Lightroom CC 内で写真を整理する方法について説明します。
アルバムの使用。写真のフラグ、ラベル、レーティングの設定、写真のスタックおよび検索。キーワードを追加.メタデータの表示と編集.

Lightroom CC では、さまざまな方法で写真を整理できます。アルバムやスタックとして写真を管理したり、キーワード、メタデータ、フラグ、レーティングを使用して整理したりできます。Lightroom CC では写真の検索とフィルター処理も簡単に行えます。 

Lightroom CC での写真の整理
Lightroom CC での写真の整理

A. 写真を追加 B. マイフォトパネル C. 共有パネル D. 表示(写真グリッド、正方形グリッド、ディテール) E. 並べ替えオプション F. フラグ、評価 G. グリッドサイズ H. 情報パネル I. キーワードパネル J. 編集ツール K. 同期アクティビティとステータス L. ヘルプ M. 共有 N. フィルター O. 検索 

写真の表示

左のマイフォトパネルで、右側のグリッドに表示する写真をすばやく選択できます。

  • すべての写真
  • 最近追加した写真
  • 日付別(時系列順)
  • 人物
  • アルバム

左の共有パネルで、Adobe Portfolio Web サイトで公開、または Web ギャラリーとして共有した写真やアルバムを表示できます。

  • 接続
  • Web に共有済み

グリッドに写真を表示する方法を指定するには、画面下部でいずれかの表示を選択します。

  • 写真グリッド):写真を枠線やバッジなしのサムネールとして表示します
  • 正方形グリッド):写真を同じサイズのサムネールとして、フラグステータス、同期ステータス、およびレーティングとともに表示します
  • ディテール):個々の写真で作業したり編集したりできます。編集コントロールはこの表示でのみ有効です。

写真の全画面表示

アルバムの写真を全画面表示するには、次の操作を行います。

  1. ディテール)表示に切り替えます。フルスクリーンモードに入れるのはこの表示からだけです。
  2. F キーを押して、フルスクリーンモードに入ります。また、メニューバーから表示/ディテール - フルスクリーンを選択しても入れます。
  3. Lightroom CC でパネルがすべて非表示になり、写真が最大化されて全画面表示されます。この全画面表示では、次の操作ができます。
    1. 右向き矢印または左向き矢印キーを押して、アルバムの写真を次々に表示できます。
    2. Z キーまたは X キーを押して、写真にそれぞれ「採用」または「除外」フラグを設定できます。
    3. 0~5 の数字キーを押して、写真のレーティングを設定できます。
  4. フルスクリーンモードを終了するには、F キーまたは Esc キーを押します。 

アルバムへの写真の追加

  1. 左パネルの「アルバム」領域で、「アルバムを追加」をクリックします。または、「+」アイコンをクリックし、「アルバムを作成」をクリックします。

  2. 新しいアルバムの名前を入力します。「作成」をクリックします。

  3. グリッドからいくつかの写真を選択して、左パネルのアルバムにドラッグします。

  4. 必要に応じてアルバムに写真を追加します。

注意:

アルバムの名前を変更または削除するには、左パネルで名前を右クリックし、適切なオプションをクリックします。

フォルダへのアルバムの整理

フォルダには、アルバムやその他のフォルダを含めることができます。

  1. 左パネルの「アルバム」領域で、「+」アイコンをクリックします。「フォルダを作成」をクリックします。「アルバム」領域にフォルダが表示されます。

  2. 1 つまたは複数のアルバムをフォルダにドラッグします。

  3. 必要に応じて、サブフォルダを作成してそこにアルバムを追加します。

写真が入っているアルバムの表示

Lightroom CC 1.5(2018 年 8 月リリース)で導入された機能

情報パネル下部にあるアルバムセクションで、現在選択している写真が入っているすべてのアルバムを確認できます。

  1. グリッドで写真を選択します。

  2. ウィンドウ右下隅の()をクリックして、情報パネルを開きます。

    写真が入っているアルバムの確認
    選択した写真が入っているアルバムを検索します。
  3. 情報パネル下部にあるアルバムセクションにスクロールして、選択した写真が入っているアルバムのリストを見つけます。

    • アルバム名をクリックして、そのアルバム内のすべての写真を表示します。 
    • 選択した写真がどのアルバムにも入っていない場合、アルバムセクションに「なし」と表示されます。
    • アルバムをローカルに保存した場合、バッジ がそのアルバムの名前の横に表示されます。

写真のスタック

  1. 写真グリッド)または正方形グリッド)表示、またはディテール)表示フィルムストリップで複数の写真を選択します。

  2. 選択した項目を右クリックして、スタックでグループ化を選択します。または、編集メニューからスタック/スタックでグループ化を選択します。

注意:

写真スタックをグループ化解除するには、スタックを右クリックしてスタックをグループ化解除を選択します。

写真へのキーワードの割り当て

  1. 写真グリッド)または正方形グリッド)表示、またはディテール)表示フィルムストリップで 1 つまたは複数の写真を選択します。

  2. 表示/キーワードを選択します。または、画面の左下隅にある アイコンをクリックします。

  3. キーワードパネルで、写真に 1 つまたは複数のキーワードを割り当てます。

写真のレーティングとフラグの設定

  1. 写真グリッド)または正方形グリッド)表示、またはディテール)表示フィルムストリップで 1 つまたは複数の写真を選択します。

  2. 選択項目を右クリックして、「レーティングを設定」または「フラグを設定」オプションを使用して、写真にレーティング/フラグを割り当てます。

注意:

「正方形グリッド」表示と「ディテール」表示でも、グリッド領域内で直接写真のレーティングおよびフラグを設定できます。正方形グリッドで、写真にポインターを合わせると「レーティング」オプションと「フラグ」オプションが表示されます。

v2_ni-direct-assign-ratings-flags
グリッド領域内での写真のレーティングとフラグの設定

写真の検索、フィルター、並べ替え

検索バーを使用して写真を検索します。Lightroom CC では、メタデータとキーワードで写真を検索できることに加え、写真の被写体、または写真に関連付けられているファセットに基づいて写真を検索および表示することもできます。

検索バーに、任意のオブジェクト、またはファセット名とコロンを入力します。例えば、検索バーに「」と入力して、山が写っているすべての写真をすばやく検索したり、「カメラ:」と入力して、使用したカメラ機種のリストを表示したりできます。検索バーで使用する用語では、大文字と小文字は区別されません。

検索バーで入力を開始すると、現在表示しているアルバムまたはフォルダーの検索ファセットが自動的に追加されるようになりました。例えば、「風景」という名前のアルバムから写真を表示している場合、検索キーワードの入力を開始すると、このアルバムの検索ファセットが検索バーに自動的に追加されます。

オブジェクト名またはファセットを使用した写真の検索
Lightroom CC の検索バーを使用した写真の検索

写真を検索するには、以下に示すファセットのいずれかを使用できます。検索バーに、ファセット名とコロン「:」を入力します。

  • キーワード:
  • カメラ:
  • レンズ:
  • 場所:
  • レーティング:
  • フラグ:
  • フラッシュ:
  • 方向:
  • iso:
  • 種類:
  • F-Stop:
  • ss:
  • 編集済み:
  • メディア:

写真のフィルター処理

検索バーの横にある アイコンをクリックして、以下のフィルタオプションを表示します。

  • レーティング:指定されたレーティング以上の写真を表示するためのレーティングを選択します。例えば、3 つ星以上の写真を表示するには、3 つ星を選択します。
  • フラグ:フラグステータスに基づいて写真をフィルターするには、フラグ付き、除外、フラグなしのいずれかのオプションを選択します。
  • 写真のみ表示:クリックすると、写真のみ表示され、ビデオが除外されます。
  • ビデオのみ表示:クリックすると、ビデオのみ表示され、写真が除外されます。
  • キーワード:ドロップダウンリストからキーワードを選択して、そのキーワードでタグ付けされている写真を表示します。
  • カメラ:ドロップダウンリストからカメラ機種を選択して、撮影に使用したカメラに基づいて写真をフィルターします。
  • 場所:ドロップダウンリストから場所を選択して、場所タグに基づいて写真をフィルターします。
  • 同期ステータス:ドロップダウンリストからオプションを選択して、同期ステータス(同期中、クラウドに同期/バックアップ済み、元画像をローカルに保存、Lightroom Classic から同期)に基づいて写真をフィルターします。これらの同期ステータスの意味について詳しくは、下の写真のメタデータの表示を参照してください。

写真の並べ替え

任意のビューで、Lightroom CC ウィンドウの左下隅にある アイコンをクリックして、並べ替えオプションを表示します。 

ポップアップメニューから、撮影日、読み込み日、修正日、ファイル名、または評価による並べ替えオプションのいずれかを選択します。

順序を反転をクリックすると、選択されている並べ替えオプションで昇順と降順が切り替わります。

写真の撮影日時の変更

Lightroom CC で、個々の写真または写真のグループの日時を調整できるようになりました。シャッターボタンを押した後に撮影日時を変更しなければならないことがあります。例えば、タイムゾーンが変わる場所へ旅行し、写真を撮り始める前にカメラの日時を変更しなかった場合に、撮影日時の変更が必要になることが考えられます。また、スキャンした写真を Lightroom CC に追加し、撮影日時として画像のスキャン日ではなく撮影日を反映させたいケースも考えられます。

  1. ディテール表示のフォトグリッド、正方形グリッド、フィルムストリップで 1 枚または複数枚の写真を選択します。

  2. 画面右下隅の()アイコンをクリックして、情報パネルを開きます。情報パネルで、撮影日時が表示されている「撮影日時」フィールドの横にある()アイコンをクリックします。

  3. 選択した写真が 1 枚の場合は、日時を編集ダイアログが開き、写真の現状の日付と時刻が表示されます。日付と時刻を必要な値に変更します。

    日付と時刻の編集
    日時を編集ダイアログ | 1 枚の写真の撮影日時を変更します。

    写真のグループを選択した場合は、日付範囲をシフトダイアログが開き、選択された写真について現状の日時の範囲が表示されます。指定した新しい日付と時刻は、グループで撮影日が現在に最も近い写真に適用されます。選択されている他の写真については、この新しい日付をもとに自動でシフトされます。     

    日付と時刻の編集
    日付範囲をシフトダイアログ | 写真のグループの撮影日時を変更します。

    注意:

    既知の問題を参照:日時を編集ダイアログが読み込まない

  4. 変更」ボタンをクリックします。

写真のメタデータの表示

  • グリッドで写真を選択して、 アイコンをクリックします。写真のメタデータとその同期ステータス
    を示す情報パネルが表示されます。
  • 同期ステータスバッジには次のものがあります。
    •  クラウドに同期 / バックアップ済み
      一定期間アクセスされていない元のファイルは削除され、編集可能な小サイズのスマートプレビューを残します。
    •  ローカルに同期および保存
      元のファイルはクラウドにバックアップされ、ローカルに保存したアルバムの関連ファイルとしてコンピューターにも保存されます。
    • 変更をクラウドに同期中
      変更をクラウドに同期中です。
    • Lightroom Classic から同期
      元画像はクラウドにバックアップされていませんが、スマートプレビューは使用できます。
    •  アセットにエラー
      詳細については、情報パネルの同期ステータスを表示するか、正方形グリッド表示のこのバッジアイコンをクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー