ここでは、コンピューターに保存されているデータを Lightroom に読み込む方法を説明します。

注意:

 

※ デジタルカメラから写真を読み込む方法は こちら
※ スマートフォンから写真を読み込む方法は こちら

  1. Lightroom を起動したらライブラリモジュールを開き、画面左下の「読み込み」をクリックします。

  2. 読み込みウィンドウが表示されます。

  3. 左側の「ソース」で「ローカルディスク」を選択し、読み込む写真が保存されているフォルダーを開きます。写真が表示されたら、読み込む対象の写真にチェックを入れて選択します。

    ※ 初期設定ではフォルダーに保存されている全ての写真が選択されます。

  4. ウィンドウ上部にある、読み込み方式を以下のいずれかから選択します。
    ※ ここでは、「コピー」を選択します。

    DNG 形式でコピー
    読み込み元フォルダーとは別の保存場所を新たに設定してそこに撮影日別で写真をコピーします。Camera Raw ファイルがある場合は Digital Negative(DNG)形式に変換します。

    コピー
    読み込み元フォルダーとは別の保存場所を新たに設定し、そこに撮影日別で写真をコピーして読み込みます。

    移動
    読み込み元フォルダーとは別の保存場所を新たに設定し、読み込みが終了するとそこに写真が移動されます。読み込み元フォルダーにあった写真は削除されます。

    追加
    読み込み元フォルダーを参照して読み込みます。USB メモリや SD カードなど外部機器から写真を取り込む際は、機器を外すと写真が消えてしまうので選択しないでください。

  5. ウィンドウ右側で、読み込み時のオプションや保存場所を指定します。

    • ファイル管理
      任意のプレビューを生成したり読み込む写真をコレクションに追加したりすることができます。
    • ファイル名の変更
      読み込み時にファイル名を変更して読み込むことが可能です。
    • 読み込み時に適用
      読み込み時に現像設定や著作権情報などのメタデータ、キーワードをあらかじめ設定して読み込むことができます。
    • 保存先
      読み込み方式で「追加」以外を選択した場合は、読み込む写真の新たな保存場所を設定します。
  6. 読み込みの設定が完了したら、ウィンドウ右下の「読み込み」をクリックします。

  7. 選択した写真がライブラリモジュールに読み込まれます。
    ※ ここでは読み込みオプションで現像設定を適用したため、現像設定が適用された状態で読み込まれます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー