本文書における Lightroom CC の体験版は Lightroom CC 2015 を指します。

Adobe Lightroom

永続ライセンスのシリアル番号で Lightroom CC 2015 体験版をシリアライズまたは変換すると、そのアプリケーション名は、次のように Lightroom 6 に変更されます。 

Adobe Lightroom 6

アプリケーションフォルダー(Mac OS)またはプログラムフォルダー(Windows)で見つかるアプリケーションおよびアプリケーションフォルダーは常にバージョン番号のない「Lightroom」と標記されます。

Adobe Lightroom アプリケーションフォルダー

Lightroom CC 体験版の Lightroom 6 への変換

  1. Lightroom を起動し、「ヘルプ/「サインアウト」(<メールアドレス>)と選択します。

    Lightroom からのサインアウト

    注意:

    Lightroom からサインアウトすると、Creative Cloud デスクトップアプリケーションが開き、再度サインインするためのダイアログが表示される場合があります。 この時に、 Creative Cloud デスクトップアプリケーションにはサインインしないでください。

  2. Lightroom を再起動し、「今すぐサインイン」をクリックします。

    Lightroom のサインイン

    注意:

    有効な Creative Cloud メンバーシップのある Adobe ID でサインインした場合は、お使いの Creative Cloud アカウントは有効化されているため、シリアル番号画面は表示されません。詳細については、アクティブな Creative Cloud メンバーシップと Lightroom 6 のシリアル番号を所有している場合を参照してください。

  3. 「このソフトウェアをライセンス登録」をクリックします。

    Lightroom「ソフトウェアのライセンス登録」
  4. シリアル番号を入力し、「次へ」をクリックします。

    Lightroom 「シリアル番号を入力する」

    注:以前のバージョンからアップグレードする場合、ライセンス認証手続きの最中にシリアル番号の入力ができるように以前のバージョンのシリアル番号を手元に用意してください。パッケージおよびシリアル番号を失くしてしまっている場合、または以前のバージョンのシリアル番号を思い出せない場合は、Adobe ID でサインインし、登録の製品シリアル番号を表示します。お客様が製品を登録しなかった場合でも、Lightroom をインストールおよびライセンス登録されていればお客様のシリアル番号は以下の場所で確認することができます。

    Mac OS

    • /Users/[ご使用のユーザー名]/Library/Application Support/Adobe/Lightroom/Lightroom 5.0 Registration

    注意: 非表示のユーザーライブラリファイルにアクセス(Mac OS)の方法 2 を行う必要があります。

    Windows

    • C:[your user name]\Program Data\Adobe\Lightroom\Lightroom 5.0 Registration

    注意: Windows で、拡張子は .LRREG です。

  5. シリアル番号でアプリケーションをライセンス認証するとLightroom は Lightroom 6 ブランドで起動します。

    Adobe Lightroom 6

有効な Creative Cloud メンバーシップと Lightroom 6 のシリアル番号を所有している場合の対応

インストール後にはじめて Lightroom を開くと、Adobe ID でのログインを求められます。 Adobe ID に関連付けられた有効なメンバーシッププランがある場合(Creative Cloud コンプリート版や Creative Cloud フォトなど)、Lightroom はライセンス認証され、シリアル番号でのライセンス認証は必要ありません

注意:

Creative Cloud アプリケーションは、希望する台数のコンピューターにインストールできます。 ただし、一度にサインインしてライセンス認証できるのは、2 台に限られます。 それ以外のコンピューターに切り替えるには、ライセンス認証していた 2 台のコンピューターのいずれかからサインアウトする必要があります。サインインする際に他のコンピューターからサインアウトできない場合、リモートでライセンス認証の解除を行うかどうかダイアログが表示されます。ライセンス解除後にすぐに使用できるようになります。48 時間ごとに ライセンス認証のリセットを設定できますが、用途に応じてサインアウトをすることをお勧めします。

回避策

Lightroom CC のメンバーシップとシリアル番号の両方を所有し、シリアル番号でライセンス認証する場合は、Lightroom メンバーシップが関連付けられていない Adobe ID で Lightroom にサインインしてください。 サインインする際に使用する Adobe ID を作成。有効な Creative Cloud メンバーシップにリンクされていない Adobe ID で Lightroom にサインインすると、Lightroom でシリアル番号の入力を求めるプロンプトが表示されます。

最近メンバーシップを解約した場合は、メンバーシップが完全に期限切れになるまでに日数が残っている場合があります。メンバーシップが期限切れになるまで継続して Lightroom を使用し、その後、手順に従って Lightroom CC 体験版を Lightroom 6 に変換してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー