されます。これらのコントロールを使用すると、シャドウハイライトに別々の色を適用する、明暗別色補正効果を作り出すことができます。

    • ハイライトシャドウは、色相(H)スライダーと彩度(S)スライダーで調整します。色相スライダーは階調表示の基本色を設定し、彩度スライダーは適用する効果の強度を設定します。
    • バランススライダーで、「ハイライト」領域のスライダーと「シャドウ」領域のスライダーによる効果のバランスを設定します。正の値を指定すると、「ハイライト」領域のスライダーの設定効果が高くなり、負の値を指定すると、「シャドウ」領域のスライダーの設定効果が高くなります。

ノイズ軽減を適用して写真をシャープにする

Adobe Photoshop Lightroom mobile では、写真をシャープにしてエッジの鮮明度を強化し、写真のディテールを引き出すことができます。

画質を劣化させる余分な目に見える斑点を取り除くことによって、画像のノイズを減らすことができます。画像のノイズには、画像の粒子を粗く見せる輝度(グレースケール)ノイズと、通常は画像内にカラーの斑点として表示される彩度(カラー)ノイズがあります。高い ISO 速度で撮影した写真は、目立つノイズが発生する可能性があります。

  1. ルーペ表示の編集パネルで、画面下部の詳細アイコンをタップします。

    Adobe Photoshop Lightroom CC mobile(Android)のノイズ軽減とシャープネスコントロール
    ノイズ軽減とシャープネスコントロール

    注意:

    部分補正を適用する場合、ディテールメニューでノイズシャープコントロールのみが使用可能です。

  2. 以下の任意のコントロールを調整します。

    シャープのコントロール

    • シャープ:エッジの鮮明度を調整します。スライダーの値を大きくすると、画像がよりシャープになります。値を 0 にすると、シャープがオフになります。一般に、ノイズの少ない画像の場合、スライダーは低めの値に設定します。この調整では、指定した基準に基づいて周囲のピクセルと異なるピクセルを検索し、そのピクセルのコントラストを指定した量だけ増やします。
    • 半径:シャープを適用するディテールのサイズを調整します。ディテールが非常に細かい写真の場合は、半径を小さくします。ディテールがそれほど細かくない写真の場合は、半径を大きく設定して構いません。半径を大きくしすぎると、不自然な画像になります。
    • ディテール:画像内で出現頻度の高い情報にシャープをかける度合いと、シャープ処理によってエッジを強調する度合いを調整します。値を下げると、エッジがシャープになり、ぼやけた部分が除去されます。値を上げると、画像内のテクスチャがより鮮明になります。
    • マスク:エッジのマスクをコントロールします。設定を 0 にすると、画像のすべての要素に同じ量のシャープネス処理が適用されます。設定を 100 にすると、最も強いエッジの周囲にだけシャープネス処理が適用されます。

    輝度ノイズ軽減のコントロール

    • ノイズ軽減:スライダーの値を大きくすると、輝度ノイズが軽減されます。
    • ディテール:輝度ノイズのしきい値をコントロールします。ノイズの多い写真に便利です。値を上げるとディテールが保持されますが、ノイズが目立つ結果になることがあります。値を下げるとノイズは少なくなりますが、ディテールが失われる場合があります。
    • コントラスト:輝度のコントラストをコントロールします。ノイズの多い写真に便利です。値を上げるとコントラストが保持されますが、斑点やまだらな模様が目立つ結果になることがあります。値を下げると結果はスムーズになりますが、コントラストが失われる場合があります。

    カラーノイズ軽減のコントロール

    • カラーノイズ軽減:スライダーの値を大きくすると、カラーノイズが軽減されます。
    • ディテール:カラーノイズのしきい値を指定します。値を上げると幅の狭い詳細なカラーのエッジを保護できますが、カラーが斑点状になることがあります。値を下げるとカラーの斑点はなくなりますが、カラーがにじむことがあります。
    • 滑らかさ:カラーノイズを低減するときに画像に適用するスムージングの量をコントロールします。

一般的なカメラレンズのゆがみの修正

カメラのレンズは、特定のレンズ焦点距離、F-Stop および焦点距離によって、様々なタイプのゆがみを示すことがあります。編集パネルのレンズアイコンに用意されている「色収差を除去」および「レンズプロファイル補正」オプションを使用して、選択した写真のこのような問題を修正または最小化できます。

  1. ルーペ表示の編集パネルで、画面の下部にあるレンズアイコンをタップします。

  2. 色収差は、オブジェクトのエッジに沿って色の縁取りができるゆがみです。これは、色の違いによるレンズの焦点の位置ずれ、センサーのマイクロレンズの収差およびフレアによって発生します。

    色収差を除去:

    選択した写真の色収差を除去するには、レンズパネルの「色収差を除去」オプションを有効にします。

  3. Lightroom mobile には、幾何学ゆがみや口径食(ケラレ)などの一般的な色収差を補正するのに使用可能な数多くのレンズプロファイルがあります。プロファイルは、写真の撮影に使用されたカメラとレンズを識別するメタデータに基づいていて、それに応じて補正をおこないます。

    レンズプロファイル補正:

    レンズパネルの「レンズプロファイル補正」オプションを有効にして、写真のメタデータに含まれているカメラ機種、レンズ焦点距離、F-Stop および焦点距離情報に基づいて、一致するレンズプロファイルを自動的に選択します。

    内蔵のレンズプロファイルがサポートされているカメラ
    パナソニック、オリンパス、その他のカメラ(フジ X、ライカ Q、キヤノンの多くのポイントアンドシュートモデル)を含むすべての Micro 4/3(MFT)レンズおよびカメラのレンズ補正は、ユーザー操作なしで自動的におこなわれます。使用しているレンズが自動的にサポートされている場合、Lightroom mobile のレンズパネルに「内蔵のレンズプロファイルを適用しました」というメッセージが表示されます。

  4. (オプション)Lightroom mobile で一致するレンズプロファイルが自動的に検索できない場合は、次の手順を実行します。

    1. プロファイルを手動で選択」をタップします。
    2. レンズプロファイルパネルで、メーカー、モデルおよびプロファイルを選択します。

    Lightroom で自動適用された一致するレンズプロファイルを変更する場合は、次の手順を実行します。

    1. 現在のレンズプロファイル名をタップします。
    2. レンズプロファイルパネルで、メーカー、モデルおよびプロファイルを選択します。
      Lightroom で自動適用された一致するレンズプロファイルに戻す場合は、「自動選択」をタップします。

    使用できるレンズプロファイルは、調整しているのが RAW ファイルか非 RAW ファイルかに応じて異なります。サポートされているレンズの一覧については、「サポートされているレンズ」を参照してください。

  5. レンズプロファイルの下にある次のスライダーを調整することで、プロファイルで適用される補正をカスタマイズできます。

    ゆがみ補正:

    初期設定値である「100」の場合は、プロファイルのゆがみ補正が 100% 適用されます。100 を超える値にするとゆがみ補正量が多くなり、100 より小さい値にすると、ゆがみ補正量が少なくなります。

    周辺光量調整:

    初期設定値である「100」の場合は、プロファイルの周辺光量補正が 100% 適用されます。100 を超える値にすると周辺光量補正量が 多くなり、100 より小さい値にすると、周辺光量補正量が少なくなります。

幾何遠近法の補正

写真の撮影時に、被写体との距離が近かったり、特定のタイプのレンズの場合、射影歪みが発生し、直線が曲がったり、傾いたり、ゆがんだりすることがあります。例えば、高層ビルを撮影する場合、ビルが後方に傾いているように見える場合があります。Upright モードとジオメトリパネルのジオメトリスライダーツールを使用すれば、写真の遠近法を簡単に補正および調整できます。

Upright モードには、4 つの遠近法の自動補正オプション(自動、水平方向、垂直方向フル)と、手動のガイド付きオプションがあります。調整は、ジオメトリスライダーを使用しておこなうこともできます。

  1. 幾何ゆがみが発生している写真を 1 枚選択します。

    (推奨)ルーペ表示の編集パネルで、画面下部にあるレンズアイコンをタップして、「 レンズプロファイル補正」オプションを有効にします。

    幾何ゆがみが発生している写真
    幾何ゆがみが発生している写真
  2. 画面下部のジオメトリアイコンをタップします。

    Upright メニューでオプションを選択して、写真に次のいずれかの補正を適用します。

    • ガイド付き:写真に 2~4 本のガイドを描いて、遠近法を補正します。
    • 自動:画像全体のバランスを取りながら、できる限り元の画像の状態を保持しつつ、垂直方向と水平方向の両方の遠近法を補正します。
    • 水平方向:水平方向の遠近法を補正し、写真の水平線を並行にします。
    • 垂直方向:カメラが上下に傾くことで生じる遠近法を補正します。写真の垂直線を並行にします。
    • フル:自動、水平方向、垂直方向 Upright モードを組み合わせて、遠近法を自動的に補正します。
    Lightroom mobile(Android)の Upright モード
    Lightroom mobile(Android)の Upright モード

    最適の設定が見つかるまで、Upright モードを切り替えます。

    すべての Upright モードで、ゆがみと遠近法のエラーを補正します。最適な設定は写真により異なります。写真に最適なモードは、モードを試してから決定してください。

  3. ガイド付き Upright モード

    ガイド付き Upright モードを選択する場合は、次の操作を実行します。

    1. ガイド付き Upright ツールアイコン()をクリックしてから、写真上で指をスライドさせ、2~4 本のガイドを描きます。

      ガイド付き Upright
      ガイド付き Upright を使用して写真に設定した 2 本の垂直方向ガイドと 2 本の水平方向ガイド
    2. 2 つ以上のガイドを描画すると、写真はインタラクティブに変換されます。次のいずれかの組み合わせで、写真に最大 4 本のガイドを描くことができます。

      • 2 本の水平方向ガイドのみまたは 2 本の垂直方向ガイドのみ
      • 2 本の水平方向ガイドおよび 2 本の垂直方向ガイド
      • 2 本の水平方向ガイドおよび 1 本の垂直方向ガイド
      • 2 本の垂直方向ガイドおよび 1 本の水平方向ガイド
      • 1 本の垂直方向ガイドおよび 1 本の水平方向ガイド

      上記以外の組み合わせの場合、Lightroom mobile に「無効なガイド」というメッセージが表示されます。

      • ガイドを削除するには、タップして選択してから、削除アイコンをタップします。
      • ガイドを追加するには、+ アイコンをタップしてハイライトしてから、写真にガイドを描きます。追加アイコンは、無効にしない限り、初期設定でハイライトされています。
    3. 「完了」をクリックします。

      幾何ゆがみが発生している写真
      (補正前)幾何ゆがみが発生している写真
      補正後
      (補正後)ガイド付き Upright を使用して遠近法を補正した写真

  4. (オプション)写真の遠近法を補正中に、画像の境界線付近に白い領域が発生する場合があります。白い領域を削除するには、「切り抜きを固定」を有効にして、元の寸法に従って写真を自動的に切り抜きます。

    注意:

    一部の Upright モードでは、「切り抜きを固定」オプションがオフになっていても、写真をピクセル単位で切り抜いて、遠近法を補正する場合があります。切り抜きモードで切り抜かれたピクセルを後で再取得できない場合があります。

  5. ジオメトリスライダーを使用して、遠近法の補正(ゆがみ、垂直方向、水平方向、回転、縦横比、拡大・縮小、X オフセット、Y オフセット)を微調整します。

    • ゆがみ:樽型収差(直線が外側に曲がって見える)と糸巻き型収差(直線が内側に曲がって見える)を補正します。写真の樽型収差を補正するにはスライダーを右に動かし、糸巻き型収差を補正するにはスライダーを左に動かします。
    • 垂直方向:画像の垂直線を並行にします。垂直線が下端で分岐している場合には、スライダーを左に動かしてピクセルをその端からプッシュします。垂直線が上端で分岐している場合には、スライダーを右に動かしてピクセルをその端からプッシュします。
    • 水平方向:画像の水平線を並行にします。ピクセルを右端からプッシュするには、スライダーを左に動かします。ピクセルを左端からプッシュするには、スライダーを右に動かします。
    • 回転:画像を回転して、カメラの傾きを補正します。画像を反時計回りに回転するには、スライダーを左に動かします。画像を時計回りに回転するには、スライダーを右に動かします。
    • 縦横比
      :写真の遠近感を広げるには、スライダーを左に動かします。写真の遠近感を狭めるには、スライダーを右に動かします。
    • 拡大・縮小:縦横比を維持しながら、写真を拡大・縮小します。縮小するにはスライダーを左に動かし、拡大するにはスライダーを右に動かします。
    • X オフセット:X 軸上で画像ピクセルを左方向に移動して、白い領域を右端に残すには、スライダーを左に動かします。X 軸上で画像ピクセルを右方向に移動して、白い領域を左端に残すには、スライダーを左に動かします。
    • Y オフセット:Y 軸上で画像ピクセルを下方向に移動して、白い領域を上端に残すには、スライダーを左に動かします。Y 軸上で画像ピクセルを上方向に移動して、白い領域を下端に残すには、スライダーを右に動かします。

コピー&ペースト編集

Lightroom mobile(Android)では、写真に適用した編集をコピーして、複数の写真にペーストできます。写真からコピーする設定を選択することもできます。

  1. 編集設定をコピーしたい写真を選択します。

  2. 右上隅にある 3 点()アイコンをタップして、「設定をコピー」を選択します。

  3. 表示された設定をコピーダイアログから、上部にある「選択」をクリックして次のいずれかを選択します。

    • すべて:すべての編集設定グループを選択します。
    • 初期設定:編集設定の初期設定のセットを選択します。ツールとジオメトリの設定は、デフォルトでは除外されています。
    • 変更:変更した設定または選択した写真に適用した編集設定のみを選択します。
    • なし:すべての編集設定の選択を解除します。

    編集設定グループを展開して、特定の設定を手動で選択するか、選択を解除することもできます。

    設定をコピー
    コピーする編集設定を選択
  4. 選択したら、 アイコンをタップします。

  5. コピーした編集設定をペーストする写真を 1 枚以上選択します。

     

  6. 右上隅にある 3 点()アイコンをタップして、「設定をペースト」を選択します。

変更の取り消し、やり直し、リセット

取り消しまたはやり直し

ルーペ表示で直前に行った編集を取り消しまたはやり直しするには、画面の右上隅に表示される取り消し またはやり直し アイコンをタップします。

複数の編集を行った場合は、()アイコンをタップして取り消しおよびやり直し アイコンを表示します。取り消しまたはやり直しのアイコンをタップして、編集を戻したり先に進めたりします。1 度に 1 ステップ処理できます。

初期化

画像を元の状態に完全にリセットするには、上の画像のように調整メニューの最後にある「リセット」をタップします。リセットメニューで、写真を元の状態に戻す操作をタップします。

注意:

iPad または iPhone およびデスクトップの Lightroom で写真を編集する方法については、Lightroom mobile(iOS)での写真の編集および Lightroom(デスクトップ)での写真の編集を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー