Lightroom mobile のアプリケーション内蔵カメラを使用して、iPad や iPhone で素晴らしい DNG 写真や RAW 写真を撮影する方法について説明します。写真を正確に制御し、事前定義されたフィルターを適用して、深度撮影モード(テクノロジープレビュー)を使用して最適な撮影結果を表示するには、プロまたは HDR モードを使用します。

Adobe Photoshop Lightroom mobile は、ライブカメラビューに様々な効果を適用したり、写真を撮影したりできる専用の写真撮影環境を提供します。撮影した写真は、自動的に Lightroom カタログに追加されます。

注意:

Adobe Photoshop Lightroom mobile を初めて開く場合は、プロンプトが表示されたときに、デバイスのカメラへのアクセスをアプリケーションに許可します。 

アプリ内蔵カメラを高速に起動

アプリケーション内蔵カメラは、次のいずれかの方法で起動できます。

3D Touch サポート

注意:

iOS 9 以降がインストールされた iPhone 6s および iPhone 6s Plus モデル限定で、3D Touch 機能が導入されました。そのため、Adobe Photoshop Lightroom mobile によって提供される 3D Touch サポートのアクションは、これらの iOS 9 以降で稼働する iPhone モデルに制限されています。現時点では、この機能はその他の iOS デバイスでは使用できません。

アドビのアプリ内蔵カメラに直接アクセスするには:

  1. ホーム画面から、Lightroom アプリアイコンを長押しすると、クイックアクションが表示されます。
  2. カメラ」または「撮影」をタップして、Lightroom のアプリ内蔵カメラにすばやくアクセスできます。
Lightroom 3D Touch サポート

通知センターウィジェット 

通知センターウィジェットを Lightroom mobile で有効にすると、アドビのアプリ内蔵カメラに簡単にアクセスできます。画面上部から下にスワイプしてデバイスの通知にアクセスすると、Lightroom mobile が通知センターに表示され、アプリ内蔵カメラにすばやくアクセスできます。

Lightroom mobile の通知センターウィジェットを有効にするには:

  1. デバイスの「設定」に移動し、「通知」をタップします。

    Lightroom 通知センターウィジェット
  2. 表示されたリストで Lightroom をタップします。

  3. 「通知を許可」と「通知センターに表示」を有効にします。

    Lightroom 通知センターウィジェット
  4. 画面の上部から下にスワイプして、「通知」にアクセスします。「編集」をタップします。含めないセクションで、 Lightroom mobile の隣にある緑のプラスアイコンをタップして有効にします。

  5. リストの先頭にスクロールして、Lightroom mobile が追加されていることを確認し、「完了」をタップします。通知センターに Lightroom mobile が表示され、アプリ内蔵カメラに簡単にアクセスできます。

ユーザーインターフェイスコントロールを非表示

Adobe Photoshop Lightroom mobile(iOS)バージョン 2.6 以降では、内蔵カメラコントロールを非表示にして、撮影する画像を見やすくすることができます。

カメラコントロールを非表示にするには、ビューファインダー画面で下方向にスワイプします。カメラコントロールを再表示するには、上方向にスワイプするか、右上隅の をタップします。

撮影設定

アイコンをタップして、設定を表示します。

画面の明るさを最大にする

オンにして、撮影モード中のデバイス画面の明るさを最大に設定します。 

写真にジオタグを付ける

オンにして、撮影した写真の EXIF メタデータ内の位置情報のタグ付けを許可します。

未処理の元画像を保存

この設定は HDR モードでのみ使用できます。オンにすると、処理済みの RAW HDR 写真の他に未処理の元の写真も保存されます。

自動モードでの写真の撮影

自動モードでの撮影インターフェイスオプション
自動モードでの撮影インターフェイスオプション

A. 撮影インターフェイスの終了 B. カメラ内蔵フラッシュのオプション C. 「切り抜き縦横比」オプション D. 「撮影タイマー」オプション E. ビューファインダーオーバーレイのオプション F. プリセット G. 露光量ロック H. 撮影ボタン I. 撮影モードの切り替え(AUTO/プロ) J. 前面カメラに切り替え K. DNG/JPEG 撮影のオプション L. 「切り替え」オプション M. 撮影設定 N. ハイライトのクリッピングを表示 

カメラ内蔵フラッシュのオプションの設定

アイコンをタップして、フラッシュオプションバーを切り替えます。

AUTO(初期設定)

外部の光源条件に基づき、デバイスのフラッシュが自動的に「オン」または「オフ」になります。これは初期設定のフラッシュオプションで、汎用設定に適しています。

オン(強制フラッシュ)

撮影のたびにデバイスのフラッシュが「オン」になります。

オフ(フラッシュ無効)

撮影のたびにデバイスのフラッシュが「オフ」になります。

ピンチしてズーム

ビューファインダー画面でピンチジェスチャーを使用して、カメラのズームを開始できます。

  • ズームインするには、外側に広げるジェスチャーを使用します。
  • ズームアウトするには、ピンチジェスチャーを使用します。

写真に適用されるズームは、本質的に非破壊であるため、写真の編集中にズーム前の元のサイズにいつでも戻すことができます。

タップしてフォーカス

Lightroom のアプリ内蔵カメラを使用して写真を撮影する際に、カメラのレンズは実際のシーンに自動フォーカスします(初期設定)。ただし、焦点を前景ではなく、背景にある被写体などの特定の領域に正確に合わせたい場合には、その領域にレンズの焦点を手動で合わせることもできます。

実行するには、以下の手順に従います。

  1. ビューファインダー画面をタップして、その領域の鮮明な画像を表示します。
  2. タップすると、ボックスオーバーレイが表示され、レンズが焦点を合わせている場所が示されます。

RAW 写真の撮影

撮影された写真のファイル形式(JPG または Adobe DNG)を選択
ファイル形式(JPG または Adobe DNG)を選択

注意:

Adobe Photoshop Lightroom mobile(iOS)はバージョン 2.5 以降、iOS 10.0 以降で動作し、少なくとも 12 メガピクセルのカメラを備えている iPhone または iPad デバイスで、DNG RAW 画像の撮影をサポートしています。

RAW 撮影

カメラモジュールで、ビューファインダーの上部にある撮影用ファイル形式バッジ(初期設定は DNG)をタップすると、JPEG と DNG の撮影オプションを切り替えることができます。Digital Negative(DNG)RAW 形式で写真を撮影するには、DNG を選択します。

DNG 形式は、Adobe によって作成された RAW ファイル形式です。DNG ファイルは JPEG ファイルに比べて容量を必要としますが、多くの画像情報を含み、より優れた品質を提供します。 

ビューファインダーオーバーレイを使用した写真の構成

ライブ撮影ビューに表示されるグリッドオーバーレイにより、写真が構成しやすくなります。

)アイコンをタップして、オーバーレイオプションバーを切り替えます。

Adobe Photoshop Lightroom CC mobile のビューファインダーオーバーレイオプション
ビューファインダーオーバーレイオプション - 「なし」、「ニ分割」、「三分割」、「黄金比」、「レベル」

なし

初期設定では、オーバーレイはオフになっています。

三分割

撮影対象の領域または三分割の接合点を整列します。

ニ分割

撮影対象の領域またはニ分割の接合点で整列します。

黄金比

撮影対象の領域または黄金比に基づいているファイグリッドの接合点で整列します。

レベルオーバーレイ

デバイスのセンサーを使用して、横向きの写真の地面にカメラを合わせるか、歪曲収差を回避します。

シュートスループリセット

右下隅の アイコンをタップして、プリセットを表示します。次のプリセットが用意されています。

  • 高コントラスト
  • フラット
  • 暖色シャドウ
  • 高コントラスト白黒
  • フラット白黒

プリセットのいずれかを選択して、ライブ撮影に適用します。これにより、撮影する前に写真をプレビューできます。アドビのアプリ内蔵カメラを再度起動すると、最後に使用したプリセットが自動的に初期設定されます。

プリセットを使って撮影した場合、写真に適用される効果は本質的に非破壊的です。編集時、後からいつでも通常の写真に戻すことができます。例えば、白黒のプリセットで撮影した写真を iPhone で通常のカラー写真に戻すには、編集用のルーペ表示で写真を開き、編集パネルのカラーメニューから「B&W」オプションをタップ(選択解除)します。詳細については、画像のカラーの調整を参照してください。

注意:

シュートスループリセットは、iPhone 5s 以降、iPad Air 以降などの 64 ビットデバイスのみで使用できます。

露光量補正の設定(自動モード時)

Adobe Photoshop Lightroom CC mobile(iOS)での露光量補正の調整
自動撮影モードでの露光量補正の調整

ビューファインダー画面を横方向にスワイプして、露光量補正値を調整します。露光値を減らすには左にスワイプし、露光値を増やすには右にスワイプします。

スワイプすると、露光量補正の値が画面上部に表示され、現在の値(Exp)が撮影ボタンの上に表示されます。

撮影ボタンの上の Exp 値をダブルタップすると、露光量補正が 0(初期設定)にリセットされます。

最後に撮影した写真のプレビュー

カメラモジュールで、左下隅のサムネールをタップして、最後に撮影した写真をプレビューします。

注意:

最後に撮影した写真のサムネールをタッチしたままにすると、プレビューが表示されます。タッチ状態を保持している間、プレビューが表示されます。指を離すと、カメラビューに戻ります。

異なる切り抜き縦横比で撮影

切り抜き縦横比を表示するには、()アイコンをタップします。次の切り抜き縦横比を使用できます。

  • 16:9
  • 3:2
  • 4:3
  • 1:1

任意の縦横比をタップして選択して、ビューファインダーにオーバーレイとして表示します。これにより、撮影前に最適な切り抜き縦横比で写真をプレビューすることができます。

注意:

この切り抜きは、本質的に非破壊です。後で写真を編集する際に、切り抜き縦横比を変更することができます。

ディレイ撮影のトリガー

アイコンをタップして、タイマーオプションツールバーを切り替えます。写真撮影前に数秒のディレイを設定できます。撮影時に 2 秒、5 秒または 10 秒のディレイを設定するオプションがあります。初期設定では、タイマーは「オフ」になっています。

Pro モードでの写真の撮影

Lightroom の撮影のインターフェイスオプション
撮影のインターフェイスオプション(左)AUTO モード、(右)プロモード

A. 撮影インターフェイスの終了 B. カメラ内蔵フラッシュのオプション C. 「切り抜き縦横比」オプション D. 「撮影タイマー」オプション E. ビューファインダーオーバーレイのオプション F. プリセット G. 露光量ロック H. 撮影ボタン I. 撮影モードの切り替え(AUTO/プロ) J. 前面カメラに切り替え K. DNG/JPEG 撮影のオプション L. 「切り替え」オプション M. 撮影設定 N. ハイライトのクリッピングを表示 O. ISO 感度の設定 P. シャッタースピードの設定 Q. 露光量補正の設定 R. ホワイトバランス設定 S. 焦点距離を設定 T. プロモードですべての設定をリセット 

シャッター速度、ISO、および焦点距離(プロモード)の調節

シャッタースピードの調整

シャッタースピードは、カメラが露光する時間を調整します。この時間を調整することで、最適なクリエイティブ効果を実現できます。

たとえば、シャッタースピードを遅く設定すれば、動きの速い被写体を撮影して、「モーションぼかし」または「光の軌跡」効果が得られます。同じ被写体の動きを止めて撮影するには、シャッタースピードを速く設定します。

シャッタースピードは 1/125 秒に設定されています
シャッタースピードは 1/125 秒に設定されています

Sec アイコンをタップして、シャッタースピードスライダーを調整します。シャッタースピードを遅くするには、スライダーを左に移動し、シャッタースピードを速くするには、スライダーを右に移動します。

シャッタースピードアイコンをダブルタップし、シャッタースピードの値を「AUTO」にリセットします。

注意:

シャッタースピードを調整すると、ISO 値が自動的に補正され、ISO 値を調整すると、シャッタースピードが自動的に補正されます。これは、写真が暗すぎたり明るすぎたりしないよう、撮影時に調整するためのものです。

ISO 値の調整

ISO は、デバイスのカメラの光に対する感度をコントロールするものです。

ISO 値の調整
ISO 感度は 400 に設定されています

ISO アイコンをタップして、ISO スライダーを調整します。ISO 値を低くするには、スライダーを左に移動し、ISO 値を高くするには、スライダーを右に移動します。

ISO 値を「AUTO」にリセットするには、ISO アイコンをダブルタップします。

注意:

ISO 値を高く設定すると、撮影する写真にノイズが発生します。したがって、シャッタースピードを非常に速くしたい場合にのみ、高い ISO 値を使用する必要があります。

カメラの焦点距離の調整

[+] アイコンをタップして、焦点距離スライダーを調整します。焦点距離を下げるには、スライダーを左に移動し、焦点距離を上げるには、スライダーを右に移動します。

手動焦点距離を「AUTO」にリセットするには、[+] アイコンをダブルタップします。

レンズの焦点距離を手動で調整
手動焦点を 40% に設定

注意:

プロフェッショナル撮影モードでは、リセットアイコンをタップして、シャッタースピード、ISO 感度、ホワイトバランス、および手動焦点距離を「自動」にリセットします。

露光量補正の設定(プロモード時)

Adobe Photoshop Lightroom CC mobile(iOS)での露光量補正の調整
プロ撮影モードでの露光量補正の調整

Exp アイコンをタップして、露光量補正スライダーを調整します。露光値を低くするには、スライダーを左に移動し、露光値を高くするには、スライダーを右に移動します。

Exp アイコンをダブルタップして、値を 0(初期設定値)にリセットします。

自動露光量ロック

右下隅の アイコンをタップして、内蔵カメラの自動露光量を現在の設定にロックします。

ホワイトバランス設定のオプション

WB アイコンをタップして、ホワイトバランスのオプションバーを切り替えます。

Adobe Photoshop Lightroom CC mobile(iOS)のホワイトバランスのオプション
ホワイトバランスのオプション - 自動ホワイトバランス、タングステン、蛍光灯、昼光、曇天、カスタム。

光源条件に従い、AUTO、タングステン、蛍光灯、昼光、曇天またはカスタムをプリセットホワイトバランスオプションから選択できます。

自動ホワイトバランス 初期設定のオプションです。

カスタム カメラを中性色の表面に向けてサンプル抽出し、ホワイトバランスをロックします。

注意:

ホワイトバランスを「AUTO」にリセットするには、WB アイコンをダブルタップします。

露出オーバーした領域にハイライトクリッピングオーバレイを表示

アプリ内蔵カメラオプションの()アイコンをタップすると、ライブ撮影ビューの露出オーバーした領域にハイライトクリッピングオーバレイが表示されます。このオーバーレイを使用すると、撮影する前に露出オーバーの領域を検出し、露出または構成を調整することができます。

ライブ撮影シーンでハイライトクリッピングを表示
ライブ撮影シーンでハイライトクリッピングを表示

HDR モードにおける高コントラストのシーンの撮影

注意:

Adobe Photoshop Lightroom mobile(iOS)はバージョン 2.7 以降、iOS 10.0 以降で動作し、少なくとも 12 メガピクセルのカメラを備えている iPhone または iPad デバイスで、HDR RAW 画像の撮影をサポートしています。

ハイダイナミックレンジHDR)モードで撮影ボタンをトリガーして高コントラストのシーンを撮影すると、Adobe Photoshop Lightroom mobile が自動的にすべての処理をバックグラウンドで実行して RAW HDR 画像を作成します。

  • Adobe Photoshop Lightroom mobile がシーンを分析し、露光量値の適切な範囲を決定して、露光量がブラケットされた複数の画像を撮影します。
  • 露光量がブラケットされた画像を自動的に整列して、HDR 画像を撮影する際の難しい手の動きを補います。
  • 露光量がブラケットされた画像のゴーストを除去して、撮影したシーン中の自動車、人物、葉などの動く物体を補正します。
  • 画像に自動階調を適用し、均一に階調が調整された結合 HDR 画像を作成します。
  • 露光量が異なる複数の画像を結合して、32 ビットの浮動小数点形式の DNG ファイルを作成します。これが処理済み RAW HDR 画像となります。

この処理で得られた RAW HDR ファイルは、デスクトップで Lightroom の HDR 結合機能を使用して生成されるファイルの種類と類似しています。Lightroom での HDR 結合について詳しくは、写真を結合して HDR を作成を参照してください。

生成された RAW HDR ファイルはサイズが大きく、先に説明したように多くのバックグラウンドでの処理を必要とします。したがって、撮影した後、HDR 画像が Lightroom の写真表示や表示グリッドに表示されるまでに多少の時間がかかります。 

  1. 任意の表示で右下隅のカメラアイコンをタップし、アプリ内蔵カメラをオンにします。

  2. 撮影インターフェイスで、インターフェイスの左下隅にあるメニューから HDR モードを選択します。

  3. (オプション)Adobe Photoshop Lightroom mobile で RAW HDR 画像の他に元の未処理の画像を保存するには、 設定アイコンをタップし、設定メニューで「未処理の元画像を保存」オプションを選択します。その他の設定の詳細については、撮影設定を参照してください 。

  4. モバイルデバイスをぶれないように手で持ちながら、撮影ボタンをタップします。1 回の撮影セッションで複数の HDR 画像を撮影できます。

  5. 左上隅にある閉じるアイコンをタップして撮影インターフェイスを終了し、最後の表示に戻ります。終了すると、Adobe Photoshop Lightroom mobile が撮影した HDR 画像の処理を開始します。

    注意:

    HDR 画像を処理して最終的な RAW HDR 出力を作成することは、GPU の負荷が大きく複雑なコンピューター処理です。したがって、撮影した後、HDR 画像が Lightroom の写真表示や表示グリッドに表示されるまでに多少の時間がかかります。処理のステータスを確認するには、()クラウドアイコンをタップして、メニューの見出し撮影済み写真を処理中の下で進捗を見ます。

    HDR 処理が完了すると、画像が Adobe Photoshop Lightroom mobile に読み込まれます。

    注意:

    HDR の処理をおこなうには、フォアグラウンドで実行されている Adobe Photoshop Lightroom mobile アプリから離れる必要があります。つまり、HDR 画像を処理するには、Lightroom のアプリを最小化したり閉じたりできず、デバイスの電源がオンでロックされていない状態でなければならないということです。多数の HDR ファイルを撮影した場合は、モバイルデバイスを充電して、Adobe Photoshop Lightroom mobile アプリのサイドバーにあるスリープ状態を停止設定を有効にしてください。この設定を有効にすると、電源に接続されたデバイスはスリープ状態になりません。

  6. これで、処理済みの HDR 画像が Lightroom の写真表示またはグリッド表示に表示されます。

    編集用のルーペ表示(情報パネル)で任意の HDR 画像を開くと、HDR(.dng)画像の名前に「hdr-」が含まれていることが分かります。

深度撮影モード(テクノロジープレビュー)

注意:

深度撮影モードが、Lightroom mobile(iOS 3.4)(2018 年 8 月リリース)でテクノロジープレビューとして導入されました。深度撮影にはデュアルカメラ搭載の iPhone(iPhone 7+、8+、X)が必要で、現在 iPhone X では背面カメラのみをサポートしています。

  • この撮影モードを使用するには、アプリケーションの設定メニューの「テクノロジープレビュー」の下にある「奥行きマスク作成」を有効にします。
  • このモードでは、写真は深度マップ情報が付いた HEIC 形式で撮影されます。深度マップ付きの写真に部分補正を適用するには、深度マップをブラシで変更できる選択範囲にすばやく変えられる深度選択ツールを使用します。

  1. 任意の表示で右下隅のカメラアイコンをタップし、アプリ内蔵カメラをオンにします。

  2. 撮影インターフェイスで、インターフェイスの左下隅にあるメニューから深度撮影モードを選択します。

  3. モバイルデバイスをぶれないように手で持ちながら、撮影ボタンをタップします。 

  4. 左上隅にある閉じるアイコンをタップして撮影インターフェイスを終了し、最後の表示に戻ります。終了すると、Lightroom mobile は写真の処理を開始します。

長時間露光シーンの撮影(テクノロジープレビュー)

注意:

長時間露光テクノロジープレビュー機能が、Lightroom mobile(iOS)3.3(2018 年 6 月リリース)で導入されました。この機能は、iPhone 7、7+、8、8+ および X モデルでのみサポートされています。

テクノロジープレビュー機能は、設定メニューテクノロジープレビューで有効にできます。

アプリ内蔵カメラを使用して、三脚なしで長時間露光シーンを撮影します。このモードでは、カメラが複数の画像を撮影してブレンドし、長時間露光のエフェクトを作り出します。 

  1. 任意の表示で右下隅のカメラアイコンをタップし、アプリ内蔵カメラをオンにします。

  2. 撮影インターフェイスで、インターフェイスの左下隅にあるメニューから長時間露光モードを選択します。

    長時間露光モード
    (iPhone X)長時間露光モードの撮影インターフェイスオプション。
  3. モバイルデバイスをぶれないように手で持ちながら、撮影ボタンをタップします。 

  4. 左上隅にある閉じるアイコンをタップして撮影インターフェイスを終了し、最後の表示に戻ります。終了すると、Lightroom mobile は写真の処理を開始します。

    注意:

    長時間露光画像を処理して最終的な RAW 出力を作成することは、GPU の負荷が大きく複雑なコンピューター処理です。したがって、撮影した後、画像が Lightroom の写真表示や表示グリッドに表示されるまでに多少の時間がかかります。処理のステータスを確認するには、()クラウドアイコンをタップして、メニューの見出し撮影済み写真を処理中の下で進捗を見ます。

  5. 処理済みの長時間露光写真は、Lightroom の写真表示またはグリッド表示に表示されます。

注意:

Android モバイルデバイスの Lightroom で写真を撮影する方法については、Lightroom mobile(Android)での写真の撮影を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー