Adobe Bridge コンテンツパネルの表示の調整

コンテンツパネルには、選択したフォルダー内のファイルやフォルダーの一覧、サムネールまたはサムネールの詳細が表示されます。初期設定では、カラーマネジメントされたサムネールが、ファイル名またはフォルダー名、レーティング、ラベルと一緒に表示されます。

コンテンツパネルの表示は、詳細なテキスト情報をサムネールと共に表示したり、サムネールをリスト表示したりしてカスタマイズできます。サムネールのサイズを変更したり、サムネールの画質を指定したりすることもできます。コンテンツパネルメニューから「レイアウト(横)」または「レイアウト(縦)」を選択すると、それぞれの方向にのみスクロールバーが表示されます。「自動レイアウト」を選択すると、パネルのサイズに応じて横と縦のレイアウトが切り替わります。

表示モードの選択

表示メニューから以下のいずれかのオプションを選択します。
  • 「サムネール」を選択すると、ファイルやフォルダーがサムネールとして表示されます。一緒に表示されるのはファイル名やフォルダー名、レーティングやラベルです。

  • 詳細」を選択すると、サムネールと追加のテキスト情報が表示されます。

  • リスト」を選択すると、ファイルとフォルダーの名前がリスト表示され、関連するメタデータも列形式で表示されます。

  • 「サムネール」を選択時、「サムネールのみを表示」を選択すると、サムネールのみが表示され、テキスト情報、ラベルまたはレーティングは表示されません。

     

注意:

Adobe Bridge ウィンドウの右下隅にある 3 つのボタンをクリックして、コンテンツパネルをサムネール表示、詳細表示、リスト表示に切り替えることができます。

サムネールの画質の指定

Adobe Bridge では、画像サムネールに対する様々な表示オプションの中から選択できます。

参照を高速化するには、フォルダーを選択し、Adobe Bridge のアプリケーションバーで埋め込み画像を優先して、すばやく参照()アイコンを選択します。

高画質のサムネールプレビューを表示するには、Adobe Bridge のアプリケーションバーにあるサムネール画質とプレビュー生成のオプション)アイコンをクリックして、次のいずれかのオプションを選択します - プレビューサイズプレビュー画質プレビューの生成Zoom 用プレビュー。推奨設定は、ほとんどのワークフローで機能します。ただし、高画質のプレビューを使用したい場合は、必要に応じて設定を変更できます。

プレビューの品質向上

プレビューサイズ

  • 埋め込み(最速):このオプションを選択すると、ソースファイルに埋め込まれた低解像度のサムネールが使用され、ワークフローを高速化できます。これらのサムネールは、カラーマネジメントされていません。このオプションは、「埋め込み画像を優先して、すばやく参照」を選択することと同じです。
  • 標準(推奨):画像をプレビューするまでは埋め込まれたサムネールが使用され、プレビュー時には、ソースファイルからカラーマネジメントされたサムネールが生成されます。
  • モニターサイズ(HiDPI モニター用):モニターサイズプレビューでは、モニターの解像度に基づいてプレビューが生成されます。モニターサイズプレビューを有効にすると、プレビューパネルや全画面表示でシャープな画像が表示されます。

プレビュー画質

  • 標準(推奨):通常のプレビューをすばやく作成するには、このオプションを使用します。
  • 高(CPU を多く使用):より高画質なプレビューを生成するには、このオプションを使用します。このオプションを選択すると、CPU 使用率が高くなり、プレビュー生成に時間がかかります。

プレビュー生成

  • 必要に応じて(必要な場合にのみプレビューを生成):カラーマネジメントされたサムネールとプレビューを必要な場合にのみ生成するには、このオプションを使用します。例えば、全画面ウィンドウやプレビューパネルで表示する場合です。
  • 常に生成(推奨):カラーマネジメントされたサムネールとプレビューをすべての画像で常に生成するには、このオプションを使用します。

Zoom 用プレビュー

  • 100%プレビューを常に生成(CPU とストレージを多く使用):ルーペツールおよびズームインスライドショー/全画面表示のために画像の 100%プレビューをバックグラウンドで作成するには、このオプションを使用します。このオプションを選択すると、ルーペおよびスライドショーの処理が高速化されますが、使用されるディスク領域が増加し、最初の表示に時間がかかるようになります。ルーペツールの使用および画像をスライドショーとして表示を参照してください。

モニターサイズプレビューの表示

モニターサイズプレビューでは、モニターの解像度に基づいてプレビューが生成されます。モニターサイズプレビューを有効にすると、プレビューパネルや全画面表示でシャープな画像が表示されます。

アセットのモニターサイズプレビューを確認するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • 編集(Windows)または Adobe Bridge(Mac)/環境設定/詳細設定に移動し、「モニターサイズプレビューを生成」を有効にします。
  • Adobe Bridge のアプリケーションバーでサムネール画質とプレビュー生成のオプション)アイコンをクリックし、「プレビューサイズ」で「モニターサイズ」を選択します。

サムネールのサイズの調整

サムネールのサイズを小さくすると、より多くのサムネールを同時に表示でき、サムネールのサイズを大きくすると、サムネールの詳細を確認できます。

  • Adobe Bridge ウィンドウの下部にあるサムネールスライダー  をドラッグします。
注意:

自動レイアウトモードで Adobe Bridge ウィンドウのサイズを変更すると、コンテンツパネルのサムネールのサイズも変化します。この動作を無効にするには、コンテンツパネルメニューから「レイアウト(横)」または「レイアウト(縦)」を選択します。

注意:

コンテンツパネルの画像サムネールにファイル名またはその他のメタデータが表示されない場合は、スライダーを右側にドラッグしてサムネールのサイズを大きくします。

  • サムネールスライダーの左側にあるより小さいサムネールサイズボタンをクリックすると、コンテンツパネル内の列数が 1 つ少なくなります。サムネールスライダーの左側にあるより大きいサムネールサイズボタンをクリックすると、コンテンツパネル内の列数が 1 つ多くなります。表示される列数に合わせて、サムネールのサイズは自動的に最大化されます。

グリッドのロック

Adobe Bridge のコンテンツパネルでサムネールの並びを固定するには、グリッドをロックします。グリッドをロックすると、ウィンドウのサイズを変更したり、パネルを開いたり閉じたりしても、サムネールの行列数は保持されます。

  1. 表示/グリッドロックを選択するか、Adobe Bridge ウィンドウ下部のサムネールスライダーの横にあるグリッドロックボタン  をクリックします。

サムネールの追加のメタデータの表示

サムネールと共に表示する追加のメタデータ行」環境設定では、コンテンツパネルで、サムネールと共に追加のメタデータ情報を表示するかどうかを指定します。

  1. 編集/環境設定(Windows)または Adobe Bridge/環境設定(Mac)を選択し、「サムネール」をクリックします。

  2. サムネールと共に表示する追加のメタデータ行」セクションで、表示するメタデータの種類を選択します。最大 4 行の追加の情報を表示できます。

サムネールのファイルサイズの制限

Adobe Bridge で作成するサムネールのファイルサイズを制限できます(大きいファイルを表示すると、パフォーマンスが低下する場合があります)。Adobe Bridge でサムネールを作成できない場合は、そのファイルタイプに関連付けられたアイコンが表示されます。ビデオファイルのサムネールを表示する場合、この設定は無視されます。

  1. 編集/環境設定(Windows)または Adobe Bridge/環境設定(Mac)を選択し、「サムネール」をクリックします。

  2. 処理するファイルの最大サイズ」ボックスに数値を入力します。

リスト表示のカスタマイズ

リスト表示の列の並べ替えやサイズ変更、表示するメタデータの種類の変更により、リスト表示をカスタマイズできます。

  1. 表示/リストを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 並べ替えの順序の方向を変更するには、列の見出しをクリックします。

    • 列見出しを右クリック(Windows)するか、Control キーを押しながらクリック(Mac OS)すると、別のメタデータの種類を選択する、列を閉じる、新しい列を挿入する、列のサイズを調整する、初期設定に戻すなどの操作ができます。

    注意:

    「名前」列は常に一番左の列になります。

    • 列の幅を増減するには、列間の区切り線をドラッグします。

    • 2 つの列見出し間をダブルクリックすると、列の内容に合わせて自動的に列のサイズが変更されます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン