ログの生成と共有 | Lightroom for mobile

Lightroom for mobile がクラッシュした場合に、診断ログを生成して共有する方法について説明します。

Lightroom for mobile が予期せず終了した場合は、診断ログを生成して、アドビカスタマーケアチームと共有します。

 

Lightroom for mobile(iOS)

Lightroom for mobile(iOS)で診断ログを生成するには、以下の手順に従います。

  1. Lightroom アプリを起動して、右上隅の設定アイコンをタップします。

    generate-share-logs-lightroom-mobile
    設定アイコンをタップ

  2. Lightroom の設定から、「ヘルプとサポート」を選択します。

    ヘルプとサポート
    「ヘルプとサポート」を選択

  3. サポートフォーラムにアクセス」を長押しします。

    サポートフォーラムにアクセス
    「サポートフォーラムにアクセス」を長押し

  4. アプリの診断ダイアログボックスで「作成」をタップします。

    アプリの診断
    「作成」をタップ

    Lightroom でログの生成が開始されます。

    ログの生成
    ログの生成

  5. 正常に生成されると、診断ログがメールに添付されます。その後、ログを共有できます。

    ログの共有
    ログの共有

Lightroom for mobile(Android)

Lightroom for mobile(Android)で診断ログを生成するには、以下の手順に従います。

  1. Lightroom アプリを起動して、左上隅のサイドメニューアイコン  をタップします。

    ハンバーガーアイコンをタップ
    サイドメニューアイコンをタップ

  2. 診断モードに入りました。準備ができたら、「フィードバックを送信」ボタンを使用してメッセージを送信してください」というメッセージが表示されるまで、Lightroom アイコンを長押しします。

    診断モードに入りました
    Lightroom アイコンを長押しして診断モードに入る

  3. フィードバックを送信」をタップします。

    フィードバックを送信
    「フィードバックを送信」をタップ

    Lightroom でログの生成が開始されます。

    ログの生成
    ログの生成

  4. ログが正常に生成されると、生成されたログを共有するために使用できるアプリケーションのリストが表示されます。

    ログの共有
    ログの共有

アドビのロゴ

アカウントにログイン